『諸葛菜(ショカッサイ)と蜜蜂』

世の中にはたくさんの名前があります・・・・・
赤ちゃんが最初に覚えるのは親よりも食べ物だと言われますが生きる為にはそれが本能なのでしょうね・・・

人の名前や製品、商品の名前に身の回りにある無数の名前達も覚えるのには最初の出会いとその時に知った名称が優先になって覚える事が多いです
何故こんな事を書いたかと言いますと今日載せた花の名前には色々な呼び方があるので人によって様々なんです・・・・・

私は実際の花を見る前から図鑑で知って名を覚えたので『ショカッサイ』で何十年も過ごして来ました・・・・・
ですから今日載せた名前も私が最初に覚えた『諸葛菜(ショカッサイ)』で書く事にします・・・・・^^
現在の和名は『オオアラセイトウ』のようですが一番言い難い名前ですね~><



『ショカッサイの色が好きです』 アブラナ科オオアラセイトウ属の越年草
学名はOrychophragmus violaceusと言います~

1.

ショカッサイは他にハナダイコン・オオアラセイトウ・ムラサキハナナ等と呼ばれています
アブラナ科で大根の花にも似ているので『花大根』と呼ばれたり菜の花がナバナやハナナとも呼ばれるのでその花の色が紫色になっているので『ムラサキハナナ』とも呼ばれるようです・・・・・

オオアラセイトウは属名になっていますがアブラナ科のショカッサイ属と呼ばれる分類もあるので判断が難しい所です・・・・・><




2.

原産地は中国で中国東部に分布し東北および華北地区では普通に見られる植物です
ヨーロッパ南部に帰化しているほか日本では江戸時代に輸入されて栽培されたものが野生化して各地で見られるようになりました・・・・・

群生して開花する姿が美しいため庭などで栽培されることも多いですが道端や空き地でも普通によく育っています・・・・・
若い葉は食べられるので中国北部では野菜として栽培されたり種子からはアブラナと同様に油を採取することもあるようです~^^




3.

アブラナ科の十字花ですがアブラナの花より一回りは大きいですね~
ナズナやタネツケバナの十字花と比べると巨大です・・・・・♪^^




4.



5.



6.



7.



8.

菜の花には蜜蜂が良く来ていますがショカッサイの花にもたくさんの蜜蜂が見られました・・・・・
蜜そのものも美味しいのでしょうが後脚の脛節にある花粉籠にたくさんの花粉を集めているのが見られました・・・・・^^




9.



10.

ここからはショカッサイに来ていた蜜蜂をカメラで追いかけてみました・・・・・
セッセと蜜と花粉集めをしている姿は健気ですね~




11.



12.



13.



14.



15.

ここのところ少し気温が低くなっています
近くの公園のソメイヨシノも少しずつ咲いていましたが満開にはまだ少し掛かりそうです・・・・・

伊奈波神社参道の枝垂桜も花の咲いているものとまだ蕾のものに分かれていました
あと一週間は掛かりそうです・・・・・♪^^

一週間と言えば岐阜のゆるキャラ『やなな』の引退が今月末なので巷では色々な催しがあります
来春には全国放映の映画にもなるようで『ゆるキャラ』としては引退やら写真集やら今度は映画まで・・・・
とにかく今岐阜市の一部(^^)では熱気が凄いです・・・・・^^





(OLYMPUS E-30)
(OLYMPUS E-620)
(ZUIKO DIGITAL 14-42 1:3.5-5.6)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)

(OptioRZ10)

Tags:# # # 
by shizenkaze | 2013-03-26 21:38 | 身近な自然の話 | Comments(26)
Commented by odamaki719 at 2013-03-26 21:45
こんばんは!
 ショカッサイの色はいいですよね。
近くのガーデンにも咲いていますが名札はムラサキハナナになっています。
こんなにたくさんは咲いていないのですが・・・
3・5枚目が好きです。
Commented by timata-sn at 2013-03-26 22:04
shizenkazeさん こんばんは
今日も良いお天気でしたが、少し冷えましたよ。

