『カヌーイストと地質学者・・・♪』

今日のタイトルは少し不思議な感じがしますが先日出かけた郡上市美並の長良川で出逢った二人です~
長良川にはカヌーやラフティングを楽しむ人が多くて真冬でも川面にカヌーをよく見ます・・・・・♪

それに長良川が流れている郡上市と高山市の大日ヶ岳から三重県桑名市までの流域には地質学的に面白い地質帯が見られるようで時々ハンマーやタガネを持って歩いている人を見かけます・・・・・

今日はそんな人達のいた光景を載せてみました
顔がハッキリしているようなものは省きました・・・・・♪


1.
d0054276_2020589.jpg

長良川はカヌーのメッカのような川なので郡上八幡の上流から岐阜市内の長良橋辺りまで多くのカヌーイストを見かけます~
特に郡上八幡から美濃市までは川の流れが面白いようで全国からカヌーイストが集まっています・・・・・♪




2.
d0054276_20211092.jpg

上流から下流まで流れに沿って周囲の風景を見ながら下る『ツーリングカヌー』と競技などで見られる回転や流れに逆らって進む『スラロームカヌー』がありますが今日載せているカヌーは後者のカヌーです~
この道の駅『美並』の所辺りにスラロームの練習にとても良い場所があるので入れ替わりでやって来て楽しむ姿も多く見られます~♪




3.
d0054276_20212189.jpg


4.
d0054276_20213394.jpg


5.
d0054276_2021454.jpg

激しい流れと岩近くの巻き返しがあってこの場所で30分以上楽しんでいるカヌーをよく見かけます~




6.
d0054276_20215750.jpg


7.
d0054276_202297.jpg


8.
d0054276_20222199.jpg


9.
d0054276_20223379.jpg


10.
d0054276_20224593.jpg


11.
d0054276_20225745.jpg

このカヌーイストはとても操船が上手なので心の中で期待していた『沈(チン)(カヌーが転覆する事)』は見られませんでした~(*´∀`*)




12.
d0054276_20231032.jpg


13.
d0054276_2023249.jpg


14.
d0054276_20233743.jpg


15.
d0054276_20234974.jpg


16.
d0054276_2024193.jpg


17.
d0054276_20241566.jpg


18.
d0054276_20242837.jpg

離れて見るとこんな所です~
白く波立っている所からカヌーがいる間を何度も繰り返して操船しています~
見ていると『難しそうだな~』と思われますが実際は想像以上に難しいです・・・・・(´;ω;`)




19.
d0054276_20244239.jpg


20.
d0054276_20245674.jpg

長良川は表情豊かなのでカヌーやラフティングだけで無くフイッシングやバーベキューやキャンプでも楽しめます~




21.
d0054276_2025858.jpg

カヌーを写していると近くで石を叩いている音が聞こえました~
若い頃には化石などを調べていましたので私にとっては懐かしい音に聞こえました・・・・・

近寄って話を聞きましたらこの辺りの地質『美濃帯』を調べていると言います~
美濃帯は濃飛流紋岩の西側にあたる県内西半部の広い範囲と北東側の高山市東部から乗鞍岳周辺地域に分布する堆積岩類が見られる所です~

美濃帯を構成する岩石類をまとめて美濃帯堆積岩類とか美濃帯堆積岩コンプレックスと呼びます・・・・・
チャート,砂岩,泥岩,石灰岩,玄武岩質火山岩類などからなり古生代の石炭紀から中生代のジュラ紀にかけての時期に形成された堆積岩や火山岩がジュラ紀に当時の海溝堆積物と混ざり合って付加体堆積物と呼ばれる堆積体を形成したものですが地層の破断や混合や繰り返しなどがおこなわれた事でかなり複雑な構造をもつ地質体が形成されたために単なる地層とか地層群という考え方では記述できないようで主に堆積岩からなる複合岩体 (コンプレックス) として扱われている地域になります~




22.
d0054276_20252362.jpg

久し振りに『地質図』を見ました~
国土地理院の25000分の1地図のようなものでなくて地層の方向や形成されている岩石などが色分けされている地図で私も若い頃にこの『地質図』と『白地図』を使ってジュラ紀などの手取層のある所やペルム紀(当時は二畳紀と言っていました)や新生代第三紀から第四紀の地層探しをしていました~
何となく懐かしかったです~(*´∀`*)




