『狸豆と駒繋と自然薯の実・・・♪』

冬の山里には花らしきものは目には入って来ませんが木が茂っている所や草地では春や夏に綺麗な花を咲かせていたと思われるもの達が育んだ『実』が多く見られました・・・・・

秋に実を付けていたものはもう中の種子を地面に蒔き落とした殻のようでしたがそれでも最後の姿を私に見せてくれました・・・・・
そんな実達の優しく温かな姿を写真に残しました・・・・・
色は鮮やかではありませんがとても穏やかに感じられました~~



『達目洞(だちぼくぼら)で見られた実達・・・』

1.『狸豆(タヌキマメ)』  マメ科タヌキマメ属の一年草です
学名はCrotalaria calycina Schrankと言います・・・・・^^
d0054276_20315126.jpg

狸豆の実の中には種の入っていないものが多かったのでもう落ちた後なんでしょうね・・・・・
この場所でしか見た事が無いので植木鉢にでも種を蒔いて育てたかったのですがあまり自然のものを移動させるのは良くないと思ったのでやめました・・・・・^^




2.
d0054276_2032214.jpg



3.
d0054276_20321217.jpg



4.
d0054276_20322273.jpg





5.『駒繋(コマツナギ)』  マメ科コマツナギ属の草状小低木です
学名はIndigofera pseudo-tinctoria Matsumと言います~^^
d0054276_20323213.jpg

コマツナギの花は小さな藤花のようでとても可愛く綺麗です・・・・
毎年色々な所で出会ってその度に写真を写しました
実も沢山生っているのが見られました~~♪^^




6.
d0054276_20324439.jpg



7.
d0054276_20325534.jpg



8.『鞘が割れて種が落ちた後のコマツナギです・・・^^』
d0054276_2033597.jpg

豆鞘が割れて小さな種は地面に毀れていました・・・・・
運が良ければ発芽して同じ場所に子孫が残るのでしょうね~~




9.
d0054276_20331552.jpg



10.
d0054276_20332429.jpg



11.
d0054276_20333589.jpg



12.
d0054276_20334413.jpg



13.
d0054276_20335450.jpg





14.『山の芋(自然薯)の果実・・・^^』  ヤマノイモ科ヤマノイモ属の蔓性多年草です
学名はDioscorea japonicaと言います~^^
d0054276_203457.jpg

ヤマノイモには雌雄異種です・・・・・
そして雌花の咲いていた所に実が生ります・・・・・
トロロにしたり短冊に切って食べる所は実じゃなくて根(芋)で実はちゃんと上に生っています~
この実の中に種が入っています~

ヤマノイモは種でもムカゴでも芋の一部からでも芽を出す事が出来ます・・・・・
逞しいですね~^^




15.
d0054276_20341550.jpg



16.
d0054276_20342641.jpg


いつも見慣れているもの達も四季を通じて色々な表情を見せてくれます
その都度の姿を見て同じ地球の仲間の変化を楽しみたいです・・・・・

新芽、若葉、蕾、花、終花、実、春待芽・・・・・♪^^

さ~今度はどんなものに出逢えるのかな??^^






(OLYMPUS E-620)
(OLYMPUS E-500)
(ZUIKO DIGITAL 14-42 1:3.5-5.6)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)

(OptioRZ10)
by shizenkaze | 2012-12-18 21:06 | 身近な自然の話 | Comments(22)
Commented by tanuki_oyaji at 2012-12-18 21:31
shizenkazeさん、こんばんは〜♪
この季節は色んな種子を見ることができますね〜
色々探しながら里山を歩いてみるのも面白そうですね。
Commented by koneko2y at 2012-12-18 21:37
まだ緑色の時、なんだろなんだろと思っていたものが
きっとヤマイモの実だったと思います。
レンゲショウマに絡んでいたりしたこともあったので
まさかと思っていました。
Commented by lisedream at 2012-12-18 21:47
こんばんは^^
本当に、こうして写真で見ると、それぞれの植物が
頑張って命を繋いでいるのだなぁと感じられますね^^
鮮やかな花の季節ばかりでなく、四季を通して見つめてゆくのも
とても素敵なことだなと思います^^
「だちぼくぼら」は珍しい読み方の名称ですね。
Commented by timata-sn at 2012-12-18 21:52
shizenkazeさん こんばんは
今日は良いお天気でしたが、風が有って寒かったですよ。

色々な実が種子を育んで子孫を残して居るんですよね。
どんな環境の所でも植物たちは逞しく生存するんですよね。
そうしてみると人間は弱いですよね、何年も親の世話になって
やっと一人前に成るのですから・・・・・
1・4・6・7・10・14・15・16 が素敵ですね!!
Commented by odamaki719 at 2012-12-18 22:04
こんばんは✿
狸豆の実はほとんど実がなくなっていますね。
コマツナギの実はカラスのエンドウの感じですね。
7枚目がいいですね。
14枚目の山の芋のイモガラも綺麗ですね。
Commented by asitano_kaze at 2012-12-18 22:35
タヌキマメ、ここで知りました。
コマツナギ、花は撮ったことがありますが、実は初めて見ました。
5,8,12,なかなか繊細な美しさですね。
ヤマノイモの果実、すり下ろす根っことイメージが結びつきません。
16,面白いです。
Commented by yuyu-prin at 2012-12-18 22:37
やまいもの蔓を見かけますが
最後はこんな風になるのですね。
蔓性のものはたくましく抜いても抜いてもまた春になると
芽がでてきます。
里山歩きも視線を変えると面白いものに出会えますね。
Commented by shizenkaze at 2012-12-18 23:33
tanuki_oyajさん  里山辺りには色々なものが多く見られるので私にとっては『博物館』のような所です・・・・・
でも博物館と違うのは名前は自分で調べなきゃならない事だけですね・・・・・♪^^
Commented by shizenkaze at 2012-12-18 23:35
koneko2yさん  ヤマノイモの実は初めは緑色ですね・・・・・
この三方に見える実は面白い形です~
自然の作り出す造形は人には作り出せない形が多いですね^^
Commented by shizenkaze at 2012-12-18 23:40
lisedreamさん  好きな所には季節毎に出かけると楽しいですね・・・
だから遠くは無理なので私は近場に何度も行ってホームグランドにしています~
今は5箇所くらい良く行く所があります・・・・・^^

