『今日はセリ科の花を4種~♪』

たくさん見られる植物を色で分けたり同じ仲間で分けたりすると分かりやすいので今日は『同じ科』の植物を載せることにしました・・・・・

セリ科植物はどれも同じような散形(傘形)花序を見せてくれます~
ですから離れていても『セリ科の植物だな・・・』とすぐに判りますね~♪^^



1.『デイル』  セリ科イノンド属の一年草
学名はAnethum graveolensと言います~
d0054276_20182075.jpg

英名がデイルです・・・・・
普通はイノンドと呼ぶことも多いですがハーブを扱っている所では『デイル』の方が分かりやすいでしょうね




2.
d0054276_20185017.jpg

薬草として古くからヨーロッパ・北アフリカ・アジアで栽培されてきた植物です~
5000年前にはエジプトの医師に使用されていたようです
イギリスにあるローマ時代の廃墟からもその痕跡が見つかっていますし中世には魔術を防ぐ効果があるとも考えられていたようです~♪




3.
d0054276_20191345.jpg



4.
d0054276_20193764.jpg



5.
d0054276_20201534.jpg



6.
d0054276_20204469.jpg





7.『オカゼリ』  セリ科オカゼリ属の一年草
学名はCnidium monnieriと言います~
d0054276_20221526.jpg

生薬を『蛇床子』と言って消炎作用があるようです~




8.
d0054276_20222873.jpg



9.
d0054276_2023232.jpg



10.
d0054276_20233672.jpg



11.
d0054276_20241057.jpg





12.『ドクニンジン』  セリ科ドクニンジン属の多年草
学名はConium maculatumと言います~
d0054276_2025919.jpg

有毒植物のひとつですが薬草として使われる事もあります・・・・・
ヨーロッパ(特に地中海地方)が原産の Conium maculatum と北アフリカ原産の C. chaerophylloides の2種があり葉の見た目から『毒パセリ』とも呼ばれています・・・・・><




13.
d0054276_20263148.jpg

ヨーロッパ種の方が中毒性のある『毒草』として名が通っています・・・・・
ハーブとしても有用で1.5mから2.5mの高さに育って光沢のある緑の茎は下半分に赤か紫の斑が見られます・・・・・

ドクニンジンは『ソクラテスの処刑』に毒薬として用いられので茎の赤色はヨーロッパでは『ソクラテスの血』と呼ばれることもあるようです・・・・・




14.
d0054276_20265542.jpg



15.
d0054276_2028840.jpg



16.
d0054276_20282946.jpg



17.
d0054276_20285517.jpg



18.
d0054276_20292148.jpg



19.
d0054276_20314542.jpg





20.『ハマボウフウ』  セリ科ハマボウフウ属
学名はGlehnia littoralisと言います~
d0054276_2032194.jpg

海岸の砂地に自生している海岸性の多年草で 山菜として食用にするほかに漢方薬や民間療法薬として利用される事があります~

食用に栽培されているので『八百屋防風(ヤオヤボウフウ)』と呼ばれることもあります~




21.
d0054276_203242100.jpg

食用としては新芽を酢味噌和えや天麩羅そして生食(主に刺身のつま等)に利用されてきました・・・・・




22.
d0054276_20362478.jpg

根は漢方では『北沙参』と呼ばれて去痰や解熱や鎮咳薬などとして利用されています~
生薬の一種の『防風』の代用品として利用される事がありますが効能は防風と同じかそれより劣るとされているようです~♪




23.
d0054276_2037944.jpg



24.
d0054276_20381762.jpg

セリ科の花は小さな花がたくさん集まって見られます・・・・・

街の公園や堤防や河川敷などでもセリ科の植物は見られるのて小さな花を見かけることも多いです
長良川の堤防や河川敷だもヤプジラミが見られます
少し郊外に行けばシャクやハナウドやシシウドが咲いています・・・・・
小川の側には本家のセリ』も見られますね~

ハーブの仲間にもセリ科って多いようですね?^^
そう言えば1970年頃から2006年くらいまで『セリカ(Celica)』って言う名前の車がありましたね~
格好いい車でしたが・・・・・『セリ科』とは無関係なんでしょうね~(*´∀`*)





