『白雲木(ハクウンボク)の残り実達~』

散策路を歩いていると瑞々しい実も見られますが少し日が経って乾燥したような実も見られました・・・・・
近くにあった『エゴノキ』の実は鳥が食べたのか一つも見られませんでしたがこの『ハクウンボク』にはまだ実が沢山残っていました

同じエゴノキ科なのに鳥達にとって味が少し違うのでしょうか?
実の大きさがハクウンボクの方が少し大きいので小さな嘴の鳥には食べ難かったのかもしれませんね~^^




『何となくドングリみたいな姿になっていました~』  エゴノキ科エゴノキ属の落葉小高木
学名はStyrax obassiaと言います~
1.
d0054276_2155042.jpg

北海道、本州、四国、九州等の山地の落葉樹林に生育しています・・・・・
海外では、朝鮮半島や中国に分布しています~

別名を『オオバヂシャ』や『オオバジシャ』といいますが学名にもそのままの『obassia』とついています




2.
d0054276_2155865.jpg

果期は9月頃で果実は白い蒴果で直径1.5cmの卵球形になって先端はやや尖り果実の表皮に星状毛が密生しています・・・・・
種子は1個あって熟すと果皮が縦に裂けて褐色になった種子とともに果実が落ちるので杯状の萼が残って見られます~^^




3.
d0054276_216965.jpg

残った杯状の萼がラッパのように見えて面白いです~^^
このラッパを鳥が銜えたら楽しい写真が撮れますね・・・・・(笑)




4.
d0054276_2162078.jpg



5.
d0054276_2163071.jpg

木に生ったばかりの実はエゴノキの実と全く同じような姿をしています~
枝からの生り方に違いはありますが本当にそっくりです・・・・・
それが今はこんな姿になっていてシワのあるドングリや干し柿のように見えますね・・・・・^^




6.
d0054276_2164280.jpg



7.
d0054276_2165538.jpg



8.
d0054276_2171013.jpg



9.
d0054276_2172256.jpg

和名は白い花が連なって咲くようすを『白雲』に見立てハクウンボク(白雲木)と言いますが今の姿からは想像出来ないですね・・・・

植栽用途として、庭木、公園木とされ、寺院などにもよく植栽されています~
木材としては器具材、くり物、ろくろ細工などに利用されています・・・・・
種子からはハクウンボク油を採ります~♪




10.
d0054276_2173228.jpg

 

11.
d0054276_2174366.jpg



12.
d0054276_2175252.jpg

これは鳥が突っついたのでしょうか?
片方の実からは種子が半分くらい無くなっているようです・・・・・




13.
d0054276_21807.jpg



14.
d0054276_218929.jpg

今の季節では冬風景かこのような木の実や鳥達がメインになってしまいます
私のブログは『自然』がメインですが街の中の風景や建物等の写真も載せてみようかと思っていますが何処かに『自然』が感じられるものを載せようと色々考えているところです~^^

8日間あった年末年始の休暇も今日で終わって明日から仕事が始まります
仕事に出掛けるという事は長良川の河川敷の近くにこれからは居ると言う事なので今年の堤防や河川敷の散策も明日から始まります






(OLYMPUS E-30)
(OLYMPUS E-620)
(ZUIKO DIGITAL 14-42 1:3.5-5.6)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)
by shizenkaze | 2014-01-05 21:31 | 身近な自然の話 | Comments(10)
Commented by odamaki719 at 2014-01-05 21:40
こんばんは!
 ハクウンボクの実が枯れそうですがそれもまた独特の
雰囲気があっていいですね。
5・6・10・13枚目がいい感じですね。
Commented by timata-sn at 2014-01-05 22:39
shizenkazeさん こんばんは
今日も良いお天気でしたが、お昼も寒かったですね。

ハクウンボクの実が枯れてこんなに成るんですね。
それで最後は落下するんですね。
鳥たちは味が良くないので食べないのでしょうか。
こちらにも有るのでしょうが、見た事がないんですよ。
1・3・5・6・9・11・12・13 が素敵ですね!!
Commented by koneko3y at 2014-01-05 23:36
ハクウンボクはオオバチシャともいうのですか。
マルバチシャノキを見たことが有りますが、
実のなり方などはかなり違いますね。
Commented by マングース at 2014-01-06 00:33 x
こんばんは。
ハクウンボクの花も果実もエゴノキと似ていますよね!
エゴノキの果実はヤマガラの好物だったはずですが、
ハクウンボクの果実は食べないのかな~。
私も6日から仕事です。
ちょっと休みが長すぎたので仕事のエンジンがかかるか心配です^^;
Commented by kitascene at 2014-01-06 20:47
こんばんは。
ご無沙汰してしまいました。
そちらは青空が出て良いお天気のようですね。

エゴノキは鳥の好物のようですね。
ハクウンボクはあまり人気が無いようですね。
そちらの方では冬の季節でも鳥たちは食料には不自由しないのでしょうね。
Commented by shizenkaze at 2014-01-06 21:17
odamakiさん  ハクウンボクの実が枯れたまま残っていました
すぐ隣のエゴノキには実が無かったので鳥達にも好みがあるみたいですね~^^
この実は見ていても味がある姿なので楽しく写せました~^^
5・6・10・13の写真を気に入って頂いて有難うございました~♪
Commented by shizenkaze at 2014-01-06 21:21
timataさん  今日は風があって寒く感じました・・・・・

ハクウンボクの花も実も良く見ていましたが実がこんな感じで枯れていたものは初めて見ましたが面白い形になっていて楽しく写真を撮れました・・・・・^^
エゴノキの実はすっかり無くなっていましたがハクウンボクの実は残っていたので鳥達は最後に食べるのかも知れないですね・・・・・
味が今ひとつなんでしょうかね?^^
1・3・5・6・9・11・12・13の写真を気に入って頂いて有難うございました・・・・・^^
Commented by shizenkaze at 2014-01-06 21:24
koneko3yさん  元々はエゴノキをチシャノキと言ったようですね
それから他の植物に名前が移行して行ったようです~
ハクウンボクは別名に『オオカメノキ』と言うものもあるようですがこれは葉の形からなんですね・・・・・^^
多少は似ていても実などの形には違いがありますね・・・・・♪
Commented by shizenkaze at 2014-01-06 21:28
マングースさん  ハクウンボクの実の方がエゴノキの実より少し大きいですね・・・・・
エゴノキの実は野鳥達の大好物なんですが隣にあるこの実がこんなに残っているという事は美味しくないのでしょうかね~?^^
銜えるのに大きいのかな?

今日は8日振りの仕事でしたが何とかクリアしました・・・(笑)
Commented by shizenkaze at 2014-01-06 21:32
kitasceneさん  こちらのお正月は早朝は雨が降った日もありましたが全般に晴れていました~
雪も全く降らずに穏やかでした・・・・・♪

ハクウンボクもエゴノキ科で同じような実が生るのに減っていなくて沢山残っているのは味なのかな~?
少し大きいので嘴のサイズで食べ難いのかも知れないですね・・・・・

これからもこちらの色々な風景を載せますので見てくださいね^^
名前
URL
削除用パスワード


<< 『素心蝋梅(ソシンロウバイ)が... 『仕草が可愛い目白(メジロ)は... >>