『関東蒲公英(カントウタンポポ)と油菜(アブラナ)と東海蒲公英(トウカイタンポポ)が咲く堤防~』

長良川の堤防の一部に在来種のタンポポ達だけが見られる所があります
そこには普通よく見られる西洋タンポポの姿は1本も見られません・・・・・
見られるのは殆どがカントウタンポポですが僅かにトウカイタンポポとシロバナタンポポが見られます

セイヨウタンポポはどこでも見られるので在来種のタンポポが見られたらいいな~と思って20年近く綿毛から種子を採って撒いたり根を分けて育てたものが今少しずつ増えています~

私のブログではこのタンポポの増えた姿を毎年のように載せていますので今日も今年の在来種タンポポ達の姿を載せることにしました~(*´∀`*)



1.『関東蒲公英(カントウタンポポ)』  キク科タンポポ属カントウタンポポ種
学名はTaraxacum platycarpum Dahlstと言います~
d0054276_20123746.jpg

在来種と外来種の見分け方としては花期に総苞片が反り返っているのが外来種で反り返っていないのが在来種なので在来種の種類などは総苞の大きさや形で区別できます・・・・・
でもこの頃は交雑の結果変化しているものも見られるので単純に外見から判断できない個体が存在することも確認されているようです~




2.
d0054276_20125157.jpg

在来種にも種類があって分類は非常に複雑になりました・・・・・(´;ω;`)
学説によればタンポポの種類は60種以上に分類されるようです・・・・・
その中で10種くらい判れば良いようです~♪




3.
d0054276_2013371.jpg

カラスノエンドウが一緒に咲いています~




4.
d0054276_20131831.jpg

これが全部『カントウタンポポ』です~
この周辺にはセイヨウタンポポの姿は見られなくなりました・・・・・
カントウタンポポには他の植物を追い払うような物質(アレロパシー)は無いはずだと言われていましたが現在ではそうした物質を持っていることが判っているようです・・・・・




5.
d0054276_20133061.jpg


6.
d0054276_20134180.jpg

タンポポは舌状花が一つの花なのでそれぞれにメシベがありますね~
これが綿毛になると舌状花の数だけ種子ができます・・・・・♪




7.
d0054276_20135342.jpg


8.
d0054276_2014764.jpg


9.
d0054276_20142036.jpg

『もっと増えろ~もっと増えろ~』なんて思いながら見ていました・・・・・(*´∀`*)




10.
d0054276_20143350.jpg


11.
d0054276_20144549.jpg


12.
d0054276_20145842.jpg


13.
d0054276_20151056.jpg


14.
d0054276_20152161.jpg

舌状花の数はタンポポの仲間の中では多い方です~♪




15.
d0054276_20153258.jpg


16.
d0054276_20154223.jpg

セイヨウタンポポを下から見上げると総苞が捲れているのであまり可愛くないですが在来種達はとても可愛く思えます~♪
贔屓なのかも知れないですが青空背景で写していると『いいな~』なんて思いました~




17.
d0054276_20155654.jpg






18.『日本油菜(ニホンアブラナ)』  アブラナ科アブラナ属の二年草
学名はBrassica rapa var. nippo-oleiferaと言います~
d0054276_20161033.jpg

ほんの僅かですが在来種のアブラナが咲き始めました
セイヨウアブラナと比べると全く違うので菜の花摘みの人達も摘むことがないので何とか育っています~
今年も堤防をほんの少しだけ黄色く見せて欲しいです~♪




19.
d0054276_20162158.jpg


20.
d0054276_20163251.jpg

この花なんてツクシと同じくらいの大きさで花を咲かせていました~
健気な姿が嬉しいです~♪





21.『東海蒲公英(トウカイタンポポ)』  キク科タンポポ属トウカイタンポポ種の多年草
学名はTaraxacum longeappendiculatumと言います~
d0054276_20164846.jpg

私が種を採取するために管理しているトウカイタンポポから種子を採って堤防に撒いていました
あまり多くは見かけないですが所々に花が見られるようになりました
カントウタンポポと比べると舌状花の数が少なく少々弱々しく見えますが元気に咲いていました~♪




22.
d0054276_2017095.jpg

やっと開きかけたのでまだ舌状花が全開になっていませんでした~
これから綺麗な姿になります・・・・・(*´∀`*)




23.
d0054276_20171180.jpg


24.
d0054276_20172376.jpg

ツクシの横に咲いたトウカイタンポポですがこの花は綺麗に開いていました~
この花から綿毛になって飛び出す種子達が今後は堤防に自分達の力で増え続けるのでしょうね・・・・・♪