(OLYMPUS E-30)
(OLYMPUS E-620))
(ZUIKO DIGITAL 14-42 1:3.5-5.6)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)
by shizenkaze | 2014-05-29 21:37 | 身近な自然の話 | Comments(24)
Commented by tmshanagn304 at 2014-05-29 21:48
セ〜〜リカ、セリカのは〜なが咲くころは<、、間違えました。あれはエリカ??でした。
芹を採ってきて空き地に植えたところ、むちゃむちゃ増えてしまって、収拾がつかなくなっています。まあこれも「非常食」と考えています。
Commented by nori_natural at 2014-05-29 22:05
こんばんは、
一枚目、綺麗ですね〜
放射状のラインの先に咲く花
まるで花火の様です、
Commented by odamaki719 at 2014-05-29 22:08
こんばんは??
 デイルは黄色いのですね。2枚目が好きです。
オカゼリは真っ白で綺麗ですね。8・10枚目が綺麗です。
ドクニンジンは花がところどころ咲いていい風情ですね。
13・14が好きです。
ハマボウフウはまだ蕾ばかりなのですね。
Commented by guri-iki at 2014-05-30 00:18
こんばんは。
この形状の花、身近です。
というのも我が家のモルモットの好物がセリ科の植物でして、毎年パセリを育てるのです。
育ち過ぎるとこんな花が咲くのですよね。
ドクニンジンってその辺に生えているのかしら。
モルモットのおやつに「セリ科は大丈夫だから」て判断するととんでもないことになりますね。
自分で判断するのはやめておいた方が良さそうですね。

Commented by sidu-haha at 2014-05-30 06:12
おはようございます。
野の花をこんなにすてきに撮影されて~素晴らしいですね。
このごろ、大きな花の季節らしく、こちらでも見かけるようになりました。
真似して~カメラを向けてみようかな~なんて、思ったりしながら拝見させていただきました。
Commented by timata-sn at 2014-05-30 07:32
shizenkazeさん お早う御座います。
今朝も良いお天気の様です、また暑く成りそうですね。

デイル はハーブで扱われて居るんですね、可愛い花ですね。
オカゼリ も初めて見た様に思います。
ドクニンジン とは名前を聴いただけで引いてしまいますね。
花は可愛いですね。
ハマボウフウ は食用に栽培されて居るんですね。
生薬として使われて居るんですね。
色んなものが薬効が有って貴重なものなんですね。
Commented by マングース at 2014-05-30 08:57 x
おはようございます。
セリ科の花は見たらセリ科だな~とは思うの
ですが 、ぎゃくにそこから先の同定がややこし^^;
ちょっとあきらめてしまっているところがあります。
オカゼリの消炎作用を求めて虫たちが
やって来ている訳ではないのでしょうが、
虫たちの病院みたいにも見えました^^
Commented by koneko3y at 2014-05-30 12:41
セリ科の花は涼しげでレースのようです。
真っ白な花に小さなハナアブとベニシジミが
アクセントをつけて、より綺麗です。
先日見た雑木林の中で真っ白で結構高さのある花は
オカゼリなのか~と思うのですが、まだ足をかばっていた頃なので
写せませんでした。
Commented by puriza0322 at 2014-05-30 19:31
オカゼリ、ドクニンジンとセリ科の花
今が丁度 季節ですね
今日も道端で見て来ました。
撮りたいなと思って後ろ髪惹かれる様な気持ちで眺め眺めで帰って来ました。
いいですねヾ(@⌒ー⌒@)ノ
Commented by lisedream at 2014-05-30 19:56
こんばんは^^
こちらはいつも、美しくて分かりやすい植物図鑑、のようで楽しいです。
パセリ、はセリ科だったのだ、と今頃気付きました^^;
デイル、が花火のようで可愛いですね~♪
オカゼリの白い花にベニシジミもとってもきれいですね^^
Commented by hibikorekouji2 at 2014-05-30 20:17
5枚目が素敵~♪♪♪
物語が生まれて来そうですね。
私の頬は緩みっぱなしです^^
Commented by tanuki_oyaji at 2014-05-30 21:16
shizenkazeさん、こんばんは〜♪
セリ科の花も色々ありますね。
毒性のある花もあるようですが使い方次第で薬にも毒にもなるんですね。
Commented by shizenkaze at 2014-05-30 21:35
tmshanagn304さん  セリやミツバは庭じゃなくてもちょっとしたプランターに植えておくと重宝しますね~
でも繁殖力が強いので庭がセリだらけになってしまいますね・・・・・
まるで早朝の魚市場ですね~~セリばかりが目立ちます・・・・・(#^.^#)
Commented by shizenkaze at 2014-05-30 21:37
nori_naturalさん  セリ科やウコギ科の花達は放射状に見えるので線香花火のようですね~
特にデイルやウイキョウやハナウドやシシウドは綺麗です~♪
Commented by shizenkaze at 2014-05-30 21:41
odamaki719さん  セリ科の花はどんなものでも綺麗に広がって見られるので楽しいですね・・・・・
白い花が多いセリ科ではデイルのような黄色の花は目立ちますね~

