10月最後の川原の風景

今日は風が少し強くて稲科の植物(ススキ、エノコログサ等)や菊科の植物(セイタカアワダチソウ、コウゾリナ、等)が風になびいていました・・・・・
ホシアサガオやツユクサは種を付け、オオオナモミ、センダングサ、メナモミは動物や人が近くに来るのを待っているようでした・・・・・
一人生えのコスモスやケイトウはまだ頑張って花を咲かせていましたが、そろそろ終わりなんでしょうね・・・・・d0054276_2245543.jpg
by shizenkaze | 2005-10-31 22:46 | 身近な自然の話 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード


<< キツネノマゴ 長良川の堤防と川原で見掛ける植... >>