『鬼百合(オニユリ)と檜扇(ヒオウギ)』

今日は同じような色合いの花を2種載せる事にしました・・・・・
この二つの花を一緒に載せられたブロ友さんも多いので何となく真似をしたようになってしまいました~
でも決して『真似』じゃないですよ~~~
本当は『パクリ』だったりして・・・・・(爆笑^^)

オレンジ色の花の色は真っ赤な花のような『情熱的』な花では無いかも知れませんが奥に秘めた『情念』と乙女のような『可憐』な雰囲気の両方持っているように思います~♪^^



1.『オニユリ』 ユリ科 ユリ属
学名はLilium lancifoliumと言います~
d0054276_21101561.jpg
 
草丈は1~2m程と大型の野生ユリで葉は互生で小さめの披針形で先端はゆるく尖ります・・・・・
茎は紫褐色で細かい斑点が見られます~

花季は7月から8月で花弁はオレンジ色濃褐色で暗紫色の斑点が見られます~
花弁は強く反り返っています・・・・・
種子は出来ませんが葉の付け根に暗紫色の『ムカゴ』が出来てこれで増える事が出来ます




2.
d0054276_2049217.jpg

北海道から九州の平地から低山で普通に見られますが元々は中国からの渡来種ではないかと言われています・・・・・^^




3.
d0054276_20493028.jpg

近縁に同属のコオニユリ(Lilium leichtlinii) がありますがこちらは山地の草原や低地の湿原に生育しています・・・・・
オニユリによく似ていますが植物体が一回り小さくてムカゴを作らずに種子を作って繁殖します~♪




4.
d0054276_20493965.jpg

『オニユリ』って言う名前は何となく可愛そうですね・・・・・
赤い色が『赤鬼』に思えるからだとか花が大きいからと言われますがヤマユリの方が大きいですし色だけで赤鬼なんて想像するのもどうなのかな~~><

私なら『朱花百合』とか『暁百合』なんて付けたいですね~^^




5.
d0054276_20494999.jpg

この花は薬草園の中で栽培されている花ですが自然の中を歩いている時に出逢うと『ハッ』とする位綺麗なので散策疲れも吹き飛びます~^^




6.
d0054276_2050170.jpg



7.
d0054276_20501086.jpg






8.『ヒオウギ』 アヤメ科アヤメ属の多年草
学名はIris domesticaと言います~
d0054276_20502184.jpg

以前はヒオウギ属(Belamcanda)に属する植物とされて『B. chinensis』の学名を付けられていましたが2005年に分子生物学によるDNA解析の結果からアヤメ属に編入されて現在の学名になりました~




9.
d0054276_20503042.jpg

山野の草地や海岸に自生する多年草で高さ60~120cm程度です・・・・・
名前が示すように葉は長く扇状に広がります
この姿が檜で作られた扇のように見えるので『ヒオウギ』と付いたようです~
花は8月ごろ咲いて直径は5~6cm程度で花被片はオレンジ色で赤い斑点があって放射状に開きます・・・・・
午前中に咲いて夕方には萎む一日花です
種子は5mm程度で黒く艶があり黒い種子は俗に『ぬば玉』と呼ばれて和歌では『黒や夜』にかかる枕詞としても知られています~

京都では祇園祭に欠かせない花として愛好されているようですね~^^




10.
d0054276_20503984.jpg

左の二つはヒオウギの蕾ですが右の捻じっているものは花が終わって萎んだものです~
面白くて可愛い姿に思えますね~♪^^




11.
d0054276_20504915.jpg

ヒオウギズイセンやヒメヒオウギズイセンも今は良く見られますが本家のヒオウギは綺麗で可愛くそれに貫禄も感じられますね~

この花を見ていると海に棲む帆立貝の仲間の『ヒオウギ』を思い出す事があります
あの貝殻の多種な色具合もこの花のように美しいですね~♪^^




12.
d0054276_20505962.jpg



13.
d0054276_20511079.jpg



14.
d0054276_2051184.jpg

今日で7月も終わり明日からは8月ですね・・・・・
季節の移り変わりのスピードが速過ぎて追い付かない気がします~><

まだまだ暑い日が続きますが熱中症に気をつけながら外にも出掛けたいと思っています・・・・・





(OLYMPUS E-30)
(OLYMPUS E-620)
(ZUIKO DIGITAL 35mm 3.5Macro)
(ZUIKO DIGITAL 14-42 1:3.5-5.6)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)
by shizenkaze | 2013-07-31 21:30 | 身近な自然の話 | Comments(16)
Commented by odamaki719 at 2013-07-31 21:37
こんばんは!
 オニユリは大きく撮ると迫力がありますね。
ヒオウギの終わりは捩じった感じは面白いですね。
まるで用済みのメモを捩じって捨てる感じです。
8・9・10枚目が好きです。
Commented by マングース at 2013-07-31 21:52 x
こんばんは。
オニユリのムカゴはヤマノイモのように食べることが
出来ないんでしょうかね~^^
ユリの根っこは食用の物が多いのでムカゴも食べられるかも!

