『薄手火蛾(ウスタビガ)の繭と土佐水木(トサミズキ)の蕾と曙馬酔木(アケボノアセビ)』

木曽川水園で見られた『薄手火蛾(ウスタビガ)の繭』がとても綺麗なグリーンだったので載せる事にしましたが『蛾』等を嫌う人も多いですが今日載せている『繭(マユ)』は綺麗な色で花等と同じように平気で見られると思います・・・・・^^

トサミズキはまだ少し膨らんでいるいる程度の蕾でした・・・・・
アセビの紅花種『アケボノアセビ』もまだ花より蕾のような状態でした~^^



『木曽川水園で見たものたち・・・♪』

1.『ウスタビガ(薄手火蛾)の繭』 チョウ目ヤママユガ科ヤママユ属
d0054276_20491738.jpg

冬の落葉した山の中等で美しい緑色の繭(まゆ)を見かける事があります・・・・・
夏や秋には木の葉で保護色となって見え難いのですが今は良く目立っています~

穀類や塩などを入れた叺(かます)のような変わった形なのですぐに『ウスタビガ』の繭だと分かります
冬は羽化した後なので抜け殻になっています・・・・・♪
枝先にぶら下がっているので吊り叺や山叺などと言われます~
上部には羽化するための出口があり下部には入った雨水を出すように小さな穴が開いています・・・・・♪^^




2.
d0054276_2049282.jpg

空になった繭の下に見られる小さな黒いものはウスタビガが産み付けた卵のようです~
自分が羽化した後の繭に卵を産み付けるなんてよく考えていますね・・・・・♪^^




3.
d0054276_20494021.jpg



4.
d0054276_20495169.jpg




5.『土佐水木(トサミズキ)の蕾』 マンサク科トサミズキ属の落葉低木
学名,はCorylopsis spicata Sieb. et Zuccと言います~
d0054276_2050242.jpg

まだ蕾でしたが軽く触ってみると膨らんでいるのが分かります・・・・・
来週くらいには花が咲いているでしょうね~♪^^




6.
d0054276_20502386.jpg



7.
d0054276_20503543.jpg




8.『曙馬酔木(アケボノアセビ)』 ツツジ科アセビ属の常緑樹
学名はPieris japonica subsp. japonicaと言います~
d0054276_20504628.jpg

普通見られるアセビは白い花を咲かせますがこのアケボノアセビは淡い紅色をしています
たくさん咲いている姿を見ると綺麗なので溜息が出てしまいます~♪^^




9.
d0054276_20505476.jpg



10.
d0054276_2051517.jpg

長良川の堤防のツクシも大きくなっていました・・・・・
今日もツクシ採りの人が見られました~♪

今日は遠くに見える伊吹山も雪衣装を輝かせてとても綺麗に見えました
空も真っ青で黄砂や花粉が無いような気になりました~~
でも社内の花粉症の人達は『クシュンクシュン』とマスクが離せないようでした・・・・・><





(OLYMPUS E-30)
(OLYMPUS E-620)
(ZUIKO DIGITAL 14-42 1:3.5-5.6)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)

(OptioRZ10)
by shizenkaze | 2013-03-11 21:17 | 身近な自然の話 | Comments(26)
Commented by odamaki719 at 2013-03-11 21:24
こんばんは!
 ウスタビガの繭は変わっていますね。
トサミズキの蕾が膨らんできましたね。
9枚目のアケボノアセビが綺麗ですね。
10枚目の蕾もまた綺麗ものですね。
Commented by ten-zaru at 2013-03-11 21:53
shizenkazeさん、今晩は。
ウスタビガの繭、本物の葉あるいは実のように見えますね。
自然の営みは見事なものですね。
Commented by なな at 2013-03-11 22:01 x
こんばんわ  ウスタビカ゛の繭は時々見つけますが 卵の付いたのは初見です。リサイクルでもう1度使用するのでしょうか?
アケボノアセビは今は亡き母が我が家の庭に店で購入して植えてくれたので園芸品種と思ってました。その後の里山歩きでは白色しか見たことなかつたです。お花に詳しくいつも勉強の参考書代わりに読んでます。ありがとうございます。
Commented by timata-sn at 2013-03-11 22:47
shizenkazeさん こんばんは
今日は良いお天気でしたが、寒く感じましたね。

