『木曽川水園の花と生き物』

今日も気温が上昇して最高気温も更新されました・・・・・
41度越しの気温なんて異常としか言えないですね~><

私の住んでいる岐阜市でも38度を越していたので私の体温より3度近く高い気温になりました
これでは仕事どころか生活にも影響が出ますね・・・・・><

今日は以前出掛けた河川環境楽園の『木曽川水園』の木舟遊覧が行われている水辺で見たヒガンバナ科の花2種と外来種で水の生き物達2種を載せてみました~



1.『夏水仙(ナツズイセン)』 ヒガンバナ科ヒガンバナ属
学名はLycoris squamigeraと言います~
d0054276_20592194.jpg

北海道を除く全国の人家の近くの里山付近に多く見られる植物です~
8月初旬から下旬にピンク色の花を咲かせます・・・・・
古い時代に中国からの帰化植物と考えられています
この花もヒガンバナ科に多い有毒植物になります~♪




2.
d0054276_205936100.jpg

地下に鱗茎を持っていて秋から翌年の春にかけてスイセンに似た葉を出します・・・・・
真夏に鱗茎ひとつに対して一本の60cm位の花茎を伸ばします~

花茎が伸びる頃には葉は残っていないので花茎と花だけの姿になります
葉が無いので『裸百合(ハダカユリ)』と呼ばれる事もあるようです~^^




3.
d0054276_20594734.jpg

黄色い花はオミナエシです~




4.
d0054276_2059563.jpg



5.
d0054276_210883.jpg



6.
d0054276_2102397.jpg





7.『ミシシッピアカミミガメ』 爬虫綱カメ目ヌマガメ科アカミミガメ属
学名はTrachemys scripta elegansと言います
d0054276_210318.jpg

最近は何処にでも繁殖している外来種で幼体の時には『ミドリガメ』と言う名前で売られています
大きくなって飼えなくなり池や川などに逃がした為に各地で増えてしまいました

今では在来種のイシガメやクサガメが見られないほどアカミミガメ達の繁殖が多くなってしまいました・・・・・><




8.
d0054276_2104074.jpg



9.
d0054276_2104964.jpg





10.『黄色い彼岸花(鐘馗水仙・しょうきずいせん?)』 ヒガンバナ科ヒガンバナ属
学名はLycoris traubii Haywardと言います~
d0054276_2105930.jpg

ヒガンバナのような黄色い花が咲いていました・・・・・
黄色いヒガンバナはよくショウキズイセンと言われますがいつも見ているショウキズイセンより花弁のような部分が細いような気がします・・・・・

ヒガンバナ科の園芸種は『リコリス』と言って色々な品種がありますのでその中の一つかも知れませんが見られた場所が河川環境楽園の中なので自然のものを見せている場所なので園芸種ではないと思うのですが良く判らなかったです・・・・・><

一応『ショウキズイセン』として載せる事にしました~^^




11.
d0054276_21194.jpg



12.
d0054276_2111730.jpg



13.
d0054276_2112736.jpg





14.『ラージマウスバス』 スズキ目サンフィッシュ科オオクチバス属の淡水魚
学名はMicropterus salmoidesと言います~
d0054276_2113679.jpg

別名は皆さんも知っている『ブラックバス』です・・・・・
日本にはバスの仲間は3種いますがこのラージマウスバスとスモールマウスバスは特定外来生物に指定されています・・・・・

元々は1925年に実業家赤星鉄馬がアメリカのカリフォルニア州から持ち帰って芦ノ湖に移入されたものなんですが釣り愛好家と釣具メーカーのゲリラ放流で全国に広がったようです
詳しい経路も知っていますがここでは書かない事にします・・・・・♪

一時はテレビなどでもバスプロとトーナメントなどを放映していましたが今は特定外来生物なので好ましくないとして以前のようには人気も無くなっています・・・・・

大きくなるフロリダバスも奈良県だけに移入されましたが今では琵琶湖でも岐阜県の池にも見られるようになっています・・・・・・




15.
d0054276_211495.jpg

外来種の移入や帰化で在来種の植物や魚や虫達や鳥等の生息地、繁殖地が脅かされています・・・・・
趣味の為や利益の為に被害を受けた生き物達は浮かばれないですね~><

魚も本来は『日本の食糧確保の為』と言って雷魚(タイワンドジョウとカムルチー)やテラピアやペヘレイ、ブルーギルやストライプバスやウォールアイを外国から移入しました・・・・・
まだ自然繁殖していないものもいますが何かのきっかけで異常繁殖しないとは絶対に言えませんからね・・・・・><




