『秋明菊(シュウメイギク)の花の咲く風景・・・』

今日の岐阜市は雨になりました・・・・・
だから今日は私の『カメラ休養日』にしてカメラには触れませんでした~

今日載せた『秋明菊』は先週に山県市の『四国山・香りの森』で写したものです
ここはハーブ等を栽培しながら『香り』の研究をしている所なので四季を通じて色々な花達に出あえますので私は年に3回ほどは出かけています~

山県市は栗の品種『利休栗』の発祥の地になっています・・・・・♪^^



『秋明菊が優しく咲いていました~』 キンポウゲ科アネモネ属の多年草です
学名はAnemone hupehensis var. japonicaと言います~
別名を『貴船菊(キブネギク)』や『秋牡丹(アキボタン)』『秋芍薬(アキシャクヤク)』『高麗菊(コウライギク)』とも言います・・・

1.
d0054276_20441135.jpg

古く中国から渡来して各地の山野に野生化している植物です・・・・・
京都の鞍馬(くらま)や貴船(きぶね)山中に多く見られたのでキブネギクの名が付けられたそうです~
これは栽培品が野生化したもののようなので厳密には野生種ではありません・・・・・

半日陰に育ち地下茎で広がって群落を造る事が多いようです・・・・・
根出葉は3出複葉で長い柄があり、10月頃に60cmほどの花茎を出して菊に似た径5~6cmの紫紅色花を開きます・・・・・

花弁化した萼片(がくへん)が多数見られるのが普通であるが園芸品種の中には一重咲きや白色花もありますがこれらは新しい渡来品種のようです~




2.
d0054276_20442352.jpg

キンポウゲ科の植物は色々な花姿を見せて私達を楽しませてくれますがこの花弁のように見えるものが萼片(がくへん)なので本当に不思議な植物ですね・・・・・

花弁に見せて虫達を誘って受粉するのに役立てているようです~
植物達の強かさを垣間見るようです・・・・・♪^^




3.
d0054276_20443354.jpg

こうして見るとやっぱり『菊』には思えないですね・・・・・
何となく『和風』の風景と言うより少し『中華風』に感じてしまいます~(笑)




4.
d0054276_20444569.jpg

家の近くや職場の近くでは咲いている所も栽培して育てている所も見られないので私にとって秋明菊は馴染みの薄い花でしたが『香りの森』で見て沢山写真を写せました・・・・・




5.
d0054276_20445880.jpg

トップの写真と構図は同じですがピントを合わせた花が違います・・・・・
どれをメインに写そうかと悩んでいる時にはよくこんな写し方をしています~
後で見て主役になれる花の載っている写真を載せるのですが今日は二通り載せてみました・・・・・

こう言うものは本当は続けて載せた方が比べられるのですがそこは少し意地悪をして離して載せました~(笑)




6.
d0054276_2045919.jpg



7.
d0054276_20451846.jpg

白いものも見られました・・・・・^^
他の花達は白花も好きですがこの秋明菊は白花より薄紅色のものの方が私は好きです
でも本当はこの花の白いものは写し難いので写真のモデルとして敬遠しているのかも知れませんね・・・・・><




8.
d0054276_20452893.jpg



9.
d0054276_20453924.jpg

葉の付き方と形を見るとキク科じゃなくてキンポウゲ科って判るような気がしますね~
何となくイチリンソウやアズマイチゲ等の雰囲気も感じられます・・・・・♪^^




10.
d0054276_20454983.jpg

花弁のようなガクの中心に見られるリング状になって付いているオシベと真ん中の丸いメシベがキク科達とは全く違いますね・・・・・
学名にある『アネモネ』の文字に納得しますね~♪^^




11.
d0054276_20455938.jpg


この『香りの森』で見られた花達を少し続けますがそれから長良川の河川敷の植物達も載せたいと思っています・・・・・
来月の最初の土曜日は少し遠出をして『秋風景』を写しに行ってみます・・・・・♪^^


今日息子が結婚式の時のDVDを持って来てくれました・・・・・
あれから2ヶ月になりましたが今になって自分がしたスピーチを改めて聞くと恥かしくなりますね・・・・・><
自然に咲く何万本の花の前では鼻歌や独り言も平気ですが人の前では何もかも駄目ですね~(笑)




(OLYMPUS E-620)
(OLYMPUS E-510)
(ZUIKO DIGITAL 14-42 1:3.5-5.6)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)

