『錦草(ニシキソウ)と小錦草(コニシキソウ)』

長良川の堤防も夏の草刈りが終わった後に生えて来た植物達で緑一色になっています・・・・・
その中でもトウダイグサ科のニシキソウやコニシキソウが多く見られます
同じ科のコミカンソウは今日は見られませんでしたが同じ場所に見られることが多い植物です~


『故郷の堤防に 錦を飾る ニシキソウ・・・・・』 トウダイグサ科ニシキソウ属

1.『錦草(ニシキソウ)』 
d0054276_20184816.jpg

学名はEuphorbia humifusa Willd. var. pseudochamaesyce (Fisch.) Murataと言います

茎は分枝しながら地を這って長さ10~25cmで細く紅色を帯びて葉の下面と共に白毛を疎生しています
切るとトウダイグサ特有の白液が出ます・・・・・
葉には短い柄があって対生し長楕円形または倒卵状長楕円形で長さ0.7~1.5cmの細かい鋸歯があって斑紋は見られません~

托葉は小さくて7~8月には葉腋に杯状花序を数個ずつつけます・・・・・
腺体は横長の広楕円形で花弁状の付属体があります~
サク果は三稜形で径約1.3mmで滑らかく毛はありません~^^




2.
d0054276_2019112.jpg



3.
d0054276_20191243.jpg



4.
d0054276_20192580.jpg



5.
d0054276_2019362.jpg



6.
d0054276_20194824.jpg

長良川の堤防にはこんな感じで生えているのが見られます~




7.『小錦草(コニシキソウ)』
d0054276_20195939.jpg

学名はEuphorbia supina Rafinと言います~

根は細くて茎は地を這って広がり長さ10~25cmiなります
毛が見られ暗紅色を帯びます・・・・・
葉は対生し倒卵楕円形で長さ0.7~1cmで鈍い鋸歯があります
葉の表面に紅斑があって裏面は毛があります・・・・・
7~10月に葉腋に小形の杯状花序を付けます
サク果は卵球形をしていて径約1.8mmで下向きにつき細毛が密生しています

北アメリカ原産の帰化植物でニシキソウに似ていて小さいので『コニシキソウ』と呼ばれています~




8.
d0054276_20201194.jpg



9.
d0054276_20202372.jpg



10.
d0054276_20203353.jpg



11.
d0054276_20204891.jpg


何処にでも見られる植物ですね~
このニシキソウ達も青空背景で写してみようかと思いましたが花が葉の上に見られるので下からでは『葉』しか写らなくて少しも綺麗には見えませんでしたので載せませんでした・・・・・葉葉葉ハハハハハはははは~^^

暑いので堤防の散策も短時間になりました・・・・・><
明日は何を写そうかな~~なんて少し心配しています・・・・・♪^^





(OptioRZ10)
by shizenkaze | 2012-09-06 07:36 | 身近な自然の話 | Comments(14)
Commented by yaso-bana at 2012-09-05 21:10
この花・3種のうち「小錦草」「大錦草」は撮りましたが「錦草」はまだ撮れていません
1枚目と7枚目で違いがはっきり分かるいい写真になってますね ^^
Commented by tanuki_oyaji at 2012-09-05 21:13
shizenkazeさん、こんばんは〜♪
こんな風に近づいてしげしげと見たことはなかったですが、
なかなか可愛い花なんですね。
『コニシキソウ』と言うのは知らなかったです。
よく似ていますね。
Commented by timata-sn at 2012-09-05 21:42
shizenkazeさん こんばんは
今日も薄曇りのお天気が続きました、蒸し暑かったですよ。

ニシキソウ 小さな花で可愛いですね。
何時も小さな花を鮮明に撮られて居て、感心しながら見させて戴いて
居ますよ。
サク果と言うんですね、花よりも大きな感じですね。
コニシキソウ の花、良く似て居ますね、葉っぱの繊毛と言うんでしょうか、
なかったら私には見分けが付かない様に思いますよ。
1・4・5・6・7・8・10・11が素敵ですね。
Commented by odamaki719 at 2012-09-05 22:05
こんばんは✿
長良川の堤防には驚くほどの野草があるのですね。
1枚目のニシキソウが鮮明に撮れていますね。
コニシキソウの区別が分からないですが葉が誓うように思います。
Commented by koneko2y at 2012-09-05 22:53
植物園で見ているコミカンソウは、本来はこのような場所に
咲くのですね。
コミカンソウの花は残っていなくて、実になっていました。
Commented by マングース at 2012-09-05 22:55 x
こんばんは。

