『紫鷺苔(ムラサキサギゴケ)と鷺苔(サギゴケ)と松葉海蘭(マツバウンラン)の花』

最近は植物の分類法が変化をしていて私などが一番使っていた『新エングラー体系』の他に『クロンキスト体系』と『APG植物分類体系』に『シノニム分類体系』と段々難しく判り難くなってしまいました・・・・

もちろん私のような素人は今から数十年前の呼び名をそのまま使っても専門家じゃないので良いとは思うのですが出来値限り最新のものを理解したいと考えています~
今日最初にこんな事を書いたのは今日載せている植物は以前は全て『ゴマノハグサ科』でしたがこの科が一番変化してしまったので判り難くなったからなんです~><

オオイヌノフグリも以前は同じゴマノハグサ科でしたが今はオオバコ科になってしまいました・・・・・


『ムラサキサギゴケは好きな花です~』 ハエドクソウ科サギゴケ属の多年草
学名はMazus miqueliiと言います~
1.
d0054276_20483859.jpg

花期は3~6月で田の畦などの少し湿った所によく見られる多年草です~
ランナーを出して四方に広がるように咲いていますので多く咲いている姿を見かけます
根元の葉は長さ1~4㎝の倒卵形または楕円形で縁には不揃いの鋸歯があります~
ランナーにつく葉は小さいです・・・・・
根元の葉の間から花茎を伸ばして淡紫色~紅紫色の花を疎らにつけます~
花は私の好きな唇形花で長さは1.5~2㎝くらいです~(*´∀`*)




2.
d0054276_20485061.jpg

同じような花で少し茎を立たせて見られるものに『トキワハゼ』がありますが今日会社の敷地内に1株咲いているものを見つけました~
トキワハゼは同じ科の1年草です・・・・・
どちらも可愛い花ですね~♪




3.
d0054276_2049277.jpg



4.
d0054276_20491534.jpg



5.
d0054276_20492621.jpg

長良川の河川敷で写しました~(*´∀`*)




6.
d0054276_20493844.jpg



7.
d0054276_20494952.jpg



8.
d0054276_20495958.jpg

アップで見るとこんな姿です~
いつも思うのですが外国などの遺跡で壁に掘られている宇宙船のような壁画を学者様たちは『古代の地球に来た宇宙人の乗り物だ・・・・・』なんて言いますが古代人もこのサギゴケが好きで壁に大きく描いたものだとしたら楽しくて大笑い出来そうです~(大笑)




9.
d0054276_20501055.jpg

これはムラサキサギゴケですがよく似ているトキワハゼは紫色の部分が白っぽくて中央が紫色をしているものが多いです~




10.
d0054276_20502089.jpg



11.
d0054276_20503262.jpg

久しぶりの『青空背景』をムラサキサギゴケで写してみました~




12.
d0054276_20504319.jpg



13.
d0054276_20505758.jpg



14.
d0054276_20511049.jpg

こんなにたくさん咲いていました~(*´∀`*)




『サギゴケも見られました~』 ハエドクソウ科サギゴケ属の多年草
学名はMazus miquelii f. albiflorus (Makino) Makinoと言います~
15.
d0054276_2051225.jpg

元々はムラサキサギゴケの白花だと言われていますが白鷺をイメージして付けられたものなのでこの植物が本来の『サギゴケ』のようですね~




16.
d0054276_20513550.jpg



17.
d0054276_20514910.jpg

白くて地面近くに咲いているのでうまく撮れないです・・・・・
いつもこのような白飛びになってしまいます~><




18.
d0054276_2052156.jpg



19.
d0054276_20521372.jpg

河川環境楽園・木曽川水園で写した花たちです~(#^.^#)




20.
d0054276_20522873.jpg



21.
d0054276_20524176.jpg



22.
d0054276_20525514.jpg

サギゴケもこんな具合に咲いていました~♪^^




『マツバウンランも可愛い花です~』  オオバコ科マツバウンラン属の一年草または二年草
学名はNuttallanthus canadensisと言います~
23.
d0054276_2053891.jpg

アメリカ原産の帰化植物で造成地などの荒れ地やグランドの端などに生育しています~
地面に這う茎があって松葉に例えられた幅1~2mmの細い葉を付けています・・・・・
春になると地表の葉に似合わないほどの高い花茎(10~60cm)を伸ばして美しい花を咲かせます




24.
d0054276_20532119.jpg

見れば見るほど茎が細くて華奢に見えますが結構強くてしたたかに増えています




25.
d0054276_2053332.jpg

この仲間には中央の部分に縞が入る『オオマツバウンラン』があって同じような環境に咲いています
長良川の河川敷でも両方見られます~




26.
d0054276_20534568.jpg

この植物も以前はゴマノハグサ科ウンラン属でしたが今はオオバコ科なんです~><
あの道端に咲いているオオバコと同じように種類に見えますか?
私には全く見えないです・・・・・><




