『春蘭(シュンラン)と三角草(ミスミソウ)』

寒の戻りのような寒さは今日までのようで明日からは暖かくなるようですね~
暖かくなると桜が一斉に咲き始めることでしょうね・・・・・(*´∀`*)

今日は木曽川水園で咲き始めた『シュンラン』を載せましたが近くで見られた『ミスミソウ』も一緒に写しましたのでまた載せました~♪

河川環境楽園の木曽川水園も花達の姿が段々多くなりました~



1.『春蘭(シュンラン)』  ラン科シュンラン属の多年草
学名はCymbidium goeringiiと言います~
d0054276_20171515.jpg

木曽川水園の古民家から上流部への散策路周辺に咲いています~
可愛いので毎年咲く頃に出かけて写しています~(*´∀`*)




2.
d0054276_20172686.jpg

日本と中国に分布する野生の蘭です・・・・・
日の差し込むやや乾燥気味の林などに自生しています~
鉢物として親しまれている洋ランのシンビジウムの仲間です・・・・・♪
日本原産種を『日本シュンラン」と言い中国原産種を『中国シュンラン」と区別する事が多いです~
一般に日本シュンランは花色や葉の模様を楽しみ中国シュンランは花の形と香りを愛でるとされます・・・・・
江戸時代から栽培されている古典園芸植物で東洋蘭の代表的な植物になります~♪




3.
d0054276_2017364.jpg


4.
d0054276_20174748.jpg


5.
d0054276_20175747.jpg


6.
d0054276_2018747.jpg

主な開花期は早春から春で地際から花茎を出しその先端に淡い黄緑色の花を1輪咲かせますが希に2輪以上開花する事もあるようです~
大きさは5cm前後で咲き始めに芳香を放つものもありますが殆ど香りはしないか弱いです・・・・・・
花茎はさほど長く伸びなくて葉の陰に隠れるようにひっそり咲く姿が可憐です~(*´∀`*)
葉は細長く幅はおよそ1cmで長さは30cmほどに伸び緩いカーブを描いて垂れ下がります~~♪




7.
d0054276_20181857.jpg


8.
d0054276_20182932.jpg


9.
d0054276_20184127.jpg

並んで咲いている後ろ姿も可愛く思えました~(*´∀`*)




10.
d0054276_20185110.jpg


11.
d0054276_2019240.jpg


12.
d0054276_20191479.jpg


13.
d0054276_20192532.jpg


14.
d0054276_20193753.jpg

私が何冊も持っている山菜図鑑などにはシュンランも山菜として載せられていますがこんな可憐な花を無理して食べなくてもいいのに・・・・と昔から思っていました~
最近の山菜図鑑などには載せられていないものが多いようなので少しは『ほっ』としています~♪




15.
d0054276_20194872.jpg


16.
d0054276_20195984.jpg






17.『三角草(ミスミソウ)』  キンポウゲ科ミスミソウ属の多年草
学名はHepatica nobilisと言います~
d0054276_20201142.jpg

雪の下でも常緑なので『雪割草(ユキワリソウ)』の別名があります~
以前に詳しいことを書きましたので今日は省きます・・・・・♪




18.
d0054276_20202216.jpg


19.
d0054276_20203361.jpg


20.
d0054276_20204480.jpg


21.
d0054276_20205542.jpg


22.
d0054276_2021836.jpg


23.
d0054276_20211986.jpg


24.
d0054276_20213156.jpg


25.
d0054276_20214348.jpg


26.
d0054276_20215515.jpg


27.
d0054276_2022779.jpg


28.
d0054276_20221940.jpg

キンポウゲ科の花達には『春の妖精』って呼ばれるものが多いですね~
早いものでは2月頃から顔を見せてくれて3月一杯は綺麗に咲いてくれますでももうすぐ4月なのでそろそろ『妖精』達も見られなくなりますね・・・・・・
妖精達の国へ帰ってしまうので残り僅かの可憐な花達を最後まで見ていたいです~(#^.^#)





29.
d0054276_20223110.jpg


30.
d0054276_20224222.jpg


今日も長良川の堤防にはツクシ採りの人達が多く見られました~
昼に堤防をひと回りしましたがたくさんの人が来ていたのにまだツクシ達はいっぱい見られました・・・・・♪^^

