『猿捕茨(サルトリイバラ)の赤い実・・・』

日曜日の昼前に久し振りに『達目洞(だちぼくぼら)』へ行きました・・・・・
辺りを散策しましたが花は少なく所々に赤い実が見られました
今日は湿地の反対側にある山の麓のような所で見られた『サルトリイバラ』の実を載せてみます~^^

このサルトリイバラを登山家達は『サンキライ』と呼びますが、本当はサンキライは同じ科の別の植物の事になります・・・・・(サンキライの学名はS. glabra)です)



『サルトリイバラの実が生っていました・・・・・^^』

1.『達目洞のサルトリイバラ』
d0054276_209564.jpg

学名はSmilax chinaです・・・・・
サルトリイバラ科(またはユリ科)に分類される多年生植物(半低木)になります




2.『他の木の葉に隠れながら・・・・^^』
d0054276_2092048.jpg

山の麓の木が多く茂っている所で見かけました・・・・・^^
他の植物の葉の陰に隠れたような幹事で生っていました~




3.『蔓性の植物なのでよく絡んで見られます~』
d0054276_209293.jpg

成長が早くて蔓性なので他の木々に絡み付いて伸びています




4.『蔓のまま丸くしてリースのように飾っている所を見かけます~^^』
d0054276_209406.jpg

実の付いた蔓をそのまま巻いて丸くしてリース状にしたものを壁に飾っているお店があります・・・
簡単に作れるのに立派なリースより優しくて綺麗だと思いました~^^




5.『特徴のある葉・・・・・♪^^』
d0054276_2010219.jpg

四国地方等の関西圏以南の地域では柏餅に使う柏葉のようにして餡入りの餅などを包むのに用いる事があるようです・・・・・^^
私の知り合いもこの葉を使って節句には柏餅のようなものを作るといっていました~^^
所によって様々なんですがそれも調べてみると楽しいですね・・・・・♪




6.『この実は毒では無いですが食べられません~><』
d0054276_20101454.jpg

多分渋いと思います・・・・・^^
山菜として葉を食べる所もあるようですが余程アク抜きをしなければエグ味が強くて食べられないでしょうね・・・・・




7.『鳥達にはご馳走なのかも知れないですね・・・・・♪^^』
d0054276_20102429.jpg

鳥達にとって赤い実はご馳走らしくて色々な実を食べているので、この実もきっと食べるのでしょうね~




8.『どんなものでも赤い実は目に付いて可愛く見えますね~』
d0054276_20103633.jpg

赤い実は遠くからでも目立ちます・・・・・
目立つから鳥達に食べて貰って糞の中に残る種子が発芽して子孫が残せるのでしょうね・・・・・^^
私たち人間にとってもこの赤い実は魅力があるので写真マニア達はカメラを向けてしまうのでしょうね~




9.『今年は花の写真は写せませんでした・・・・・><』
d0054276_20104796.jpg

『実が生るものには花が咲く~』と思いながらいつも散策していますが今年は実を見て気が付く事も多くて花の写真を写せなかった植物達も多くありました・・・・・><

自然が好きで花や木々を写真に撮っているのに注意不足でした・・・・・

来年は今年以上に自然の片隅まで徹底的に散策したいと思っています~
重箱の隅を突っつくような気持ちで公園や野山の端から端までを念入りに注意深く覗きたいですね~^^





(OLYMPUS E-510)
(ZUIKO DIGITAL 14-42 1:3.5-5.6)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)
(OptioRZ10)
(DSC1400Z)
by shizenkaze | 2011-12-20 20:41 | 身近な自然の話 | Comments(14)
Commented by tmshanagn304 at 2011-12-20 20:57
さるとりいばらとはこの葉っぱのことですか,,。ウチの庭にも生えています。この葉は餅を包むのに使いませんか?
Commented by ten-zaru at 2011-12-20 21:15
shizenkazeさん、今晩は。
赤い実の色が目立ちますね。
鳥に食べてもらうことで繁殖する植物は多いですね。
植物のしたたかさには感心します。
Commented by マングース at 2011-12-20 21:25 x
こんばんは。

