『唐蝋梅と蝋梅と素心蝋梅・・・・・』

今日は花の時期もそろそろ終盤になってしまった蝋梅達を3種載せてみました~
唐蝋梅(トウロウバイ)は薬科大学の薬草園の中に咲いていました
蝋梅(ロウバイ)と素心蝋梅(ソシンロウバイ)は岐阜の梅林公園に咲いていたものです・・・・・(*´∀`*)

陽当りによって花が少なくなっている素心蝋梅の木も多くなっていました
蝋梅は私のフィールドノートに書いてあった数より増えていましたので何本も植えたようです~♪


1.『唐蝋梅(トウロウバイ)』  ロウバイ科ロウバイ属の落葉低木
学名はChimonanthus praecox 'Grandiflora' と言います~
d0054276_20272222.jpg

このトウロウバイは私はここでしか見た事がありません・・・・・
ソシンロウバイとよく似ているので他で見たとしてもトウロウバイと判らなかったのもあるかも知れません~




2.
d0054276_20273379.jpg


3.
d0054276_20274212.jpg


4.
d0054276_20275299.jpg

雨の雫がついていました~(*´∀`*)




5.
d0054276_2028412.jpg


6.
d0054276_20281414.jpg

雨の雫の中に風景が入っています~♪




7.
d0054276_20282416.jpg


8.
d0054276_20283513.jpg


9.
d0054276_20284497.jpg


10.
d0054276_20285521.jpg

去年の実がまだ残っていますね~(#^.^#)




11.
d0054276_2029557.jpg


12.
d0054276_20291576.jpg


13.
d0054276_20292632.jpg


14.
d0054276_20293610.jpg


15.
d0054276_20294636.jpg


16.
d0054276_20295821.jpg


17.
d0054276_2030990.jpg


18.
d0054276_20301871.jpg


19.
d0054276_20302977.jpg


20.
d0054276_20303970.jpg





21.『蝋梅(ロウバイ)』  ロウバイ科ロウバイ属の落葉低木
学名はChimonanthus praecoxと言います~
d0054276_20305066.jpg

梅林公園には以前は3~4本くらいしか見られませんでしたが数えてみると公園全体では10本近くになっていました~
蝋梅の仲間では元祖の木なので植えたのかも知れないですね~♪




22.
d0054276_2031163.jpg


23.
d0054276_20311141.jpg


24.
d0054276_20312241.jpg


25.
d0054276_20313669.jpg


26.
d0054276_20314735.jpg


27.
d0054276_20315697.jpg


28.
d0054276_2032756.jpg


29.
d0054276_20321993.jpg


30.
d0054276_20323263.jpg


31.
d0054276_20324516.jpg


32.
d0054276_20325913.jpg





33.『素心蝋梅(ソシンロウバイ)』  ロウバイ科ロウバイ属の落葉低木
学名はChimonanthus praecox form. concolorと言います~
d0054276_20331152.jpg

蝋梅のように中央が濃くならないタイプのものでは一番多く植えられていますね~
この花が蝋梅の中では日本中に多く見られます・・・・・♪




34.
d0054276_20332452.jpg


35.
d0054276_20333589.jpg


36.
d0054276_20334836.jpg

去年の実が残っていました・・・・・
背景の中に暈けて見えますがハッキリとは判りませんね~♪

種子などにはアルカロイドのカリカンチンを含んでいるので有毒です・・・・・
中毒すればストリキニーネ様の中毒症状を示すようでカリカンチンの致死量はマウスでは44mg/kg(静脈注射)、ラットでは17mg/kg(静脈注射)なので気をつけたいものです・・・・・




37.
d0054276_2034085.jpg


38.
d0054276_20341342.jpg


39.
d0054276_20342415.jpg


40.
d0054276_2034365.jpg

ロウバイの仲間は育てやすいので実の中の種子を直に蒔くと容易に芽が出るようです~
土壌を気にしないようなのでどんな場所でも育つ楽な樹木のようです・・・・・

花が綺麗なので公園などに実が生っていたら貰って来て植えると楽しいでしょうね~(*´∀`*)

今日は写真の枚数が多くなってしまいました~
ブログサイトの容量を気にしなくてもいいのですが更新が少々大変です~(*´∀`*)
やっぱり毎日の事なので写真の数を1日20枚程度にしたいです・・・・・♪





