『甘野老(アマドコロ)と稚児百合(チゴユリ)と宝鐸草(ホウチャクソウ)の花達』

今日載せた3種の植物は以前は全て『ユリ科』の植物でしたが最近は『平成の植物分類仕分け』で色々な科属に変わったものも多くなりました・・・・・

でも花は以前と同じで野山等でも可愛く咲いています
人が仕分けた分類なんて当の植物達には関係無い事なんでしょうね~(*´∀`*)
今日載せたものは河川環境楽園と内藤記念薬博物館(エーザイ)の薬草園で写したものたちです
写真の終わり毎に場所を明記しておきます~♪



1.『甘野老(アマドコロ)』  クサスギカズラ科(キジカクシ科)アマドコロ属の多年草
学名はPolygonatum odoratumと言います~
d0054276_20273156.jpg

茎には6本の稜があって触ると少し角張った感じがします・・・・・
葉は普通の緑のものと斑入りのものがあるようです~♪
花期は春で花は鐘形で色は白く先の方は少し緑がかっています
色の雰囲気は園芸種の『スノーフレーク』等にも似ていますね・・・・・(*´∀`*)
花と花柄のつなぎ目は突起状にはなりません~♪




2.
d0054276_20274622.jpg

同属のナルコユリ (Polygonatum falcatum) とはよく似ています~♪




3.
d0054276_2027552.jpg

ヨーロッパや東アジアに分布しています~
山地などに自生しますが観賞用などとして栽培されることも多い植物です・・・・・




4.
d0054276_202869.jpg

茎や根茎には甘みがあって山菜として利用されます~
根茎は特に晩秋が旬とされ天ぷらにすると美味しいと言われています・・・・・

根茎を乾燥させたものは玉竹(ぎょくちく)または萎蕤(いずい)という生薬で滋養強壮に効果があると言われますが民間薬的なものであって正式な漢方薬としては認められていないようです~♪




5.
d0054276_20281536.jpg


6.
d0054276_2028247.jpg

このアマドコロはエーザイの薬草園で写しました~(*´∀`*)





7.『稚児百合(チゴユリ)』  イヌサフラン科チゴユリ属の多年草
学名はDisporum smilacinumと言います~
d0054276_20283836.jpg

茎の先に漏斗状の白い小さな花を1、2輪斜め下向きにつけます・・・・・
花被片は6枚で花被片の長さは10mmから15mmくらいです~
雄シベは6本で雌シベは1本です・・・・・(*´∀`*)




8.
d0054276_20284712.jpg

葉は長さが4から7cmで幅が2、3cmの披針形で互生しています~
葉形は笹の葉に似ていますね・・・・・(*´∀`*)




9.
d0054276_20285751.jpg

以前は『ユリ科』だったので小さなユリの花を咲かせるのでチゴユリと名付けられました~
このように最初に付けられた名前も科が変化してしまうと判り難くなる事も多いですね・・・・・(´;ω;`)




10.
d0054276_20291029.jpg


11.
d0054276_20292147.jpg


12.
d0054276_20293092.jpg


13.
d0054276_20293996.jpg


14.
d0054276_20295283.jpg


15.
d0054276_2030211.jpg

このチゴユリは河川環境楽園の木曽川水園の古民家近くに咲いています~





16.『宝鐸草(ホウチャクソウ)』  イヌサフラン科チゴユリ属の多年草
学名はDisporum sessileと言います~
d0054276_20301319.jpg

名前の由来は花の姿が仏閣の四隅に飾りとして吊り下がっている『宝鐸(ほうたく・ほうちゃく』に因んでいます
2個または3個の白い花が宝鐸の形をして垂れ下っている光景は可愛いです~




17.
d0054276_20302394.jpg

『ホウチャクソウ』と『チゴユリ』は同じ『チゴユリ属』なので新芽の頃はソックリで区別は難しいくらいです~
成長すると大きさが違い花も違うので区別は簡単ですね・・・・・

近くにあると自然交配して『ホウチャクチゴユリ』が出来る場合もあります
この『ホウチャクチゴユリ』は花の大きさは『ホウチャクソウ』なのに花姿は『チゴユリ』になります~♪