コニシキソウは葉の表面にある紅斑が目立っていて見つけやすいですね。
でもこんな小さな花まで観察はなかなか出来ません^^;
小さくてもトウダイグサ科という感じがする果実ですね!
今度観察にチャレンジしてみます♪
Commented by shizenkaze at 2012-09-05 23:26
yaso-banaさん  今の堤防ではこの花がビッシリ咲いています
オオニシキソウのようなものも見られましたが花等がよく見られなかったので今回は写しませんでした・・・・・

今年はキツネノマゴも多く咲いています~

1と7の写真を気に入って頂いて有難うございました~♪^^
Commented by shizenkaze at 2012-09-05 23:32
tanuki_oyajiさん  河川敷は人が来ないのでのんびり出来ますが堤防でしゃがみ込んで写していると必ず『何を撮っているのですか?』と聞かれます・・・・・
興味がありそうな人なら色々話しますが珍しがって聞くだけの人への対処が困りますね~><

コニシキソウとオオニシキソウとアレチニシキソウとハイニシキソウとニシキソウがあるようですが私には3書類しか判らないです~
Commented by shizenkaze at 2012-09-05 23:36
timataさん  今日も蒸し暑くて水分補給ばかりしていました~><

ニシキソウとコニシキソウの他にも似た仲間がありますが堤防では3種類だけのようです・・・・・
丸い実のように見えるものも『杯状花序』と言う花なんです~
トウダイグサ科は風変わりなものが多いので難しいです・・・・・><

1・4・5・6・7・8・10・11の写真を気に入って戴けてとても嬉しいです~^^
Commented by shizenkaze at 2012-09-05 23:42
odamakiさん  詳しく調べていませんが長良川の河川敷(堤防と河原)には少なくても200種の植物が見られると思います
何年も前に散策しながらメモをしてみましたが150種までは調べられたと思っていますが区別の出来ないものやそれ以降に見られるようになった外来種も多いので200種類はあるように感じています~
また『長良川植物図譜』として順に写真に残してみたいです・・・・・

ニシキソウとコニシキソウは葉の上の染みと毛で分かりますね~
1の写真を気に入って頂いて有難うございました・・・・・♪^^
Commented by shizenkaze at 2012-09-05 23:46
koneko2yさん  コミカンソウも同じ場所で見られました
時々堤防の前にある自販機の下辺りで小さなミカンを見せている事もありましたよ~^^

Commented by shizenkaze at 2012-09-05 23:50
マングースさん  私の使っているカメラではこれが限度ですね~
カメラ本体に色々なものを付けてもこれより少し大きく撮れますが画質が落ちます~><
これからも小さな花を大きく写す事と私の好きなスーパーローアングルで近くのものを写していたいと思います~^^

マングースさんも近くのものを楽しんでください~♪^^
Commented by なずな at 2012-09-06 12:50 x
とても小さな花なのに、鮮明に撮られていて、感心しています。
ニシキソウの仲間の判別はわかりにくいですね。
6の写真を見ると、茎がかなり立ち上がっているようですので、前半のものは、オオニシキソウではないでしょうか。
それから、後半のコニシキソウとあるもののサク果には、殆ど毛が生えていませんので、これは、コニシキソウではないと思いました。
大先輩に大変失礼かと思いましたが、いつものこだわり症が出てしまいました。ごめんなさい。><
Commented by shizenkaze at 2012-09-06 20:09
なずなさん  色々調べられているようですね~^^
アドバイスを有難うございました・・・・・♪^^

長良川の堤防に咲いているものはコニシキソウ、ニシキソウ、オオニシキソウですが中にはアレチニシキソウではないのかな・・・・・と思える個体も見られました
1~6のニシキソウの写真もオオニシキソウが混じっているか判らないので茎の断面を顕微鏡で確認しながら判断していましたがもしかすると混じっているものがあるかも知れません・・・・・

コニシキソウには全く『サク果』に毛が見られないものも『葉』に班紋が見られないものもあります
長良川の堤防で写した7~11はコニシキソウと確信しています

でも植物に限らず他の生き物も交配種や異変種も見られる事が多くなっている現在では見た目も大切ですが最終的には薬品検査や遺伝子検査まで詳しく調べないと判らない事もでて来るのでしょうね・・・・・

疑問に思ったり間違いに気が付く事も不思議に思う気持ちも大切な事なので私もいつまでも初心を忘れないようにしていたいと思いますね~

今日は有難うございました~^^
変に思われる事がありましたらこれからもドンドンお願いします^^
名前
URL
削除用パスワード


<< 『長良川の河川敷で出逢ったもの... 『矢筈草(ヤハズソウ)の花も可... >>