堤防のカラスノエンドウにやっと花が見られました~
でもまだカスマグサとスズメノエンドウには花は咲いていませんでした・・・・・






(OLYMPUS E-30)
(OLYMPUS E-330)
(OLYMPUS E-300)
(ZUIKO DIGITAL 35mm 3.5Macro)
(ZUIKO DIGITAL 14-42 1:3.5-5.6)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)
by shizenkaze | 2015-03-26 20:53 | 身近な自然の話 | Comments(22)
Commented by odamaki719 at 2015-03-26 21:28
こんばんは??
 シュンランが綺麗ですね。
2・5・10・13・15枚目が好きです。
ミスミソウは可憐ですね。
21・22枚目が可愛いです。
Commented by koneko3y at 2015-03-26 21:38
シュンランも写しにくい花です。
密集した葉っぱの間に下向きで咲いている花が多いので
いい構図での写真が難しいです。
でもせっかく写してあるので、私も載せてみようと思います。
Commented by li_se at 2015-03-26 22:17
こんばんは^^
シュンラン、そっと隠れるような姿が可愛らしいですね。
素朴な姿ですが覗くとちゃんとオシャレな模様があるのがステキです^^
ミスミソウ、と雪割草は同じなのですね。
私も先日たくさん咲いてるのを見たのですが
色が豊富なのでそれぞれ違う花なのかな?と思ってしまいました。
濃い色も淡い色も、どれも可愛い妖精たち、
妖精の国に帰る前にたくさん会えると良いですね~^^
Commented by to-y_niya at 2015-03-26 23:36
こんばんは☆
ミスミソウって すごく儚げな花ですね・・・・・
綺麗です~^^
で、葉っぱがこんな可愛いって初めて知りました(^-^)
Commented by timata-sn at 2015-03-27 06:40
shizenkazeさん お早う御座います。
今朝は良いお天気の様です、冷えて居ますよ。

シュンラン が咲いて居るんですね。
地味な感じの花ですが、可愛いですよね!!
シュンラン は食べられると言う事は、私も聞いた事が
有りますが、何もこんな可愛い花を食べなくてもと、
思いましたよ。
ミスミソウ 色んな色の花が咲いて居て可愛いですね。
優しげな花も逞しさを兼ね備えて居るんですね。 
Commented by yukity at 2015-03-27 18:58 x
シュンラン、鉢植えなども見ますが
自然の中で自然に素朴に咲く姿がいいですね~
蘭の花の原型がここにある!という思いで
見つけたら私もしばらく眺めてそうです
Commented by hibikorekouji2 at 2015-03-27 19:29
自己主張をしないシュンラン、それ故に美しいような気もします。
こういう花が好きです♪
鉢植えでなく、大地で咲いているシュンランを愛でてみたいです^^
Commented by ten-zaru at 2015-03-27 19:54
shizenkazeさん、今晩は。
小さくて目立たないシュンランを良く見つけますね。
良く観察している証拠です。
ミスミソウ、色の変化があって好きな花です。
Commented by soyokaze-1020 at 2015-03-27 20:16
こんばんは♪
シュンラン、じかに見たことがありませんが、初々しいですね。
葉の陰に咲く姿も可憐ですが、名前もいいですねぇ。
ミスミソウ、まだ、枯れ色の大地から顔を出し愛らしい姿に惹かれます。
私も出会いましたが、可憐さを表現するのが難しいお花でした。
2、7、15、19、21、24枚目、素敵な絵です。

Commented by tanuki_oyaji at 2015-03-27 20:35
shizenkazeさん、こんばんは〜♪
春蘭ですか、この花は野性味があって良いですね。
私のいる市内にも咲いているところがあったのですが今はもう無くなってしまいました。
ミスミソウは綺麗でかわいいです。
Commented by マングース at 2015-03-27 21:10 x
こんばんは。
シュンランは山に行けば簡単に見つけられるような
ランだったんですけどね~。
今ではめっきり少なくなってしまいました。
地味ですけど味があって好きな花です^^
Commented by shizenkaze at 2015-03-27 21:17
odamaki719さん  毎年この時期になるとシュンランが見たくなって出かけます
今年は昨年末からの補修工事があったのでその途中に咲くシュンランがどうなっているのか心配でしたが変わりなく咲いていました~
正面を向いてくれないものが多かったのですがそれでも可愛い姿を今年も見られました・・・・・
2.5.10.13.15.21.22の写真を気に入って頂いて有難うございました~
Commented by shizenkaze at 2015-03-27 21:20
koneko3yさん  今年のシュンラン達は正面を向いているものが少なかったので残念でしたが可愛い花なので横向きでもヨシとしました~♪
本当に写し難い花ですね・・・・・(´;ω;`)