ショカッサイの色が綺麗ですね!!
色んな名前が有るんですね、ハナダイコン と教えて戴いた
様に思いますが、花をしっかり覚えて居ないのでダメですね。
若い時には食べる事が出来るんですね、知りませんでした。
ミツバチが沢山の蜜を集めて居ますね、この花には多いのでしょうか。
4・5・8・10・11・12・15 が素敵ですね!!
Commented by koneko3y at 2013-03-26 23:02
私もずっとショカッサイで通していましたが、
ムラサキハナナの方が他の人にもわかりやすいかなと
思うようになりました。
一面薄紫の群生になっていると素晴らしく綺麗です。
ミツバチが足に大きな蜜団子を作っていると応援したくなります。
Commented by shizenkaze at 2013-03-27 00:02
odamakiさん  ショカッサイの色は綺麗ですね~
藤やスミレやオオイヌノフグリなど自然の花に多い色です・・・・・^^

odamakiさんもこのような色の花がお好きでしたね~^^
ガーデニングなどをされている人は『ムラサキハナナ』と言う言い方を良くされますね・・・・・
図鑑を見ながら自然散策しているような人は『ショカッサイ』という事が多いようです・・・・^^

3.5の写真を気に入って頂いて有り難うございました~^^
Commented by shizenkaze at 2013-03-27 00:07
timataさん  今日は風もあって少し寒く感じました・・・・・
冷えているので桜の開花がゆっくりになりそうです~^^

色々な呼び方のある植物は花との関係で変わりますね
園芸をされている人や自然散策の好きな人、植物を調べている人では呼び方が違うようです・・・・・^^

菜の花と同じなので若い頃は食べられます
辛し和えなんて美味しそうですね~(笑)
菜の花に蜜蜂が来るようにショカッサイにも多く来ていました
きっと蜜が美味しいのでしょうね~^^

4・5・8・10・11・12・15の写真を気に入って頂けてとても嬉しく思いました~^^
Commented by shizenkaze at 2013-03-27 00:11
koneko3yさん  植物の自然種が好きで植物図鑑を見ながら散策しているような人達ならショカッサイでも分かりますがガーデニングをされたり鉢植えで園芸種を育てている事には『ムラサキハナナ』の方が判り易そうですね・・・^^
でも和名の『オオアラセイトウ』だと『?』なんて事になる事も多いですね・・・・・^^

一生懸命花粉を集めている蜜蜂を見ていると愛しくなります・・・・・^^
Commented by マングース at 2013-03-27 00:24 x
こんばんは。
私はムラサキハナナと覚えていました。
この紫色の花は一度見たら忘れられない色合いです♪
諸葛孔明が各地に広めたことが名前の由来とは由緒正しい植物なんですね(^_-)
Commented by lisedream at 2013-03-27 01:23
こんばんは^^
ショカッサイ、というのですね。この色、とても好きです^^
群生している公園では「ムラサキハナナ」と書いてありましたが
私は「ハナダイコン」のほうがピンとくる気がしました。
蜜蜂さんたち、一生懸命働いてる姿が健気で可愛いですね^^
Commented by puriza0322 at 2013-03-27 11:38
お早うございます
3、8、10~ととても良いお写真だと思います
と言っても私が感じたままを記載しただけですが
蜂の表情が手に取るように見受けられます
花びらの柔らかな手触りや風の動きまで伝わってきそうですよ
この頃ずっとですがいつもの朝が来るのが嫌になります
また、朝がいつものような着て迎えるんだと思うと悲しくなります
蜂や花(植物)にとっては大切なお日様の下で毎日があるのが
ありがたい事であり大切な事ですね
一生懸命働いている姿が本当の姿なんですよね
可愛いですね
Commented by なずな at 2013-03-27 14:41 x
ショカッサイ・・紫が綺麗ですね。こんなにいっぱいではありませんが、見たことのある花です。
ミツバチさん、よく働きますね。花粉や蜜を集めて・・動きがよくわかって面白い写真です。
Commented by soyokaze-1020 at 2013-03-27 16:42
こんにちは♪
私は花壇で育てています(今年は育ちが悪いのですが、花をつけ始めました)
ショカッサイと言う名前は、shizenkazeさんに教えて頂きました。
ムラサキハナナ、と呼んでいます。
美しい花ですよね。 沢山咲いていますねぇ。
11~15枚目、ミツバチさんの嬉しそうに働く姿、見事に捉えられましたね。すばらしい~!
可憐なミスミソウの絵も素敵です。

