『支那油桐(シナアブラギリ)の実や五葉松(ゴヨウマツ)の実達・・・』

今日は朝は太陽が久し振りに顔を出していましたが昼前からは強い雨が降りました
雨の降っていた時間はそれほど長くありませんでしたが梅雨の代表的な天気の一日でした・・・・・

今日は薬樹園や自然公園で見られた『樹』達の写真を載せてみました~



1.『支那油桐(シナアブラギリ)』  トウダイグサ科アブラギリ属の落葉高木
学名はAleurites fordilと言います~
d0054276_204475.jpg

中国原産で有毒植物です・・・・・
葉が桐に似ていて種子から油(桐油)を採ったために名付けられました
在来種のアブラギリもありますが中国からのものなのでシナがつけられました・・・・・♪




2.
d0054276_205261.jpg

花は終わっていましたが雌雄同株で雌雄異花になります・・・・・
5~6月に枝の先に円錐花序を付けて白い花が咲きます~
花弁は5枚で雄花序と雌花序になります・・・・・

今年は花は写せませんでしたので来年は写して載せたいです~




3.
d0054276_2052167.jpg

果実は蒴果で3~4.5cmの扁球形をしていて先が尖るのが特徴です~
中華まんのような形に見えますね~(*´∀`*)
蒴果は3~5室から出来ていて中に入っている種子は3~5個です・・・・・♪




4.
d0054276_2054638.jpg

このシナアブラギリは内藤記念くすり博物館の薬樹園で見られました~




5.
d0054276_206114.jpg



6.
d0054276_2061756.jpg



7.
d0054276_2072292.jpg



8.
d0054276_2083260.jpg



9.
d0054276_2094261.jpg



10.
d0054276_20103161.jpg






11.『合歓木(ネムノキ)』  マメ科ネムノキ属の落葉高木
学名はAlbizia julibrissinと言います~
d0054276_201156.jpg

少し撮るのが遅かったようで終花になっているものもありました・・・・・
このようなシベが長く出ている花は雨等や朝露等で濡れているとくっ付いて綺麗なものが見られなくなりますね・・・・・(;´Д`)




12.
d0054276_20113539.jpg

淡い紅色の花が枝先に十数個集まって咲いています~
長く伸びたシベは雄シベです・・・・・♪^^




13.
d0054276_20121573.jpg

属名のAlbiziaはヨーロッパにこの属を紹介したイタリアの自然科学者『アルビッツィ(F. D. Albizzi)さん』の名前から付けられています・・・・・
種小名のjulibrissin はインドでの呼び名からきています~(#^.^#)




14.
d0054276_20132140.jpg



15.
d0054276_2013353.jpg



16.
d0054276_20135149.jpg

和名の由来は夕方になると葉が合わさって閉じてしまう様子をたとえたものです・・・・・
樹皮や葉は生薬の合歓(ごうかん)や合歓皮(ごうかんひ)となって利尿や強壮や鎮痛などの薬効があります





17.『山法師(ヤマボウシ)の実』  ミズキ科ミズキ属ヤマボウシ亜属の落葉高木
学名はBenthamidia japonicaと言います~
d0054276_2014347.jpg

ヤマボウシに実が生っていました~
花は以前載せましたので詳しい説明は今日は書きません・・・・・♪

この実は甘酸っぱくて少し大袈裟に言えば『マンゴー』のような味がします~





18.『糊空木(ノリウツギ)』  アジサイ科(旧ユキノシタ科)アジサイ属の落葉低木
学名はHydrangea paniculataと言います~
d0054276_20141959.jpg

紫陽花と同じでユキノシタ科ですが新しい分類法ではアジサイ科とされています
あのユキノシタと比べればアジサイ科にした方がこの花には良いような気がします~

花期は7月から9月で枝の先に白色の小さな両性花が円錐状に多数ついてその中に花弁4枚の装飾花(中性花)が混じって見られます~(*´∀`*)

この樹液を和紙を漉く際の糊に利用したために『糊空木』と名付けられたようです~




19.
d0054276_20144159.jpg



20.
d0054276_20145437.jpg

『ヒメウラナミジャノメ』がノリウツギの花に来ていました~
アジサイ科の花は小さい花が集まっていので蜜はたくさんあるのでしょうか?

