『少し昔にタイムスリップ(古民家の中を・・・♪)』

蝋梅の写真に写っていた古民家の中を写してみました・・・・・
茅葺屋根の建物は岐阜県には世界遺産になっている『白川郷』でたくさん見られますが少しなら色々な所でも見られます~

ファミリーパークや関市の百年公園や下呂市の合掌村にも茅葺屋根の家が見られます
私が時々オシドリやカワセミを撮りに行っている松尾池にも茅葺の建物がありましたが建物の中を見る機会は少なく、機会があっても生活の雰囲気までは感じられませんが今回の『河川環境楽園』では建物の中にある懐かしい家具や台所の調理用具や竈や釜も見られたので写しましたが暗い室内なので手ブレが出ているものもあります・・・><



『古民家の懐かしいもの達・・・^^』

1.『ここで暮らしてみたくなります~^^』
d0054276_20241270.jpg

便利な電化製品が無くても私はここで暮らせますね~
でもパソコンだけは欲しいな~~(笑)




2.『昔の暮らしを説明してくれます・・・・・♪^^』
d0054276_20242726.jpg

休日にはイベントとしてここで生活しているような姿を見せています~
河川環境楽園の中にある『木曽川水園』と言う所に見られる古民家です・・・・・^^




3.『子供達に懐かしい遊びを教えています~』
d0054276_20243936.jpg

凧揚げ、独楽回し、お手玉、あや取り等の昔の子供の遊びを体験として見に来た子供達に教えてくれます




4.『囲炉裏端・・・・・^^』
d0054276_20244964.jpg

こんな囲炉裏の前に座って干物でも炙りながらチビチビと熱燗でも飲んでいたい雰囲気です~




5.『昔使っていた漁具』
d0054276_2025215.jpg

木舟の中に入った水を汲み出す柄杓、ウナギを獲る道具等がたくさんありました
今も使えそうなので『ちょっと借りるよ~』なんて言って漁師が立ち寄って来るような気がしました




6.『台所って言う言葉がピッタリです・・・・・^^』
d0054276_2025162.jpg

ここをキッチンとは呼びたくないですね・・・・・><
台所(だいどころ)だけど『だいどこ~』って言いたいな~~♪^^




7.『こんな竈で炊くご飯は美味しいでしょうね~^^』
d0054276_20252789.jpg

電気炊飯器やガス炊飯器も最近のものはご飯が美味しく炊けますが薪を使って火吹き竹で『フーフー』と風を送って『初めチョロチョロ中パッパ・・・赤子泣いても蓋取るな・・・・・』って思いながら炊けるのを待つのもいいですね~
最近は飯盒炊飯もしていないので薪で炊いたご飯を食べていないです・・・・・><




8.『手押しポンプじゃない所が少し残念~><』
d0054276_20253827.jpg

こんな雰囲気の台所なら手押しポンプが合いますね~
でも水道か井戸かは別として蛇口がありました・・・・・♪^^




9.『古き良き時代のシステムキッチン~♪^^』
d0054276_20255156.jpg

前に竈、後に流し台なのでこれは昔のシステムキッチンなのでしょうか・・・・・^^
氷で冷やす冷蔵庫も合わない気がするので横を流れている水路の中でスイカやラムネを冷やしたいですね~♪^^




10.『花餅』
d0054276_2026391.jpg

木の枝に紅白の餅を付ける岐阜県飛騨地方に伝わる『花餅(はなもち)』が柱に取り付けてありました
高山などでは正月前に花餅を作り正月を迎えます・・・・・
花の無い季節には花のような花餅が春を待つ人々の気持ちを和らげてくれます


今日は少し(かな?)]昔の雰囲気を見て貰いました~
『懐かしいな~』と思われた方は私と同じ位の人でしょうね・・・・・(笑)





(OLYMPUS E-510)
(ZUIKO DIGITAL 14-42 1:3.5-5.6)

(OptioRZ10)
by shizenkaze | 2012-02-14 21:06 | 懐かしいもの | Comments(16)
Commented by tanuki_oyaji at 2012-02-14 22:26
shizenkazeさん、こんばんは〜♪
懐かしい雰囲気ですね〜
まだ小さかった頃の実家もこんな感じがありました。
Commented by odamaki719 at 2012-02-14 22:27
こんばんは✿
1枚目は花餅があって素敵な光景ですね。
本当に住みたくなりますがきっと今の住まいに
馴れた身体では寒くて囲炉裏から離れられないでしょうね。
昔はこの様な大きなお釜でご飯を何合も焚いていたのですねぇ。
Commented by koneko2y at 2012-02-14 22:44
私の住んでいる地域ではかやぶき屋根の古民家は
郷土資料館となっているところが多いです。
今日の記事の内容と同じようなことをしています。
そのうちにおひなさまを写しに行きたいと思っていますが。。。。
Commented by m-kotsubu at 2012-02-14 22:46
こんばんは♪
いい雰囲気ですね~^^
前にも書いたかもしれませんが 今は亡き祖母の家が
ちょうどこんな感じの床や柱で
屋根裏部屋っぽいところがあったりして・・
小間物屋をやっていて、よくかくれんぼをして遊びました~^^
掘りごたつもあって・・
お風呂も 五右衛門風呂だったんですよ!(笑)
懐かしいなぁ~^^
あら・・・私もshizenkazeさんと 同年代かしら・・?(笑)
Commented by shizenkaze at 2012-02-14 23:50
tanuki_oyajiさん  白川郷も観光客だらけなので近くで見られるこんな所の方がのんびり出来るので最近は気に入っています~^^

こんな所で1日くらいのんびりしていたいですね~^^
Commented by shizenkaze at 2012-02-14 23:53
odamakiさん  以前見せて頂いた洋館の中にも『花餅』が飾られている所がありましたね~^^
他の所では知りませんが花餅作りは飛騨方面が多いのでそちらの人が関係しているのかな?

