『松にも春待芽~♪』

松にも種類が多いですが普通は4月頃に花が咲きますね・・・・・
今日は一般的な『松』として載せることにしましたが多分『赤松』だと思います~
まだ花ではなく蕾の状態のようなので少し早過ぎたかも知れませんね・・・・・♪

今年は今まで撮らなかった木々の花も多く撮ろうと思っていますのでこんな松や杉などの花も写したいと思っています~^^


『松(マツ)の春待芽~♪』マツ科マツ属の常緑針葉樹
学名はPinus densifloraと言います~
1.
d0054276_20283495.jpg

日本産のマツの中でもっとも広い範囲に分布していて天然状態では本州・四国・九州・朝鮮半島・中国東北部などに分布する他に北海道でも植林されています・・・・・




2.
d0054276_20284948.jpg

松は雌雄別花なので雌雄の花は離れて咲きます
同じ所で見られますが普通は雌花が上にあって下の葉がある部分に雄花が咲きます
花粉を付けるには逆の方が便利なのですがこんな姿の植物は多いですね~
きっと自家受粉を避けるようになっているのでしょうね~




3.
d0054276_2029135.jpg

なんとなく玉葱の皮のように見えますね~(笑)




4.
d0054276_20291523.jpg

この新芽が伸びると雌雄の花の蕾も見られるようになりますね~
未熟な松ボックリ(果実)も見られますね・・・・・^^



5.
d0054276_20293112.jpg

赤松の葉は黒松と比べると触れてもそれ程痛くないですね~
雌松とも言われるくらいなので優しいみたいです・・・・・




6.
d0054276_20294929.jpg



7.
d0054276_2030151.jpg



8.
d0054276_20301514.jpg



9.
d0054276_2030349.jpg

今年は今まで以上に写さなかった花にカメラを向けようと思っています~

自然のものだけでなく人工的なものや風景も多く写して載せたいと思います
今目の前にある無機質なものでも辿れば自然のものに辿り着きますからね~♪^^




(OLYMPUS E-30)
(OLYMPUS E-620)
(ZUIKO DIGITAL 14-42 1:3.5-5.6)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)
by shizenkaze | 2014-02-13 20:50 | 身近な自然の話 | Comments(16)
Commented by odamaki719 at 2014-02-13 21:02
こんばんは!
 松の春待芽をジックリ見たことがなかったので可愛いのですね。
2・3・7枚目が好みですがとても柔らかそうですね。
何気なく通り過ぎてしまっていますがこれからはジックリと観察したいですね。
Commented by hibikorekouji2 at 2014-02-13 21:52
マツボックリには目がいっても、なかなか花には気付かないです。
4枚目の新芽とマツボックリが並んでいる姿は、大家族のようで可愛いですね♪
どんな花が咲くのか楽しみです^^
Commented by lisedream at 2014-02-13 23:26
こんばんは
松の芽、花、あまり気に留めたことが無かったです。
未熟な松ボックリは瑞々しくて、可愛く思えました^^
今まで写さなかったものにも目を向けてゆくのは楽しいですね~
私も見習って行きたいなと思います。
Commented by マングース at 2014-02-14 00:46 x
こんばんは。
日本の風景にはなくてはならないマツが少なくなりました。
もともと痩せた土地に生えるような植物ですし、今の里山のように
落ち葉掻きもしない状態では厳しいでしょうね。
マツクイの被害もなくなりませんし、かつては身近な山にも生えていた
マツタケも今や幻のキノコですね。。。
Commented by なな at 2014-02-14 08:03 x
生憎の雨 雨に打たれると溶ける私は引きこもりです。
松にも花が咲くんですょね?? 考えもしなかったです(笑)どんな花でしょう?楽しみです♪。もしかして先端に付く紫や赤の塊見た事があるのですが関係あるのでしょうか?
ご相談ですが先日のタマミズキに付いたのはヒノキバヤドリギではないでしょうか?でもこれは常緑木に着くようですが……??手に取って観察出来ない時はどうしてますか??
Commented by soyokaze-1020 at 2014-02-14 14:11
こんにちは♪
松は風景の中のひとつの樹木として目にとめることはありますが、
花に目を向けることがありませんでした。
マツボックリができるのですもの当然花が咲くのでしょうね。
身近な木ですが、何の知識もなかったことが判りました。
2、3、4枚目、へぇ~!こんなふうになっているのですねぇ。
さすがshizenkazeさん、着眼点が素晴らしいです。