(OLYMPUS E-30)
(OLYMPUS E-620)
(ZUIKO DIGITAL 14-42 1:3.5-5.6)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)

(OptioRZ10)
by shizenkaze | 2015-02-16 21:01 | 身近な自然の話 | Comments(24)
Commented by koneko3y at 2015-02-16 21:51
ロウバイと、ソシンロウバイの区別位しかわかりません。
満月ロウバイとソシンロウバイの違いもよく分からないし、
唐ロウバイに至っては初めて聞きました。
花の色が濃いとの薄いのがあるのは気が付いていますが、
これも種類の違いでしょうか。
Commented by odamaki719 at 2015-02-16 21:53
こんばんは??
 トウロウバイの黄色が独特で綺麗ですね。
1・6・7枚目が綺麗ですね。雫も美しいです。
ロウバイは花芯が赤いのですね。
21・23・25・枚目が好きです。
ソシンロウバイはまた少し違いますね。
34・35枚目が好きです。
Commented by soyokaze-1020 at 2015-02-16 22:11
こんばんは♪
唐ロウバイと云うのもあるのですね。
初めて聴く名前でしょうか? 
1、花びらが広くてやさしい感じに見えます。
6、雫も美しいですね。
21、23、32、ロウバイは妖しげな魅力です。
40、仄かに点る春の灯りのようです。
↓、春の妖精、満載ですねぇ。
下見に行きましたが、こちらではまだ眠りから覚めていませんでした。

Commented by nori_natural at 2015-02-16 22:36
こんばんは、
ロウバイも何種類かあるんですね。
近所でも咲いてますが近くで見ると花びらが
枯れかけていました。
そろそろ梅が本番ですね。
Commented by li_se at 2015-02-17 00:18
こんばんは^^
トウロウバイ、とソシンロウバイ、はお写真を見比べても
違いがわかりませんね・・どこで見分けるのでしょうね?
元祖蝋梅、地味ですがこれも好きです^^
Commented by マングース at 2015-02-17 01:58 x
こんばんは。
ロウバイの季節はそろそろ終盤ですね。
トウロウバイは見たことがありません。
ソシンロウバイの選抜種でしょうか?
種子からの実生だと変化が大きそうですね。
Commented by yukity at 2015-02-17 06:33 x
ロウバイと名のつく花の花弁は、やはり蝋質感がありますね
トウロウバイのレモンイエロー、光に透けた花びらがきれいですね~
雫もとってもきれい
雫の中にもう一つの世界が見えるようですね
Commented by timata-sn at 2015-02-17 07:58
shizenkazeさん お早う御座います。
今朝は雨も上がって居ます、意外と暖かですよ。

トウロウバイと言うのが有るんですね。
ソシンロウバイとそっくりで見分けがつきませんよ。
名前が付いて居たらそうかなぁって思って
終わりに成りそうです。
ロウバイは花芯の赤い所で覚えましたよ。
Commented by tanuki_oyaji at 2015-02-17 18:15
shizenkazeさん、こんばんは〜♪
トウロウバイというのは初めてですが綺麗な色の花ですね。
色んなロウバイを見られると違いがよく分かりますね。
Commented by hibikorekouji2 at 2015-02-17 19:06
蠟梅の透明感のある花びらが好きです。
もちろん香りも大好きです♪
6.の雫を抱いた蠟梅が素敵ですね^^
Commented by ten-zaru at 2015-02-17 20:34
shizenkazeさん、今晩は。
トウロウバイとソシンロウバイの区別、難しいですね。
6枚目、雨の雫が素敵ですよ。
Commented by shizenkaze at 2015-02-17 21:19
koneko3yさん  薬草園で毎年見ているので『トウロウバイ』って言う名前の蝋梅があることは知っていましたが私もソシンロウバイやマンゲツロウバイ等との差がよく判りません~(´;ω;`)
樹木図鑑などではトウロウバイはソシンよりロウバイに近いと書かれていますが実際に見たものはソシンに近かったので余計に判らなくなりました・・・・・
園芸品種だと思うのですが難しいですね~♪
Commented by shizenkaze at 2015-02-17 21:22
odamaki719さん  名札があるので区別ができますが実際に1本だけ野山で見たらソシンとマンゲツとトウロウバイの区別は難しいでしょうね
ロウバイだけは判りやすいですね~(*´∀`*)
1.6.7.21.23.25.34.35の写真を気に入って頂いて有難うございました~♪
Commented by shizenkaze at 2015-02-17 21:26
soyokaze-1020さん  トウロウバイは以前にも同じ薬草園のものを載せたことがあります~
ただ名札がないと私には区別は出そうもないです
ロウバイと春から初夏に咲く黒花蝋梅なら良く判ります~(*´∀`*)
1.6.21.23.32.40の写真を気に入って頂いて有難うございました~(#^.^#)