本当に今の私たちの生活は便利で暖かいのでこんな所では囲炉裏から離れられないでしょうね・・・・・
でも薪で炊くご飯は食べたいですね~^^
Commented by shizenkaze at 2012-02-14 23:57
koneko2yさん  こちらでも近くで見られる茅葺の家は殆どが公園の中にある徳山村からの移築や白川郷や下呂などから移築されて資料館のような使い方をしているものが多いです・・・・・
実際に住んで普通の暮らしをしている合掌住居は白川村と富山の五箇山くらいでしょうね・・・・・

古民家とお雛様は合いますね・・・・・^^
是非写真を見せてくださいね~♪^^
Commented by shizenkaze at 2012-02-15 00:03
kotsubuさん 子供の頃にはお婆様の所で遊ばれていたのですね~
築何年の家なのかは想像出来ませんが結構立派な家だったのでしょうね・・・・・^^
昔の家の大黒柱は強くて本当に家の中心でした・・・・・
今の家は耐震などでは昔より強いかも知れないですが本当の和建築は地震なんかには負けない造りだったようですね~

写真見て『懐かしいな~』って書いて頂きましたがkotsubuさんは私より娘の年齢に近いですからね~^^
Commented by to-y_niya at 2012-02-15 07:53
おはようございます^^
2.の写真の コンセント&延長コードがちょっと笑えちゃいました^^
そうですね。。。懐かしい、っていうか。。。懐かしいっていう感覚になる 風景(?)です^^     ぎりぎり(?)経験してない歳かな^^;
でも、薪の五右衛門風呂は経験してます^^
Commented by Zuntatatan at 2012-02-15 11:48 x
 きっかり1週間、ここに住んでみたいと思いました。着替えだけ持って。
 携帯さえ持たず、「不便」もそっくり、そのまま楽しめたらなぁ、と夢見てしまいました。
Commented by soyokaze-1020 at 2012-02-15 20:01
こんばんは♪
素敵な古民家ですね。
床や柱がピカピカで、歴史を感じます。
まだ幼かった頃、こんな囲炉裏がありました。
懐かしく、温かい気持ちになります。
6枚目の竈、そうそうこんな感じだったような~?
お釜で炊いたご飯、美味しいですよね。 おこげの懐かしい味が思い出されます。
絵ではなく、実際に見てみたいですねぇ。

Commented by shizenkaze at 2012-02-15 20:08
to-y_niyaさん  電源コードは子供達と何かを作っていた時に使っていたものの電源ですがこの雰囲気には合いませんね~><

to-y_niyaさんはお若いからこんな道具達を使った経験は無いですね・・・・・^^
でも五右衛門風呂を経験されていたとは・・・・・^^
きっと何処かの温泉地でかな?^^
Commented by shizenkaze at 2012-02-15 20:11
Zuntatatanさん  一週間の生活でしたら着替えも桶と洗濯板で洗濯しながら過ごせそうですね・・・・・^^
私も最近はテレビも見る事が無いので一週間くらいならのんびり過ごせそうですね・・・・・♪^^

人は不便の中から発明や発見が出来た生き物なので何か新しいものを見つけられるかも知れないですね~
Commented by shizenkaze at 2012-02-15 20:18
soyokazeさん  床や柱や天井が煤で黒光りしているような古民家には懐かしさが感じられます・・・・・
私が生れ育った家はこんな感じではありませんでしたが古い黒光りする箪笥等の家具はありました・・・・・

最近は『おこげ』を食べる事なんて無理になっていますがお釜の底に見られた『おこげ』は香ばしくて美味しかった事を思い出しました・・・・・

こんな建物が見られる所をこれからも写したいですね~
写真を気に入って頂いて有難うございました・・・・・♪^^
Commented by ten-zaru at 2012-02-15 20:50
shizenkazeさん、今晩は。
同世代かもしれません、懐かしいです。
黒光りした柱や梁、年代を感じさせますね。
Commented by shizenkaze at 2012-02-15 21:08
ten-zaruさん  同世代でしたか?^^
こんなものを見ていると『心のふるさと』って気がしてきます・・・・・
実際にこのような家で暮らしていなくても何処かで見ていたように思うので懐かしくなります~
子供の頃によく行っていた親戚の家がこんな感じだったような気がします・・・・・^^

この頃の箪笥等の家具は今のベニヤ張りとは違って手荒く扱っても壊れる事は無かったですね・・・・・^^
名前
URL
削除用パスワード


<< 『榛木(ハンノキ)の花穂』 『蝋梅の咲く風景』 >>