『三輪神社と大きな杉の木・・・・・♪^^』

昨日のブログで私の創作した物語を載せましたが話の中に書かれていた『三輪神社(みわじんじゃ)』は存在する神社です・・・・・
岐阜市内では最北東に位置する『三輪地区』にあります

私がブログで『自然風だより』をする以前に出していたミニコミ誌の『自然風だより』でここに見られる『岐阜市指定天然記念物の大杉』を紹介した事がありました・・・・・
ブログでの紹介は今回が初めてになります~~♪^^



『三輪神社』 岐阜県岐阜市三輪965番地

1.『三輪神社全景』
d0054276_19445374.jpg

三輪神社(みわじんじゃ)は岐阜市にある神社で旧社格は郷社になっています・・・・・
創建時期は不明ですが『美濃国神名帳』の正二位美和大明神に該当すると言います
一説では大和国の大神神社から分詞した神社とも言われています・・・・・♪^^
真長寺(三輪釈迦)は三輪神社の別当寺としてこの場所より西に建立されています

江戸時代は歴代の美濃郡代の崇敬を集めていたと言われています
1873年(明治6年)に郷社となり、1943年(昭和18年)に県社への昇格が予定されていましたが、太平洋戦争の激化で延期となり、終戦のために昇格は実現されませんでした・・・・・




2.『石の橋は通行可(?)』
d0054276_1945684.jpg

『通っては駄目』とは書かれていませんでした・・・・・
それに通行を禁ずる柵のようなものも無いのでこの橋は通っても良いのでしょうね・・・・・^^
でも普通の橋がすぐ左側にあります~^^




3.『手水の清水・・・・・』
d0054276_1945184.jpg

ここで手を濯ぎ身を清めて参拝します・・・・・




4.『石垣の上にある祠』
d0054276_19453099.jpg

本堂裏には石垣が続いていてその上に小さな祠が見られました
石灯籠が並び厳粛に感じられる所でした・・・・・




5.『新しい本殿の裏に見らました・・・・・』
d0054276_19454177.jpg

正面から見ると一番後ろに見られるお堂でした・・・・・
本道の裏になっているので道路からは見られませんが近付いてはいけないような気がしました
この中に祀られている神様がいるのでしょうか・・・・・




6.『歴史を感じさせる石灯籠です』
d0054276_19455689.jpg

刻まれているものが他ではあまり見ないように思いました・・・・・
何となく歴史を感じました~^^




7.『石垣の前に沢山並んでいました~』
d0054276_1946816.jpg

石灯籠が随分多く並んでいました
神社の規模としては石灯籠の数は多いのでは・・・・・と思いながら見ていました・・・♪




8.『岐阜市指定の天然記念物・三輪神社の大杉です・・・・・♪^^』
d0054276_19462033.jpg

高さは約20mで周囲が5m15cmで300年以上の樹齢がある杉の木です・・・・・
同じ木から途中で二つに分かれているように見えます~
本当はもっと高い木のようでしたが台風か雷で天辺が折れたと以前ここに関係している人から聞いた事がありました・・・・・(詳しい事は定かではありません・・・><)

赤い鳥居は昨日のブログに見られた鳥居です~




9.『神社前のお堀』
d0054276_19463381.jpg

神社前には『お堀』が続いていますがこの水は武儀川から引いているようです・・・・・
お堀は道路と神社を分けているので『俗社会』と『神の社』の境界になっているのですね~^^




10.『神社西にあった石の鳥居・・・・・』
d0054276_19464487.jpg

三輪神社の正面には赤い大きな鳥居がありますが西の外れには石の鳥居が立てられています・・・・・
鳥居は参拝に訪れる人達が人間社会から神様の所に入る一番最初の神門ですから鳥居を潜る時から参拝が始まっているのですね

岐阜市にも大きな神社から小さな神社まで数えられないほどの神社があります・・・・・
これからも出掛けた時に見られたお寺や神社の写真を写したいですね~^^


明日は自然のものを載せたいと思います~♪^^





(OLYMPUS E-330)
(ZUIKO DIGITAL 14-42 1:3.5-5.6)

(DSC1400Z)
by shizenkaze | 2012-02-07 20:32 | 神社仏閣 | Comments(14)
Commented by tmshanagn304 at 2012-02-07 21:17
岐阜市の最北端でありながら、とても立派なお宮さんですね。昔から人がそこに住んで、名も無き市民の長い歴史を刻んできたことが分かります。
Commented by マングース at 2012-02-07 21:25 x
こんばんは。

大阪では住吉大社の反橋が有名で渡ることもできますが、
この反橋は怪我を覚悟で渡るしかなさそうですね(^o^)

