『西洋鋸草(セイヨウノコギリソウ)』

昨日載せたカエデ科の植物の名前は『ウリカエデ』でした・・・・・
今日の仕事帰りに図書館で調べてから帰ってブログのコメント欄でマングースさんも書かれていましたが葉の形に個体差があって別の種類かと確かめませんでしたが枝から出ている葉柄の付き方や実の形と付き方が『ウリカエデ』の特徴そのものでした・・・・・
昨日のブログの最後にこの文のようなものを付け加えておきました~♪^^


今日はハーブの一種で薬草としても利用されている『セイヨウノコギリソウ』を載せました
この花も栽培されている所から逃げ出して野生化しているものもあるようですが今回写したものは『薬草園』のものになります・・・・・^^



『西洋鋸草(セイヨウノコギリソウ)』 キク科ノコギリソウ属の多年草です
学名はAchillea millefoliumと言います・・・・・
ハーブ名はヤロウ (yarrow) と呼ばれています~^^

1.
d0054276_19533640.jpg

セイヨウノコギリソウはヨーロッパからイラン、シベリア、ヒマラヤに原産する多年草の帰化植物です・・・
最近になってハーブや観賞植物よる緑化に使用されたために路傍などにもよく見られるようになっているようです・・・・・
全国の路傍や堤防や草地などに生育しているものを見かけることもあるようです・・・・・




2.
d0054276_19534961.jpg

地下茎によって個体を増やすので群生する傾向があるようです・・・・・
葉は2回~3回深く羽状に分裂するのでノコギリのイメージが少しだけあるように思います~
根生葉は3回羽状となり茎葉は2回羽状に分裂します
6月から9月にかけて高さ50~100cmの茎の先端に多数の花を付けます・・・・・
花の直径は3~5mmで舌状花は5枚が多く白色のものが多いようですが写真のような赤味を帯びるものもあります~♪^^




3.
d0054276_1954250.jpg

香りはセージのようで爽やかです・・・・・
葉は切り込みの深い鋸歯状で美しいのですが薬としても痛み止めや止血にすぐれた薬効があります~

春に苗を植えると6月から秋まで花を楽しむことができます
葉は開花前の若葉を摘んでサラダやおひたし、ソティーに使う事が出来ます・・・・・

ビタミンやミネラルも豊富で乾燥させた花と葉はハーブティーやポプリに使えます~~♪^^




4.
d0054276_19541594.jpg

何となく地味な感じのするセイヨウノコギリソウ(ヤロウ)ですが、優れた治癒能力や病気に対する抵抗力などで効力を発揮します・・・・・
発汗作用を促して毒素を体外へ放出せるので風邪をひいた時に飲むと良いでしょうね・・・・・

血行を促して血圧を下げたり痔や無月経の症状の改善にも効果的だと言われています~
また冷ましたハーブティは傷口の消毒薬にもなるようです・・・・・

昔から『兵士の傷薬』と呼ばれる程の利用価値があって生の葉は傷の治療薬として世界中に知られています




5.
d0054276_19542812.jpg

セイヨウノコギリソウ(ヤロウ)は多量に使用すると頭痛やめまいを起こすことがありますので一回の使用量を少なくしてください・・・・・
また妊娠中は使用を避けるようにしてください~

当然かと思いますが『キク科アレルギー』の人は摂取を避けてくださいね~><




6.
d0054276_19544225.jpg

小さな花は可愛く思えました~^^




7.
d0054276_19545513.jpg



8.
d0054276_1955518.jpg



9.
d0054276_1955183.jpg

アップにすると別の花のように思えます・・・・・
ハーブ名の『ヤロウ』を絶対に『野郎』なんて勘違いしないで下さいね・・・・・><
この花に向かって『この野郎』じゃあまりにも可哀想です~




10.
d0054276_19552919.jpg

岐阜薬科大学の薬草園で写したものがもう一種類ありますのでそれを載せたら暫くは薬草園の花達から離れて他のものを載せるようにします・・・・・

身近な所に咲いているものが本当は良いのですが暑さで花達もバテているみたいに思えます・・・・・
少し位の一雨なら降って欲しいです・・・・・^^


今日は岐阜新聞主催の長良川花火大会です
こうしてPCに向かっている時にも外では花火の音が続いています~
花火を写しに出掛ける気は無くなっているので今日も見ずに家の中にいます・・・・・♪^^






