『木守柿(子守柿)のある風景~』

柿の木にポツンと柿の実が残っている光景を目にします
収穫した時に良くないので採らなかったものではありません・・・・・
『今年も収穫をさせて頂きましたので鳥達にもお裾分けします~』って言う気持ちで少し残しておく柿の実を『木守柿(きもりがき)』や『子守柿(こもりがき)』と呼びます

富有柿の原産地である本巣市の柿畑でも同じような光景が見られますが今回は山県市の伊自良地区で見た『伊自良大実柿(いじらおおみがき)』の柿畑で見られたものを写しました
『連柿』は綺麗で華やかですがこうして木に残っている『木守柿』も見ていると暖かな優しさが感じられてきます




『鳥達へ・・・・・』

1.
d0054276_20542287.jpg

『伊自良大実柿』は富有柿などの甘柿と違って渋柿です・・・・・
木に生っている時から実の表面に渋点が見られるほど渋い柿のようです~




2.
d0054276_2054405.jpg

連柿ように収穫された柿畑の柿ですが鳥達の為と柿の木のために少し残してあります
昔から色々な木々の実でも同じ光景が見られました




3.
d0054276_20545497.jpg

鳥達が来て食べていたもののように思えました・・・・・
メジロやムクドリやヒヨドリが多いかも知れませんがシジュウカラやヤマガラたちもきっとやって来るのでしょうね・・・・・♪^^




4.
d0054276_2055585.jpg



5.
d0054276_20552827.jpg

『伊自良大実柿』は蔕が大きく感じます・・・・・
何事も上手くない人にはこっそり『伊自良大実柿みたいだね~』なんて言ってあげましょう~
『下手(ヘタ)だね~』なんて言うより粋かも・・・・?^^




6.
d0054276_2055451.jpg

こんな風景がすきですね~
のんびりした時間が過ぎていくようです・・・・・♪




7.
d0054276_2056126.jpg



8.
d0054276_20561725.jpg



9.
d0054276_20563415.jpg

本巣市の富有柿の柿畑に比べると何処も規模が小さくて柿畑も狭いです
『伊自良連柿』を作るのは大変な作業が続くので実を採ってすぐに販売できる『富有柿』のような甘柿とは違うのでしょうね・・・・・




10.
d0054276_2056512.jpg

以前は義母に会うために毎月本巣市に行っていましたが今は行く事も無くなったので富有柿の柿畑もなかなか見られなくなりました・・・・・

岐阜が全国的にも生産が多いものは色々ありますので少しずつ紹介できればと思っています・・・・♪^^

今日はボジョレー・ヌーボの解禁日・・・・・
普段は滅多にアルコール類を飲まない私ですが子供達も家を離れて二人きりになりましたので今日は安物ですが『ボジョレー・ヌーボ』を1本買って帰りました~
夕食は鍋だったので飲みながら食べましたがアルコールに強くないのでプログの更新中も何となく『ボー』っとしていました~^^





(OLYMPUS E-30)
(OLYMPUS E-620)
(ZUIKO DIGITAL 14-42 1:3.5-5.6)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)
by shizenkaze | 2013-11-21 21:22 | 身近な自然の話 | Comments(20)
Commented by odamaki719 at 2013-11-21 21:39
こんばんは!
 木守柿(子守柿)とはなんて優しい名前でしょうね。
野鳥たちは熟してくるときっと喜んで食べるのでしょうね。
2・6枚目が好きです。
 「ボジョレー・ヌーボ」を買われたそうでご夫婦の飲まれるのもいいですね。
Commented by nori_natural at 2013-11-21 21:43
こんばんは。
shizenkazeさんも柿を撮られていましたか。
木守柿
良い風習でうすね、恵みに感謝
自然にも感謝、そしてお裾分け。
Commented by マング-ス at 2013-11-21 21:43 x
こんばんは。
子守柿、良い風習ですね!
とっても日本的な感じがします♪
>今日はボジョレー・ヌーボの解禁日
私はほとんど飲めないので縁がない日です^^;
無理して飲んでいたら今頃は布団の中ですわ(^o^)
Commented by koneko3y at 2013-11-21 22:10
渋柿も木になっている状態で透き通るように見える頃は
あま~くなっているのでしょうね。
鳥たちが大喜びでつつきにきそうです。

我が家は365日アルコール類は一切ありません。
shizenkazeさんのようにほんのちょっとでも良いので
夫婦でお酒を飲めたら、楽しいんだろうなと思うこともあります。
でも飲めないものは飲めないのです。
Commented by hibikorekouji2 at 2013-11-21 22:13
『木守柿』、素敵な風習ですね。
自分達だけでなく、自然に感謝し生きとし生けるものへのお裾分けをする。
古人の優しさが伝わって来ます。
ずっと守り伝えていきたい習わしだと思います。
Commented by timata-sn at 2013-11-21 22:23
shizenkazeさん こんばんは
今日も言いお天気でしたが、陽射しが弱くて寒かったですよ。

木守柿 優しい思いやりを感じる光景ですよね。
柿の木に感謝・自然に感謝・そしてお裾分け、日本人の
優しさが感じられますよね。
1・2・4・5・7・8・10 が素敵ですね!!
Commented by soyokaze-1020 at 2013-11-22 09:55
おはようございます♪
はい、私も6枚目が好きです。
柿のある風景はどこか郷愁をそそられます。
車窓からは良く目にするのですが、撮るチャンスがありません。
木守柿(子守柿)、秋らしい風景~!
温かい心地よさを感じます。
1、2枚目もいいですね。

