『浦島草 (うらしまそう)に出逢えました~』

ウラシマソウやマムシグサの咲いてい所を知っていても今までは何故かタイミングが悪くて出逢って写真を撮る事が出来ませんでした・・・・・><
同じサトイモ科のミズバショウには良く出会います~^^

この仲間はどれも『綺麗~』とか『可愛い~~』なんて言う花ではないですが何故か魅力があります^^
これって『怖いもの見たさ』的な感覚なのでしょうね~^^



『植物界の提灯鮟鱇かな?^^』 サトイモ科テンナンショウ属の宿根性の 多年草
学名はArisaema urashima Arisaemaと言います~
学名の中に『urashima』が入っていますね・・・・・♪^^

1.
d0054276_2048561.jpg

本州から四国を中心に北海道と九州の一部にも分布している宿根性の多年草です
中部地方では4月下旬から5月上旬にかけて開花しますが耐陰性が強くて乾燥を嫌うために明るい林縁からやや暗い林中などに自生がみられます・・・・・^^




2.
d0054276_20481570.jpg

ウラシマソウなどのテンナンショウ属の植物は性転換をすることが知られています
比較的小型の個体では雄性となっていて仏炎苞内部の肉穂花序に雄花群を形成しますが大型の個体では雌性となって肉穂花序には雌花群を形成する性質が見られます~
これは種子からの若い個体や子球からの小型の個体は雄性となって大型の個体は雌性に性転換して行く事になります~^^




3.
d0054276_20482592.jpg

仏炎苞は濃紫色や緑紫色又は緑色などで変異が多く見られます
内面には白条があって口辺部はやや開出します・・・・・

舷部は広卵形で先が尖り開花の進み具合とともに垂れ下がるって行きます・・・・・
肉穂花序の先端の付属体は釣り糸状に長く伸びているのでこれが和名の起源とされています~
『釣竿を持った浦島太郎』に見立てたのでしょうね・・・・・
肉穂花序を形成する多数の花には花弁がありません
雄花は雄蘂だけで雌花は雌蕊だけで形成されています~♪




4.
d0054276_20483548.jpg

このウラシマソウは河川環境楽園の木曽川水園で写しました・・・・・
岐阜市内にマムシグサが見られる所があるようなのですが探していますがなかなか見つけられません
同じサトイモ科のカラスビシャクなら長良川の堤防にも見られる事が多いです~^^




5.
d0054276_20484657.jpg



6.
d0054276_20485746.jpg



7.
d0054276_2049831.jpg

見事な釣り糸ですね~^^
こんなウラシマソウの姿を見ていたらずっと前にしていたフライフィッシングやルアーフィッシングを思い出しました~
今はブログや写真で多くの人と仲良くなりましたが釣りをしていた頃には釣りを通して著名人の方達とも知り合う事が出来ました~

趣味は沢山あった方が人との出会いも多いですね~^^




8.
d0054276_20491928.jpg



9.
d0054276_20492858.jpg

『ウラシマソウ』が撮れなくて撮っていらっしゃる人のブログを『ウラメシソウ』に見ていた私でしたがこれで写したかった花に出逢えたので少し『ホッ』としました・・・・・^^

今度はマムシグサやミミガタテンナンショウやムサシアブミ等に逢いたいです~♪




10.
d0054276_20494059.jpg



11.
d0054276_20495021.jpg


同じ仲間でもミズバショウは遠くまで出掛けても見たいと言う人が多いですね・・・・・
見た目が綺麗かそうでないかで物事を判断するのは良くないのでしょうが真っ白な仏炎苞を持つミズバショウに憧れる人が悪い訳じゃないですね・・・・・^^
歌にも歌われているのだから仕方ないです・・・・・♪