25.
d0054276_2017347.jpg


26.
d0054276_20174511.jpg

このトウカイタンポポと『16』のカントウタンポポがよく似た感じで写っていますので比べて頂くと違いが判ると思います~
総苞にある突起部分の感じが違うのが判ると思います~(#^.^#)




27.
d0054276_20175574.jpg

この花がトウカイタンポポを堤防に増やすために私が育てている親株です~
毎年たくさんの種子を採らせてくれました・・・・・・♪
まだ今年は花を開いたばかりなので舌状花が開ききっていません~




28.
d0054276_201855.jpg


先日見つけたシロバナタンポポが綿毛になっていました
飛ばさないように和紙で作った袋に採って入れました・・・・・♪
今度はただ撒くだけでなく芽を出させてから移植しようと思っています
その方が育つ確率が高くなりそうです~♪^^

明日は晴れますがそれ以降は雨が続きそうです
岐阜祭りの週末はどうなるのかな・・・・・・?
晴れて欲しいです~♪




(OptioRZ10)
by shizenkaze | 2015-04-01 21:03 | 身近な自然の話 | Comments(20)
Commented by odamaki719 at 2015-04-01 21:21
こんばんは??
 在来種タンポポを増やされて育っているのは嬉しいですね。
5・6・11・13・15枚目の黄色が綺麗です。
ニホンアブラナの黄色も綺麗ですね。
19枚目が好きです。
トウカイタンポポ22・25枚目が好きです。
Commented by nori_natural at 2015-04-01 22:04
こんばんは、
何時も見るタンポポもこんな風に見上げてみる角度だと
とても新鮮ですね。
また色も綺麗で春の温かさを感じます。
Commented by koneko3y at 2015-04-01 22:17
散歩コースの公園に「関東タンポポ」の保護という看板があり
周囲をロープで囲っているだけですが、こんなことで
増えるものかしらと、気になっています。
Commented by to-y_niya at 2015-04-01 22:21
こんばんは☆
何度聞いても・・・どうも区別つきません(^_^;)
4. 星座みたい☆彡  って思いました~
Commented by pallet-sorairo at 2015-04-01 22:28
私も気合を入れてしっかり見ないことには
どうも区別が付きませんです。
いや、気合を入れても無理かも~(^^ゞ
Commented by yaso-bana at 2015-04-01 23:41
ニホンタンポポはこの辺りでは少なく 決まった場所にしかないようです
人工的に育て増やされている・・・毎年・すごいな~と思っております
私もまねさせてもらい綿毛を土に埋め込んでおけば芽が出ると勝手に思い
「白花タンポポ」に何度か挑戦しますが未だ芽を出せたことなしです
何かコツが有るんでしょうか?
Commented by timata-sn at 2015-04-02 06:56
shizenkazeさん お早う御座います。
今朝は曇って居ますよ、良いお天気に成るようですが。

カントウタンポポ 綺麗に咲いて居ますね。
黄色が鮮やかですね!!
今も増やすために活動されて居るんですか。
ニホンアブラナ 何処か弱弱しく感じますね。
トウカイタンポポ も綺麗ですね。
少しカントウタンポポよりも遅いのでしょうか。
お家で育てて移植されるんですね、凄いですね!!

Commented by tanuki_oyaji at 2015-04-02 20:02
shizenkazeさん、こんばんは〜♪
西洋タンポポが多いのに在来種が見られるって嬉しいですね。
在来種にも色んな種類があるものですね。
Commented by ten-zaru at 2015-04-02 20:15
shizenkazeさん、今晩は。
タンポポの種類は60種以上もあるんですか。
見分けるのは至難の技ですね。
それにしても20年以上にわたり在来種のタンポポを増やしているとは
頭が下がります。
Commented by マングース at 2015-04-02 20:28 x
こんばんは。
この場所を植生調査されている方が偶然に
見つけたとしたら、、、何故こんなことになって
いるのか理由がわからないで悩むでしょうね^^
在来種には是非とも頑張って増えて欲しいものです。
各地にshizenkazeさんのような方が居られたら
セイヨウタンポポにとったら天敵になるでしょうね(^o^)
Commented by shizenkaze at 2015-04-02 21:31
odamaki719さん  今日は天気が良かったので昼散歩で堤防を歩きましたが風下になる場所でカントウタンポポが多く咲いている所があったので嬉しくなりました
100本以上のタンポポが見られました~♪
5.6.11.13.15.19の写真を気に入って頂いて有難うございました~
Commented by shizenkaze at 2015-04-02 21:32
nori_naturalさん  やっぱりどんな花達でも青い空が背景だと可愛く綺麗に見えますね~♪
これからもこんな撮り方を続けます~
Commented by shizenkaze at 2015-04-02 21:36
koneko3yさん  最近の研究などで在来種のタンポポとセイヨウタンポポが棲み分けているのではないかと言う事も少し判ってきたようです
ですから人が入って靴底などに付いたセイヨウタンポポの種子などが入らないようにしていると残っている在来種が育って繁殖することもあるそうです~
ロープを張っているだけでも効果は期待できそうですよ~(*´∀`*)
Commented by shizenkaze at 2015-04-02 21:39
to-y_niyaさん  実際に詳しく調べるなら染色体まで深く入り込まないと無理なのである程度で満足することにしています~(#^.^#)