(OptioRZ10)
by shizenkaze | 2012-10-28 21:24 | 身近な自然の話 | Comments(22)
Commented by odamaki719 at 2012-10-28 21:55
こんばんは✿
秋明菊のピンクの方は花びらの大きさが違っていて
不思議な花ですよね。近くのガーデンに白が咲いて
いるのですが少し撮りづらい場所にあります。
白の7・11枚目が好きです。
Commented by mac-seki at 2012-10-28 21:57 x
こんばんは~☆
秋明菊は私の家でも咲いています
母が好きなので植えているのですがよく増えるので道路際まで一杯になりました~^^
私も薄紅色の秋明菊が好きです
白い色の花はコスモスなどの方がずっと綺麗に思えます^^
Commented by tekky521 at 2012-10-28 22:33
秋明菊は実家の竹やぶの下でたくさん増えて群集になっています
田舎に住む母のささやかな楽しみのようです
私はキンポウゲ科の花が好きなので、楽しく見させて頂きました
1,6のようにまーるいのと花と一緒に写っているのがとても可愛いです
幸せな気分になれます~
Commented by マングース at 2012-10-28 23:14 x
こんばんは。

我が家の近くのシュウメイギクの花はもう終わりかけです。
そちらではまだこれからといった感じですね!
まん丸いや。雌しべも魅力的です♪
Commented by yaso-bana at 2012-10-28 23:26
とても綺麗に撮れていて 素晴らしいです
特に2・4・7・9・10 良い感じの写真で素敵です

菊と名が付くのに<キク科>ではない「シュウメイギク」・・・
白い花はどうしても「イチリンソウ」といった感じですよね~
Commented by koneko2y at 2012-10-28 23:27
普通の花って一重を改良して八重にするものが多いと思いますが、
シュウメイギクはピンク色の八重の花がもともとの花だと
書いてあるサイトがありました。
白とピンク色のシュウメイギクの八重・一重両方を写しているので
機会を見て並べてみたいと思います。
Commented by shizenkaze at 2012-10-29 00:02
odamakiさん  秋明菊の写真を家に帰ってみて判ったのですが薄紅色は一重で白花は八重でした・・・・・
だから薄紅色の方が全体に優しく見えたのかも知れません・・・・・

白が八重だったので写し難かったのかな~><

そちらの秋明菊はどんな場所なのか判りませんが相当写し難い所みたいですね?

7.11の写真を気に入って頂いて有難うございました^^
Commented by shizenkaze at 2012-10-29 00:06
mac-seki さん  秋明菊が家に咲いているのですか・・・・・
それも相当な数が咲いているみたいですね~
花の好きな人は手入れもちゃんとするので増えてしまうのでしょね~^^

でも道路際までと言うのは凄いですね^^

白花は私が見たのは八重だったので一重だったら可愛く撮れたのかも知れません・・・・・
コスモスも色々な色があって好みも人それぞれですね・・・・・^^
Commented by shizenkaze at 2012-10-29 00:12
tekky521さん  ご実家では秋明菊が沢山咲いているようですね^^
お母様が園芸をされているようできっと楽しくてドンドン増やしているのでしょうね?
上の↑mac-sekiさんの所も同じようにお母様が好きで増えているようです・・・・・^^
でも花を楽しむ趣味は健康にもいいでしょうね~^^

キンポウゲ科の花はどれも個性的ですね・・・・・♪^^
今年は春先からキンポウゲ科の花達には多く出会う事が出来ました
多分今までの1年間では一番多かったような気がします・・・・・

1.6の写真を気に入って頂いて有難うございました~♪^^
Commented by shizenkaze at 2012-10-29 00:15
マングースさん  同じ花でも少し場所が変わるだけで開花時期や花期の長さも違いますね・・・・・
こちらではまだ少しは見られそうです~^^

この丸いメシベが面白くて可愛いですね・・・・・
Commented by shizenkaze at 2012-10-29 00:20
yaso-banaさん  今までに秋明菊を写したのはこれで2度目で以前は観光地の建物の前に植えられていたものを撮っただけなので秋明菊だけを撮ったのは今回が初めてでした・・・・・

キク科じゃないのに菊と付けられているものは鯛じゃ無いのにコブダイやイトヨリダイって言うのと同じでしょうね~(笑)

