『銭葵(ゼニアオイ)とラムズイヤーの花』

今日の花はどちらも自然の中に咲いていたものではなく公園やハーブ園に咲いていたものですが可愛い姿だったのでカメラを向けました・・・・・

これからはアオイ科の花も少しずつ見られるようになりますね・・・・・^^




1.『ゼニアオイ』 アオイ科マルバ属の二年草
学名はMalva sylvestris Lと言います~
d0054276_21451828.jpg

南ヨーロッパからアジアにかけて分布している植物で日本への渡来は元禄(1688~1704)初期と考えられています・・・・・
『草花絵前集』(1699)に小葵として紹介されています~^^




2.
d0054276_21453284.jpg

太い茎を直立的に伸ばして高さ約80cmほどになります
葉には長い柄があって円形で浅い切れ込みが見られます・・・・・

茎や葉の周辺は粗毛で覆われて夏頃に葉腋(ようえき)に径約2.5cm程の淡紫色花を開かせます
色は他に桃色や白色花もあります・・・・・
花弁はくさび形で5枚で濃色の脈があります~♪^^




3.
d0054276_21454715.jpg

アオイ科の花と言うと思い出されるのが水戸黄門様の印籠に描かれている徳川葵(三葉葵)ですがあれはアオイ科の植物紋ではなくてウマノスズクサ科のタチアオイ等の葉になります・・・・・><

よく勘違いする人がいます・・・・・♪




4.
d0054276_2146360.jpg



5.
d0054276_21461644.jpg

ゼニアオイの花も可愛いので好きです~
もっと近くにたくさん咲いていれば嬉しいのですが・・・・・♪^^




6.
d0054276_21462936.jpg



7.
d0054276_21464114.jpg







8.『ラムズイヤー』 シソ科イヌゴマ属
学名はStachys byzantinaと言います~
d0054276_21172334.jpg

トルコ・アルメニア・イラン原産の植物です・・・・・
和名はワタチョロギと言います
英名のlamb's-earは『子羊の耳』と言う意味ですがこれはこの植物に柔らかな産毛が見られるので付けられた名前です・・・・・^^




9.
d0054276_2117326.jpg

ハーブの中にはこのような産毛が見られるものって多いですね~
可愛らしく思えます~




10.
d0054276_21174399.jpg



11.
d0054276_2117511.jpg





12.『長良川の堤防の草刈も2日目でそろそろ終わりになります』
d0054276_2118129.jpg

乗用草刈機で刈って乗用タイプの掻き集め機で集められたものを掴んで収集車に積んでいます




13.
d0054276_2118114.jpg

すっかり堤防が刈られてしまいました
床屋さんなら五分刈どころか完全な坊主頭ですね・・・・・
これでは蝶達も来なくなります

暫くは毀れ落ちたイネ科の実等を食べに鳥達が集まって来ます・・・・・






(OLYMPUS E-30)
(OLYMPUS E-620)
(ZUIKO DIGITAL 14-42 1:3.5-5.6)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)
by shizenkaze | 2013-06-18 21:49 | 身近な自然の話 | Comments(28)
Commented by hibikorekouji2 at 2013-06-18 21:56
アオイにもいろいろな種類があるのですね。
一つずつ覚えられたらと思うけど、なかなか覚えられないです^^ゞ
名前の分からない花を見ると、いつもshizenkazeさんのことが思い出されます。
名前が分かれば楽しさ100倍になりそうなのですけどね。
Commented by odamaki719 at 2013-06-18 22:00
こんばんは!
 ゼニアオイが咲き始めたのですね。
1・4枚目が好みです。
ラムズイヤーは変わっていますね。
色彩が地味な花ですね。
Commented by koneko3y at 2013-06-18 22:20
ラムズイヤーが子羊の耳なら、我が家のベランダには「猫の耳」があります。
トラディスカンチア・シラモンタナで別名は「白雪姫」ともいいます。
こんなに綺麗に草刈りが行われると楽しみが減ります。
私も先日蝶を写したいと思ってでかけた原っぱが
綺麗に草刈りされていました。
Commented by lisedream at 2013-06-18 22:28
こんばんは
こちらはゼニアオイ、なのですね。この立ち姿はみんなタチアオイかと思ってました^^:
いつも勉強させていただいてます・・・
ラムズイヤーは葉の形も耳のように見えます。
ワタチョロギ、と言うとあのおせち料理に入ってるチョロギと仲間でしょうか。