23.
d0054276_2025379.jpg

でも今はこの流れの中にいる渓流魚(アマゴ達)や足元の石灰岩の中に入っているかも知れないフズリナ(紡錘虫)やクリノイド(海百合)の化石の事等すっかり忘れて周囲の風景に向かってカメラのシャッターを切っています~~

今までしていた多くの趣味が時々頭の中でスパークしますね~
思い出す度に懐かしくなりますが昔覚えた事って忘れないものですね・・・・・・
昨日の事はすぐに忘れるのにね~~(´;ω;`)






(OLYMPUS E-30)
(OLYMPUS E-620)
(ZUIKO DIGITAL 14-42 1:3.5-5.6)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)
by shizenkaze | 2015-02-23 21:03 | 身近な自然の話 | Comments(18)
Commented by pallet-sorairo at 2015-02-23 21:08
shizenkazeさんのフィールドは縦横無尽で本当に広いですね!
すごいなぁ~。
Commented by odamaki719 at 2015-02-23 21:59
こんばんは??
 カヌーイストと地質学者のタイトルを見て
不思議な気がしましたが最後で意味が分かりました。
カヌーイストは長良川を熟知して見事ですね。
そして地質学者も寒いのに大変ですね。
Commented by li_se at 2015-02-23 23:16
こんばんは^^
どちらもこの川を知り尽くした人たち、と言う感じですね。
もちろん自然風さんも!ですが。
カヌーを漕ぐ手がとても器用そうで難しい技をこなしてる感じが良く分かります。
それにしても水がきれいですね~~
Commented by マングース at 2015-02-24 00:05 x
こんばんは。
この時期の冷たい川で沈したら寒そう(>_<)
意地でも沈しないよう頑張ってしまうでしょうね!
それが上達の秘訣かな(^_-)
『地質図』なんてものがあるのですね。
ほんとなんでもよくご存知で、尊敬します^^
Commented by yukity at 2015-02-24 06:54 x
近所で学生さんがカヌーのトレーニングしてるのを見かけますが
流れのあるところじゃなくて、ゆったりとした平坦なところなので
見ててもあまり面白味がないです(見せるためにやってるわけじゃないんですが)

カヌーは腕やコースの好みなどそれぞれだと思いますが
長良川は激流あり、狭かったり落差があったりで、
たくさんの飛沫を浴びながら下るコースなんて醍醐味が味わえそうですね
見るほうも楽しめそう♪
Commented by timata-sn at 2015-02-24 07:48
shizenkazeさん お早う御座います。
今朝は良いお天気の様です、寒さも少し和らいだ様ですね。

長良川でカヌーイストが楽しんで居るんですね。
地質学者も地味な活動を続けて居られるんですね。
shizenkazeさんも色んな事を良くご存じで素晴らしいですよ。

この長良川で川下りが有った様に思いますが、どうでしょうか。
犬山まで乗って下った時にはもう少し水かさが多かった様に
思いますが、どうなんでしょうか。
Commented by Scorpioh at 2015-02-24 15:56
こんにちは~
水ぬるむ春でしょうか^^
今日は本当に久しぶりの山歩きをしちゃった^^;
ミスミソウはやはり見たい!
そんな感情に動かされました
お暇な時にでも、こちらの山での花を見てください^^v
Commented by tanuki_oyaji at 2015-02-24 20:39
shizenkazeさん、こんばんは〜♪
いやぁ〜 大きな岩のある急流を巧みに操るものですね。
期待していた?・・・沈しないで上手いもんですね。
Commented by ten-zaru at 2015-02-24 20:58
shizenkazeさん、今晩は。
真冬でもカヌーを楽しむ人がいるんですか。
「沈」したら寒いでしょうね。
自分も小さな頃に石を集めました。
遺跡があって鏃なんかもよく見つけました。
Commented by shizenkaze at 2015-02-24 21:33
pallet-sorairoさん  私の趣味は多かったので一通りの事をしていたのでまだ多少は覚えていて少しくらいなら専門的な人たちとも話はできます~
一番の趣味だったものは釣りでしたが古生物や考古学から音楽やクラフトまで楽しんでいます~
これからも何が出てくるか判らないブログですが宜しくお願いします~(*´∀`*)
Commented by shizenkaze at 2015-02-24 21:36
odamaki719さん  ちょっと変なタイトルを付けてしまいました~(#^.^#)
長良川のカヌーは雪が降っている時でも見かけますよ~
好きなものは皆さん元気です~♪
長良川周辺では化石のようなものは少ないですが鉱物関係では珍しいものも多いようですし地形的な面白さが地質学者さんにはあるようです~
Commented by shizenkaze at 2015-02-24 21:42
li_seさん  川で遊ぶ人と川で学ぶ人と両方が見られるところです~
もう少し調べようとすれば岐阜県は日本列島のほぼ中央なので植物学者や長良川には淡水魚なども多いので魚類学者さんにも魅力的な所っぽいです~(*´∀`*)
私は広~く浅く(時には深く)色々な事に興味を持っているので結構楽しんでいます~