18.
d0054276_2030346.jpg


19.
d0054276_2030458.jpg


20.
d0054276_20305570.jpg


21.
d0054276_2031551.jpg

このタイプの花は園芸種のスノーフレークやスノードロップの花の色に似ていますね~
ガラス細工のような優しい感じがします~♪




22.
d0054276_20311980.jpg


23.
d0054276_20313168.jpg


24.
d0054276_20314474.jpg


25.
d0054276_20315367.jpg

このホウチャクソウはチゴユリと同じ河川環境楽園の木曽川水園で写しました~
この花が咲いていた所では季節によってキバナアキギリやセツブンソウやヒトリシズカ等が見られる所になっています~

今日は仕事でしたが明日からは私の職場もGWで4日間の連休になります
遠い所には出かけられませんが近場だけでのんびりしたいと思っています~~







(OLYMPUS E-30)
(OLYMPUS E-620)
(OLYMPUS E-500)
(ZUIKO DIGITAL 35mm 3.5Macro)
(ZUIKO DIGITAL 14-42 1:3.5-5.6)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)

(OptioRZ10)
by shizenkaze | 2015-05-02 21:14 | 身近な自然の話 | Comments(20)
Commented by ten-zaru at 2015-05-02 21:27
shizenkazeさん、今晩は。
植物は特に分類が変わってきますね。
まあそんなことは当の植物には何の関係もないことですが。
アマドコロは確かにスノーフレークに似ていますね。
Commented by soyokaze-1020 at 2015-05-02 21:29
優しい佇まいのお花が勢ぞろいですね。
アマドコロとホウチャクソウ、私はネームプレートがなければ区別がつかないレベルです^^;
チゴユリは大好きなお花のひとつですが、植物園でしか見たことがありません。
もう、咲く時期なのですね。
2、8、10、19、22枚目が好きです。

Commented by odamaki719 at 2015-05-02 21:45
こんばんは??
 アマドコロは花の先がヒラヒラと花ビラがあって
可愛いですね。
1・2・4・5枚目が好きです。
チゴユリも可愛いです。
7・9・12・13・15枚目が好きです。
ホウチャクソウはアマドコロに似てはいますが可愛いですね。
16・19・21・23・25枚目が可愛いです。
Commented by koneko3y at 2015-05-02 22:32
逢着チゴユリというものを見てみたいです。
高尾で発見されたものだそうですね。
Commented by timata-sn at 2015-05-02 22:55
shizenkazeさん こんばんは
今日も良いお天気でした、暑かったですよ

アマドコロが咲いて居るんですね。
可愛いですよね。
ナルコユリと良く似て居ますよね。
アマドコロの方が少し早く咲くんですよね。
チゴユリ可愛い花ですよね、未だ実物は見た事がないんですよ。
ホウチャクソウも可愛いですよね!!
Commented by to-y_niya at 2015-05-02 23:02
こんばんは☆
私はこれらの区別が苦手です^^;
っていうか、植物の区別って ホント難しいなぁ~って実感しています^^;
「花」でいいんだけど、いろいろ覚えたいなぁ~って思います^^
Commented by マングース at 2015-05-02 23:59 x
こんばんは。
今まではみんなユリ科だったのにね~。
確かに花の付き方はチゴユリとホウチャクソウは似てますが
アマドコロはちょっと違いますよね。
今まで兄弟だと言われていたのに
突然、実は違っていた、、、なんて
言われたみたいですね^^;

Commented by yaso-bana at 2015-05-03 13:16
「ホウチャクソウ」のアップが一緒でしたね
相変わらずこの類の科名は「ユリ科」がしっくりするのになぁと思っていますが・・・><;
Commented by hibikorekouji2 at 2015-05-03 15:04
アマドコロとナルコユリの違いがよく分からないです^^;
どちらも楚々としているの好きなのですけど・・・。
チゴユリが可愛いですね♪
緑と白の取り合わせは爽やかそのもので好きです^^
Commented by tanuki_oyaji at 2015-05-03 17:23
shizenkazeさん、こんばんは〜♪
よく似た花はたくさんありますね。
チゴユリを実際に見る機会が殆ど無かったので、
一度じっくりと撮ってみたいです。
Commented by shizenkaze at 2015-05-03 21:34
ten-zaruさん  今の植物の分類法は実際には植物学の先生達も困っているようです~
だから私たちのような素人が困る程度のものじゃなさそうですよ~゚(゚´Д`゚)゚