達目洞のサルトリイバラの実はムッチャふっくらとしていますね~(^o^)
よほど栄養状態がいいんでしょうかね。
我が家でもサルトリイバラを取ってきて丸めただけのリースを
飾っています!
ちなみにちゃんと取っていいと許可もらっています(^^)

shizenkazeさんほど細やかに観察されている方も少ないと思いますが、より上を目指す姿勢は素晴らしいと思います(^o^)
Commented by odamaki719 at 2011-12-20 22:22
こんばんは✿
「達目洞の」サルトリイバラの赤い実が可愛い色ですね。
このような実がなっているときっと目立つと思います。
7・8枚目が好みです。
Commented by m-kotsubu at 2011-12-20 22:28
こんばんは♪
サルトリイバラの小さな赤い実、可愛らしいですね~
赤い実には(青い実にも・・) ついカメラを向けてしまいますね。
葉も特徴があって なんだか可愛い! ^^
鳥たちにとって この赤い実は目立つのでしょうね~
重箱の隅をつつくように・・ですか・・^^;
期待しています♪
Commented by shizenkaze at 2011-12-20 23:24
tmshanagn304さん  この葉っぱを使って餅を包むのは関西から南に多いそうですね・・・・・
Commented by shizenkaze at 2011-12-20 23:27
ten-zaruさん  赤い実を付けるものの殆どが鳥達に見つかり易くする為のようですね・・・・・^^
目立てば食べてもらえて種を遠くまで運んでもらえる事を最初から計算ずくですね・・・・・^^
植物って殆どのものが強かに生きています・・・・・^^
Commented by shizenkaze at 2011-12-20 23:32
マングースさん  このサルトリイバラが生えていたのは金華山の麓です・・・・・
バイパスの下は湿原になっているので養分が多いのかもしれないですね~
実はまん丸でふっくらしていました・・・・・♪^^

これを使ったリースは簡単ですがとても素敵な雰囲気になりますね~
私がよく行っている喫茶店の『エーデルワイス』のドアにも飾ってあります・・・・・^^
自然のものを家に飾るだけで楽しくなりますね・・・・・^^

観察好きですがまだまだ見落としているものが多いので気を引き締めて楽しく観察がしたいですね~^^
Commented by shizenkaze at 2011-12-20 23:35
odamakiさん  身の回りに赤い実が良く見られます・・・・・
家から仕事場までの間に見られるものは今はナンテンとピラカンサが多いですね・・・・・^^
達目洞でも赤い実が所々に見られましたが名前の判らないものもありました・・・・・

7.8の写真を気に入って頂いて有難うございました~♪^^
Commented by shizenkaze at 2011-12-20 23:39
kotsubuさん  赤い実は目立つのですぐ近くまで行けますが他の色の実達も好きなので見つけたら吸い寄せられるように近くまで行ってしまいます・・・・・^^

今年も初見のものがありましたのでまだまだ知らない事だらけです・・・
来年は本当に重箱の隅を突っつくような感じで自然の中にあるものを見たいと思っています~^^
そして初めて見たようなものに出逢ったら『やった~』と言いながら飛び跳ねたいと思います~(笑)
Commented by mayumis39 at 2011-12-21 00:00
この秋は、サルトリイバラの実を見ないうちに、雪の季節になってしまいました。
例年よりも、淋しい冬のような気がしています。
Commented by soyokaze-1020 at 2011-12-21 10:24
おはようございます♪
サルトリイバラとサンキライ、紛らわしいですね。
サンキライは本来、トゲが無いそうですね?
サンキラと言って、母はその葉っぱでお饅頭を蒸して作ってくれました。
懐かしい思い出です。
それがサルトリイバラだったのか、判りませんが・・・?
5、6、7、8枚目、素敵な絵です。

Commented by shizenkaze at 2011-12-21 19:53
mayumis39さん  今年は植物達の生活そのものが遅れていたのに急に寒くなったのでそんな風景になってしまったのでしょうね・・・・・
毎年見られるものはその場では『当たり前』って思うのですが少し違う事が起これば普段のものが尊く思えますね~^^
Commented by shizenkaze at 2011-12-21 19:56
soyokazeさん  サルトリイバラの葉でお餅等を包む所は関西圏に多いようですね・・・・・
柏葉や桜葉、竹の皮や笹で包む所も多いのですが岐阜では茗荷の葉で包む事もあって『茗荷ぼち』と呼ばれるものがあります

5.6.7.8の写真を気に入って頂けてとても嬉しく思いました~^^
名前
URL
削除用パスワード


<< 『冬苺(フユイチゴ)の実赤く・・・』 『横蔵寺を歩いて・・・・・』 >>