『大葈耳(オオオナモミ)の果実』

長良川の河川敷を歩きながら色々見られる植物などを観察していると知らないうちにセンダングサ等の『ひっつき』や『くっつき』が服に付いています・・・・・><

特にフリースなどを着ていると余程気を付けていないと最悪な事になってしまいます~><
センダングサやイノコヅチより大きくてしつこいものに『オナモミ』がありますが、この頃ではオナモミより葉の大きな『オオオナモミ』が多くなっていてオナモミが見られない所もあるようです・・・・

今日載せた『ひっつき』がオナモミなのかオオオナモミなのか葉を見ましたが枯れていてハッキリとは分かりませんでしたが茎等や枯れた葉の付け根などから『オオオナモミ』だと思えました・・・・・♪^^



『大葈耳(オオオナモミ)』 キク科オナモミ属

1.『オオオナモミの果実』
d0054276_2038161.jpg

学名はXanthium occidentaleでキク科オナモミ属の一年草になります・・・・・
同属の中では最も大きく育つ植物のようです~


茎の高さは70-170cm程で枝葉が広い範囲に広がります・・・
葉は大きくてカエデのような形で表面はザラザラとしていす
茎は堅くて色はやや紫色になり葉と同じようにザラザラしています・・・・・
花は秋に咲き、雌雄異花なので雄花は枝の先の方につきいて白っぽいボンボリ状のようになりますが、雌花は緑色の塊状のものの先端にほんの少しだけ顔を出すくらいです~^^




2.『青空をバックにしてみました~^^』
d0054276_20383298.jpg

どんな植物でも背景を青空にすると少しは可愛く見えますね~^^




3.『このトゲトゲが曲者ですね~♪^^』
d0054276_20384269.jpg

わが国では1929年に岡山県で初めて記録がされてから現在では日本全国で見られます・・・・・
在来種の植物の生育を妨げる恐れがありますが、牧草地や農作物の有害雑草となる事も懸念されています

外来生物法により要注意外来生物に指定されているようです・・・・
日本生態学会によって日本の侵略的外来種ワースト100の中にも選定されている植物です

今では本種以外にもイガオナモミやトゲオナモミと言った同属の外来種が多く定着しています・・・・・




4.『乾燥具合で色が違いますね・・・・・』
d0054276_20385363.jpg

乾燥具合や生えている場所で色の感じが少し違って見えるものもあります・・・・・
濃い色のものと少し赤っぽいものが見られます(今の季節では・・・^^)




5.『ハリネズミかハリモグラみたいです~^^』
d0054276_2039517.jpg

棘を身に纏った動物のように見えますね・・・・・




6.『マジックテープ(ベルクロテープ)の元祖~♪』
d0054276_20391884.jpg

マジックテープ(ベルクロテープ)のオスはこの実を元に発明されたようですね・・・・・^^
棘の先が鉤状になっているなんて自然の作り出したものは本当に凄いです~
これなら途中で落ちずに遠くまで運ばれますね・・・・・♪^^




7.『私の服にこっそり付いていたオオオナモミの果実です』
d0054276_20392943.jpg

気が付けば私の服の腕に1個のオオオナモミがくっ付いていました・・・^^
取って掌に乗せてみましたがこんな形のお菓子があったような~?
中がピーナッツでチョコレートや砂糖でコーティングしたお菓子ってこんな形じゃなかったっけ?^^




8.『この中には2個の種が入っています』
d0054276_20394373.jpg

この中には2個の種が入っています・・・・
2個のうち1個は来年芽を出せる種で、もう1個は再来年に芽を出せるようなメカニズムのようです
こうすれば来年に何かの理由で芽が出せなくなっても再来年には芽が出せるので子孫を残す事が出来るようです・・・・・^^

計算高いと言うか、強かと言うか・・・・・
険しく厳しい自然界の中を生き延びる為の術を身に付けているのですね・・・・・^^




9.『こんな場所をフリースの上下を着て走ってみたいです・・・・・(笑)』
d0054276_20395650.jpg

この歳になってからそんな事をしたら笑われるし、走る体力も無いのでやらないとは思いますが・・・・・^^
後先考えなけりゃフリースやニットの服を着て『ひっつき・くっつき』が待機しているような藪の中をブラブラ散歩でもしてみたいですね~

10分も歩いたらどれだけ身体にくっ付くだろいね??^^
子供の頃なら『こんなに付けて・・・!』なんて親に叱られたけれど今ならどうなのかなって思いますね・・・
あっ・・・きっと連れ合いに『馬鹿な事していないでちゃんと全部自分で取りなさい』なんて叱られるのかな~><