撮されていらっしゃるのなら載せてください~♪
Commented by shizenkaze at 2015-03-27 21:24
li_seさん  シュンラン達は自分達の葉や他の植物の葉に隠れるように咲いているので写し難いですね・・・・・(´;ω;`)
でも彼方此方向いていても可愛いので写しました
ミスミソウの別名が雪割草なので同じ植物です~
そろそろキンポウゲ科の妖精達ともお別れが近づいて来ます・・・・・♪
Commented by shizenkaze at 2015-03-27 21:26
to-y_niyaさん  ミスミソウは漢字で書くと三角草なんですが葉が三角に見えるから付けられたようです~
葉の角が丸くなっているものは洲浜草(スハマソウ)と言うんですよ~♪
Commented by shizenkaze at 2015-03-27 21:29
timata-snさん  今日は朝は少し冷えていましたが昼からは暖かくなりましたね~(*´∀`*)

シュンランも野生のものは見かけなくなりました
釣りをしていた頃には時々見かけていましたがやっぱり山菜というより花が目的の盗掘に遭うのでしょうね
ミスミソウも可愛い花です~
どちらも春先に見られる可愛い妖精たちですね~(*´∀`*)
Commented by shizenkaze at 2015-03-27 21:33
yukityさん  ここは自然に近い公園なので本当の野生種ではありませんが地面から咲いているシュンランを見ていると愛らしく感じます
蘭の花は豪華ですが私はこのシュンランやエビネやネジバナの方が好きです・・・・・
Commented by shizenkaze at 2015-03-27 21:37
hibikorekouji2さん  触れたら消えてしまいそうな可憐な花ですね~
このシュンランもミスミソウも本当の自然種ではありませんが地面から伸びて花を咲かせているので素敵に思えます
自然公園と言ってもある程度大きく育った花を植えているのではなくて種子や球根から育てているので本当の自然に近いです~♪
Commented by shizenkaze at 2015-03-27 21:40
ten-zaruさん  よく観察しているって言う事じゃないですよ~
ここは国営公園の一部なので育てられている植物たちです
毎年見ているのでどこに咲くかは判りますので写しています~(*´∀`*)
昔釣りをしていた頃に見ていた野生種のシュンラン等はもう見られないでしょうね・・・・・゚(゚´Д`゚)゚
ミスミソウの色の種類もたくさんあって可愛いですね~(#^.^#)
Commented by shizenkaze at 2015-03-27 21:45
soyokaze-1020さん  野生のシュンランにはもう出逢えないようになりましたが木曽川水園では散策路の両側やベンチの近くに花が見られますのでこの季節にはシュンランだけでも撮りに行くことがありますね~♪
でも今年は正面を向いているものが少なかったです~(´;ω;`)
ミスミソウもそろそろ終わりに近づいて来ているようで少し色褪せていたようにも思いましたがまだまだ可愛いですね~
こう言う花たちは撮るのが難しいです・・・・・
2.7.15.19.21.24の写真を気に入って頂いて有難うございました~♪^^
Commented by shizenkaze at 2015-03-27 21:48
tanuki_oyajiさん  シュンラン等のように可憐な花達を盗掘する輩がいるので野生種は見られなくなりました・・・・・
自然種は家で育ててもよく育たないので盗掘はダメだと判って欲しいですね~♪

ミスミソウの色違いも多く見られたので楽しかったです~(*´∀`*)
Commented by shizenkaze at 2015-03-27 21:51
マングースさん  山野草ブームが流行ってから随分になりますがまだ盗掘などは減らないですね・・・・・
シュンランやオキナグサ等は生えていたら翌日にはなくなりますね・・・・・
酷い人になると自然公園のものまで持ち帰る人がいるので処罰の対象にした方がいいでしょうね・・・・・
名前
URL
削除用パスワード


<< 『雪柳(ユキヤナギ)と連翹(レ... 『イチ~ニ~サンシュユ(山茱萸... >>