長良川の水質も以前は悪くなりかけていましたがまた少しずつ良くなっています~
綺麗な流れの支流が多いので浄化されやすいのでしょうね~♪
Commented by shizenkaze at 2015-02-24 21:48
マングースさん  スラロームは私には無理ですね~
ツーリングカヌーなら多少は出来ましたが勿論今は無理です~(´;ω;`)
『地質図』は専門店しか置いていないので目にすることは少ないですが地震の時によく言われる活断層なども載っているので面白いですよ
それに自分の住んでいる地面の下が何時代(地質時代として)か判るのも楽しいですね~
私は大垣と瑞浪や愛知県の犬山や手取層の見られる地域のものを持っていました~

普段私たちが目にしない海図などだって見れば楽しいのかも~~(#^.^#)
Commented by shizenkaze at 2015-02-24 21:52
yukityさん  カヌーやカヤックは人気があって今ではスクールも多くなりました~
岐阜では古くからODSS(アウトドア・サポートシステム)等の企業が初心者などに色々な楽しみ方を教えています~
慣れれば多少激しい流れの方が楽しいでしょうね~
私ならのんびりとカナディアンカヌーにカメラなどを積んで湖などでゆったりしたいですね~
Commented by shizenkaze at 2015-02-24 21:56
timata-snさん  自然に関係している遊びなどは殆どやっていました~
それに山菜や釣りから岩石や化石や土器などまで興味がありましたので少しなら専門家さんとも話はできますが難しい話になるともうついて行けなくなりますね~゚(゚´Д`゚)゚

timata-snさんが乗られた川下りは『木曽川』り『ライン下り』のようですね~
長良川には観光の舟下りはありません
ゴムボートなどのラフティングは盛んです~♪
Commented by shizenkaze at 2015-02-24 21:59
Scorpiohさん  もうすぐ3月ですね~
水も温みますね・・・・・(#^.^#)
山歩きされたようですね?
お気に入りの山があっていいですね~
私も低山なら登ってみたいです・・・・・
ミスミソウなセツブンソウに逢いに3月になったら滋賀県へ行こうと思っています~♪
Commented by shizenkaze at 2015-02-24 22:01
tanuki_oyajiさん  カヌーのベテランは激流では『沈』しないですね・・・・・
でも少し緩くなっている所辺りで気が抜けるのかよく『沈』しています~(*´∀`*)
カヌーのスラロームは見るだけでいいです~♪^^
Commented by shizenkaze at 2015-02-24 22:05
ten-zaruさん  長良川では真冬でもカヌーイストは多いですね~
かえって真夏だと暑いのと鮎釣りが多くいるので鮎の解禁前が一番カヌーに向くようですね・・・

私は元々は化石(古生物)が趣味でしたが大学時代には大阪の古墳跡でバイトして遺跡発掘もやりました~
ヤジリや土器や埴輪が出てくると嬉しくなりました~
名前
URL
削除用パスワード


<< 『陸路と水路から参拝された 洲... 『今日は猫の日(2.22ニャン... >>