『西洋引蓬(セイヨウヒキヨモギ)が今年は多く見られます』

何年も前に長良川の河川敷でセイヨウヒキヨモギを初めて見ました
その後は同じ仲間の『ヒサウチソウ』が大繁殖して堤防などを埋め尽くしたのでセイヨウヒキヨモギはあまり見られませんでした・・・・・

それが今年はとても多く見られるようになりました
ヒサウチソウの勢力が少し衰えた頃から黄色い花が目立つようになりました・・・・・
これからはヒサウチソウとセイヨウヒキヨモギが堤防に毎年繁殖し続けるのでしょうね・・・・・゚(゚´Д`゚)゚



『ウンラン姿の花は綺麗ですが・・・・・』  ハマウツボ科セイヨウヒキヨモギ属の半寄生一年草
学名はParentucellia viscosaと言います~
1.
d0054276_20211069.jpg

原産地はヨーロッパ西部で日本では関東地方以西で分布を広げている植物になります・・・・・
茎は直立し開出した腺毛が生えています

1973年に千葉県で最初に生息が確認されたようなので比較的新しい帰化植物になります

葉はやや厚く茎の上部で互生し下部では対生して基部では茎を抱きます~
5月から6月にかけて上部の葉腋から唇形花を咲かせます・・・・・
花冠は黄色で下唇が3裂している唇形花です~(#^.^#)




2.
d0054276_20212036.jpg

ハマウツボやナンバンギセルなどと同じ半寄生植物で自ら光合成を行う一方でヨモギなど他の植物の根に寄生して養分を摂っています・・・・・
以前は『ゴマノハグサ科』でしたが新しい区別法で『ハマウツボ科』に変わりました・・・・・><




3.
d0054276_20213163.jpg

この黄色い花は写し難いです・・・・・




4.
d0054276_20214314.jpg

『ヒキヨモギ』と言う名前の在来種もありますがこのセイヨウヒキヨモギが増えると見られなくなるかも知れないです・・・・・
在来種って本当に弱いです・・・・・・(´;ω;`)




5.
d0054276_20215461.jpg



6.
d0054276_2022449.jpg



7.
d0054276_20221553.jpg



8.
d0054276_20222666.jpg



9.
d0054276_20223945.jpg

こんな感じで堤防に咲いていました~
河川敷でも同じように彼方此方で花が見られました・・・・・




10.
d0054276_20225135.jpg



11.
d0054276_2023320.jpg



12.
d0054276_20231796.jpg

比較出来るように『ヒサウチソウ』も載せます・・・
同じ科の植物ですが『属』は違います
このヒサウチソウは6年ほどで堤防の風景を変えてしまいました




13.
d0054276_20232751.jpg

帰化植物として外国から日本にやって来て増え続けるものも日本から海外へ流出した植物たちもあります・・・・・
新しく根付いた場所の環境が適していれば爆発的に増えます~><

人為的に持ち込まれるものもありますが輸出入の時の貨物に紛れて移動するものも多く見られます
たった1個の種子がその国の農産物を全滅させるようなことも無いとは言えません・・・・・

在来種を大切に保存されている所に無闇に立ち入るのも靴底に付いていた外来種の種子1粒で環境破壊が起きた所も現実にありました~><
私達が趣味で写している自然の中の花達がこれから先にも可愛い花を咲かせられるように気をつけながら行動したいです・・・・・




(OptioRZ10)
by shizenkaze | 2014-06-06 20:47 | 身近な自然の話 | Comments(16)
Commented by tanuki_oyaji at 2014-06-06 20:54
shizenkazeさん、こんばんは〜♪
色は違いますが同じ科だけに花の形が良く似ていますね。
どちらも帰化植物ですか、在来種には頑張って欲しいですね。
Commented by koneko3y at 2014-06-06 22:27
またしても初めての花です。
このような黄色い花があることは全く知りませんでした。
どちらも綺麗な花ですが、こればっかり増えてしまったら
困りますね。
Commented by nori_natural at 2014-06-06 22:46
こんばんは、
こんなに輸入とか輸出とか国際交流とか海外旅行とか増えると
どんどん帰化植物は増えてくるでしょうね。
それは有る意味仕方ない事かもしれませね。
Commented by odamaki719 at 2014-06-06 22:57
こんばんは??
 セイヨウヒキヨモギは綺麗な黄色なのですね。
3・5・7枚目が好きです。
ヒサウチソウも淡いピンクが品がいいですね。
Commented by guri-iki at 2014-06-07 00:46
こんばんは。
何だか切ないですね。
花には「ここを侵略するのだ」なんて意思はないと思いますから。
花をひとつひとつ見ると可愛らしいので余計にそう思います。
日本固有種も流出した先で厄介者扱いされていたりするのでしょうか。
Commented by timata-sn at 2014-06-07 07:40
shizenkazeさん お早う御座います。
今朝は曇り空です、今にも降りそうな感じですよ。