今年はザゼンソウやミズバショウに出逢えるかな~?
岐阜県の郡上市にある『ひるがの高原』に今の季節に行けば見られます・・・・・^^





(OLYMPUS E-30)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)
by shizenkaze | 2013-04-25 21:19 | 身近な自然の話 | Comments(26)
Commented by odamaki719 at 2013-04-25 21:33
こんばんは!
 最近は珍しい植物が多いですよね。
滅多に出会えないウラシマソウですね。
あまりいい雰囲気ではないですね(笑)
目立たない10枚目がいいですね。」
Commented by マングース at 2013-04-25 21:44 x
こんばんは。
私の活動範囲でいえばマムシグサが一番多く、ウラシマソウは
たまに出会う程度です。
ほんと見事な釣り糸ですよね♪
この釣り糸でアマゴやイワナが釣れたらいいんですけどね~(^o^)
Commented by hibikorekouji2 at 2013-04-25 21:56
ウラシマソウ、植物の名前もなかなか面白いものが多いようですね。
初めて目にするものが多く、お邪魔するのが楽しみです^^
しぶいウラシマソウ、一度見てみたいです。
Commented by lisedream at 2013-04-25 23:17
こんばんは
珍しい花ですね~初めて見せていただきました。
ミズバショウやザゼンソウは見たことがあるのですが仲間なのですね。
釣り糸から浦島太郎という発想も面白いですね~
Commented by nori_natural at 2013-04-25 23:40
こんばんは、
森で突然出会ったらドキッとしてしまいそうな花ですね。
Commented by yaso-bana at 2013-04-25 23:54
尋ねてびっくり! またまた同じものでしたね~ ^^
林内の木陰やうっそうとした場所で咲いてる事が多いのですが
写真で見る限り随分日当たりのよい処で撮れていますね~
その分・花色などがよく解って見やすくなっているのが素敵です ^^
Commented by mayumis39 at 2013-04-26 00:04
ウラシマソウには、一度だけであったことがあります。
マムシグサにはよく見ますが・・・
先日も、まだ伸びてきたばかりの綺麗なのや、ほんの少し土から顔を出しているようなマムシグサに会いましたよ^^
Commented by なずな at 2013-04-26 14:45 x
マムシのような頭をもたげて、長い釣り糸を伸ばす・・ウラシマソウは、ほんとに奇妙な姿をした花ですね・・。
こちらでも、見られる所があって、以前に見に行ったことがあります。暗い木陰で、花の全体や葉も入れて撮ろうとすると、難しかったです。
とても綺麗に、花の魅力が伝わるように、撮影されていて、さすが・・と感心しています。
Commented at 2013-04-26 16:53
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by sidu-haha at 2013-04-26 17:07
ながいおひげですねえ~
この手のものはちょっと弱い私ですが、
これは、いいなあと思っています。
すごいですねえ~
Commented by shizenkaze at 2013-04-26 20:10
odamakiさん  このウラシマソウには野山ではあまり出会えませんね・・・・・
何となく他の生き物をイメージするのでodamakiさんは苦手でしょうね~><

でも10枚目の写真を気に入って頂いて有り難うございました^^
Commented by shizenkaze at 2013-04-26 20:13
マングースさん  マムシグサも家の近くでは見られないですね~><
堤防に咲くカラスビシャクがサトイモ科では見られる植物になります・・・・・^^

浦島草なので川より海釣りでしょうね~
鯛や平目が舞い踊っているのを釣っちゃいけないですね~(笑)
Commented by shizenkaze at 2013-04-26 20:17
hibikorekouji2さん  ここには前から見られる事が判っていましたがタイミングが悪くてなかなか花に出逢えませんでしたがやっと撮る事が出来ました・・・・・

初めて見るものも毎年見るものも年の最初に見ればその出逢いが嬉しいものですね~
これからも沢山のものに出逢えればって思いながら散策したいですね~^^

ウラシマソウ等にも出逢えるといいですね~♪^^
Commented by shizenkaze at 2013-04-26 20:20
lisedreamさん  ミズバショウハ大人気ですがザゼンソウはそんなに人気が無いですね・・・・・
ウラシマソウやマムシグサになるとマニアだけが喜んで写す植物なんでしょうね~^^

でもこんな姿の花も見ていると嬉しくなってきます~^^
Commented by shizenkaze at 2013-04-26 20:22
nori_naturalさん  薄暗い森の中だと出会えば少しは『ドキッ』とするかも知れませんが薄暗ければ目立たないので近くに咲いていても気が付かないでしょうね~^^

可愛い花や綺麗な花も多いですが何となく不気味な花も自然の中では時々見られますね~♪^^
Commented by shizenkaze at 2013-04-26 20:26
yaso-banaさん  ここまで同じものを載せているなんて偶然でも凄い事ですね~^^
特にウラシマソウなんて同じ日に載せる事の確立なんてきっと低い筈なのでしょうが不思議ですね~^^