ハマボウフウは刺身のツマなどにされている事がありますがあまり口にしないですね・・・・・
いつも飾りのように思ってしまいます~(´;ω;`)

2.8.10.13.14の写真を気に入って頂いて有難うございました~♪
Commented by shizenkaze at 2014-05-30 21:46
guri-ikiさん  モルモットがセリ科の植物を好んで食べるのですか?
そう言えば人参もセリ科ですね~
パセリが好きだなんて・・・・・なかなかの通ですね~(#^.^#)

ドクニンジンやドクゼリは街中には少ないので安心して良いと思います
モルモットちゃんには芹か人参かパセリやセロリがいいでしょうね~
Commented by shizenkaze at 2014-05-30 21:49
sidu-hahaさん  いつも見て頂いて有難うございます~
写真も気に入って頂いてとても嬉しいです・・・・・

大きな花も好きですが目立たないくらいの小さな花も大好きです
特にあまり日の目を見ることがない花達を青空背景で写すのが一番好きです・・・・・♪^^
Commented by shizenkaze at 2014-05-30 21:52
timata-snさん  毎日少しずつ暑さが厳しくなりますね・・・・・
水分を摂っていないと熱中症で参ってしまいますね~゚(゚´Д`゚)゚

薬草園だけでなく色々な所でこれからも花たちを写したいです~
花菖蒲に紫陽花が待っていますね・・・・・(*´∀`*)
Commented by shizenkaze at 2014-05-30 21:56
マングースさん  セリ科やウコギ科は花を見ると良く判りますね・・・・・
でも私もそれから先の区別はすぐには出来ないですね~

ワンコやニャンコが体調が優れない時に笹の葉や色々な植物の葉を齧って食べることがありますが虫達もそんな本能ってあるのかな~?
いつも食べている葉じゃなくて『今日は体調が悪いからこれを食べよう・・・』なんて思うことはないでしょうね~多分・・・・・(#^.^#)
Commented by shizenkaze at 2014-05-30 22:00
koneko3yさん  セリ科の花は線香花火のように見えたりレースのように見えたりしますね・・・・・
レースフラワーっていう植物がセリ科にはちゃんとありますね~♪^^

林の中で見られた花はハナウドやシシウドのような花かも知れませんね・・・・・

脚の方は良くなりましたか?
Commented by shizenkaze at 2014-05-30 22:02
puriza0322さん  歩いている時に花たちに出会うことも多いですね
いつもコンデジを持ち歩いているとチャンスを逃しませんが忙しいと無理ですね・・・・・
のんびり出来る時間が少しでも良いので毎日欲しいですね~♪
Commented by shizenkaze at 2014-05-30 22:08
lisedreamさん  今の季節には少し他を見ていると目の前の花だってドンドン変化してしまいますね・・・・・
そんな季節の流れと追いかけっこしながら写真を写しています~
私の写真は芸術性なんて無いので見たものを見たまま載せるだけです~
『ありのままの姿見せるのよ~♪』ってあの歌みたいな気持ちですね~

パセリもセロリも人参もミツバもセリ科ですね~
セリ科の野菜たちは健康に良いものばかりですね・・・・・(#^.^#)

ベニシジミが白い花に止まるとより可愛く見えますね~♪
Commented by shizenkaze at 2014-05-30 22:11
hibikorekouji2さん  私達が知らない所で小さな物語が一度にたくさん始まっているのかも知れないですね~
デイルの間を楽しそうに飛んでいる小さなアブ達が主役になりますね~

5の写真を気に入って頂いて有難うございました~
Commented by shizenkaze at 2014-05-30 22:14
tanuki_oyajiさん  セリ科の植物は野菜としてよく食べられていますしハーブなどや薬品の原料にもされているので知らないうちによく接している植物になりますね~

セリ科に限らず植物には薬にも毒にもなるものが多いですね~
使い方次第ですね・・・・・(*´∀`*)
名前
URL
削除用パスワード


<< 『四種の科属達それぞれの花も可... 『ムラサキ科のアルカネットとコ... >>