『達目洞(だちぼくぼら)夏風景~』

今日も岐阜市の気温はドンドン上がり私の体温より3度以上高くなりました・・・・・><
昼前には何処にも出掛ける気になれずクーラーの効いた部屋の中で図鑑を眺めたりあまり見ないテレビを見て過ごしていました・・・・・

昼からも結局熱風が吹く外に出掛けて写真を写すような気分になれず私にしては珍しく外出は夕方になっての買い物だけになってしまいました~><

今日載せた写真は先週写したもので私の『すぐ載せる』って言うモットーに反していますが暑いので体調管理もしなきゃならないと思いました・・・・・♪



『達目洞の逆川風景と周辺の植物達・・・♪』

1.『達目洞(だちぼくぼら)の逆川(さかしまがわ)の木道風景』
d0054276_20561183.jpg

今の季節には逆川の水量が少し多めでヒメコウホネも休花中なので見られませんが木道の周囲には色々な植物が見られます・・・・・

もう少しすればミゾソバやアキノウナギツカミやワレモコウが多く見られるようになります~




2.『現証拠(ゲンノショウコ)』 フウロウソウ科フウロウソウ属
学名はGeranium thunbergiiと言います~
d0054276_20562124.jpg

ゲンノショウコには白花と赤花がありますがここには白花しか見られません~




3.
d0054276_20563212.jpg



4.『木道から散策道へ・・・・・』
d0054276_20564533.jpg

木道は一部だけなので他は畦道のような散策路を歩いて植物などを観察します・・・・・
この木道などは『達目洞の会』の方々がボランティアで管理されているものです~




5.『小藪煙草(コヤブタバコ)』 キク科ガンクビソウ属(ヤブタバコ属)
学名はCarpesium cernuumと言います~
d0054276_20565555.jpg

コヤブタバコとガンクビソウは良く似ていますが花を見ていると違いが判ります~




6.
d0054276_2057658.jpg



7.
d0054276_20571733.jpg



8.『ミソハギも川を覗いています~』
d0054276_20572979.jpg



9.『藪蘭(ヤブラン)』 ユリ科スズラン亜科ヤブラン属の多年草
学名はLiriope muscariと言います~
d0054276_20573775.jpg

まだ蕾が多かったです~
今度はヤブランの可愛い花をマクロで写したいです・・・・・♪^^




10.
d0054276_20574684.jpg



11.『イトトンボやカワトンボも多く見られる小川です~^^』
d0054276_20575878.jpg



12.『沼虎尾(ヌマトラノオ)』 サクラソウ科オカトラノオ属
学名はLysimachia fortunei Maximと言います~
d0054276_2058743.jpg

オカトラノオやヌマトラノオの花は可愛いので見られると良く写していますがここでは小さくてほんの少ししか咲いていませんでした・・・・・

やっと見つけた花でしたが今度はゆっくりと探したいです~♪^^




13.『金華山から帰って来た登山者~』
d0054276_20581890.jpg

ここから金華山に登る人は多くて駐車スペースに車が停めてあるのに達目洞周辺に人影がないのは皆さんは山に出掛けているからなんです・・・・・

金華山の登山コースは色々ありますがここからのコースは距離は一番長いようですが見られる自然が多くて人気のコースのようです
この日だけでも8組の登山者に会いました・・・・・
皆さんからの『こんにちは~』の挨拶を聞くと嬉しくなりますね~

自然の好きな人が多いので良く話し込んでしまいます・・・・・(笑)



(OLYMPUS E-30)
(OLYMPUS E-620)
(ZUIKO DIGITAL 35mm 3.5Macro)
(ZUIKO DIGITAL 14-42 1:3.5-5.6)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)
by shizenkaze | 2013-08-11 21:28 | 身近な自然の話 | Comments(12)
Commented by odamaki719 at 2013-08-11 21:44
こんばんは!
 達目洞の逆川風景は素敵ですね。
ゲンノショウコが可愛いです。
ヌマトラノオは小さくて白くて可愛いですね。
登山者が8組もいるとはやはり登山ブームなのですね。
Commented by tekky521 at 2013-08-11 22:05
小川の風景は涼しげでいいですね~
思わずズボンの裾をまくって入りたくなります
ドジョウもいるのでしょうか?
さすがに今日のような暑さの中では、金華山登山者はもっと少ないでしょうね・・・
大河でなくても、8のような小川も好きです~
Commented by hibikorekouji2 at 2013-08-11 22:30
11.の小川と木道の長閑な風景に懐かしさを感じました。
田舎と言えどもコンクリートで固められてしまった川が多く、自然の風景は失われつつあります。