『達目洞(だちぼくぼら)』は普通では読めないですね・・・・・^^
この湿地を流れている川は『逆川(さかしまがわ)』と言いますがここは詠み難い地名などが多いです~><
Commented by shizenkaze at 2012-12-18 23:43
timataさん  今日は晴れたり曇ったりの一日でした
少し風がありました・・・・・

植物達は色々なスタイルで冬の寒さを乗り越えますね・・・
人のような過保護では自然界の厳しい所では生きられないのですね

1・4・6・7・10・14・15・16の写真を気に入って頂いて有難うございました・・・・♪^^
Commented by shizenkaze at 2012-12-18 23:47
odamakiさん  タヌキマメの鞘の中には種が無いものが多かったです・・・・・
これで来年も同じように見られるのでしょうね~^^

コマツナギもマメ科なのでカラスノエンドウのような実にも感じますが数はこちらが多いですね・・・・・^^
向こうは草でこちらは木ですからね~~♪^^

7.14の写真を気に入って頂いて有難うございました・・・・・^^
Commented by shizenkaze at 2012-12-18 23:52
asitano_kazeさん  タヌキマメはここだけで見るのでここに咲いていなかったらその年は見られなくなってしまいます・・・・・
興味の無い人達は気が付かずに通り過ぎますが私にとっては楽しく仲間です^^

コマツナギの豆鞘もなかなかの雰囲気があって楽しいです
花の季節と実の季節が楽しめます・・・・・^^

ヤマノイモの果実とムカゴは今の季節に見られるのでモデルになってもらいますが花の季節にも楽しめますね^^
5.8.12.16の写真を気に入って頂いて有難うございました~♪^^
Commented by shizenkaze at 2012-12-18 23:56
yuyu-prinさん  ヤマノイモは葉に特徴があるので良く目立ちますね・・・・・
ムカゴと一緒にこんな果実も生っています・・・・・^^
地面の下を掘れば美味しい自然薯がありますが素人には無理ですね・・・・・
私には美味しい自然薯の芋よりハート型の葉やムカゴに花達と今日載せた実の方が楽しく感じられます・・・・・^^

色々な散策をこれからも続けていたいです・・・・・♪^^
Commented by マングース at 2012-12-19 13:47 x
こんにちは。

すっかり冬景色ですね!
役目をおおえた草花たちにも温かい目を向けておられる
自然風さんらしい写真の数々だと思って見せて頂きました^^
Commented by shizenkaze at 2012-12-19 20:14
マングースさん  冬景色の中の植物達ですがまだ少しは生気を感じられますね・・・・・
やがて朽ち果ててしまうのでしょうが最後の最後まで未来を見つめているように思えました・・・・・^^

写真を気に入って頂けてとても嬉しいです~♪^^
Commented by ten-zaru at 2012-12-19 20:19
shizenkazeさん、今晩は。
植物達が終焉を迎えたようですね。
ただし次の世代のためにしっかりと分身を残して…
ところでヤマイモってそんなに逞しいのですか、見直しましたよ。
Commented by yaso-bana at 2012-12-19 21:03
こんばんは・・・
この時期でなければ撮れないものが有るのは解っていても
綺麗さ・美しさをついつい求めてしまい 中々シャッターが切れません
こちらに来てみて おおいに反省をさせられてしまいました・・・
自然そのものと向き合う気持ちがまだ欠けていた事にも気づかされました
shizenkaze さんを見習って明日から もっと頑張ってみる事にしました
1・5・15 等 派手な色が無くても美しいんだな~と感じました v^^
Commented by tmshanagn304 at 2012-12-19 21:15
むかごが種かと思っていました。
Commented by shizenkaze at 2012-12-19 21:39
ten-zaruさん  植物達は最期の力を振り絞って頑張っているように思えました・・・・・^^

ヤマノイモは逞しいですよ^^
例えば芋掘りをしていて途中で折れて先が少しでも残っていたらそこから新しく伸び始めます・・・・・
だから食べると栄養豊富なんですね~^^
Commented by shizenkaze at 2012-12-19 21:45
yaso-banaさん  植物も種類によっては最後の姿『終花』が素敵に見えるものもあります・・・・・
芙蓉や槿や紫陽花などはそうですね~
他の植物も最後の最後まで見ていたいものも多いです・・・・・

虫や動物の最後の姿は見たくないし写真に写す事は無いでしょうが植物は写したくなるほど綺麗な姿のものがありますからこれからも写し続けたいと思っています・・・・・^^

1.5.15の写真を気に入って頂いて有難うございました^^
暖かいコメントを書いて頂きとても嬉しいです~
Commented by shizenkaze at 2012-12-19 21:47
tmshanagn304さん  ムカゴは種じゃないですね~
どちらかと言えば『実』に近いものです・・・・・
栄養繁殖器官の一種なんですが説明するととても長くなってしまいます・・・・・><
名前
URL
削除用パスワード


<< 『メタセコイアの球果』 『達目洞ローズガーデン近くで出... >>