(OLYMPUS E-510)
(ZUIKO DIGITAL 14-42 1:3.5-5.6)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)

(OptioRZ10)
by shizenkaze | 2012-08-04 20:24 | 身近な自然の話 | Comments(19)
Commented by odamaki719 at 2012-08-04 21:51
こんばんは✿
セイヨウノコギリソウは可愛いですね。
カメラが違った途端に色彩が変わるのですね。
5枚目の色彩も雰囲気も好みです。
Commented by マングース at 2012-08-04 22:07 x
こんばんは。

昨日のカエデ科の植物はウリカエデで正解だったんですね!
間違ってなくて良かったです(^_-)

セイヨウノコギリソウはとても丈夫ですよね。
ワイルドフラワーのブレンドにも必ずと言っていいほど入っていますし、
残っていく確率も高いです。
『キク科アレルギー』ってあるんですか!スギやヒノキ花粉ならまだ季節
が限定できますがキクは一年中どこかでみますから大変かも(>_<)
花火大会を楽しんでいる方には申し訳ないですが一雨欲しいです^^;
Commented by timata-sn at 2012-08-04 22:32
shizenkazeさん こんばんは
今日も良いお天気でした、あつい一日でしたね。

セイヨウノコギリソウ 綺麗な花ですね。
アップで見ると可愛いですよね!!
この花も薬草なんですね。
痛みどめや血止めの効果で、なかなかの優れものなんですね。
3・5・9・10 が素敵ですね!!
Commented by shizenkaze at 2012-08-04 23:29
odamakiさん  セイヨウノコギリソウを今までこんなにじっくり見た事がありませんでしたが小さな花でも個性的でとても可愛く思えました

カメラで色が極端に変わるので近々マクロレンズを買おうと思っています・・・・・
今使っているマクロ用のコンデジはサブ用としてこれからも使いますが色が変わらないように何か工夫が要りますね・・・・・

5の写真を気に入って頂いて有難うございました^^
Commented by shizenkaze at 2012-08-04 23:36
マングースさん  昨日のウリカエデは気持ちの中では『もしかすれば・・・』と思っていましたが何故かゴチャゴチャになってしまいました・・・><
でもこれで一段落しました~

セイヨウノコギリソウは植物全体をよく見ましたが強そうに思えました
これなら栽培種が逃げ出せば広く帰化して増えるだろうな~と感じました・・・・・

キク科アレルギーは杉や桧の花粉症に次いで多いようですよ・・・・
他にイネ科アレルギーも増えているようですね・・・><
会社の社員の中にもキク科アレルギーの人が数人います
ブタクサは勿論ヨモギ等にも反応してクシャミヲしていますよ・・・・・
私は植物アレルギーは無いので今の所安心です~♪^^
Commented by m-kotsubu at 2012-08-04 23:40
こんばんは♪
セイヨウノコギリソウ、初めて見ます。
薬草なのですね~
名前に似合わず?可愛らしい花ですね! ^^

昨日の植物も、名前がわかってよかったです♪
Commented by shizenkaze at 2012-08-04 23:40
timataさん  今日も暑かったですね~><
昼休みには外に出掛けずに会社の中で樹木図鑑を眺めていました~

セイヨウノコギリソウも色々な薬効があって優れた植物のようです
こんなものを自由に使いこなせたら便利なんでしょうね~
化学薬品の薬より漢方薬やハーブで治療できたら素敵ですね・・・・・

3・5・9・10の写真を気に入って頂いて有難うございました~♪^^
Commented by shizenkaze at 2012-08-04 23:45
m-kotsubuさん  セイヨウノコギリソウと言う名前より栽培種やハーブの苦手な私でも『ヤロウ』って名前で知っていましたが野山では見た事がないですね・・・・・
でもキク科の植物で結構丈夫なので一度外で繁殖すれば広がるでしょうね・・・・・