(OptioRZ10)
by shizenkaze | 2011-12-01 21:18 | 身近な自然の話 | Comments(20)
Commented by ten-zaru at 2011-12-01 21:25
shizenkazeさん、今晩は。
鳥撮影の時にはセンダングサやイノコヅチが必ずくっついてきます。
最近は家の中まで持ち込むので、家内にはいやな顔をされています。
オオオナモミの棘の形からあのマジックテープが考えられたんですか、なるほどですね。
手のひらのオオオナモミ、お菓子だったらいいのにね~。
Commented by koneko2y at 2011-12-01 21:35
マジックテープがこの植物からヒントを得たんですね。
自然界にあるものからヒントを得て作られたものは
他にもあるんでしょうね。そんなことを考えながら見ると
面白いです。
でも、この植物は見たことがないように思います。
Commented by odamaki719 at 2011-12-01 21:46
こんばんは✿
「オオオナモミの果実」は懐かしい実ですね。
4枚目の様な色は初めて見ました。
セーターにくっつくので実をとって友達の背中に
くつつけて逃げて回る遊びをしたのを思い出しました。
Commented by tanuki_oyaji at 2011-12-01 21:56
shizenkazeさん、こんばんは〜♪
今の時期ちょっと繁みの中に入って行くといっぱいくっつくんですよね〜
 くっつけたまま家に帰るといつも怒られてしまうんです。
Commented by m-kotsubu at 2011-12-01 22:13
こんばんは♪
見るからによくくっつきそうな 
それにちょっと痛そうな イガイガですね~^^;
マジックテープはここからできたのですか?
なるほど~^^
そういえば、私もこんなひっつきムシを 投げて遊んだ記憶が・・・(笑)
なんだか懐かしいです♪
Commented by mayumis39 at 2011-12-01 22:38
これ、子どものころによく投げ合って遊びましたよ^^
いまは、こんなもので遊ぶ子供なんていないでしょうね。
自然の中での遊び方も知らない・・・
でも、悪いのは大人たちなのでしょう・・・
Commented by timata-sn at 2011-12-01 22:44
shizenkazeさん こんばんは
今日もお昼は暖かでしたが、夕方に成って風が冷たく感じましたよ。

オオオナモミと言うんですね、見た事は有りますが、名前は知りませんでした。
釣り針の様に成って居て、これならより遠くまで運んでくれるので、繁殖に
都合が良いですよね。
マジックテープの考案されるもとに成ったとは凄いですね。
色んな草の実を子供の頃に付けて帰って親にあれこれ言われて居ましたが、
思い出しますよ。

Commented by shizenkaze at 2011-12-01 23:32
ten-zaruさん  鳥撮りでは藪のような所にも入り込むので色々なものが付くのですね?^^
見える範囲なら自分で取れますが後だと分からないので家の中まで持ち込む事がありますね・・・・・^^
奥様は嫌がっているのでしょうか?
趣味で元気に出かけているのだから内心喜んでいるのかも・・・・・^^

掌に載せたオオオナモミを見ていると口の中に放り込んだら甘くて香ばしいようにも思えてしまいました~^^
Commented by shizenkaze at 2011-12-01 23:36
koneko2yさん  自然のものをヒントにした製品って多いですね・・・
やっぱり自然に関わっている人が発見したり発明しますね~^^
鉄条網はイバラがヒントのようですね・・・・・
形のヒントなら新幹線から飛行機、船や家電に至るまで多くありそうです・・・・・♪^^

オオオナモミやオナモミは見ませんか?
野山や手入れのよくないような公園の片隅に見られる事がありますがそんな所は近くには無いですね?^^
Commented by shizenkaze at 2011-12-01 23:39
odamakiさん  いつも季節が過ぎてから慌てて探していますがオオオナモミなのかオナモミなのか分かっていても葉の写真が無いので今度は葉が茂っている頃に写したいですね~^^

私も良くやりました・・・・^^
前を歩いている友達の背中にこっそりくっ付けてみたり離れた所から投げつけたりして遊びました~^^
Commented by shizenkaze at 2011-12-01 23:42
tanuki_oyajiさん  この季節に野山を歩く時には化繊でツルツルしたズボンやヤッケ等を身に付けた方がいいですね・・・・・^^