ウスタビガ の繭なんですね、この時期良く目立ちますね。
自分が羽化した繭に卵を産み付けるなんて、効率が良いですね。
所で羽化したばかりでもう卵を産み付けると言う事はもう成虫に
成って居ると言う事なんでしょうか。
不思議な感じですね。
トサミズキ が蕾を膨らませて居るんですね、早いですね。
奇麗な色をして居ますね。
アケボノアセビも綺麗ですね。
1・3・4・6・7・9・10 が素敵ですね!!
Commented by mayumis39 at 2013-03-11 23:04
ウスタビガの繭、ここのは色が濃くてとてもきれいですね^^
Commented by yuyu-prin at 2013-03-11 23:14
実が付いているのかと思いましたが、繭だったのですね。
きっと何処かでみても気づかずに通り過ぎてしまいます。
Commented by マングース at 2013-03-12 00:25 x
こんばんは。
里山でこのウスタビガの繭をたまに見かけます。
茶色ばかりの中で、綺麗な黄緑色をした繭がよく目立っています。
こちらではトサミズキがもう少し咲き進んでいます。
やはり気温のちがいでしょうね(^_-)
Commented by namiheiii at 2013-03-12 12:12
詳細な観察ですね。溜息が出ます。
Commented by KawazuKiyoshi at 2013-03-12 12:48
自然は不思議なものを作りますねー。
命。
春は好いですねー。
今日もスマイル
Commented by asitano_kaze at 2013-03-12 17:57
ウスタビガの繭、木の葉とそっくりですが、枯葉色ではないのですね。
でも、3を見ると、まるきりわかりませんね。
トサミズキは花しか撮ったことがありません。つぼみ、かわいいですねぇ。
アセビの白花もいいですが、赤も趣がありますね。
Commented by lisedream at 2013-03-12 19:02
こんばんは^^
繭、ほんとうに良くできていますね~色もきれいです^^
アケボノアセビもたくさん花をつけて見事ですね~
蕾が小さないちごのような形で可愛いです^^
Commented by shizenkaze at 2013-03-12 20:07
odamakiさん  ウスタビガの繭は目の高さの所にあったので良く分かりました~
今は周りが枯葉色なのでよく目立っています~

トサミズキもこれから花を咲かせます
色々な花が見られるようになるので楽しいですね~^^
9.10の写真を気に入って頂いて有り難うございました・・・・・♪
Commented by shizenkaze at 2013-03-12 20:09
ten-zaruさん  ウスタビガの繭が今は目立っていましたが中に入っている頃には立派な保護色ですね~
自然っていつもながら凄いな~って思います・・・・・^^
Commented by shizenkaze at 2013-03-12 20:15
ななさん  ウスタビガの繭に産み付けた卵は孵化して同じ繭に入る事は無いでしょうが葉だと散ってしまいますが空繭が葉のように落ちる事が無い事を知っているのでしょうね・・・・・
自然の知恵なんだと思います~^^

アケボノアセビは馬酔木の園芸種のようですね・・・・・
他にもベニバナアセビと言うものもあるようです~^^

見て頂いて有り難うございます~
これからも宜しくお願いしますね・・・・・♪^^
Commented by shizenkaze at 2013-03-12 20:20
timataさん  今日は良い天気でした・・・・・

