『曙馬酔木(アケボノアセビ)』

ツツジ科の植物で小さなベル型の花を咲かせるので有名なものは『満天星(ドウダンツツジ)』の仲間とこの『馬酔木(アセビ)』ですね~
そして有毒なものは『蓮華躑躅(レンゲツヅジ)』とこの『アセビ』になります・・・・・
今の季節に白い小さな花を咲かせているアセビですがその紅花種が今日載せた『アケボノアセビ』になります~

私がよく出かけている木曽川水園には何箇所も咲いている所があります~
もちろん普通の白花の『アセビ』も見られましたがそれは後日載せることにします・・・・・♪



『アケボノアセビの花には場所によって色の濃淡が見られました~』 ツツジ科アセビ属の常緑低木
学名はPieris japonica f. roseaと言います~
1.
d0054276_20261399.jpg

別名をベニバナアセビ(紅花馬酔木)と言う場合もありますが普通は『アケボノアセビ』と言うことが多いようです~
見られる場所によって色の濃淡がありました・・・・・
ここで見たものは色が可愛いピンクでした~(*´∀`*)




2.
d0054276_20262834.jpg

アセビ類のベル型の花は寒い時期に咲くために霜や雪の侵入を防ぐために下向きに咲いて入り口が小さくなっています~
これだと虫による受粉は難しそうに見えますが雄シベに細長い突起があるのでこれに昆虫の口が触れると花粉を落として受粉をさせる絶妙な構造になっているようです~^^




3.
d0054276_2026427.jpg

別名がベニバナアセビと呼ばれるようにアセビ の紅色種ですが白のアセビは大人しく優しく見えるのに対してアケボノアセビの色はかなり目立ちますね~♪

チャキチャキのお転婆さんのように見えますね~(#^.^#)




4.
d0054276_20265581.jpg

この花の色は少し赤味が強かったです~
可愛く思える花の色でした・・・・・♪




5.
d0054276_20271085.jpg



6.
d0054276_20272329.jpg

普通の白いアセビは古い時代には『あしび』と呼ばれて万葉集にも多々登場しています~
この頃より庭木としてして多く栽培されていますので園芸種だと思われる事もありますが本州各地の山地などに多く自生している植物です~

このアケボノアセビのようなものは色が綺麗なので品種改良されているので『園芸種』とされています・・・・・・(#^.^#)




7.
d0054276_20273788.jpg



8.
d0054276_20274989.jpg

藤の花のように房状に咲いている姿は美しいですね~
白花のアセビも綺麗ですがこの淡い紅色に惹かれます・・・・・♬




9.
d0054276_2028544.jpg



10.
d0054276_20281891.jpg

馬酔木の名前はこの植物には毒性があって馬でもこれを食べると酔ったようになりフラフラするので付けられた名前です・・・・・><

ツツジ科にはこのような有毒の植物もありますが『ナツハゼ』や『ブルーベリー』のような食用のものもあるので個々色々なんですね~(*´∀`*)




11.
d0054276_20283364.jpg

木曽川水園の古民家の所から木舟乗場に行く途中に見られる光景です~
ここの近くにはマンサクやトサミズキやこれからはユキヤナギ等も見られます・・・・・




12.
d0054276_20284589.jpg



13.
d0054276_2029064.jpg



14.
d0054276_20291420.jpg



15.
d0054276_20292890.jpg



16.
d0054276_20294356.jpg



17.
d0054276_2030158.jpg

ほんの少しオレンジ色が強く感じる花も見られます~
土壌の性質なのか植物そのものの色なのか微妙な色合いで違いが出ています・・・・・




18.
d0054276_2030247.jpg



19.
d0054276_20304061.jpg

この場所の花はピンクに見えますね~
この色合いが好きだという人は多いようですね・・・・・(#^.^#)

若々しい花姿だと思えます~♪^^




20.
d0054276_20305663.jpg

私の家の近くにある水道山の遊歩道ではアケボノアセビは見られず普通の白いアセビだけですが自然の中を散策している時だと普通のアセビがいいですね~
『無の境地』で歩いている時にはアケボノアセビの『ピンク色~(*´∀`*)』はちょっと邪魔かな・・・・・(笑)