木々の下に咲いていましたが綺麗に下草も刈られている場所なので日も少し当たっていてウラシマソウも見易かったです~^^


写真を気に入って頂いて有り難うございました~♪^^
Commented by shizenkaze at 2013-04-26 20:30
mayumis39さん  ウラシマソウは自然公園の中なので見られましたが市内で見られるマムシグサは何処に咲いているのか探しています
都会ではありませんが岐阜市内の中心部では自然が少ないので思うようには色々な花達に逢えません・・・・・><

これから色々な所を調べてみたいと思っています~
周辺の白地図が黒くなるくらい書き込んでみたいですね・・・・・^^
Commented by shizenkaze at 2013-04-26 20:33
なずなさん  サトイモ科の植物達は不思議な姿のものが多いですね
色んな種類のものが撮りたいのですが自然の中に咲いているものは見つけるのが難しいです・・・・・

郊外や近くの山裾などを注意して歩いて探したいですね~
写真を気に入って頂けてとても嬉しいです~~♪^^
Commented by shizenkaze at 2013-04-26 20:38
04-26 16:53の鍵コメさん  コメントして頂けてとても嬉しいです
長い間ずっと気にしていましたので以前はホームページの掲示板にもコメントを書かせてもらいましたがエキサイトで更新されるまで待とうと思っていました~

お身体が優れないようですが無理をしないようにしてくださいね
ブログの中で前のようにコメントが出来れば・・・・と思いますので出来る時まで待っています・・・・・

これからも宜しくお願い致します~♪^^
Commented by shizenkaze at 2013-04-26 20:42
sidu-hahaさん  この姿は気に入っている人と何となく弱い人に分かれますね~^^

サトイモ科ではミズバショウなら多くの人に好かれていますがウラシマソウやマムシグサ等は苦手に感じる人も多いですね・・・・・
この模様や色がね~~^^

でもこのウラシマソウの写真を気に入って頂けてとても嬉しいですよ~♪^^
Commented by timata-sn at 2013-04-26 20:46
shizenkazeさん こんばんは
今日は雨が降ったり晴れたりの風が強い一日でしたよ。

ウラシマソウ 変わった形の花ですね。
言われる様に見事に釣り糸を垂れて居る感じですね。
まだ実物を見た事がないんですよ、見てみたいものです。
性転換するとは知りませんでした、何事も良くご存じで
感心しますよ!!
素敵な写真を見せて戴き有難う御座いました。
Commented by shizenkaze at 2013-04-26 20:51
timataさん  今日も暖かな日でしたが風は強かったです
夜に少し雨が降りましたが今はやんでいるようです~

ウラシマソウも自然の中では1度しか見ていなくてこの花は自然公園の中に咲いていたものです~
サトイモ科テンナンショウ属の植物は性転換するものが多いですが魚などでも生まれた時には全部がオスでその中の一部がメスになって産卵すると言うものも結構いますよ~

自然界は不思議な世界ですね~
写真を気に入って頂いて有り難うございました~♪^^
Commented by tanuki_oyaji at 2013-04-26 21:14
shizenkazeさん、こんばんは〜♪
今の時期お山に行くとよく見ることができますね。
まるで釣りをしているようなのが面白いです。
マムシグサもよくありますよ。
Commented by shizenkaze at 2013-04-26 21:46
tanuki_oyajiさん  こちらではあまり見られないです
山も多いのですが近くの山には見られなくて郊外に出掛けても出会えれば良いのですがなかなか逢えませんでした・・・・・><

いつも行く木曽川水園に咲いている事は判っていたので何度も足を運びやっと撮れたので載せました・・・・・^^

今度は自然の中に咲いているウラシマソウやマムシグサが撮りたいですね・・・・・^^
Commented by e-ku-bo3 at 2013-04-26 22:21
ウラシマソウ・・・不思議な花??ですね。
花だと言われなければ、花と気がつきませんね、きっと。
きっと他の美しい可憐な花を見てときどき
ウラメシソウにしているに違いありません。

しかし名前の由来が、釣竿を持った浦島太郎って・・・想像力の勝ちですね〜。
Commented by koneko3y at 2013-04-26 23:35
4月の初めに撮影に行った場所では
マムシグサは咲き終わってしまったのか見られず
ミミガタテンナンショウのみ、萎れていました。

今日の散歩道では「こんにゃく」が地面からにょきっと
突き出していました。同じ仲間ですよね?
名前
URL
削除用パスワード


<< 『ポーポーの花とセリバオウレンの実』 『射干(シャガ)も色々な所で咲... >>