Commented by ten-zaru at 2013-03-27 20:47
shizenkazeさん、今晩は。
こちらではムラサキハナナが一般的なようにお思います。
地方によっても様々に呼び名が違うようですね。
紫の花にミツバチ、気に入ってます。
Commented by tanuki_oyaji at 2013-03-27 21:05
shizenkazeさん、こんばんは〜♪
色々な呼び名がありますね。
私はハナダイコンと言う方が馴染が深いです。
何度も撮りましたが色飛びしやすくて苦手な花です。
Commented by yaso-bana at 2013-03-27 22:06
どの写真も 花色がとてもきれいに撮られていて素敵ですね~
この花の名前 本当に多いんですよね~ 私も「諸葛菜」が呼びなれています
こちらではまだ見かけていませんが そろそろだと思っています・・・
Commented by yuyu-prin at 2013-03-27 22:09
ショカッサイの紫色がいいですね。
ハナダイコンと言っている人も多いようです。
蜂がショカッサイの花の蜜を集めるとは
美味しいのでしょう。
今日は雨で寒い一日でした。
Commented by asitano_kaze at 2013-03-28 16:16
この花、ほんとにたくさんの名をもっていますよね。
それだけ人の生活とかかわりがあったのでしょうね。
ショカッサイは三国志で、アラセイトウは新川和江の詩で馴染みになりました。
私自身はムラサキハナナを使っています。
この紫の花びらと黄のしべの取り合わせが何とも言えません。
3,5,8,11,13,14、すばらしいです。
花が咲き出すと、当然のようにミツバチが飛び回りますね。
花粉団子をつけて飛んでいる姿、見事に撮られていますね。
Commented by shizenkaze at 2013-03-28 19:39
マングースさん  この花の呼び方はほぼ三種類ですね~
図鑑ではショカッサイがやっぱり多いですが同じ図鑑でも園芸図鑑ではムラサキハナナが殆どでした~^^

諸葛孔明から付けられた名前なので付けた植物学者さんのセンスを称えたいですね~^^
Commented by shizenkaze at 2013-03-28 19:44
lisedreamさん  何でも最初に覚えた名前が身に付いていますので他の名前だとなかなか馴染めないですね~^^

公園や花壇にはムラサキハナナと書かれている所が多いですね~
ハナダイコンと言われる人もよくいますが良く似た名前のハマダイコンと区別が判らなくなるって言う事もありますね~♪

蜜蜂は何もしないと向って来ないのでよく写しています~
一生懸命働いている姿を見ていると『頑張ってるね~』って声を掛けたくなります・・・・^^
Commented by shizenkaze at 2013-03-28 19:48
puriza0322さん  3.8.10の写真を気に入って頂けてとても嬉しいです~^^
花も春には精一杯咲いて虫達も仲間の為に精一杯の蜜集めをしたり花粉団子を集めたりしていますね・・・・・

これ等の生き物達は自分が生きていられる期間なんて全く知りません
『明日がまだある』って思えるだけ私はまだ幸せなのでしょうね~
これからも自然の中で見られる小さな命の数々を写真と言う形で残したいです・・・・・♪^^
Commented by shizenkaze at 2013-03-28 19:53
なずなさん  自然の中でも時々見られる事がありますが鉢植えなどで育てている所も多いですね~
以前には堤防にも咲いた事がありますが偶然咲いたので子孫が残らずすぐに消えました・・・・・><