杉花粉が明日は多く飛散するようです
花粉症の人は大変ですね・・・・・・
職場にも『花粉防止用眼鏡』や『マスク』を付けた人が多くなっています・・・・・







(OLYMPUS E-30)
(OLYMPUS E-620)
(ZUIKO DIGITAL 14-42 1:3.5-5.6)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)

(OptioRZ10)
by shizenkaze | 2014-03-11 21:44 | 身近な自然の話 | Comments(24)
Commented by tanuki_oyaji at 2014-03-11 21:17
shizenkazeさん、こんばんは〜♪
レンゲツヅジが有毒なのは知っていましたがアセビもそうなんですか。
始めの方は花の先の方がうっすらとしたピンク色で素敵な花ですね。
Commented by hibikorekouji2 at 2014-03-11 21:22
アセビの花は全体像としてしか見た事がないのですが、アップで見ると可愛い花の集団なのですね。
一つ一つは可愛いのに、全体として見るとあまり目立たない花とは不思議です。
4.お姉さん集団と妹分のご対面のようで可愛いですね♪
18.ちょっと藤を連想したのですが、大人の雰囲気で素敵です^^
Commented by odamaki719 at 2014-03-11 21:30
こんばんは!
 アケボノアセビが可愛い色彩ですね。
ピンクが微妙に違うのもまた楽しいですね。
3・5・7・14・20枚目が好みです。
Commented by tmshanagn304 at 2014-03-11 21:46
小さいながら奇麗な花ですね。写真に撮るとその良さがより出てきますね。
Commented by asitano_kaze at 2014-03-11 22:36
アケボノアセビというのですか。
1,2,淡く優しい感じですね。
3~5、ずいぶん印象が異なりますね。
どちらが好みか、分かれるところでしょうね。
私は淡い方が好きです。
でも、時によっては濃い方を選びたくなるような気もします。
9、18,20、いいですねぇ。
Commented by to-y_niya at 2014-03-11 22:54
満開ですね~)^o^(♪ この「色あい」「形」。。。すっごく好きです~♪
↓トサミズキ♪ 綺麗^^
Commented by puriza0322 at 2014-03-11 22:59
こんばんは(*^_^*)
アケボノアセビって全体的に見るのと
ひとつを見るのとでは、可愛いらしさがまた違いますねヾ(@⌒ー⌒@)ノ
毒があるなんて初耳でビックリ
我が家には、白色のがありますがσ(^_^;)
Commented by timata-sn at 2014-03-11 23:06
shizenkazeさん こんばんは
今日も良いお天気でした、お昼は暑い位でしたよ。

馬酔木がもう咲いて居るんですね。
早いですね!!
アケボノアセビと言うんですね。
白の馬酔木も可愛いですが、このアケボノアセビも
可愛いですね!!
こんな可愛いのに毒性が有るとは似合わないですよね。
Commented by マングース at 2014-03-12 01:28 x
こんばんは。
普通の白い花を着けるアセビとは花を見たときの
印象がかなり違いとても華やかな印象を受けますね。
アセビを見るとこんなにたくさんの花を着けなくても
いいんとちゃうのっていつも思ってしまいます。
長い時間の中でこの花の形、色、数を付けるよう進化してきた
んですから、これが良いんでしょうけど。。。
Commented by sidu-haha at 2014-03-12 09:25
おはようございます。
この花が咲きだすと、春が来たんだなあと感じますね。
なんてきれいな~蕾も花も~
うっとりです。
Commented by マーガレット at 2014-03-12 10:13 x
あちこちでアセビが見られるようになりました。
可愛いのに毒があるとは・・・。
処世術でしょうか。
Commented by なずな at 2014-03-12 19:56 x
こんばんは。そういえば、もう馬酔木の花の季節なんですね。
高校生だった頃に、何か奈良のお寺のことを書いた文章で、この花の名前を覚えました、
可愛い鈴がいっぱいついていて、趣のある花ですね。好きな花です。
アケボノアセビと一口にいっても、微妙な色の違いがあって、それぞれに個性があるようで、説明の文章と共に楽しんで見せて頂きました。
Commented by shizenkaze at 2014-03-12 20:59
tanuki_oyajiさん  アセビを食べようとする人はいないのでまず安心ですがレンゲツツジを普通のツツジなどと分からず子供たちに『蜜を吸うと甘いぞ~』 なんて教えていた先生を見て注意した事がありました・・・・・
毒性は低くても体質によっては良くないですからね~