27.
d0054276_20535777.jpg

このマツバウンランは各務原市浄化センターで写したものですが長良川の堤防などにも多く咲いています~♪




28.
d0054276_20541212.jpg


今日の昼休みに堤防と河川敷を散策していましたが堤防に見られていたヒサウチソウに花が咲いていました・・・・・
毎年凄いスピードで繁殖を続けていますがこのヒサウチソウは現在もゴマノハグサ科に含まれているようです・・・・・

河川敷を歩いていましたら枯葉やゴミが離れた所でクルクルと風で舞っているのが見られました
小さな旋風のようでから少し離れた所で枯葉達が地面に戻り風だけが私の方にやって来ました・・・
目には見えない旋風が私と重なり僅かな時間でしたが不思議な体験をしました
旋風(つむじかぜ)なので竜巻のようなものではありませんでしたが風の音だけが聞こえて楽しい気分でした~~(*´∀`*)




(OLYMPUS E-30)
(OLYMPUS E-620)
(ZUIKO DIGITAL 14-42 1:3.5-5.6)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)

(OptioRZ10)
by shizenkaze | 2014-04-24 21:50 | 身近な自然の話 | Comments(20)
Commented by odamaki719 at 2014-04-24 22:09
こんばんは??
 色々と属する科とか変化していくのですね。
ムラサキサギゴケは淡い紫が綺麗ですね。
2・5・12枚目が好きです。
サギゴケの白も綺麗ですね。
マツバウンランも小さくて可愛いです。
25・26枚が好きです。
Commented by hibikorekouji2 at 2014-04-24 22:15
子供の頃、おままごとをする時、ムラサキサギゴケの花を沢山集めて遊んでいました。
何に見立てていたのかは覚えてないのですけどね^^;
つい最近、あの花は何て言うのだろうと思っていたところです。
名前が分かって嬉しいです。
それにしても恐るべし偶然ですね。
以心伝心???てな分けないですよね^^;;
Commented by koneko3y at 2014-04-24 22:26
白いサギゴケは見たことがありません。
最近ツタバウンランをよく見ます。
同じ仲間でしょうか。
Commented by マングース at 2014-04-24 23:46 x
こんばんは。
ムラサキサギゴケの茶色い斑点はよく目立ちますが
サギゴケの黄色い斑点はちょっと見にくいですね。
斑点は蜜の在処を教えてくれるネオンサインのようなもの
でしょうから、虫たちに見えやすくないと役にたたないかも。
でも虫の目で見たときにどんな風に映るかはわかりませんよね^^
以外にサギゴケの方がサインの効果があるのかも(^_-)
Commented by nori_natural at 2014-04-25 00:18
こんばんは、
自然風の撮られる青空麦シリーズ
何時見ても気持ちいいですねー
地を這う様に咲いてる小さな花をよくこんなアングルから
撮れますね。
12枚目、地面をバックに見る花と別物ですね。
Commented by yukko-5 at 2014-04-25 00:30
マツバウンラン可愛いですね~♪
全然ピントが合わなくて撮れないので
ここで綺麗なお写真が見られて嬉しいです
サギゴケも可愛いですね

つむじ風で不思議な体験が出来て良かったですね
きっとご褒美ですね(●^o^●)
Commented by timata-sn at 2014-04-25 07:35
shizenkazeさん お早う御座います。
今朝も良いお天気の様です、少し冷えて居ますよ。

ムラサキサギゴケ 綺麗な花ですね。
奇麗な色合いで素敵ですね。
大きく写されてもの・青空をバックにされても素晴らしいですね。
サギゴケも可愛いですね。
真っ白で黄色の斑点が綺麗に並んで可愛さを増して居ますね。
マツバウンランも可愛いですね。
凄い数で群生して居るんですね。
細い茎が凄く伸びて、存在感を表しているかのようですね。
Commented by マーガレット at 2014-04-25 09:02 x
我が家でも、マツバウンランが咲き始めました。
最初にこの花を知ったのは3年くらい前です。感激しましたね。
Commented by asitano_kaze at 2014-04-25 17:00
オオイヌノフグリはゴマノハグサ科からオオバコ科ですか。
分類は人間が勝手にやるもので、植物自体の魅力とはかかわりがありませんね。
とはいっても、ブログに載せる身としては無関心ではいられませんね。
もっとも私は物忘れがひどいですから、そうした事柄からは逃げ出してしまっていますけど。
この花、私も大好きです。地べたにべたっと這うようにして咲いていますよね。
5のような薄紫のかたまり、かわいくてたまりません。
8,9,10のアップ画像、不思議な形をしていますね。
色合いが柔らかく優しくていいです。
11,12,はおしゃれさんですね。12はよそ行き顔のすましやさん。
背の低い草花をよくもあま青空バックで撮れるもんですねぇ。
サギゴケ、マツバウランもたくさん咲いていますね。
空き地にぞっくりと生えているマツバウラン、美しいです。
なよなよとした風情ですが、繁殖力は旺盛なんですね。
Commented by tanuki_oyaji at 2014-04-25 18:52
shizenkazeさん、こんばんは〜♪
あれっ、いつの間にかオオイヌノフグリはオオバコ科なっていたんですか。
ずっとゴマノハグサ科だと思い込んでいましたよ。
マツバウンランというのは群生するといちめんが薄紫になって綺麗ですね。
Commented by shizenkaze at 2014-04-25 21:25
odamaki719さん  私達はブログに写真を載せるくらいなので細かな科属名や学名なんて書かなくてもいいのですが他に似た花を見て名前を調べる時に役立つかなと思って載せるようにしていますがこれだけ変化が多いと困ってしまいます~><