アネモネの仲間なのでイチリンソウやニリンソウと雰囲気が似ていますね・・・・・
2・4・7・9・10の写真を気に入って戴けてとても嬉しく思いました^^
Commented by shizenkaze at 2012-10-29 00:22
koneko2yさん  一重と八重や白花と薄紅色の花など秋明菊に見られますが元々がどんな花だったのかは私は知りませんでした
いつか調べて教えてくださいね~♪^^
Commented by なずな at 2012-10-29 13:17 x
薄紅色のシュウメイギク・・優しい感じで綺麗に撮れていますね。中華風と言われれば、ナルホドとも・・。
うちのシュウメイギクは白の一重ですが、一ヶ月以上も前から咲いていて、今もたくさん咲いています。意外と花期は長いのですね。
独特の趣が好きな花です。
Commented by timata-sn at 2012-10-29 16:26
shizenkazeさん こんにちは
今日は薄曇りが続きましたが、陽射しが出て来ましたよ。

シュウメイギク 綺麗ですね!!
花弁に見える所は萼片だったのですね、完全に間違えて居ましたよ。
でも受粉を促進するためとは、花も中々強かですね。
シロバナの方が園芸種なんですか、育てて居られるお家によっては
シロバナの方が多く見られたりしますよ。
2・3・4・7・9・10・11 が素敵ですね!!
Commented by e-ku-bo3 at 2012-10-29 16:45
秋明菊、好きです。花やさんで見かけると欲しくなります。
ご近所で庭植えして、群生しているのも見かけます。
庭に相応しく、ベランダには向いてないので、見るだけ。

しかし〜〜、あの可愛い花びら・・と思っていたのが、
花弁化した萼片(がくへん)・・・とは!! 
驚きました。この後から、この花を見るとき、
見る目が変わっちゃいます。(@0@;)
Commented by shizenkaze at 2012-10-29 20:03
なずなさん 秋明菊の花は和風の菊より何となく中国や韓国の雰囲気に思えます・・・・・^^
東洋美人って感じの花ですね~

秋明菊が家に咲いているのですか・・・・・^^
素敵ですね~
庭のある暮らしに憧れますが無理なので自然の中に出かけて楽しむだけですね~♪^^

写真を気に入って頂いて有難うございました^^
Commented by shizenkaze at 2012-10-29 20:07
timataさん  今日は風が強かったです・・・・・
そちらでは『木枯らし1号』が吹いたようですね・・・・・・

キンポウゲ科やタデ科の植物は花弁に見えるガク片が目立ちますね
どうしてこんな姿になるのか不思議ですね・・・・・
虫達にアピールするなら花弁でもいいのに本当に不思議な進化です

2・3・4・7・9・10・11の写真を気に入って頂いて有難うございました^^
Commented by shizenkaze at 2012-10-29 20:10
e-ku-bo3さん  秋明菊を植木鉢などで育てている人もいますがやっぱり地面に直接植えて沢山見られるのがいいですね~^^

色々な種類の秋明菊が群生していると綺麗ですね・・・・・
花弁に見えるガクを持っている植物って多いですね~
同じ仲間なので『アネモネ』もそうなんですね・・・・・♪^^
Commented by ten-zaru at 2012-10-29 20:27
shizennkazeさん、今晩は。
シュウメイギクは大好きな花です。
こちらでは白とピンクがほとんどで、
1から6枚目の様な色はありませんね。
(ひょっとしてピンクなんですかね^^)
Commented by tanuki_oyaji at 2012-10-29 20:46
shizenkazeさん、こんばんは〜♪
綺麗な秋明菊ですね〜
私もキンポウゲ科のお花はどれも大好きで、この花ももちろん好きな花です。
シベがまた綺麗で良いですね。
Commented by shizenkaze at 2012-10-29 21:10
ten-zaruさん  シュウメイギクがお好きなんですね~^^
沢山咲いている所を見たのはこれが初めてでした・・・・・
可愛い花なので嬉しくなりました~

色はこんな感じでした
ピンクと言うより薄紅色って感じでしたよ・・・・・^^
Commented by shizenkaze at 2012-10-29 21:12
tanuki_oyajiさん  キンポウゲ科の花達は少し妖艶に思える花を咲かせますね・・・・・

シュウメイギクはキンポウゲ科り花の中では大人しい花に見えますね
優しい感じが私も好きです~^^
名前
URL
削除用パスワード


<< 『丸く可愛い千日紅(センニチコ... 『杜鵑草(ホトトギス)と黄蜀葵... >>