草刈の終わった風景は、寂しく見えますね・・
Commented by timata-sn at 2013-06-19 07:13
shizenkazeさん お早う御座います。
今朝は曇り空です、雨に成りそうですね。

ゼニアオイ 綺麗な花ですよね!!
花の濃淡の具合が素敵ですよね。
それに直立と言うのも良いですよね。
最近は多く見られる様になりましたね。
ラムズイヤー も可愛いですね。
今年は見つける事が出来ませんでした。
堤防の草刈りもすっかり丸坊主で綺麗と言えば綺麗ですが、
蝶や虫たちにとっては災難ですね。
1・4・5・7・9・11 が素敵ですね!!
Commented by soyokaze-1020 at 2013-06-19 08:11
おはようございます♪
我が家には白いゼニアオイが咲いています。
もう、散り始めてしまいましたが、こぼれ種で来年はもっと増えるかな?と、楽しみにしています。
そちらの草刈光景、やっぱりすご~い!
いろいろ問題もありますが、刈り取られるのを待って、やっと芽を吹く草花もあるようですね。
命をつなぐ神秘の世界は計り知れません。
ラムズイヤー、馴染みがありません。柔らかな色合いのお花ですね。
3、7、8、素敵です。
草刈レポ、お疲れ様です~☆

Commented by マングース at 2013-06-19 08:21 x
おはようございます。
アオイ科の花を見ると夏なんだなーと思います。
暑さに負けない強さを感じます^^
ラムズイヤーの産毛に包まれた姿は可愛いですけど暑くないのか心配です^^;
堤防の草刈り、刈る場所と刈らない場所をつくって2年に一回刈るようにすれば虫たちも助かりますし管理費も半分に抑えられて良さそうですけど、、、何か駄目な理由があるんでしょうね。
Commented by マーガレット at 2013-06-19 09:30 x
ゼニアオイ、子供のころ、畑によく咲いていました。
懐かしい郷愁を誘う花です。
原風景と言えますね。
Commented by なずな at 2013-06-19 14:42 x
やっと雨になりましたね。草木が喜んでいるようです。
ゼニアオイ、裏のお隣の畑にいっぱい咲いていましたが、もう枯れ落ちてしまいました。1・4・5・6・・バックがしっかり暈けていますので、浮かび上がったように綺麗です。
ラムズイヤーという植物は、初めてです。柔らかそうな、葉っぱに触れると、気持ちいいかな・・。
蝶や蟻や自然風さまを嘆かせて、堤防の草刈、終わりましたね・・・。
Commented by ten-zaru at 2013-06-19 19:45
shizenkazeさん、今晩は。
「この紋所が…」とは違うんですね^^
紫と白の模様は珍しいんじゃないですか?
3枚目、後は水田ですか?
Commented by shizenkaze at 2013-06-19 20:08
hibikorekouji2さん  アオイ科の花はどれも良く似た雰囲気を持っていますね~
ゼニアオイはマルバ属になりますがフヨウやムクゲはハイビスカスむと同じ仲間になるのでシベなどが似ています・・・・・
これから少しずつ見られるようになりますね~♪^^

私もまだまだ勉強不足なので少しずつ覚えたいと思っています~^^
Commented by shizenkaze at 2013-06-19 20:12
odamakiさん  ゼニアオイは花弁が離れて見えるのでタチアオイやフヨウと比べると可愛く感じます~
タチアオイやフヨウやムクゲは優雅な花に思えます・・・・・
1.4の写真を気に入って頂いて有り難うございました~