でも花そのものは昔と一種で可愛いです~(#^.^#)
2.5.12.25.26の写真を気に入って頂いて有難うございました~
白い花の咲くサギソウも可愛いですが白飛びするので写しにくい花です・・・・・><
Commented by shizenkaze at 2014-04-25 21:29
hibikorekouji2さん  おままごとにムラサキサギゴケを使ったのですか~
イヌタデならアカマンマと言って遊ぶでしょうがムラサキサギゴケは何のつもりだったのでしょうね?
気になりますね~

ブロ友さんになって長いので『以心伝心』って事があるかも知れないですよ~(*´∀`*)
Commented by shizenkaze at 2014-04-25 21:35
koneko3yさん  ムラサキサギゴケとトキワハゼはよく見かけますが白花のサギゴケは見られる所が狭い範囲です
長良川の河川敷にはまだ見られません・・・・・

ツタバウンランも同じ仲間ですね~
花姿はどれもよく似ているので葉で判断しますがツタバウンランは葉が蔦っぽいので判りやすいですね~
どの花も好きです・・・・・♪^^
Commented by shizenkaze at 2014-04-25 21:39
マングースさん  ムラサキサギゴケやトキワハゼとマツバウンランは好きなので咲いていたら写しますがサギゴケの白は白飛びするので写しにくい花です・・・・・
日陰にして写した方が良かったのかな・・・・・?

この仲間はどれも可愛いので好きですが小さなものも多いので探すのが大変ですね~
Commented by shizenkaze at 2014-04-25 21:43
nori_naturalさん  青空背景の写真が最近はあまり撮っていなかったのでムラサキサギゴケを写してみました~
トキワハゼの方が茎を立てているので青空バックには向いていますね
地面スレスレの植物達を青空背景で写す楽しさにハマっています~

12の写真を気に入って頂いて有難うございました~
Commented by shizenkaze at 2014-04-25 21:48
yukko-5さん  マツバウンランやもうすぐ見られるようになるイヌコモチナデシコのように細長い茎の先に花が咲いているようなものは手当たり次第に写してあとから良いものを選ぶようにしないと1枚1枚のピンと確認なんてしていたら変になってしまいます~><

ムラサキサギゴケやサギゴケを小さな植木鉢で育ててみたいですね~
でも自然の花たちは自然の中で見るのが一番なんでしょうね~

つむじ風の中に入っていると何となく楽しくなりますよ~
強烈な竜巻だったら自分も飛んでいってしまうでしょうがつむじ風は優しいです~
Commented by shizenkaze at 2014-04-25 21:53
timata-snさん  こちらは暖かかったです~^^

以前は全てがゴマノハグサ科の植物でしたがこの科は多くの科に分かれてしまいました~><
これからは堤防を埋め尽くす勢いで繁殖しているヒサウチソウがイッパイになりますね・・・・・><
狭い堤防だけでもドラマがあります
世界中だったら凄いドラマもあるのでしょうね・・・・・
Commented by shizenkaze at 2014-04-25 21:57
マーガレットさん  マツバウンランを初めて見たのは関市の百年公園近くの道路際でした
それが岐阜にも広がってすぐに市内全域にも増えました
今はヒサウチソウが同じように増えていますが2~3年で増え始めて5年経てばその地域を覆ってしまいますね・・・・・

オオマツバウンランも多くなりましたね~
Commented by shizenkaze at 2014-04-25 22:03
asitano_kazeさん  オオイヌノフグリのオオバコ科は全く似ていないのに不思議です
サギゴケ達もハエドクソウ科なんて尋常じゃない科の中に入ってしまいました~

分類は人間が勝手に分けただけなのでまた何かがあれば変化しますね・・・・・><
私達には難しいことは関係なくしていれば良いのですが一度書いてしまったのでこれからも頭を抱えながらブログの更新をしなきゃ・・・・・^^

5.8.9.10.11.12の写真を気に入って頂いて有難うございました~
トキワハゼやウリクサ等も同じ花姿なので可愛いですね
こんな花に出会うとしゃがみ込んでしまいます~(#^.^#)
Commented by shizenkaze at 2014-04-25 22:06
tanuki_oyajiさん  ゴマノハグサ科が一番変動しているみたいです
薬草園でお世話になった先生達は昔の分類法を今も使うことにしているそうです
オオイヌノフグリやサギゴケをゴマノハグサ科で学生たちと話しているようです~

マツバウンランが大量に咲いていると綺麗ですね~
風が吹くと波打って感動ものですね・・・・・♪^^
名前
URL
削除用パスワード


<< 『榠樝(カリン)の花とポーポーの花』 『木通(アケビ)の花3種と上溝... >>