(OLYMPUS E-30)
(OLYMPUS E-620)
(ZUIKO DIGITAL 14-42 1:3.5-5.6)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)
by shizenkaze | 2013-08-13 21:09 | 身近な自然の話 | Comments(20)
Commented by odamaki719 at 2013-08-12 21:59
こんばんは!
 ナツズイセンが沢山咲いているのですね。
4枚目が好きです。
驚きましたもう黄色い彼岸花が咲いているのですね。
11・12枚目が素敵です。
Commented by koneko3y at 2013-08-12 22:02
ナツズイセン、ショウキズイセン、良いですね。
自分では確認していませんが、どこかでヒガンバナが咲いたと
言っていたよと、親戚の人に聞きました。
今年はいろんな花の開花が早いので、本当だと思います。
最近散歩に出ていないので植物の状況が把握できていません。
Commented by マーガレット at 2013-08-12 22:51 x
優しい色のスイセンですね。
木曽川水園は多少は涼しいところですか?
自然の雰囲気があっていいですね。
Commented by timata-sn at 2013-08-12 23:08
shizenkazeさん こんばんは
今日も焼き付く様な強い陽射しで、大変でしたね。

ナツズイセンが咲いて居るんですね。
沢山の花が並んで居て素敵ですね。
色合いも優しい感じで良いですね。
ショウキズイセンも綺麗ですね、それにしても早いですね!!
ブラックバスとして聴いて居ますが、生態系を壊してしまいそうで、
怖いですね。
木曽川水園は管理されたものでしょうが、ブラックバスが居るんですね。
1・3・4・6・10・11・12・13 素敵ですね!!
Commented by mayumis39 at 2013-08-13 00:18
ナツズイセンはスッキリと、涼しげで良いですね。
私の仕事場の庭でも、誰が植えたのか咲いていますよ^^
ブラックバス・・・先日の桜が池でも増えて、ワカサギ釣りができなくなったとか・・・
釣っている人見かけました。どこでも、困ったことになっているようですね。
Commented by マングース at 2013-08-13 01:32 x
こんばんは。
ナツズイセンもショウキズイセンもヒガンバナと同じように
花の時期には葉っぱがないんですね!
ショウキズイセンは魔よけの神様と言われる鍾馗様と
なにか関係があるんでしょうか?
Commented by soyokaze-1020 at 2013-08-13 09:10
おはようございます♪
ナツズイセンが咲いていますね。
私も何箇所かで撮ってみました。
この花が咲きますと、いよいよヒガンバナ科の花の出番が近くなったと感じます。
優しい色のお花ですが、撮るとなると難しいです。
2、5、6枚目の雰囲気、好きです。
ショウキズイセンも咲きましたか、早いですねぇ。
11、13枚目、野性味が感じられます。
アカミミガメ、増えてきたそうですね?
温暖化のこともあり、遊泳姿が自慢気に見えます。

Commented by KawazuKiyoshi at 2013-08-13 13:52
彼岸花科に属すのですね。
めしべ、おしべの形が彼岸花によく似ていますね。
我が家の庭にも一本だけ、スーッと咲きました。
今日もスマイル
Commented by shizenkaze at 2013-08-13 20:08
odamakiさん  ナツズイセンが咲く頃にキツネノカミソリも見られてそれからヒガンバナへと移って行きますね~
黄色いヒガンバナが咲いていたので驚きました・・・・・
早過ぎますね~♪^^

4.11.12の写真を気に入って頂いて有り難うございました~
Commented by shizenkaze at 2013-08-13 20:12
koneko3yさん  ナツズイセンやキツネノカミソリが咲くと今度はヒガンバナが咲きますが色は黄色でしたが早過ぎますね・・・・・
まだ普通のヒガンバナには出逢えませんがこの分だとどこかで出逢えそうです・・・・^^

そちらでは彼岸花の咲いている所がもうあるようですね~^^
Commented by shizenkaze at 2013-08-13 20:39
マーガレットさん  木曽川水園は写真では涼しく思えますが水辺でも暑いです・・・・・
日陰にいてもそれ程涼しくは無かったですね・・・・・><