ヒオウギの開花後の姿、ノーマークでした^^;
アサガオなんかは咲く前が捻れるのに、ヒオウギは咲いた後で
捻れるんですね。
植物の生態は様々で面白いですね(^_-)
Commented by tekky521 at 2013-07-31 21:53
先日、コオニユリを見かけました
オニユリと同じく、はっとするような色彩ですね
ヒオウギの咲き終わったもの、器用にねじれていますね~
可愛く見えます
13の雰囲気が好きです~
Commented by soyokaze-1020 at 2013-08-01 19:28
こんばんは♪
どちらも真夏の色合いですよねぇ。
あっけらかんとした明るさよりも、こんな色ですのに内に秘めた情念がメラメラ燃えている風情を感じます。
6枚目、ど迫力にびっくり!
ヒオウギ、我が家の花壇にも咲き始めました。
花が終わって捻りの姿、今季、初めて知りました。
可愛いですね。
5、11枚目、いいですね。

Commented by shizenkaze at 2013-08-01 20:06
odamakiさん  オニユリはとても綺麗で艶やかな色をしていますね~
自然の中に咲く百合の中ではオニユリとコオニユリそれにクルマユリが良く目立ちますね~^^

ヒオウギの終花が捻じれているのは気が付かない人も多いですがこの姿はとても可愛くて気に入っています~♪
8・9・10の写真を気に入って頂いて有り難うございました~^^
Commented by shizenkaze at 2013-08-01 20:17
マングースさん  オニユリとヒオウギの花を一緒に載せたのはマングースさんのブログを見たからですよ~^^
もし載せられていなかったら一度に載せずに2日に分けていたと思います~(笑)

オニユリのムカゴは食べられますがヤマノイモのように美味しくは無さそうです・・・・・
少し苦味があるので酒の肴には良いのかも・・・・・^^
でもムカゴを蒔いて育ててから『百合根』を食べられた方が美味しいかと思いますが~^^

ヒオウギの終花の捻じり姿は可愛いですね~
アオイ科では良く見かけますがアヤメ科にも見られるのですね・・・♪^^
自然って本当に楽しいですが集中豪雨のような自然災害もあるので自然を大切にしながら気をつけて暮らしたいですね・・・・・
Commented by shizenkaze at 2013-08-01 20:20
tekky521さん  コオニユリもムカゴが無いだけで他は良く似ていますね~
伊吹山にも多いクルマユリも綺麗なオレンジ色なので出逢うと『ハッ』としますね・・・・・^^

ヒオウギの捻じれた『終花』も可愛く思えますね~♪^^

13の写真を気に入って頂いて有り難うございました・・・・・♪^^
Commented by shizenkaze at 2013-08-01 20:26
soyokazeさん  この2種類の花達の良く目立つ花の色は夏の太陽の下でも光の当たらない谷間でも夏の季節に良く似合っています・・・

オニユリの花に出逢うと『ドキッ』とします~
何となく久し振りに幼馴染の女の子にでも出会ったような気になってしまいます・・・・・(笑)

ヒオウギがお庭に咲いているなんて素敵ですね~
近くに咲いていると終花のネジリンボウ姿も見られますね・・・・・^^
自然が好きになって色々な所で色々なものを見ていますがそれでもまだ気が付かないものって多いですね~^^

5.6.11の写真を気に入って頂いて有り難うございました~♪^^
Commented by timata-sn at 2013-08-01 20:36
sizenkazeさん こんばんは
今日も薄曇りのお天気でしたが、午後には少しだけ雨が降りましたよ。

オニユリは良く目立ちますよね。
花弁を反り返らせて、蕊も素敵ですよね。
ヒオウギも鮮やかで可愛いですね。
咲き終わった花弁をしっかりとねじって面白いですよね。
1・2・5・6・8・9・10・12・14 が素敵ですね!!
Commented by shizenkaze at 2013-08-01 21:30
timataさん  今日の朝は豪雨でしたが昼前にはすっかり止んで太陽が出ました~

オニユリやコオニユリは自然の中で見ると嬉しくなります~
ヒオウギも優しい可愛さなので見ているだけで和みますね・・・・・^^
終花の捻じれ姿が可愛く思えます^^

1・2・5・6・8・9・10・12・14の写真を気に入って頂けてとても嬉しいです~♪^^
Commented by koneko3y at 2013-08-01 21:56

葉っぱが扇を開いたように広がるのでヒオウギとなったのですね。
このヒオウギの種も艶があって綺麗でヌバタマと呼ばれます。
今年はヌバタマを播いたのにベランダで見られません。
昨年採った種を播いても来年芽が出るかしら。
Commented by nori_natural at 2013-08-01 23:30
こんばんは。
普通の百合違ってオニユリは存在感あありますよね。
この花が咲くと夏ーーーって感じになります。
Commented by マーガレット at 2013-08-02 10:18 x
オニユリは昔よく見た花ですが、最近は滅多に見られなくなりました。コオニユリは数年前に伊吹山で見ましたが、それ以来なかなかみる機会がありません。懐かしい花です。
Commented by shizenkaze at 2013-08-02 20:09
koneko3yさん  ヒオウギの花の色も綺麗なので見かけると写してしまいます~^^
植物の種は何年も前のものでも花が咲きますが発芽の確立は少しずつ悪くなるようです・・・・・
でも大賀蓮のような事もありますので植物って思う以上に強くて強かですね~^^
Commented by shizenkaze at 2013-08-02 20:10
nori_naturalさん  オニユリやコオニユリは自然の中で見ると『ハッ』とするほど綺麗です~
ヤマユリも綺麗ですがこの鮮やかな花の色は特別ですね・・・・♪
Commented by shizenkaze at 2013-08-02 20:12
マーガレットさん  こちらでは山裾に行けば時々見かけますが少ないですね~
コオニユリとクルマユリが伊吹山には見られますので葉を確認しないと間違えそうになります~^^
名前
URL
削除用パスワード


<< 『茴香(ウイキョウ)と三島柴胡... 『菊苦菜(キクニガナ)の花』 >>