ラムズイヤーは西洋もののハーブって感じがしますね・・・・・
花は地味ですが産毛だらけの姿は可愛いですよ^^
Commented by shizenkaze at 2013-06-19 20:19
koneko3yさん  ラムズイヤーは時々見かけますが猫耳の『トラディスカンチア・シラモンタナ』は知りませんでした・・・・・
ムラサキツユクサの仲間で葉にやっぱり毛が見られるのですね~
今見てきました・・・・・^^

堤防の草刈が終っても今日の雨が土の下に待機している植物達を目覚ます事になりますね・・・・・
すぐにイネ科の植物が芽を出して葉を伸ばします・・・・・^^
Commented by shizenkaze at 2013-06-19 20:24
lisedreamさん  タチアオイに比べるとゼニアオイは花弁に隙間が見られますね・・・・・
それにタチアオイには八重の花も見られますがゼニアオイは色に変化はありますがこんな姿のものばかりです~

おせち料理に使う『チョロギ』もシソ科の植物なので同じようなのに産毛(綿)が見られるのでワタチョロギなんて言うのでしょうね~^^

今日の堤防は雨だった事もあってより寂しく思えました・・・・><
Commented by tanuki_oyaji at 2013-06-19 20:26
shizenkazeさん、こんばんは〜♪
私も大好きなゼニアオイ、綺麗ですね〜
地味な感じのする花ですが素朴な雰囲気があるんですよね。
アオイ科の花って良いですね。
Commented by shizenkaze at 2013-06-19 20:29
timataさん  今日は一日中雨でした・・・・・><
雨の日の通勤は嫌ですが植物達にとっては恵みの雨のようで途中に咲いていた多くの花が生き生きとして見られました~

ゼニアオイやタチアオイは姿勢良く咲いているので可愛く思えますね
これからアオイ科達が花を競い合って見せてくれるので楽しみです

ラムズイヤーはハーブ園や公園でしか見られませんが可愛いので見ると写しますね~
1・4・5・7・9・11の写真を気に入って頂いて有り難うございました~

堤防に植物が見られなくなって何となく気が抜けてしまうようです
でも何が一番早く芽を出すかな~って言う楽しみもありますね・・・・・
Commented by shizenkaze at 2013-06-19 20:37
soyokazeさん  ゼニアオイの白花がお庭に咲いていたのですね^^
こんな可愛い花が近くで見られるなんていいですね~

ラムズイヤーはハーブなので自然の中では見られませんが隣町の香りの森等で見て楽しんでいます
ハーブにはシソ科も多いので私の好きな唇形花が見られて楽しいです
3.7.8の写真を気に入って頂いて有り難うございました・・・・・

草刈は盛大(?)に行われますので今まで草の陰に隠れていた虫達はビックリして顔が真っ青になったでしょうね・・・・・
だからこんな状態の事を『草刈真っ青』なんて言ったりして~~(笑)

またすぐにイネ科の植物が顔を出すでしょうね・・・^^
Commented by shizenkaze at 2013-06-19 20:41
マングースさん  ゼニアオイはアオイ科でもフヨウやムクゲ等のハイビスカス属じゃないですが何となく南の島に咲いているような花に見えますね・・・・・

アオイ科の花は綿花やオクラも可愛いですね~
これから色々な所で出逢えると思うと楽しくなりますね・・・・・^^

堤防の草刈で一部を残すのは手間が掛かって面倒なのでしょうね
でも園芸種を咲かせていると少しは遠慮して残す事もあるみたいです・・・・^^
Commented by shizenkaze at 2013-06-19 20:43
マーガレットさん  アオイ科の花の中でもこのゼニアオイの花の大きさは丁度良いくらいの大きさなので見ているだけで楽しくなります・・・・・
この科の花も好きなのでこれから楽しみですよ~♪^^