でも雰囲気は好きな所なので良く出掛けています^^
Commented by shizenkaze at 2013-08-13 20:45
今日も暑かったです・・・・・
お昼の河川敷散歩も最近は出掛けていません~><

ショウキズイセンなのか他の黄色いヒガンバナなのかは判りませんでしたが早く咲いていたのでビックリしました・・・・・

ブラックバスは釣りの対象としてはとても楽しい魚です
在来種に影響の無い所なら良いのですが今は移動も禁止されていますが以前のゲリラ放流で日本中に広がってしまいました
この木曽川水園は本来はいるはずが無いのですが何処かから侵入したのか随分前に誰かが放流したのか判りませんが何匹も見られました

1・3・4・6・10・11・12・13の写真を気に入って頂いて有り難うございました~♪
Commented by shizenkaze at 2013-08-13 20:51
mayumis39さん  ナツズイセンは自然に現れる事は無いので何処の場所でも誰かの手で最初は植えられたものなんですね~
綺麗なので最近多く見られるようになりました^^

ブラックバスも一度入った池や湖などではもう駆除の方法が無いようです・・・・・
こちらの人工湖では一時全ての水を抜いてバスを駆除しましたが何年もしないうちに再び姿が見られるようになったようです
新しく入れたのか何処かに受精卵が残っていたのか判りませんが難しい事のようですね・・・・・

絶滅種は二度と戻りませんが外来種で帰化したものも二度と無くなることは無いですね・・・・・><
Commented by nori_natural at 2013-08-13 20:54
こんばんは、
彼岸花系の花は好きなんですよね。
滅多に見る事の無い夏水仙なんか見つけたらテンションあがります。
黄色い花も綺麗ですね♪
Commented by shizenkaze at 2013-08-13 20:56
マングースさん  ヒガンバナ科の一部には花の時期に葉が無いものも多いですね・・・・・
ショウキズイセンの名前は花弁の縁の波打つような姿を様鍾馗さんの髭に例えたらしいです~^^

色々なものの命名って時々変なところが付けられますね・・・・・(笑)
Commented by shizenkaze at 2013-08-13 21:03
soyokazeさん  ナツズイセンも可愛くて綺麗な花ですが茎の上に花があるだけなので写真を撮るのにはあまりメリハリが無くて苦労します・・・・・

ショウキズイセンなのかハッキリしないのですが黄色く咲く彼岸花だったのでショウキズイセンにしましたがまだ良く判らないです・・・・・
場所的に園芸種のリコリスじゃないとは思うのですが~
こんな花に出逢うと悩みますね・・・・・><

2.5.6.11.13の写真を気に入って頂いて有り難うございました~
アカミミガメは今は何処にでもいますね
今日のニュースで放映していた愛知県の小川にもこのカメだらけでした
奈良の猿沢の池もきっとアカミミガメが多くなっているのだろうな~って気がしますね・・・・・><
Commented by shizenkaze at 2013-08-13 21:05
KawazuKiyoshiさん  ヒガンバナは律儀で毎年同じ頃に同じ場所に咲いてくれますが最近の以上気候だと多少は狂うかも知れないですね・・・・・><
『スマイル』っていられるといいのですがこれから咲きはどうなるのでしょうね?
Commented by shizenkaze at 2013-08-13 21:07
nori_naturalさん  ヒガンバナ系の花はシベに特徴があるのでマクロ接写の好きなnori_naturalさんが好きな花って言うのはよく判るような気がしますね~

これから彼方此方で見られるようになりますので楽しくなりますね^^
Commented by hibikorekouji2 at 2013-08-13 22:19
ショウキズイセンがとても奇麗です♪
いろいろな花があるものだなと、いつも感心しながら拝見しています。
ショウキズイセンの群生を見てみたいです^^
Commented by shizenkaze at 2013-08-14 20:40
hibikorekouji2さん  ショウキズイセンもヒガンバナ科の花なので花が咲いている頃には葉が見られません~
色はヒガンバナ科の花の中では綺麗な色のナンバーワンかな?^^

群生は少ないですが彼岸花のように少しずつ増えているようです~♪
名前
URL
削除用パスワード


<< 『梅花藻じゃないですよ~(オオ... 『達目洞(だちぼくぼら)夏風景~』 >>