『浦島草(ウラシマソウ)と夏茱萸(ナツグミ)の花』

春も中半を過ぎると見られる花達も多くなって来ます・・・・・
少し目を他のものに逸らしていると何時の間にか見られた筈の花達が通り過ぎて行ってしまいます~(´;ω;`)

昼に見た長良川の堤防には黄色い花が目に付くようになりました
タンポポ以外にもコウゾリナやハルノノゲシやニガナが花を開いて見せてくれました~♪

今日は変わり者の花達を2種載せてみました
どちらも木曽川水園で見た花です~(*´∀`*)


1.『浦島草(ウラシマソウ)』  サトイモ科テンナンショウ属の宿根性多年草
学名はArisaema urashimaと言います~
d0054276_20263235.jpg

日本の本州、四国を中心に北海道と九州の一部に分布する宿根性の多年草です・・・・・
4月中半旬から5月上旬にかけて開花しますが耐陰性が強く乾燥を嫌うために明るい林縁からやや暗い林中などに自生しています・・・・・

日照量が不足する条件下では開花困難なのか雄性個体になりやすく逆に適度な日照量条件下では無性期、雄性期、雌性期の全てが見られることになるようです~♪




2.
d0054276_20264320.jpg

苞の中に伸びた付属体の先端部が細く糸状に伸びているのでその姿を浦島太郎が釣り糸を垂れている姿に見立ててこの和名が出来たとされています・・・・・♪

地下にはサトイモに似た大きな球根があり春になると芽を伸ばします~
やがて10枚前後の葉を傘のように広げて黒褐色の苞を開きます・・・・・・
この苞は『苞の中に伸びた付属体の先端部が細く糸状に伸び、その姿を、浦島太郎が釣り糸を垂れている姿に見立てて、この和名があるとされています

この苞は『仏炎苞(ぶつえんほう)』と呼ばれます
本来の花は付属体の下につき成長や栄養の状態によって雄花から雌花に変化する性転換植物として知られています~♪ 




3.
d0054276_20265560.jpg


4.
d0054276_2027697.jpg


5.
d0054276_20271893.jpg

ウラシマソウは花より先にこの葉が目に付きますね・・・・・




6.
d0054276_20273091.jpg

ここにはたくさんのウラシマソウが見られます~
毎年この季節になると見たくなって出かけています・・・・・(#^.^#)




7.
d0054276_20274234.jpg


8.
d0054276_20275340.jpg


9.
d0054276_2028436.jpg

同じ仲間のマムシグサやムサツアブミやミミガタテンナンショウ等はここでは見られません
カラスビシャクは長良川の堤防や薬草園などで見る事ができます~~
白くて綺麗な仏炎苞(ぶつえんほう)の水芭蕉に逢いに行きたくなりました・・・・・
水芭蕉は『ひるがの高原』まで行かないと見られないです~(´;ω;`)




10.
d0054276_20281530.jpg


11.
d0054276_20282630.jpg


12.
d0054276_20283857.jpg


13.
d0054276_20285132.jpg

この花も『可愛い』や『綺麗』って言う花ではないですね~
でもこの不思議な姿には魅力があるので毎年写しているんです・・・・・(*´∀`*)




14.
d0054276_2029341.jpg


15.
d0054276_20291627.jpg


16.
d0054276_20292976.jpg






17.『夏茱萸(ナツグミ)』  グミ科グミ属の落葉小高木
学名はElaeagnus multifloraと言います~
d0054276_20294174.jpg

日本固有種ですが基本種は東アジアに分布している樹木とされています~

高さ2m~4m程になり樹皮は褐色で老木では縦に不規則に樹皮が剥がれおちます・・・・・
春に淡黄褐色の花を葉腋に比較的多くつけます
花はやや下垂で基部は筒型で先端に4枚のガク片がつきますが4裂しているように見えます~(*´∀`*)
花弁は無く萼筒の基部は子房と合着して花柄につながっています・・・・・
萼筒の表面にも褐色の鱗毛があります
花径は1cm程の大きさです~




