『男郎花(オトコエシ)と女郎花(オミナエシ)』

今日は郡上八幡まで出かけましたが思うような写真が撮れずドライブだけに終わってしまいました・・・・・
でもゴムボートの川下り『ラフティング』の光景が撮れましたので機会を見て載せたいと思います~

今日載せた花は一部はエーザイの薬草園で写したもので後半は木曽川水園で写したものです・・・・・



1.『オトコエシ』 オミナエシ科オミナエシ属の多年草
学名はPatrinia villosaと言います~
d0054276_2174675.jpg

和名の由来はオミナエシと対比させて付けられたたもので花の色が白く地味で茎や葉はオミナエシより大きく男性的な感じがすると言う所からきています・・・・・

全草干したものを生薬で敗醤(はいしょう)と言って解毒剤に使用されます~(*´∀`*)




2.
d0054276_21153211.jpg

花は茎の上部で枝分かれをして散房花序を出し白い小花をたくさんつけけます~
1つ1つの花は合弁花で先が5つに裂けています・・・・・
雄しべは4本で花柱(雌しべ)は1本です




3.
d0054276_21171343.jpg

葉は楕円形で向かい合って生える対生になっています~
下部につく葉は羽状に裂けて見えます・・・・・♪

花の後にできる実はそう果で『うちわ状』の翼が見られます~
蜜が美味しいのか蜂などが多くやって来ます・・・・・(*´∀`*)




4.
d0054276_21213355.jpg



5.
d0054276_21203491.jpg






6.『オミナエシ』 オミナエシ科オミナエシ属の多年草
学名はPatrinia scabiosifoliaと言います~ 
d0054276_2121076.jpg

沖縄をのぞく日本全土および中国から東シベリアにかけて分布している植物です~
秋の七草の一つです・・・・・
別名をチメグサや敗醤(はいしょう)と言われることもあります~




7.
d0054276_2137653.jpg

『オミナエシ』の語源は色々あるようですが一番知られているものとしては『女飯(おんなめし)』の意味で花を粟飯(あわめし)にたとえたとする説があります・・・・・

茎は直立して60~100cmになり葉は対生し羽状に深く切れ込んでいます~
花は茎の先に多数付いて散房状となり8~10月に咲きます・・・・・
花冠は黄色で直径3~5mmの合弁花で先は5裂しています~
オシベは4本でメシベが1本見られます~(#^.^#)




8.
d0054276_21372038.jpg

ムシヒキのカップルがオミナエシの花をベッド代わりに使っていました・・・・・




9.
d0054276_21373066.jpg

離れて見ているとツブツブとしてしか見られないですが近くで見ると小さな花がそれぞれ咲いていて可愛く見えます・・・・・♪^^

花の色も綺麗な黄色なのでよく目立っています~^^




10.
d0054276_21374392.jpg



11.
d0054276_21375353.jpg

オミナエシもオトコエシと同じように蜂達が多くやって来ます~
蜜が良いのか花粉が良いのか判りませんが先ほどいた『ムシヒキ』も来るので落ち着いて蜜を集めていられないですね・・・・・(´;ω;`)




12.
d0054276_2138466.jpg

後ろに木曽川水園の木舟遊覧のコースで見られる石灯籠がぼんやり見えます~
背景とか脇役として石灯籠を写すのが好きなので私の写す写真には石灯籠がよく登場しますね~




13.
d0054276_21381575.jpg



14.
d0054276_21382512.jpg



15.
d0054276_21383656.jpg

手前にはヤブカンゾウのオレンジ色・・・
そしてオミナエシの黄色と葉のグリーンが見られます~
今年はヤブカンゾウやノカンゾウが彼方此方で見られます・・・・・
今日出かけた郡上八幡までの国道脇にもオレンジ色の花が良く目立っていました~