小さな花が周りにいっぱいあるので蝶はどの花が良いのか迷わないのでしょうか~~(#^.^#)





21.『五葉松(ゴヨウマツ)』  マツ科マツ属の常緑高木
学名はPinus parvifloraと言います~
d0054276_2015545.jpg

日本原産の樹木です~♪
雌雄同株で一つの個体に雄蕊だけを持つ雄花と雌蕊だけを持つ雌花の2種類の花をつけます~
雄花はピンク色で大きさは7~10 mmで花粉を風に運ばせる風媒花です・・・・・♪




22.
d0054276_20152077.jpg

毬果(マツボックリ)が熟すのは2年目の終りになります・・・・・
毬果は大きさが4~7cmの卵型で初めは緑色ですが熟すと茶色に変わって鱗片を開かせます~
種子の大きさは1cmほどで2~10mm ほどの翼が見られます~(*´∀`*)




23.
d0054276_2015347.jpg



24.
d0054276_20154770.jpg



25.
d0054276_2016286.jpg



26.
d0054276_20161618.jpg

何となくこの姿を見ていると『笹団子』や『茅巻』を想像してしまいます・・・・・(#^.^#)
赤松や黒松のマツボックリと比べると少し不思議な姿に見えますね~




27.
d0054276_20162912.jpg

木に生る実はとても気になります・・・・・(*´∀`*)
杉の球果もメタセコイアの球果も色々なマツボックリやドングリ達も好きです~
オニグルミやセンダンの実も毎年見て楽しんでいます・・・・・

最近は以前のように食べられる実を採ってきて食べるような事はしなくなりましたがその代わり実達にカメラを向けてモデル替わりにすることが多くなりました~~(*´∀`*)







(OLYMPUS E-500)
(OLYMPUS E-510)
(ZUIKO DIGITAL 14-42 1:3.5-5.6)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)
by shizenkaze | 2014-07-05 21:13 | 身近な自然の話 | Comments(16)
Commented by odamaki719 at 2014-07-05 21:49
こんばんは??
 支那油桐の実や葉が丸くて可愛いですね。
7・9枚目がいいですね。
糊空木は18・19枚目が綺麗です。
五葉松の毬果が面白いですね。
23・26枚目がいい感じです。
Commented by koneko3y at 2014-07-05 21:54
ネムノキの花を美しく撮るのにはタイミングが難しいです。
シベがぴんと伸びた状態で、隣に茶色になった花がないなど
条件を厳しくすると写す花がなくなってしまいます。
五葉松の松ぼっくりは新潟名物の笹団子のようです。
Commented by to-y_niya at 2014-07-05 23:21
こんばんは☆
ネムノキ・・・今年は見かけたけど撮れなかった・・・(;_:)
でも遠目にも、いい感じに見える木ですよね~(^^♪
Commented by cynchia at 2014-07-06 00:01
こんばんは、合歓の木、私も大好きですが
暑い夏のイメージがあります。
Commented by timata-sn at 2014-07-06 07:10
shizenkazeさん お早う御座います。
今朝は良いお天気の様です、また暑く成りそうですよ。