Commented by nori_natural at 2013-06-19 20:47
こんばんは、
ゼニアオイは近所に1カ所だけ咲いている所があります。
以前は良く撮っていましたが最近はあまり撮らなくなりました。
今度撮ってみますね。
Commented by tmshanagn304 at 2013-06-19 20:48
あおいというのは徳川家の紋章とは違う種類なんですか?
長良川も奇麗に苅られて、梅雨の本番に間に合いました。
Commented by shizenkaze at 2013-06-19 20:50
なずなさん ゼニアオイがたくさん咲いている公園が新岐阜駅の近くにあるのですが今年は見に行きませんでした・・・・・
写したものは香りの森のハーブ園の中に咲いていたものです~

アオイ科の花の中でも好きな花になりますね~
ラムズイヤーの感触はよく陶器などの置物に起毛処理したものがありますがそんな感じです・・・・・^^
でも植物なので長く触るのは良くないかなと思うので少し触ってみるだけでした・・・・・^^

1・4・5・6の写真を気に入って頂いて有り難うございました^^

堤防にはこれから新しく生えてくるものが見られますので何が最初なのか見ながら楽しもうと思っています~
Commented by shizenkaze at 2013-06-19 20:56
ten-zaruさん  徳川葵などの家紋は『ウマノスズクサ科』のタチアオイ等の葉を紋章化したものなのでアオイ科のものとは違います

織田信長の織田家は普通は『織田瓜』が家紋ですが信長は自分の好きな『五七桐紋』を良く使っていましたので家紋に使われている植物だけ見ていると不思議に感じることも多いですね・・・・・^^

ゼニアオイはこんな模様が多いです
3の背景は水田じゃなくてハーブ畑の一部です・・・・・♪
Commented by shizenkaze at 2013-06-19 20:57
tanuki_oyajiさん  アオイ科の花にも色々ありますがタチアオイの花は可愛いですね・・・・・
大きさと言い色と言い私も好きです~^^
Commented by shizenkaze at 2013-06-19 21:00
nori_naturalさん  ゼニアオイの花は何となく庶民的な花に思えます~
ムクゲやフヨウも綺麗ですが私はゼニアオイやタカサゴフヨウのような小さ目のアオイ科の花がいいですね~^^

近くに咲いているのなら是非写してくださいね^^
Commented by shizenkaze at 2013-06-19 21:03
tmshanagn304さん  徳川葵などの葵紋はアオイ科の植物ではなくウマノスズクサ科のタチアオイやフタバアオイをモチーフにして作られた紋章です・・・・・
ウマノスズクサ科の植物は有毒なものが多いようですが・・・・・
何となく家康公の雰囲気にも似て・・・・・(笑)
Commented by asitano_kaze at 2013-06-19 21:08
ゼニアオイ、咲き出していますね。
タチアオイのような華やかさはありませんが、飽きの来ない美しさを秘めていますね。
4、きれいですねぇ。
ワタチョロギですか。名前も写真も初めてです。子羊の耳とうのがいいですねぇ。
13、さすがに広大な河川敷ですね。
しかし、丸坊主とは環境にやさしくないですね。
特定の場所を設けて草を残すといった配慮がほしいものです。
なぜそうしたのか、市民にPRすれば、理解を得られると思うのですが。
Commented by shizenkaze at 2013-06-19 22:20
asitano_kazeさん  ゼニアオイの庶民的のような花姿が好きです
タチアオイが万札だとしたらこちらの『小ゼニアオイ』が私には合っていそうです~
4の写真を気に入って頂いて有り難うございました・・・・・^^

ラムズイヤーはハーブの一種なので野山には見られませんがたまにはこんな花も楽しく見ています~

長良川の堤防は長く続いているので一度には刈り取れないと思いますが自然と親しむ場所として一部分でも残して欲しいですね・・・・・
水辺には『親水公園』のようなものがあるので堤防には『親草広場』のような所があるといいですね・・・・・^^
名前
URL
削除用パスワード


<< 『山里や街中の花散歩・・・』 『南天の花と堤防の草刈』 >>