花の名前がなかなか覚えられません^^;
Commented by マングース at 2013-08-12 01:52 x
こんばんは。
連日猛暑が続いていますね(>_<)
夕立もないので干上がってしまいそうです、、、
そんな時に小川の風景はほっと癒されます^^
こちら(大阪)でもヤブランはまだ蕾でした。
蕾の姿も可愛くていいですね♪
Commented by timata-sn at 2013-08-12 07:05
shizenkazeさん お早う御座います。
今朝も良いお天気の様です、また暑く成りそうですね。

逆川、さかしまがわと読むんですね。
ゲンノショウコ 可愛い花ですね。
コヤブタバコ は下向きに咲くんですね、初見ですよ。
ヤブラン も可愛いですね。
ヌマトラノオ 真っ白の可愛い花ですね、
この暑さで、水辺の風景は涼感が有って良いですね!!
暑い中にも自然を楽しむ登山者が居られる様ですね。
1・2・3・4・6・8・10・11・12が素敵ですね!!
Commented by KawazuKiyoshi at 2013-08-12 12:49
水の流れが、豊富なところなのですね。
達目洞
なんて読むのか、分かりませんでした。
ふふ
今日もスマイル
Commented at 2013-08-12 20:17
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by shizenkaze at 2013-08-12 20:23
tekky521さん  この逆川には清掃活動をされるボランティアの人以外は入っている人を見かけないです・・・・・
絶滅危惧種のヒメコウホネが見られる貴重なところです
この周辺では農薬や除草剤の使用は禁止されていますのでドジョウがいるかも知れませんね~

金華山登山は日課のようにしている人もいますね・・・・・
岐阜市内では一番高い『百々ヶ峰』の方が自然が豊富だといって好まれますね・・・・・^^
8の写真を気に入って頂いて有り難うございました~
Commented by shizenkaze at 2013-08-12 20:29
hibikorekouji2さん  この場所は岐阜市内では珍しく環境保護のために色々な規制がされている所です・・・・・
でも法的な事ではなくてボランティアの人達で管理されていますが岐阜市も協力しています・・・・・

コンクリートや人工的なものをなるべく少なくして在来種の保護活動をしています・・・・・
このすぐ近くを国道のバイパスが通っていますが本当はこの場所を通る予定でしたが市民運動で反対して高架になりました・・・・・^^

11の写真を気に入って頂いて有り難うございました~
花の名前は私も少しずつ覚えるようにしています
似たものが覚えたり好きな科のものを先に覚えるようにすると少しだけですが早く覚えられそうに思いました~
Commented by shizenkaze at 2013-08-12 20:34
マングースさん  毎日暑いですね~
今年は『マイマイガ』が岐阜県と大阪府と福井県や富山県では大発生していますね・・・・・
これも暑さに関係しているらしいですね・・・><

今日は最高気温の更新があったようですね・・・・・
41度を越す気温なんて異常ですね~><

暑さに負けずこの夏を乗り越えたいですね・・・・・♪^^
Commented by shizenkaze at 2013-08-12 20:39
timataさん  今日も暑かったですね・・・><
四国では41度を越す気温になったようで記録が更新されたようですね・・・・・><

逆川は『さかしまがわ』と言いますが達目洞『だちぼくぼら』も普通は読めないですね・・・・・
暑くても山の陰で流れがあると何となく涼しく感じますが散策していると汗が出ます・・・・・><

金華山は低い山なので登山って言うより山歩きって感じで登られています~
1・2・3・4・6・8・10・11・12の写真を気に入って頂いて有り難うございました~♪
Commented by shizenkaze at 2013-08-12 20:42
KawazuKiyoshiさん  逆川(さかしまがわ)は短い河川です・・・
岐阜市に住んでいても知らない人が多い川です~

達目洞も『だちぼくぼら』とは普通は読めませんね・・・・・
地方にある地名等も調べるとたのしいですね^^
名前
URL
削除用パスワード


<< 『木曽川水園の花と生き物』 『猿梨(サルナシ)の実と紅花栃... >>