オナモミ類は大きいので取り易いですがセンダングサやイノコヅチ等の実は小さいので厄介ですね・・・・><
Commented by shizenkaze at 2011-12-01 23:46
kotsubuさん  子供の頃にはこれを見ると本能的に採って投げつけたくなります・・・・・^^
友達と投げ合ってどちらが多く付けられたかで勝ち負けを争ってみたりしていました~
今の子供達はこんな事はやらないでしょうね・・・・・><
会社の社長の子供(小学4年)達は近くの堤防を越して河原で遊ぶのも学校で止められているようです・・・・・
今は過保護と言うか変な危険が多くて色々難しい事が多過ぎますね・・・・・><
Commented by shizenkaze at 2011-12-01 23:51
mayumis39さん  自然の中で自然にあるものを使って遊ぶ事の知らない人間が増えていますね・・・・・
刃物も危ないからと触らせないから返って怪我したり・・・><
いつからこんな事になったのでしょうね?
理科の授業でカエルやフナの解剖をしなくなった頃からでしょうか?
今では理科の先生でも自然のものを自分の目で見たことの無い人が増えているようですね・・・・・
困ったものです~><
Commented by shizenkaze at 2011-12-01 23:57
timataさん  今日は曇りでしたが明日から土曜日は雨になりそうです・・・・・><
今月は土曜日は仕事なので雨でもガッカリしなくて良いのかも・・・^^

オオオナモミや他のくっ付き虫達を一杯くっ付けて遊んでいるような子供は見られなくなりましたね・・・・・
そんな子供達がいたら嬉しいな・・・・なんて思っているのですが最近の子供達は公園で鬼ごっこじゃなくてベンチに座って携帯ゲームをしているようで嫌な時代になっていますね・・・><
Commented by soyokaze-1020 at 2011-12-02 10:13
おはようございます♪
見たことがあるような?ないような?
外遊びが苦手だった私はこの子の思い出は記憶が薄いです。
今では、森の中や草薮に平気で入って行く高齢者ですので
ひっつき虫さんとはお馴染みになりました^^
でも、こんなに大きな子には出会っていない気がします。
7枚目、本当にチョコレート菓子のようですね?
5、6、7、8枚目、素晴らしいマクロ画ですねぇ。
掌に乗せての撮影、難儀ではありませんか?ピンともしっかりで感心です。
棘の先が鈎状で植物の知恵は凄いですねぇ。
マジックテープのお話し、shizenkazeさんの知恵袋にも感心です。

Commented by e-ku-bo2 at 2011-12-02 16:52
オナモミじゃなくてオオオナモミだったんですね〜?
ものすごく懐かしいです!
子供の頃は、良く見かけて良く遊んだのに(大阪での話)、
いつのまにか、全く見かけなくなりました。
原っぱが無いせいでしょうか?
大きい耳という漢字なんですか?なぜ、耳・・・不思議。
(PCが旧式のせいか、大?耳と表示されてまして・・・)
Commented by KawazuKiyoshi at 2011-12-02 17:10
面白いですねー。
ちょっと大きくしたらドリアンみたい。
食べれたら、もっと楽しいのに。
ふふふ
今日もスマイル
Commented by shizenkaze at 2011-12-02 20:07
soyokazeさん  子供の頃に野遊びが出来なくても今自然の中で楽しむ事が出来るようになられて良かったですね~^^
小さな頃の分までたくさん楽しんでくださいね^^

オナモミは1~1.5cmくらいでオオオナモミは2~2.5cm位の実になるようです・・・・・
5.6.7.8の写真を気に入って頂いて有難うございました~^^
掌の実の写真もコンデジなので写すのは楽でした・・・・・♪^^
暖かなコメントをいつも頂いて嬉しいです~^^
Commented by shizenkaze at 2011-12-02 20:12
e-ku-bo2さん  町の中では見られないでしょうね・・・・・
空地があってもセンダングサなら生えますがオナモミたちは生える事が少ないですね・・・・
ワンちゃんでも身体に実を付けて空地に落としてくれれば生えるのでしょうが・・・・^^

オオオナモミを漢字で書くと『大葈耳』と書く事が多いです
他には『大雄生揉』や『大巻耳』と書く事もあるようですが理由は判らないですね・・・・・><
Commented by shizenkaze at 2011-12-02 20:15
KawazuKiyoshiさん  ドリアンのようには無理ですが毒じゃないので煎って食べても大丈夫だと思いますよ~
一度食べてみて味を教えてください・・・・・♪^^
名前
URL
削除用パスワード


<< 『青い空と洋種山牛蒡(ヨウシュ... 『丸葉柊(マルバヒイラギ)の花』 >>