18.
d0054276_20295148.jpg

実は5~6月に赤く熟し食べられます~(*´∀`*)
まだこの季節には何も見られないですね・・・・・




19.
d0054276_2030430.jpg


20.
d0054276_20301646.jpg


21.
d0054276_20302933.jpg


22.
d0054276_20304074.jpg

いつもこの花を見ると爬虫類等の手のように思えます~
花が開いていないと特に海辺で見られる『カメノテ』みたいに思えます




23.
d0054276_20305143.jpg


24.
d0054276_2031418.jpg


25.
d0054276_20311449.jpg


26.
d0054276_20312543.jpg


27.
d0054276_20313555.jpg

可愛い花とか綺麗な花とか言うより何となく少しグロテスクな感じもしますがたくさん咲いているのを見れば楽しいです~(*´∀`*)




28.
d0054276_20314618.jpg


今日の花達は少々グロテスクにも思えますが何度も見ているうちに見ないと落ち着かなくなります~♪^^

今日は良い天気でしたが明日はまた天気が悪くなりそうです
土日は晴れて欲しいです~~







(OLYMPUS E-30)
(OLYMPUS E-620)
(OLYMPUS E-500)
(ZUIKO DIGITAL 35mm 3.5Macro)
(ZUIKO DIGITAL 14-42 1:3.5-5.6)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)

(OptioRZ10)
by shizenkaze | 2015-04-16 21:11 | 身近な自然の話 | Comments(20)
Commented by to-y_niya at 2015-04-16 21:37
こんばんは☆
ウラシマソウ。。。これ本物が見てみたいです~~~
びよ~んって伸びたやつ~見てみたいです~~~
↓カリン♪ すっごく可愛い~咲き方ですよね♪
Commented by hibikorekouji2 at 2015-04-16 21:39
浦島草に出会ったら、きっと足が止まると思います。
そしてドキッとすること間違いなし。
苦手なんですよーーー^^;
Commented by odamaki719 at 2015-04-16 21:40
こんばんは??
 ウラシマソウは変わっていますね。
1・4・9枚目が好きです。
珍しいウラシマソウが沢山アッチコッチに咲いているのですね。
ナツグミは実を連想するような花ですよね。
20・22・24・26・28枚目が可愛いです。
Commented by soyokaze-1020 at 2015-04-16 22:22
ウラシマソウ、出会いがないお花です。
ユニークなこの姿、見てみたいのですが・・・
ナツグミもこんなにたくさん花を咲かせているのですね。
山の上のナツグミも健在なのかと、会いに行きたくなりました。
1、6、9、11、17、28、いいですね。

Commented by マングース at 2015-04-16 23:04 x
こんばんは。
ウラシマソウ、ほんと不思議な形をしていますよね。
たぶん虫を誘うために進化したんでしょうけど。。。
この釣り糸でいったい何が釣れるのかな(^o^)
Commented by なな at 2015-04-16 23:06 x
いろいろお手数おかけしてます。有難うございます。懲りずにまたメールしました。
ウラシマソウは見に行くものだったんですね。隣家の竹藪に咲きます。面白い事に気がつきましたが 我が家の周りにはまだまだ自然があるのかもしれません。そこから観察を始めなくてはいけませんね。グミも種類が多くて……
ナツグミは花が落ちてなかなか結実まですすまないと言うのは本当でしょうか?
Commented by nori_natural at 2015-04-16 23:39
こんばんは、
えー何ですかこの花は
黒く長く伸びた部分は苞?なんですか
なんか見るからに怖そうな出で立ちですね〜
Commented by yukity at 2015-04-17 06:45 x
自然風さんところ来なかったら
一生知らずに終わったであろうウラシマソウの名前とこの姿です
奇妙な植物ですね~
散策してて突如目の前に現れたらちょっと後ずさりするかも
でも 知っちゃったから平気です
それにしてもインパクトがありますね
ウツボカズラのようなビジュアルですが食虫植物ではないのですよね
Commented by timata-sn at 2015-04-17 07:43
shizenkazeさん お早う御座います。
今朝は良いお天気に成りました、久しぶりの晴天です。

ウラシマソウ が咲いて居るんですね。
変わった形で、一度見たら忘れないですよね。
ムサシアブミも仲間なんですか、毎年撮らせて戴いて居る
お家の様子を観に行って見ますよ。
ナツグミ 小さな花が寄り集まって咲いて居て可愛いですね。
小さな点々が付いて居る様ですね。
こちらでは見かけないんですよ。
Commented by tanuki_oyaji at 2015-04-17 20:14
shizenkazeさん、こんばんは〜♪
ウラシマソウはこれから少しお山の方に行くとよく見る花ですね。
誰が名付けたのか知りませんがホントに連想させられる形をしていますね。
Commented by shizenkaze at 2015-04-17 21:30
to-y_niyaさん  不思議な姿の花です~
これを写した河川環境楽園の木曽川水園では今月中なら見られると思います~
近くで見られるので是非見に来てください~♪