シナアブラギリ の果実の先が尖って居て面白い形をして居ますね。
これで有毒植物なんですね。
合歓の花 淡いピンクの綺麗な花ですよね。
ヤマボウシ の実 初めて見ましたよ、小さな実が出来るんですね。
ノリウツギ の花、白い花が可愛いですね。
五葉の松 の実は大きな松ぼっくりが出来るんですね。
普通の松のものより少し長い様ですね。
Commented by マングース at 2014-07-06 09:30 x
おはようございます。
シナアブラギリは種子から油を採ったようですが、
今ではそんな利用も減ったのでしょうね。
それによって栽培されることも少なくなり、
各地で見られる機会も減ってゆくのでしょう。。。
ヤマボウシの果実も少しずつ色付いてきていますね!
ハナミズキよりもヤマボウシの方が食べることも出来ますし
いいと思うんですけどね~。
Commented by hibikorekouji2 at 2014-07-06 11:21
繊細な合歓木の花、まだ見た事がないです。
心をほぐしてくれそうな優しい花にお目にかかりたいです。
ヤマボウシの実が色付き始めているのですね。
散歩の楽しみが増えました♪
Commented by puriza0322 at 2014-07-06 11:50
こんにちは( ̄^ ̄)ゞ
ノリウツギは、あじさい科で良かったです
ユキノシタぽっくないから(笑)
ネムノキは、夕方になると葉と葉が寄り添ってくっついてしまいますね
子どもの頃から触って遊んだ記憶がありますね(⌒▽⌒)
Commented by shizenkaze at 2014-07-06 21:47
odamaki719さん  シナアブラギリは花も可愛いのですが今まで花は写せませんでした・・・・・
実も可愛い形をしているので見ていて楽しいです~
ゴヨウマツも松ボックリが変わっていて面白く感じました・・・・・

7.9.18.19.23.26の写真を気に入って頂いて有難うございました~
Commented by shizenkaze at 2014-07-06 21:51
koneko3yさん  本当に合歓の花を綺麗に撮ろうとしたら毎日通って一番良い時期に撮さないと綺麗な写真は撮れませんね・・・・・
2週間くらい前にスーパーの駐車場で見たネムノキがとても綺麗でしたが撮るのを忘れてしまいました~(´;ω;`)

五葉松のマツボックリは笹団子みたいで面白かったです~♪^^
Commented by shizenkaze at 2014-07-06 21:52
to-y_niyaさん  ネムノキは色々な所で見かけるのでカメラを持ち歩いて一番綺麗で可愛い時期に撮らないと良いものは写せないですね・・・・・
来年は一番良い時に写したいです~(*´∀`*)
Commented by shizenkaze at 2014-07-06 21:54
cynchiaさん  こちらではネムノキが見られる頃に鮎の友釣りが盛んになります・・・・・
ですから6月の半ば頃からですね~(#^.^#)
Commented by shizenkaze at 2014-07-06 21:59
timata-snさん  今日は陽が射さずどんよりとした一日で今は雨が降っています・・・・・
来週は雨続きのようです~゚(゚´Д`゚)゚

シナアブラギリはトウダイグサ科なので有毒なんです・・・・・
ヤマボウシの実は美味しいですが最近は採って食べることはしなくなりました・・・・・
今日出かけたアクアワールドにも沢山の実が生っていました・・・・・♪

五葉松のマツボックリは不思議な姿をしていたのでよく目に付きました
こう言うものって気が付くとすぐに目に入るようになりますね~♪
Commented by shizenkaze at 2014-07-06 22:02
マングースさん  シナアブラギリの油を使うことはなくなりましたね・・・
工業油は石油が作られるようになり今では見捨てられた植物なのかも知れませんね・・・・・><

ハナミズキよりヤマボウシを公園や並木に使って身を食べられるようにしたほうが楽しいでしょうね~♪
Commented by shizenkaze at 2014-07-06 22:06
hibikorekouji2さん  そちらにはネムノキって少ないのでしょうか?
公園などにも植えられていることが多いので見られるといいですね~

ヤマボウシの実をよく冷やしてから食べたいですね~
最近食べていないので久し振りに採っても良い所で採ってきて食べたくなりました~(*´∀`*)
Commented by shizenkaze at 2014-07-06 22:10
puriza0322さん  植物の分類法が最近変わってしまったものが多くて嫌でしたが桐と紫陽花がキリ科とアジサイ科になって以前のゴマノハグサ科とユキノシタ科から独立できて良かったと思っています~♪

ネムノキの葉は夜になると閉じて本当に眠ったようになりますね・・・・・
オジギソウのように触れて閉じれば楽しいですがネムノキの葉は触れても閉じないですね~~(#^.^#)
名前
URL
削除用パスワード


<< 『蓮の花咲く風景(森川花はす田)』 『西洋夏雪草(セイヨウナツユキ... >>