灯籠に刻まれている神の使いとされている眷属(けんぞく)を
じっくり見てみるのも面白そうです!
Commented by m-kotsubu at 2012-02-07 21:44
こんばんは♪
歴史を感じさせる風情の神社ですね~^^
石の橋・・・
これを渡るのは、かなり大変かと・・(笑)
しっとりとした日本の風情、楽しませていただきました~^^
Commented by odamaki719 at 2012-02-07 22:21
こんばんは✿
「三輪神社」は立派ですね。
2枚目の丸い石の橋は渡りづらいですね。
途中で転びそうです~(笑)
9枚目の「神社前のお堀」の風景が好きです。
Commented by tanuki_oyaji at 2012-02-07 22:22
shizenkazeさん、こんばんは〜♪
けっこう歴史のある神社なんでしょうね。
最後の鳥居も風格が感じられます。
Commented by koneko2y at 2012-02-07 22:56
厳かな感じの神社ですね。
どのような歴史が刻まれてきたのでしょうか。
お堀がある神社は近くにないこともあり、
お堀は道路と神社を分けているので『俗社会』と『神の社』の境界になっている
ということも知りませんでした。お城のお濠とは違うのですね。
Commented by shizenkaze at 2012-02-07 23:16
tmshanagn304さん  神社も寺もそこに住んでいる人達との関わりがとても強いですね・・・・・
観光施設のような神社仏閣では気が付かない地元との人達との共存が見られるような気がします~^^
大垣では美濃国分寺がいいですね~^^
Commented by shizenkaze at 2012-02-07 23:23
マングースさん  神社の中を歩くのと寺の中を歩くのでは気持ちが全く違うように感じます・・・・・
同じ厳かな場所でも神社には人の思考では計り知れないものを感じます・・・・・(それが神と言うものなのかも知れませんが・・・^^)

神の使い『眷属』にも色々あるようですね
人にも何かが憑いているのかもしれません・・・・・
アバターの映画もそんな何かを感じた人がシナリオを書いたのかも知れませんね・・・・・・
私にも『眷属』がいてくれるのかな・・・・・?^^
Commented by shizenkaze at 2012-02-07 23:28
kotsubuさん  里山の神社なので大きな所ではありませんがこの前を通るのに中を歩く事が殆どありませんでした・・・・・
20年程前にはこの神社の前に栗の木があって栗がたくさん生っていました・・・・・^^

石の橋は誰も通らないだろうと柵をしないだけかも知れませんね?^^
途中で滑りそうになると思いますよ・・・・・><

楽しんで頂いて有難うございました~^^
Commented by shizenkaze at 2012-02-07 23:32
odamakiさん  里山で他には何も無いような所にある神社としては立派に感じます・・・・・
この神社か、もう一方の『三輪釈迦』が忘れましたが秋には中秋の名月の鑑賞会が行われるようです・・・・・

石の橋は私もコケるでしょうね~><
9の写真を気に入って頂けて有難うございます~^^
Commented by shizenkaze at 2012-02-07 23:37
tanuki_oyajiさん  出来たのが不明と言う事なので資料がありませんが江戸時代に参拝されていたと言うのでそれ以前のものなのでしょうね・・・・・^^
神木にしている『杉』が300年以上の樹齢なので300年以上は経っている神社なんだと思います・・・・^^

鳥居って色々な形がありますね~
鳥居のある風景は好きです・・・・・^^
Commented by shizenkaze at 2012-02-07 23:49
koneko2yさん  神社の歴史の詳しい資料が無いみたいです
神社の位としても『郷社』なので下位のように思われますが今までには色々な歴史があるようです・・・・・
最後の写真の中に『金幣社 三輪神社』の名前が見られるので神社そのものの格は上位とも言えるので本当の格式がどうなのかこれから調べてみないと良く判らない神社です・・・・・><

お城のお濠は防御の為ですが神社に見られる御堀はある意味『結界』だったのではないかと思われます・・・・・
鳥居、三門、本殿など色々ありますがこれらは人が造ったもので神様はこれらより先にいると信じられていたようです
神社や祀られている神の事は難しいので簡単には書けませんが人間界と神様の領分の境になっている所が神社のようです・・・・・^^
Commented by soyokaze-1020 at 2012-02-08 19:39 x
こんばんは♪
1枚目、静かな佇まいの神社ですね。
2枚目、この橋は渡れませんね~^^ このような姿には理由があるのかも・・?
8枚目、高さ20mですか? 立派な杉の木ですね。 天然記念物、頷けます。
神社には大きな樹木が多いですよね。
9枚目、素敵な切り取り方、静けさを感じます。


Commented by shizenkaze at 2012-02-08 20:05
soyokazeさん  通り過ぎる事ばかりでじっくり境内を歩いたのは2~3度位しかありませんが写真を撮ったのは初めてでした・・・・
以前は大杉だけ写しに来た事があります~

2の橋は全国的にも見られますが何のために造られたのでしょうね?
やっぱり人より神様の渡る橋なのでしょうか・・・・・^^

神社には特に杉が多いような気がします
きっと昔は建物(特に屋根)の修理に杉の樹皮を使ったからなんですね・・・・・^^

写真を気に入って頂いて有難うございました~^^
名前
URL
削除用パスワード


<< 『センペルセコイアとメタセコイア』 『老舟の見える風景・・・・・』 >>