アマドコロの花はスノーフレークやスノートーロップの色に似ていますね~
可愛い色ですね・・・・・
Commented by shizenkaze at 2015-05-03 21:38
soyokaze-1020さん  これらの花たちは可愛く優しいですね~♪
アマドコロにホウチャクソウそしてここにナルコユリが加わると判り難くなりますがそれぞれのポイントがあるのでそれを知っていると楽に区別できます~♪
チゴユリも可愛い花です・・・・・
木曽川水園に行くと花案内に『チゴユリ咲いています』と書かれています~(*´∀`*)
2.8.10.19.22の写真を気に入って頂いて有難うございました~♪
Commented by shizenkaze at 2015-05-03 21:42
odamaki719さん  アマドコロやホウチャクソウは花が全開することがなく下向きにさくので覗いて写すのは大変ですがどれも可愛いですね~
もう少しすると見られるナルコユリが一緒に見られるようだとまた区別が大変になりますが触れたり近くで眺めると思ったより区別は楽ですね~
1.2.4.5.7.9.12.13.16.19.21.23.25の写真を気に入って頂いて有難うございました~♪
Commented by shizenkaze at 2015-05-03 21:44
koneko3yさん  ホウチャクチゴユリはそれほど多くは見られないようですね~
花の形はチゴユリで少し大きくなりますが近くに元のチゴユリが無いと比べられないですね・・・・・
Commented by shizenkaze at 2015-05-03 21:48
timata-snさん  この3種とナルコユリの4種ではチゴユリは姿が違いますね
他の3種も葉や茎等と花の付き方を見れば区別はできますね~
特にホウチャクソウは判りやすいですね・・・・・♪

スノーフレークやスノードロップそしてスズラン等にも花の姿は違いますが雰囲気はよく似ていますね~
どの花も可愛いですね・・・・・♪^^
Commented by shizenkaze at 2015-05-03 21:50
to-y_niyaさん  よく似ている植物でも種類が違う以上何処かに異なっている部分があります
そこを覚えると後は楽ですね~
私はドングリの木を全部覚えたいのですが今の所まだダメですね~
Commented by shizenkaze at 2015-05-03 21:55
マングースさん  チゴユリとホウチャクソウそしてアマドコロとナルコユリが似ていますね
区別は楽ですがそれより今はユリ科じゃないのが大変です~
イヌサフラン科やらクサギカズラ科やこれにヒガンバナ科などが加わるとパニックですね~゚(゚´Д`゚)゚
昔のように『ユリ科』でいいような気がしますね~(*´∀`*)
Commented by shizenkaze at 2015-05-03 21:58
yaso-banaさん  同じ日に同じものをアップしていると親近感が湧きますね~
『おっ 一緒のものを撮っていたんだ~』なんてね・・・・・(*´∀`*)

最近の分類法ではユリ科とゴマノハグサ科とクマツヅラ科が大変動していますね
学者様達の研究の成果なのか単なる好き嫌いなのかは判らないですが昔のままが良かったですね・・・・・(*´∀`*)
Commented by shizenkaze at 2015-05-03 22:05
hibikorekouji2さん  アマドコロとナルコユリの区別は茎を触ってみて丸っこくてツルリとしているのがナルコユリで角張った感じがするのがアマドコロです~
ホウチャクソウは茎の先端に花が付くし枝分かれするので判ります・・・・・♪
色が白と黄緑で優しく感じられますね~(*´∀`*)
Commented by shizenkaze at 2015-05-03 22:08
tanuki_oyajiさん  これらの花も野山で見かける機会は減りましたね~(´;ω;`)
でも出会うと嬉しくなる花たちです・・・・・
チゴユリは可愛いですが綺麗に咲いているのを撮ることが難しいです・・・・・
小さいのが原因なのか判りませんが早く傷むような気がします・・・・・
どんな花達でも可愛く綺麗なときに写したいです~(*´∀`*)
名前
URL
削除用パスワード


<< 『花追いも大変な季節です~゚(... 『忠節橋通りの紅花栃木(ベニバ... >>