春の妖精はみんな可愛いですがセツブンソウの姿が一番好きです・・・・・
Commented by shizenkaze at 2015-02-17 21:28
nori_naturalさん  本当に蝋梅達ともそろそろお別れですね~
これからは中咲きから遅咲きの梅が綺麗に咲きますね~
梅が綺麗になる頃から今度は桜が準備に取り掛かりますね~(*´∀`*)
Commented by shizenkaze at 2015-02-17 21:32
li_seさん  樹木図鑑等ではトウロウバイはソシンよりロウバイに近いようで濃い部分も見られると書かれていますが見た花はソシンと同じようなのでアテにならないです~(´;ω;`)
薬草園にあるものなので薬効があるか有毒成分があるかって言う木のようなので判り難いですね・・・・・
元祖の蝋梅も良く見れば綺麗で可愛いですね
種子をもらってきて植木鉢で育てたいです~♪
Commented by niya at 2015-02-17 21:34 x
こんばんは☆
蝋梅・・・区別・・・難しいですね(・へ・)
でも、ホント不思議な質感が美しくて惹かれます♪
Commented by shizenkaze at 2015-02-17 21:36
マングースさん  トウロウバイやマンゲツロウバイやソシンロウバイ等は園芸種なので少しの違いはあるのでしようが私たちのような素人が見てすぐに分かるようなものじゃ無さそうですね

種子から育てるのは変化があるのでしょうかね?
バラ科じゃないので同じようなものが見られるのじゃないのかな~って気になるのですが・・・・・
Commented by shizenkaze at 2015-02-17 21:40
yukityさん  蝋梅の花を触ってみると本当に『ヌメ~』っとして蝋質を感じますね・・・・・
黄色い子の色は早春にはぴったりの色ですね・・・・・
雨の日には写真を撮るのを躊躇いますがこうした雫が写るのは楽しいですね~
写真を気に入って頂いて有難うございました~♪^^
Commented by shizenkaze at 2015-02-17 21:43
timata-snさん  今日は雨が朝は降っていましたが午後からはやみました・・・・・

私も実際には区別が付けられないです~><
名札があるので『そうなんだ~』って思うだけで野山で見かけたら気がつかないかソシンロウバイだと思うだけでしょうね~(´;ω;`)

こうして見ると単一のロウバイが一番覚えやすいですね~♪
Commented by shizenkaze at 2015-02-17 21:46
tanuki_oyajiさん  綺麗な植物などは新しい品種も出てくるのでこれからも増えるでしょうね
素心蝋梅と唐蝋梅と満月蝋梅の区別は難しいでしょうね・・・・・
普通に見ても難しいのにこれが野山で見かけたら100%分からないでしょうね~゚(゚´Д`゚)゚
Commented by shizenkaze at 2015-02-17 21:48
hibikorekouji2さん  何も難しいロウバイの区別などで悩むより良い香りでゆったりしている方がいいですね~
6の写真を気に入って頂いて有難うございました~♪
Commented by shizenkaze at 2015-02-17 21:50
ten-zaruさん  『こんな品種もありますよ~』程度で詳しい事は考えない方が無難かも知れないですね~
似たような品種も植物には多いので参考として見る程度にしないと大変な事になりますね~

6の写真を気に入って頂いて有難うございました・・・・・・♪^^
Commented by shizenkaze at 2015-02-17 21:55
niyaさん  品種名になると似たものも多くなって難しいですね~
蝋梅と素心蝋梅と黒花蝋梅の3種くらいを覚えるだけで良さそうですね~♪

艶のある姿を見ていると触れたくなりますね~
本当に触れると『ぬめ~』ってした感触ですね~(#^.^#)
名前
URL
削除用パスワード


<< 『難波茨(ナニワイバラ)の実と... 『春の妖精(スプリング・エフェ... >>