ウスタビガが成虫になってある程度成長してから自分が出た繭に戻って産卵するみたいです・・・・・
何となく故郷の川に戻って来る鮭みたいですね~^^

写してから暖かな日が続きましたのでトサミズキも花を咲かせているかも知れませんね~
アケボノアセビも可愛くて去年はたくさん写しましたので今年も写しに出掛けたいですね~♪
1・3・4・6・7・9・10の写真を気に入って頂いて有り難うございました・・・・・♪^^
Commented by shizenkaze at 2013-03-12 20:22
mayumis39さん  繭の緑色が保護色だとすれば周囲の葉の色に少しは似せているのでしょうね?
自然って逞しいですね・・・・・♪^^
Commented by shizenkaze at 2013-03-12 20:24
yuyu-prinさん  今は良く目立ちますが葉が茂っている季節だと絶対に気が付かないでしょうね~><

好奇心旺盛なので歩きながらキョロキョロしています・・・・・(笑)
Commented by shizenkaze at 2013-03-12 20:28
マングースさん  木の幹や枝を見ていると色々な虫達の繭や卵等が見られますね~
見ているのは楽しいですが特に虫が好きな訳じゃないので中には『顔を出さなくてもいいよ~』って思う虫もいます・・・・・^^

そちらと岐阜では気温差がありますね~
小さな国土の日本ですがそれでもデッカイですネ~(笑)
Commented by shizenkaze at 2013-03-12 20:30
namiheiiiさん  好奇心が人一倍強くて普通に歩く事が出来ません~
前後左右をキョロキョロしたり上下も見たりしながら散策しています・・・・・
人よりたくさんのものに出逢いたいのでしょうね~(笑)
Commented by shizenkaze at 2013-03-12 20:32
KawazuKiyoshiさん  自然の営みって凄いですね~
『目の前の命』やら『あん時の命』やら色々です・・・・・♪^^

自然たちにも『スマイル~』
Commented by shizenkaze at 2013-03-12 20:37
asitano_kazeさん  ウスタビガは繭から出た後なので命を膨らませている頃には周囲の葉の色とソックリで保護色なんでしょうね~
今見ると目立ち過ぎですが目立つので成長した蛾が戻って来て産卵できるのかも知れないですね~^^
自然って面白いです・・・・・♪

トサミズキも蕾が膨らんでいましたので今度の日曜には花が咲いているでしょうね・・・・・
アセビは白花も紅花も沢山花を咲かせて可愛く綺麗ですね~^^
Commented by shizenkaze at 2013-03-12 20:41
lisedreamさん  ウスタビガの繭は本当に綺麗なグリーンでした・・・
新緑の中だったら気が付かないですね・・・・・

アセビ達の花は何色でも可愛いですがアケボノアセビやベニバナアセビのピンク色はより可愛く見えますね・・・・・
白い花はドウダンツツジもですが可愛さより気品があるように思います~♪^^
Commented by なずな at 2013-03-12 20:59 x
こんばんは。遅くからすみません。
ウスタビガという蛾ですか。自分の出た繭を二度利用するとは、なんともエコな生き物ですね。人間も見習わなくっちゃ!
仰るように、枯れ葉だと落ちてしまいますからね。それに、この木は、この蛾の幼虫時代の食葉なのでしょうね。
トサミズキ、うちのは、もう咲いています。撮っておかないと・・・。
Commented by tanuki_oyaji at 2013-03-12 21:11
shizenkazeさん、こんばんは〜♪
へぇ〜 これが蛾の繭なんですか、綺麗なものですね〜
あまりこういうものに詳しくないので私には見つけられそうもないですね。
Commented by shizenkaze at 2013-03-12 21:20
なずなさん  自然の営みって無駄な事は少ないように思えますね~
無駄なように見えてもどこかで自然のサイクルは繋がっているようです・・・・・^^

トサミズキの花が咲いていますか?綺麗で可愛い花なので私も咲いているところで写したいです~♪^^
Commented by shizenkaze at 2013-03-12 21:24
tanuki_oyajiさん  好奇心は旺盛ですが実際には虫は苦手なものが多い私です~><
でも繭や卵くらいなら見て楽しめますね~
イラガの繭だって鶉の卵のミニサイズみたいで見るだけなら楽しいです・・・・・(笑)
名前
URL
削除用パスワード


<< 『堤防に出て来た仲間達~』 『梅林公園の梅達』 >>