16.
d0054276_21384672.jpg



17.
d0054276_21385773.jpg



18.
d0054276_2139720.jpg



19.
d0054276_21391939.jpg

自分がしっかり撮ってみたいものは色々あります・・・・・
やっぱり趣味の一つとして一人で時間を作って細かな日程でカメラ散策を楽しみたいですね~

今年になってそんな時間が全くありませんのでせめて月に1度は一人きりで自分の時間を楽しみたいです・・・・・





(OLYMPUS E-30)
(OLYMPUS E-620)
(ZUIKO DIGITAL 14-42 1:3.5-5.6)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)
by shizenkaze | 2014-07-20 21:09 | 身近な自然の話 | Comments(30)
Commented by odamaki719 at 2014-07-20 22:25
こんばんは??
 オトコエシは滅多に見かけないです。
1・4・枚目が綺麗ですね。
オミナエシもいいですね。
9枚目が素敵です。
15枚目のヤブカンゾウのオレンジも綺麗ですね。
Commented by koneko3y at 2014-07-20 22:33
15枚目の写真が好きです。
こちらでもオミナエシが沢山咲いていますが、
花を綺麗にアップで写そうとしても黄色い花は
難しいです。
Commented by tukinobo at 2014-07-21 00:29
こんばんは。

ムシヒキって、名前をはじめて知りました。
昆虫もいろいろ、奥が深いですね。

街中でも
あざやかな芙蓉の花をよく見かけます。
夏だわって、思いますね。

オミナエシにオトコエシ、
それも夏の花なんですね、メモメモっ。

Commented by timata-sn at 2014-07-21 06:41
shizenkazeさん お早う御座います。
今朝は良いお天気のようです、また暑く成りそうですよ。

オトコエシ は余り見かけない様に思いますが、
私が見落として居るのかもしれないですね。
小花が一杯咲いて居て可愛いですね!!
オミナエシは見かけますよ。
秋の七草のひとつですよね。
両方とも蜂などの虫たちがたくさん来るのですね。
蜜が美味しいのでしょうね。
Commented by keikansan at 2014-07-21 11:59
オミナエシは秋の七草の1つとして、知っていましたが、オトコエシというのがあるんですね。とても興味深く拝見させていただきました。
こういう小さな花がたくさん咲くものは撮影するのが難しいですね。
背景に石灯籠のある写真など特にいいなぁって思いました。
Commented by cynchia at 2014-07-21 13:24
こんにちは、オトコエシであるんですね、女郎花=おみなえし 男郎花=おとこえし 変換すると出てきました。
Commented by hibikorekouji2 at 2014-07-21 14:19
オトコエシの存在を初めて知りました^^;
なんだかジョークのようですね。
shizenkazeさんに教わってなかったら、信じなかったかもしれないです。
Commented by なずな at 2014-07-21 15:25 x
いよいよ梅雨明けだそうで、夏本番です。しばらくは、暑さを我慢しなければなりません。><
オトコエシという花は、なるほど、オミナエシに比べると、男性的な感じがします。まだ出会ったことがないので、出会いたいです。
オミナエシは、水辺がよく似合いますね。
Commented by e-ku-bo3 at 2014-07-21 15:44
オトコエシ、なんてあるんですね〜!