アケボノアセビはピンク色は可愛いですね~
ドウダンツツジの仲間にもピンクっぽいものがありますが可愛いですね~
Commented by shizenkaze at 2014-03-12 21:02
hibikorekouji2さん  アセビの花も近くで写すと可愛いですね~
もっとうまく写せたら花の中の雰囲気も分かったのですがこれがこの日は限度でした~

4と18の写真を気に入って頂いて有難うございました~♪
Commented by shizenkaze at 2014-03-12 21:04
odamaki719さん  アケボノアセビの花の色も場所によって色々に濃淡が見られましたので楽しかったです~
同じ木の中にも多少色の変化も見られました・・・・・
不思議なものですね~(#^.^#)

3・5・7・14・20の写真を気に入って頂いて有難うございました~♪
Commented by shizenkaze at 2014-03-12 21:06
tmshanagn304さん  花は実際に見ると全体を見てしまいますが写真で写そうとすると一部だけ切り取るようになるので花の可愛らしたを強調できますね~♪

でも可愛い花だからこそですね・・・・・(#^.^#)
Commented by shizenkaze at 2014-03-12 21:13
asitano_kazeさん  同じ場所で同じカメラで写しても花の色が違うものが見られました~
1から5までは同じ所に咲いていたものですが木が違っていました
2本あって色も2種類になって見られました~♪

私も淡い色が綺麗で可愛く思えましたが色の濃いピンクも良かったです
小さな花が集まって見られるものはどんな花も可愛いですね~

1.2.3.4.5.9.18.20の写真を気に入って頂いて有難うございました~♪^^
Commented by shizenkaze at 2014-03-12 21:15
to-y_niyaさん  白いアセビも可愛いですがピンク色好きのto-y_niyaさんならこのアケボノアセビの色は大好きでしょうね~
今が見ごろですね~♪

トサミズキもこのアセビのすぐ近くで咲いていたものなんですよ~(#^.^#)
Commented by shizenkaze at 2014-03-12 21:18
puriza0322さん  小さな花がたくさん集まって咲いているものは全体の姿と花一つでは全く感じが違いますね~^^

有毒と言っても食べなきゃ大丈夫なのでお庭にあっても関係ないですね~^^
可愛い花なのでいつも見られていいですね~(#^.^#)
Commented by shizenkaze at 2014-03-12 21:23
timata-snさん  今日はとても暖かくて昼休みの散策は気持ち良かったです~♪

アケボノアセビは色が紅色なので朝焼けに例えてアケボノって付けたんですね~♪
色が淡いものが多く見られて楽しかったです~^^

毒と言っても猛毒じゃないので触った手を舐めたって大丈夫です~♪
こんなものを食べる人もいないでしょうね・・・・・(#^.^#)
Commented by shizenkaze at 2014-03-12 21:26
マングースさん  ほかの植物に比べてもツツジ科って花の数が多いですね~
ドウダンツツジなども多いです~
下を向いて咲いているものも本能で色々な役割を知っているのですね・・・・・♪

Commented by shizenkaze at 2014-03-12 21:28
sidu-hahaさん  そちらでも咲いていますか?^^
春先の花としては咲かせる花の数は一番多いのでしょうね~
小さな花一粒見ているだけで可愛いのでニコニコしますね・・・・・♪^^

Commented by shizenkaze at 2014-03-12 21:32
マーガレットさん  アセビの花は今彼方此方で見られますね~
普通は白花の方が多いですね・・・・・
小さな花でもこれだけ咲いていると壮観ですね~~

動物たちに食べられて子孫が残せないのを阻止するために毒を持ったのでしょうね・・・・・
そこまでしなくても・・・・・なんて思いますね・・・・・^^
Commented by shizenkaze at 2014-03-12 21:36
なずなさん  奈良公園にもアセビがよく見られるようですね~
鹿たちもこの植物には毒性があるのを知っているようですね・・・・・
野生のものたちはとても敏感ですね~
そうしないと生き延びられないですね・・・・・・・(#^.^#)

淡い色から濃い色まで色々なアケボノアセビが見られました
まだ暫くは楽しめそうですね~♪
名前
URL
削除用パスワード


<< 『見上げれば小さな花~(虫の目... 『土佐水木(トサミズキ)の花が... >>