蜜蜂も今の季節には良く働きますね~
以前には日本蜜蜂が少なくなったと言っていましたがまた増え出したようですね・・・・・
ここで見られた蜜蜂はみんな日本蜜蜂でした~^^
Commented by shizenkaze at 2013-03-28 19:57
soyokazeさん  花壇にショカッサイが植えられているなんていいですね~^^
これから暖かくなるとたくさんの花が見られるようになるのでしょうね~
私はショカッサイといつも呼んでいますがガーデニング等をされている人はムラサキハナナと呼んでいますね~

蜜蜂がたくさんいたので写していましたが載せている蜜蜂が一番良く働いていたのでこの1匹を追いかけて写していました~^^
11.12.13.14.15の写真を気に入って頂いて有り難うございました~

ミスミソウの写真も気に入って頂けてとても嬉しく思いました~♪^^
Commented by shizenkaze at 2013-03-28 20:01
ten-zarさん  ムラサキハナナと呼ぶのが一番可愛らしく思えますね・・・・・^^
私は最初に覚えたショカッサイでずっと呼んでいたので急には直せないですね~(笑)

蜜蜂の数は多かったですがこの写した蜂が一番良く働いて見えました~♪^^
Commented by shizenkaze at 2013-03-28 20:06
tanuki_oyajiさん  ハナダイコンと呼ばれているのですね~^^
色々なものの名前にも地域性が出るようで植物の事は詳しく知りませんが魚の場合だと皆が良く知っている魚の名前は呼び方が多いか少ないかの両極端らしいですね・・・・・
典型的なのが『鮎』と『メダカ』のようです~
鮎は日本中で殆ど『アユ』って言いますがメダカは北海道から九州までに100以上の呼び名があるそうです~^^

ブログなどで各地の人と知り合えたのでこんな事も調べられたら楽しいでしょうね~^^
Commented by shizenkaze at 2013-03-28 20:11
yaso-banaさん  ショカッサイが咲いているのを見ると『春だな~』と感じますがやっぱり黄色の菜の花達の方が良く目立ちますね・・・・・
なかなか一緒には見られませんがアブラナとショカッサイが並んで見られたら綺麗でしょうね~^^

『諸葛孔明』の名前から付けられた事はずっと後になって知りましたが『ショカッサイ』の名前は随分前から呼んでいました・・・・・^^

これから咲いているのが見られますね~♪^^
Commented by shizenkaze at 2013-03-28 20:15
yuyu-prinさん  ムラサキハナナと呼んでいる人が一番多そうですがハナダイコンやショカッサイそりに一番少ないオオアラセイトウと色々な呼び名で呼ばれていますね~

黄色いアブラナ達とは全く別物に思えますね・・・・・
でも十字花の咲く植物は好きなので色々な花を見て楽しんでいます~

菜の花と同じような蜜の味なんでしょうね?^^
虫達が良く来ています・・・・♪^^

Commented by shizenkaze at 2013-03-28 20:23
asitano_kazeさん  花の呼び方にも色々ありますね
文学書などをよく読まれてるasitano_kazeさんだからこそ多くの事を知っているのでしょうね~^^
いつも見せて頂いているブログの文章の中にもそう感じられる事が多いです~

同じアブラナ科なのに紫色でアブラナやカラシナの黄色い花とはまるで反対色(補色・厳密には少しだけ違いますが・・・)なので自然って時々不思議な事をするように思います~
蜜蜂や蝶はこの花の色をどんな具合に見ているのでしょうね・・・♪^^

3,5,8,11,13,14の写真を気に入って頂いて有り難うございました・・・・・♪
蜜蜂が一生懸命働いているのを見ると『私もまだまだ頑張らなくちゃ・・・』って思います~^^


<< 『粕森公園前の辛夷(コブシ)達』 『三角草(ミスミソウ)もやっと... >>