いくら葉がギザギザでも『ノコギリソウ』は変な名前ですね・・・><
昨日のカエデの名前もハッキリして気持ちが『ほっ』としました~♪^^
これからはもっとよく調べてから載せるようにしなきゃ・・・・・♪^^
Commented by hanalamimo at 2012-08-05 09:54
セイヨウノコギリソウ=アキレア=ヤロウと理解するまですごく時間が
かかりました。特にハーブは学名、ハーブ名、通称といろいろあって、
覚えるのが大変です。
この花は軽井沢でもたくさん咲いていますが、花をこんなにアップで
見たことはありませんでした。

こちらも避暑地とは思えない暑さです。雑草だけがたくましくグングン
伸びています(-_-;)。
Commented by ten-zaru at 2012-08-05 18:24
shizenkazeさん、今晩は~。
2年ほど前に、玉原高原でこの花を撮影しました。
確かヤロウレッドとヤロウイエローだった気がします。
小さな花の集まりが気に入って撮影しました。
9・10枚目お気に入りです。
Commented by なずな at 2012-08-05 19:09 x
セイヨウノコギリソウって、いろいろ栄養もあって、薬効も多く、結構なハーブなのですね。
ぎざぎざの葉から、いい香りが届いてくるようです。可愛い花ですね。^^
Commented by shizenkaze at 2012-08-05 19:28
tekky521さん  この花は岐阜市の椿洞にある畜産センター近くの岐阜薬科大学の薬草園で見ました・・・・・
伊吹山にも色々な薬草が見られるようですが固まって見られる所は知りません~
そちらだと東山植物園で見られるかも知れませんね~

岐阜県内は色々知っているので山の名前で何となく判りました・・・・
県内の人でもあまり知っている人は居ないでしょうね~^^
Commented by shizenkaze at 2012-08-05 19:31
hanalamimoさん  和名が『セイヨウノコギリソウ』で科名が『アキレア』でハーブとして使われる時には『ヤロウ』のようなので私のような園芸種やハーブに疎いと難しいですね~><

見慣れている花もアップで見ると気が付かない魅力も感じられて面白いです~^^
Commented by shizenkaze at 2012-08-05 19:35
ten-zaruさん  高原で見られたものにヤロウレッドやヤロウイエローの種類があったのですね?
何となく『植物戦隊ヤロウレンジャー』見たいで楽しいですね~

小さな花がたくさん見られるとつい近くに寄って見入ってしまいます・・・
9.10の写真を気に入って頂いて有難うございました~♪^^
Commented by shizenkaze at 2012-08-05 19:38
なずなさん  我家ではハーブを時を使った料理には縁が無いので使っている所を見た事がありませんが利用出来る人ならこのような植物も使うといいですね~

自噴の体調に合わせてこれからはハーブティーなどの『野草茶』も飲んでみたいですね~

ギザギザの葉は見ているだけでも楽しくなりますね~^^
Commented by soyokaze-1020 at 2012-08-05 23:17
こんばんは♪
ノコギリソウは見たことがありますが、この子は初めてのような~?
可愛くて綺麗なお花ですね。
しかも様々な薬効効果がある優れものなのですね。
ハーブは奥が深いし勉強が追いつきません。
1、2、8枚目、と、アップの8、9枚目、いいですね。

Commented by shizenkaze at 2012-08-05 23:28
soyokazeさん  セイヨウ何々と名付けられている花達も多いですね
在来種以外の植物で外国から来たものが多いので仕方ないですね~

ハーブの仲間のようなものは覚えられないので花を見て楽しむだけにしていますがこれで来年出会っても名前が覚えていられるか心配です・・・・・><

小さな花が集まって咲いているものは可愛いですね~
1.2.8.9の写真を気に入って頂いて有難うございました・・・♪^^
Commented by rhapsody_uhuhu at 2012-08-10 13:32
花火のようなプチプチした花ですね♪
私も今は花火を見にイケる環境ではないので行かないのですが
打ち上げの音を聞くと行かなきゃ~~~っと焦ります^^
Commented by shizenkaze at 2012-08-10 20:05
rhapsody_uhuhuさん  今年は花火大会には行きませんでしたが音だけ楽しんでいました~^^
名前
URL
削除用パスワード


<< 『高砂芙蓉(タカサゴフヨウ)が... 『カエデの仲間だけど・・・・・』 >>