Commented by koneko3y at 2014-02-14 15:18
松に花が咲いたころ、そのてっぺんによくカワセミが止まりました。
最近はその光景が見られなくて残念です。
ただ松の木が高いので花を間近で見る機会は少ないです。
Commented by shizenkaze at 2014-02-14 20:43
odamaki719さん  本当は松の花を写したかったのですが春待芽を見たので先に写してしまいました~
また花の季節には花達を写したいです・・・・・^^
2・3・7の写真を気に入って頂いて有難うございました~
これからは今まで撮さなかったものにもカメラを向けたいです~^^

Commented by shizenkaze at 2014-02-14 20:45
hibikorekouji2さん  松の花も目立たない姿ですが見た事が一度はあると思いますよ~
春待芽の下に未熟な松ボックリが見られるので楽しいですね~
4の写真を気に入って頂いて有難うございました・・・・・^^
Commented by shizenkaze at 2014-02-14 20:48
lisedreamさん  高い木上だと松の花はよく見えないですが下にあるものなら近くで眺めることができます~
あまり派手で綺麗な花ではないですがそれでも見ようによっては可愛いし楽しいですよ~^^
今年は今まで以上に好奇心を強くしたいと思います~(笑)
Commented by shizenkaze at 2014-02-14 20:52
マングースさん  松原や松の見られる里山風景もあまり身近では見られなくなりました・・・・・
岐阜には長良川の下流の木曽三川公園センター近くに千本松原と言う名所がありますが一時はマツクイムシにやられて大変だったようです・・・・・

松茸は諦めて『味シメジ』の方を楽しみます~♪^^
Commented by shizenkaze at 2014-02-14 20:59
ななさん  植物や樹木で実が生るものには花も咲きますね~^^
『先端に付く紫や赤の塊』を見た事があるようですね~
それが花です~♪

タマミズキに付いたのが『ヒノキバヤドリギ』じゃないかと書かれていますがヒノキバヤドリギはモチノキ科の木にも寄生するので常緑でなくても落葉でも関係ないかも知れませんね・・・・・
詳しいことは分かりませんが植物たちは強かなので想像を超えた行動をすることがありますね~

手に取って観察出来ない時は望遠で写したり双眼鏡で見ることもありますがよく分からなければ諦めて他の場所で似たものを探してみます・・・・・^^


Commented by shizenkaze at 2014-02-14 21:03
soyokazeさん  松の花に杉の花ゆ桧の花などにも今年は目を向けたいと思っています~
竹の花や笹の花は難しいですが今まで見ても写していなかったものたちを写したいです~^^

2.3.4の写真を気に入って頂いて有難うございました~
今年は好奇心を倍にして楽しむつもりです・・・・・♪
Commented by shizenkaze at 2014-02-14 21:08
koneko3yさん  松に翡翠ってあまり見かけない組み合わせですね~
でも翡翠は色々な所に止まるのでその鳥の好みなんでしょうね~^^

松ノ木でも低い所に花が見られることも多いので咲く時期にしっかり写そうと思っています~♪^^
Commented by なな at 2014-02-14 21:14 x
やっぱり望遠ですか。よく言われます。予算が……それと猫に小判になりそうで(多分使いこなす前に人生の最後が……)
今日の記事先に読んでこちら書いてます。今日記事にコメント拒否されて??ギフチョウが好むのはヒメカンアオイの方ではないですか?
此方に春の女神のギフチョウが集う場所があってエッチラ・オッチラと歩いて見に行きますょ。でもそこには色々なカンアオイがあります。
Commented by shizenkaze at 2014-02-15 21:02
ななさん  望遠とは言っても私が使っているのは300mmまでのズームです・・・・・
記事がコメント拒否しましたか?
エキサイトのミスかも知れませんね・・・・・><

ギフチョウが好きなカンアオイにはミヤコアオイやヒメカンアオイがありますがこのカントウカンアオイも幼虫はよく食べるようですよ~^^
ななさんは色々なことをご存じなんですね~ヘヘ
名前
URL
削除用パスワード


<< 『寒葵(カンアオイ)の花~♬』 『福寿草(フクジュソウ)が咲き... >>