オレンジ色の花は、ヤブカンゾウだったんですか?
うちの近所の河原にもたくさん咲いてるのですが、
てっきり、百合なんだと思ってました!
Commented by asitano_kaze at 2014-07-21 16:04
まだオミナエシしか知らなかった頃、オトコエシをみたくて探し回りました。
ようやく出会ってその貧相な佇まいにがっかりしたのを覚えています。
今は出会ってもないがしろにして、オミナエシばかり贔屓しています。
オミナエシは秋の七草のひとつだけに馴染みがあり、風情も感じられます。
8は愛のベッドですか。ダブルではなくてシングルベッドですね。
9、いい色が出ていますね。
12、石灯籠との組み合わせ、この花よく似合いますね。
15、ヤブカンゾウ君ともお似合いです。
shizenkaze さんはまだ仕事をされていますので、撮影の時間はほんとにままならないと思います。
にもかかわらず、日々更新されて、コメントもたくさん書かれて、とても真似ができません。
Commented by マングース at 2014-07-21 16:48 x
こんにちは。
オトコエシもオミナエシも共に生薬としては敗醤というんですね。
効能が同じだから生薬としては区別しなかったんでしょうか。
私は単純に黄色い花はオミナエシ、白い花はオトコエシと覚えています^^
見かけるのはだんぜんオミナエシの方が多いですね。
写真を撮るのは一人の方がいいですね、なかなか同じペースで
撮ることは難しいですから。
Commented by li_se at 2014-07-21 17:20
こんにちは
小さな一つ一つの花、きれいに撮られていて可愛らしいです^^
オトコエシ、も花は男っぽくは無くてきれいですね~
オミナエシは良く見かけますが静かな川の風景に似合いますね^^
ムシヒキ・・は大きくてちょっと怖いですね><
Commented by tanuki_oyaji at 2014-07-21 18:51
shizenkazeさん、こんばんは〜♪
真夏のイメージの強い花ですがもう満開になっているのですね。
この花を見るともう梅雨明けももうすぐでしようか。
Commented by ten-zaru at 2014-07-21 20:41
shizenkazeさん、こんばんは。
自分もオミナエシはよく撮影していました。
埼玉の秩父地方に行った時、オミナエシで有名なお寺がありました。
オトコエシはなかったような気がします。
12.16.19枚目がお気に入りです。
Commented by shizenkaze at 2014-07-21 21:24
odamaki719さん  オミナエシとオトコエシではオミナエシの方がずっと多いですね・・・・・
特に自然の中ではオトコエシには出会えないです~

オミナエシの黄色はよく目立ちますね・・・・・
1.4.9.15の写真を気に入って頂い有難うございました~♪
Commented by shizenkaze at 2014-07-21 21:28
koneko3yさん  黄色い花は写すのが難しいですが一つの花よりたくさん集まって咲いているものは写すときに『何とかなれ~~』って感じで半分以上運頼みでシャッターを切っています~
目が良くないので小さな花にピントが合っているか判らなくなることもあります・・・・・(#^.^#)
15の写真を気に入って頂いて有難うございました~♪^^
Commented by shizenkaze at 2014-07-21 21:30
tukinoboさん  ムシヒキし正式にはムシヒキアブって言う虫です~
名前から怖そうですね・・・・・><

オミナエシは秋の七草の一つですが咲いて見られるのは今の季節です
オトコエシは多くない植物なので出会うことも少ないでしょうね・・・・・
Commented by shizenkaze at 2014-07-21 21:34
timata-snさん  今日岐阜地方も梅雨明けしました
これからもっと暑くなりそうです・・・・・゚(゚´Д`゚)゚

オトコエシは少ないですね
薬草園や公園などで見かけることがありますが今まで野山では気がつくこともありませんでした・・・・・><

オミナエシは彼方此方で自然生えも見られます~
キロが綺麗なので可愛く思えます・・・・・(*´∀`*)
Commented by shizenkaze at 2014-07-21 21:38
keikansanさん  オトコエシはオミナエシが見られるのでついでに付けられたような名前ですね・・・・・
数も少ないようです~

小さな花が集まったものは可愛いので好きですが狙って写すことは難しいですね・・・・・
花全体にレンズを向けて『うまく撮れますように・・・』なんて神頼みで撮っています~(*´∀`*)

石灯籠を写真の中に入れるのが好きなのであれば入れて写したくなります・・・・・
これからも石灯籠入りの写真が載せられると思います~(*´∀`*)
Commented by shizenkaze at 2014-07-21 21:41
cynchiaさん  女郎花(オミナエシ)と男郎花(オトコエシ)はちゃんと存在していますが『男女郎花(オカマエシ)』はなさそうですね~(*´∀`*)
でもいつか出てくるかも・・・・・゚(゚´Д`゚)゚
Commented by shizenkaze at 2014-07-21 21:44
hibikorekouji2さん  私が書く方がジョークみたいじゃないですか?^^
でもオトコエシは本当にありますからね~
私がジョークで付けるなら二つの花の交配種に『男女郎花』と書いて『オカマエシ』って付けたいですね~
Commented by shizenkaze at 2014-07-21 21:48
なずなさん  こちらも梅雨明けしました・・・・・
明日から天気も良くなって暑くなりそうです~><

オトコエシはオミナエシに比べると花も綺麗じゃないですし全体にもあまり力強いようなふうには見えないです・・・・・
ただ色が白いだけで茎のバランスもオミナエシの方が綺麗に感じます・・・・・