セイヨウヒキヨモギ 初めて聞く名前です。
花は可愛いですが、これは半寄生の外来種なんですね。
茎が強そうで、日本の蓬は負けますね。
ヒサウチソウも花は可愛いですよね。
自然の環境を破壊してしまいそうなとは恐ろしく成りますが、
花を見て居ると可愛いので、複雑な気がしますよ。
Commented by マングース at 2014-06-07 08:42 x
おはようございます。
セイヨウヒキヨモギ 初めて見ました。
むっちゃ強そうな感じがしますね!
ちょっとマツヨイグサにも雰囲気が似ているかな。
外来種に負けずなんとか在来種にも頑張ってもらいたいものです^^
Commented by asitano_kaze at 2014-06-07 19:21
ヒサウチソウとセイヨウヒキヨモギの攻防、面白いです。
まるきりどこかの政治の世界と同じようです。
半寄生植物というところも、何だか似ていそうで。
いや、不浄の政界を当てはめては可哀想ですね。
黄色の花は生命力があって力強く、美しいですね。
どちらかといえば、色白な化粧のヒサウチソウの方が好みです。
1,5,7,12,13、すばらしいです。
Commented by shizenkaze at 2014-06-07 21:13
tanuki_oyajiさん  花一つを見るとウンランのようでリナリアやマツバウンランやムラサキサギゴケ等のように見られますが上に伸びて茎や葉が丈夫のようなので帰化植物としては驚異ですね・・・・・
ここ数年の堤防ではこの植物に勝てるものはいないようですが今の時期から梅雨明けくらいには他の植物も多く咲いてヒサウチソウ達は消えますね・・・・・
でもまた来年の春になったら堤防を覆います~゚(゚´Д`゚)゚
Commented by shizenkaze at 2014-06-07 21:18
koneko3yさん  このセイヨウヒキヨモギはスロースターターのようなので白い花のヒサウチソウのように一気に増えることはありませんでしたが今年は今までに見た以上に多く咲いていました・・・・・

同じ仲間のヒサウチソウの枯れたものを白い紙の上で揉んでみましたら細かな種子がいっぱい落ちました・・・・・
これでは堤防が覆い隠れるほどの繁殖力っていうのも判りますね・・・・・
来年以降は白い花と黄色い花が争うように咲くでしょうね・・・><
Commented by shizenkaze at 2014-06-07 21:22
nori_naturalさん  同じように海外からやって来て帰化して増えたものにセイタカアワダチソウがありますね・・・・・
こちらの河川敷にも数年前には異常なくらい生えていましたが今は自然淘汰されたのか少なくなりました・・・・・
ですからこのセイヨウヒキヨモギとヒサウチソウもいつか見られなくなる時が来るかも知れませんね~
今堤防で目立つのはヒメジョオンとコウゾリナとチガヤかな・・・・・(#^.^#)
Commented by shizenkaze at 2014-06-07 21:27
odamaki719さん  堤防や河川敷にヒサウチソウが見られた頃に黄色い花もポツポツと咲いていましたかヒサウチソウが大繁殖したら見られなくなりました・・・・・
それが今年は今まで見られなかった堤防にも見られましたので爆発的繁殖の始まりかも知れないですね~

見ていて可愛い花ですが旧ゴマノハグサ科の植物たちの繁殖力は半端じゃないので気にして見ていることにしたいです~

3.5.7の写真を気に入って頂いて有難うございました~♪
Commented by shizenkaze at 2014-06-07 21:32
guri-ikiさん  そうですね・・・・
花には自分から移動して敵意を持って育つことなんて無いのですから他の物たちによって運ばれたりして気候が適していたために大繁殖しただけなので植物には何の罪もないですね・・・・・・

日本の固有種だった『葛』は今では世界中に進出している『注意植物』になっています・・・・・
Commented by shizenkaze at 2014-06-07 21:36
timata-snさん  今日は雨が少しは降るかな・・・と思っていましたが何とか降らずに一日もちました・・・・・

ヒキヨモギと言うあまり見られない在来種もありますがこのセイヨウヒキヨモギは繁殖力が強くてこれから怖くなりますね・・・・・
ヒサウチソウも一気に広がりました
それ以前だとマツバウンランも同じですね・・・・・
本当に外来種って強かです~゚(゚´Д`゚)゚
Commented by shizenkaze at 2014-06-07 21:42
マングースさん  セイヨウヒキヨモギの小さな花一つを見るとムラサキサギゴケやトキワハゼやヒメキンギョソウの花にソックリです・・・・・
ですから花としては綺麗だったり可愛い花として見えますが種子が多そうなので枯れてから撒き散らすのでドンドン増えるでしょうね・・・・・

ヒサウチソウの場合は茎の部分が太いですがそこからアメリカフウの実から種子が出るように散蒔かれます・・・・・><

『頑張れ在来種~』ってこれから他の植物たちを応援したいですね~
Commented by shizenkaze at 2014-06-07 21:49
asitano_kazeさん  本当に見ていると熾烈な戦いをしているようですが花の作りからだとヒサウチソウの方が繁殖力は強そうです~
1本の個体からの種子の生産数はヒサウチソウの方が倍以上多そうです

ヒサウチソウ大繁殖でショックだったのが今度はセイヨウヒキヨモギでも同じようになりそうです・・・・・
マツバウンランやオオイヌノフグリにトキワハゼやムラサキサギゴケと旧ゴマノハグサ科の植物達は強か者ばかりですね~
花は可愛いので好きです・・・・・♪
私も白に淡桃色のヒサウチソウの方をチョッピリ贔屓します・・・・(#^.^#)
1,5,7,12,13の写真を気に入って頂いて有難うございました~

名前
URL
削除用パスワード


<< 『曽根城公園の花菖蒲たち』 『薬草園の花達~』 >>