4の写真が星座みたいですか?^^
『タンポポ座』なんて空に見られたら楽しいでしょうね~(*´∀`*)
気に入って頂いて有難うございました~
Commented by shizenkaze at 2015-04-02 21:45
pallet-sorairoさん  詳しい区別は実際には難しいのである程度までにしています~
関東ではカンサイタンポポは普通は見られないので外せますね~
私の場合もこうして切り捨てながら考えるようにしています~
エゾタンポポとカンサイタンポポはこちらでは見られませんからね~~(#^.^#)
Commented by shizenkaze at 2015-04-02 21:52
yaso-banaさん  私の想像なので正確な事ではないかも知れませんが・・・・・・
タンポポの種子を撒いて(埋めて)発芽させる時には綿毛を取り除いた方が発芽確率が良いように思えます・・・・
タンポポではありませんがギンナンやオニグルミの種子周りの果肉成分には発芽抑制のものがあるようで落ちた場所で発芽すると親にも栄養が行かなくなるので離れた場所で育つようにしているみたいです
クルミなどは川の流れで果肉が溶けて川下に辿りついた種子が発芽するようなのでタンポポたちも多少はそんな事をしているのではないかと思います
私も撒いた綿毛についたものが発芽率が低かったので最近は種子だけ埋めています~
参考になれば良いのですが・・・・・(*´∀`*)
Commented by shizenkaze at 2015-04-02 21:58
timata-snさん  今日は晴れましたが明日の午後からはずっと雨のようですね
週末に雨が降るとどこにも出られなくて困ります・・・・・゚(゚´Д`゚)゚

今も時々新しいものを少しは増やそうと種子を集めて撒いています~
でも今までのものたちが自分たちで子孫を増やし始めているのでそろそろカントウタンポポについてはやめて今度はシロバナタンポポを増やすようにしてみようと思っています~♪
トウカイタンポポの元になっている個体は私の家ではなくて職場近くの片隅に良い場所を見つけたのでそこで育てています~♪
Commented by shizenkaze at 2015-04-02 22:01
tanuki_oyajiさん  この堤防に咲いているタンポポのほぼ100%が在来種になりました
今日も歩きながら見回りましたがセイヨウタンポポが見られたのはこの堤防から一番近いもので10m離れていました
数も4~5本だけでした
在来種が多い場所にはセイヨウタンポポが寄れない事になるのかも知れません・・・・・
まだまだ調査中です~♪^^
Commented by shizenkaze at 2015-04-02 22:06
ten-zaruさん  在来種を増やそうと以前は自分でもやり過ぎかな・・・・・と思うくらい行動していましたが最近はタンポポに関しては植物達が自分達の力で子孫を残そうとしているようなので少しだけ手助けしているくらいです
でも今度はシロバナタンポポは増やしたいと思っています~♪
今日堤防を歩いて探しましたがセイヨウタンポポ(アカミタンポポも含む)は1本も見られませんでした
在来種のタンポポたちが外来種のタンポポを駆除しているとしか考えられないですが・・・・・
そこまで強くないとは思うのですがね~~(#^.^#)
Commented by shizenkaze at 2015-04-02 22:11
マングースさん  最近は色々な公園などのイベントで在来種のタンポポを増やそうとしているところも多くなりました
この堤防のタンポポたちは今では自分達の力で繁殖をしているので私は外来種が入っているかどうか見ているだけになっています~
時々新しいものを入れていますが綿毛が飛ぶ風下で沢山の在来種タンポポが育っていました
私の想像以上に強かな奴等です~~(*´∀`*)

これからはシロバナタンポポを増やしたいです~(*´∀`*)
名前
URL
削除用パスワード


<< 『烏野豌豆(カラスノエンドウ)... 『昼休みのミニ花見・・・・・』 >>