オミナエシは群生していると綺麗ですね~
Commented by shizenkaze at 2014-07-21 21:51
e-ku-bo3さん  オミナエシがあるのだからオトコエシも付けちゃえ・・・なんて感じで付けられたような名前の植物です~

ヤブカンゾウは今年は多く見られます
ノカンゾウも同じような色なのでオニユリやコオニユリやクルマユリのような百合の花に見えますね~
スカシユリのオレンジ色のものもあるのでそれにもよく似ていますが近くで見るとやっぱり違いますね・・・・・(#^.^#)
Commented by shizenkaze at 2014-07-21 21:58
asitano_kazeさん  オミナエシより強そうなのでオトコエシと付けられたと言うのはそう思えないですね・・・・・
むりに雌雄ペアにする必要がないと思うのですがメタカラコウとオタカラコウやオナモミとメナモミ等はどちらかが無理やり付けられたような気がするのでこう言うものは好きじゃないです・・・・・><

8.9.12.15の写真を気に入って頂いて有難うございました~

仕事をしているので撮影などの時間は思うように取れませんが今はライフワークのようになっているので何とか続けられていますが退職したら逆に毎日の更新が出来なくなるのでは・・・という気持ちも出て来そうです
Commented by shizenkaze at 2014-07-21 22:04
マングースさん  オミナエシとオトコエシの他に遠目だとセリ科の花などもこんな感じに見られることもあって野山だと遠目だけでの判断はできないですね・・・・・
近くに寄らないと判らないものも多くなってしまいました・・・・・><
オミナエシの方が馴染みが多いので七草にも入れられているのでしょうね・・・・・

連れ合いに写真の趣味があればまだいいのですが全くなくてコンデジを渡していても2~3枚撮ればいい方なで撮影に専念できないです・・・・・
でも子供たちが離れて行って二人だけの生活になっているので連れて行かないのも可愛そうなので出かけていますが・・・・・・(´;ω;`)です><
Commented by shizenkaze at 2014-07-21 22:10
li_seさん  植物の名前に雌雄や男女を付けなくても良いと思いますが学者様たちは付けたがりますね~

オミナエシは秋の七草で有名ですがオトコエシなんて聞いた事もないっていう人が多いですね~
まるで母の日と父の日みたいなものですね~(´;ω;`)

オミナエシの色は川岸に合いますね・・・・・
綺麗なので見たら写したくなります

ムシヒキは他の虫を捕まえて食べるために引き摺って連れて行くので付けられた名前なので虫たちから見たら怖い存在でしょうね・・・・・
Commented by shizenkaze at 2014-07-21 22:13
tanuki_oyajiさん  こちら岐阜も今日梅雨明けしました~
そちらももうすぐでしょうね~~^^

これからは夏の花も綺麗に咲くようになりますね
真夏の鳥って言うとどんなものがいるのですか?
暑い日には鳥が相手でも花が相手でも大変なので熱中症には注意してくださいね~(#^.^#)
Commented by shizenkaze at 2014-07-21 22:18
ten-zaruさん  埼玉には『秋の七草』で有名な七草寺巡りと言うものがあるようですね・・・・・
その中の女郎花のお寺が『真性寺』と言うのですがそのお寺じゃなかったでしょうか?

花で有名なお寺も多いですね~
12.16.19の写真を気に入って頂いて有難うございました~
Commented by puriza0322 at 2014-07-25 18:21
こんにちはヾ(@⌒ー⌒@)ノ
オミナエシの黄色い花が、咲いていますね
今日私もこの花を見ました
ツブツブが、いっぱいくっついていて
背丈も1Mほどで風に揺れていました
遠くからでも目立つ花でしすね
Commented by shizenkaze at 2014-07-25 21:04
puriza0322さん  秋の七草の一つなので今の季節にはキキョウやハギと一緒に見られますね~
黄色い色がよく目に付きます・・・・・(#^.^#)
名前
URL
削除用パスワード


<< 『郡上八幡と長良川鉄道とラフテ... 『かさだ広場のアメリカフヨウ』 >>