カリンは可愛い花ですね~(*´∀`*)
Commented by shizenkaze at 2015-04-17 21:34
hibikorekouji2さん  この花姿は初めて見るとドキッとするでしょうね・・・・・
それに『あの長い生き物』が苦手な人だと余計にドキッとしますね~
ウラシマソウやマムシグサは本当に不思議な姿をしていますね・・・・・♪
Commented by shizenkaze at 2015-04-17 21:39
odamaki719さん  ここでは毎年ウラシマソウを見ています
最初は少なかったのですが今では多く見られます
でも他のマムシグサやムサシアブミ等は見られないので色々な種類の花も見せて欲しいです~
ナツグミは花にもツブツブが見られるので赤くなった実を感じさせますね~
1.4.9.20.22.24.26.28の写真を気に入って頂いて有難うございました~
Commented by shizenkaze at 2015-04-17 21:42
soyokaze-1020さん  私も自然の中ではまだウラシマソウに出逢ったことはないです・・・・・
似た仲間のマムシグサには山の中で出会ったことがありますし堤防ではカラスビシャクにはよく逢えました・・・・・
ウラシマソウにどこかで出逢えるといいですね~♪
ナツグミの花も他の花と比べれば変わっていますね~
1.6.9.11.17.28の写真を気に入って頂いて有難うございました~(*´∀`*)
Commented by shizenkaze at 2015-04-17 21:45
マングースさん  ウラシマソウの釣り糸は何のためなんでしょうね~
チョウチンアンコウなら餌の魚を捕るためですが虫を誘き寄せても食虫植物じゃないので不思議ですね・・・・・
そう言えばカラスビシャクにもこんな釣り糸のようなものが見られますね~♪
Commented by shizenkaze at 2015-04-17 21:53
ななさん  メールを頂くとすぐに見ていますがなかなかすぐ返事が書けなくて申し訳ないですね~
添付してある写真を見て名前などを調べるのですが所持している図鑑などに出ていないものだとネットで調べたり自分のフィールドノートを見たりしていますが判らないものが多いです

家の周囲にいろいろなものが見られる環境はいいですね~(*´∀`*)
ナツグミの実の件ですがグミは自分の花粉や同品種の他の木の花粉では実が付き難いようなので別の種類のグミなどを近くに植えると実が多く出来るらしいです~♪
Commented by shizenkaze at 2015-04-17 21:56
nori_naturalさん  この長く伸びているものは仏炎苞の付属体のようなものらしいです
カラスビシャクにも見られます~
色も何となく不気味なのでこれの大きめのものを夕暮れに山道で見たら怖いですね~゚(゚´Д`゚)゚
Commented by shizenkaze at 2015-04-17 22:00
yukityさん  ウラシマソウを気に入って頂いて有難うございます~
自然の中ではあまり出逢うこともないのですが郊外や山裾にでも出かけるとこれと他の仲間のマムシグサ等に逢えるかも知れません~

サトイモ科なので有毒種で食べられません(この姿で食べられたとしても食べたくないですが~)
見た感じは食虫植物っぽいですが違います~(#^.^#)
Commented by shizenkaze at 2015-04-17 22:04
timata-snさん  今日は良い天気でした
昨日の天気予報では雨が降るようだったので傘を持って出かけましたが役になりませんでした~

ウラシマソウも毎年見ていると見ないと寂しくなりますね・・・・・
まだこれから大きくなるようなので暫くは見られます~
ムサシアブミは近くで見たことがないので是非写して見せてください~♪
ナツグミの花は変わっています・・・・・
何となく爬虫類っぽい花に見えました~(*´∀`*)
Commented by shizenkaze at 2015-04-17 22:06
tanuki_oyajiさん  ウラシマソウは名前がよく合っていますね~
マムシグサも姿がなんとなくマムシっぽいのでこれらの名付け親はセンスがあるようですね~

自然のものはあまり見られないのでここで楽しんでいますが山などで出かけて見られたら嬉しいですね~♪
名前
URL
削除用パスワード


<< 『今年もAKBの花の季節になり... 『榠樝(カリン)や楓(カエデ)... >>