Commented by guri-iki at 2013-11-22 15:35
こんにちは。
木守柿…ステキな言葉を教えて頂きました。あたたかいですね。
私も葉の落ちた木にぶら下がっている柿の実を見るとノスタルジックな気分になります。
近所にも鳥たちのレストランになっている柿の木があるのですが、日に日に実が少なくなってゆきます。
冬が来ますね。
Commented by なずな at 2013-11-22 15:53 x
「木守柿」・・優しい風習ですね。わが家でも、柿の実をすっかり採ってしまうことはしないで、いくつか残しておきます。
ヒヨドリが来ますが、ちゃんと柔らかくなる頃に食べに来るのには、感心します。きっと、様子を観察してるんでしょうね。^^
わたしも1・2・6が好きです。
Commented by tmshanagn304 at 2013-11-22 18:24
リンゴなんかにもそんなような風習を聞いたことがあります。
ウチの近所のイチジク畑にはネットが掛けてあります。
Commented by shizenkaze at 2013-11-22 20:01
odamakiさん  木守柿や子守柿と呼ばれる言葉は日本人の昔から自然に対する優しさが感じられますね・・・・・
この言葉を知ってから木に生っている実を見る度にそう思います~^^

2.6の写真を気に入って頂いて有り難うございました~^^
お酒は滅多に飲みませんがたまにはいいですね・・・・♪^^
Commented by shizenkaze at 2013-11-22 20:02
nori_naturalさん  同じものを写していましたね~^^
木守柿や子守柿を見ていると鳥達への優しさが感じられて嬉しくなりますね~^^

Commented by shizenkaze at 2013-11-22 20:15
マング-スさん  木守柿や子守柿と言う言葉を知ってからはこんな光景を見ると気持ちが良くなります~
自然に対する日本人の昔からの風習をこれからも残して欲しいですね・・・・・

私もアルコールには強くないので滅多に飲みません
缶チューハイを年間で20缶くらいかな~(笑)
Commented by shizenkaze at 2013-11-22 20:20
koneko3yさん  普通は渋柿は焼酎を吹きかけて保存すると甘くなるようですが木に生っているものは時間が経ってもあまり甘くならないようですがこの伊自良大実柿は特に渋いようです・・・・><

我家のアルコールは夏場には時々缶チューハイを買う事もありますが職場などで貰ってきた缶ビールなどは賞味期限が過ぎてもずっと置いたままになっている事が多いです~^^
Commented by shizenkaze at 2013-11-22 20:25
hibikorekouji2さん  柿は木守柿とか子守柿と言いますが他の実も『木守何々』と呼ぶ事があるようですね・・・・・
昔の人は自然と共存しているのが当たり前のように感じているのでこんな言葉が自然に出来たのでしょうね~^^

これからも続くのでしょうね・・・・・♪^^
Commented by shizenkaze at 2013-11-22 20:29
timataさん  今日は昼過ぎまで良い天気でしたが午後に少し雨が降りました・・・・・

木守柿って言う言葉が自然に出来たのは優しい心遣いからなんでしょうね・・・・・
日本にはこんな言葉が多く残っていますが農村や漁村のように自然と接している人達の方が自然を大切にしているように思えますね・・・・・

1・2・4・5・7・8・10の写真を気に入って頂いて有り難うございました~♪^^
Commented by shizenkaze at 2013-11-22 20:34
soyokazeさん  こちらでは街の中でも所々に柿の木が見られます
栽培して食用にしているものやただ植えて観賞用にしているだけのものもありますが鳥達はどちらにも来て食べています~^^

柿畑まで出掛ければたくさんの柿を見られますが岐阜市内では少ないです・・・・・
車に乗っていると色々なものを見かけますが停められないと心残りで通過しますが心の中では『写したい~』って叫んでいます^^

木守柿や子守柿って言う言葉は優しいですね・・・・・
1.2.6の写真を気に入って頂いて有り難うございました~♪^^
Commented by shizenkaze at 2013-11-22 20:38
guri-ikiさん  木守柿の言葉は日本人の自然に対する優しさが感じられますね~
私もこの言葉を知ってから木に残っている実を見ると言葉を思い出します・・・・・^^

柿のような大きな実からピラカンサなどの小さな実まで鳥達にとっては大切な食料なのでお腹一杯食べることが出来ればいいですね~^^

寒い冬がもうすぐそこまで来ています・・・・・♪
Commented by shizenkaze at 2013-11-22 20:41
なずなさん  鳥達って熟した実が遠くから判るのでしょうかね?^^
河川敷の実でも熟す頃に来ているので時々観察しているのかも知れないですね・・・・・^^

『木守柿』の言葉以外にもきっと地方毎に呼ばれる言葉もあるのでしょうね・・・・・
優しい気持ちから表れた言葉だと思うのでこれからも残ってほしいですね~

1.2.6の写真を気に入って頂いて有り難うございまた~♪^^
Commented by shizenkaze at 2013-11-22 20:46
tmshanagn304さん  リンゴやナシやビワ等でも見られますね~
以前はイチジクでもキウイでも見ました・・・・・^^

ネットを掛けている所もありますが仕方ないですね・・・
私の家には庭が無いので出来ませんが柿木などの実の生る木があったら『木守柿』としてたくさん残したいですね~^^
名前
URL
削除用パスワード


<< 『青柳公園の秋風景』 『甘南美寺(かんなみじ)の秋』 >>