『西洋夏雪草(セイヨウナツユキソウ)と浜防風(ハマボウフウ)等の花達~』

今日は『夏至』ですね・・・・・
梅雨の間なので昼が長くても実感が湧かない事もありますね~♪

昼に見ていた堤防は草刈の後からミモチスギナが少し見られました
中にはミモチスギナより普通のツクシに近い姿のものも見られました~(*´∀`*)
本当に逞しい植物たちです・・・・・

今日はエーザイの薬草園で見られた花等を載せることにしました



1.『西洋夏雪草(セイヨウナツユキソウ)』  バラ科シモツケソウ属の多年草
学名はFilipendula ulmariaと言います~
d0054276_19571129.jpg

原産地はヨーロッパや西アジアになります・・・・・
枝先に複数の散房花序を出して5弁の小さな花を密生させます~
花の色は白や乳白色で花の香りはアーモンドのような甘い香りがします・・・・・(*´∀`*)




2.
d0054276_19573173.jpg

英名をメドースイート(meadow sweet)と言ってハーブとしてよく知られています~
甘い香りがあるのでイギリスでは花嫁が教会へ向う道にこの花をまき散らす慣習があったと言われていますアスピリンの原料となるサリチル酸が初めて分離された植物としても知られているようです・・・・・・♪




3.
d0054276_19574438.jpg


4.
d0054276_19575469.jpg

ハナムグリの仲間が何匹も来ていました~




5.
d0054276_1958484.jpg






6.『浜防風(ハマボウフウ)』  セリ科ハマボウフウ属の多年草
学名はGlehnia littoralisと言います~
d0054276_19581661.jpg

茎先に複数の散形花序を組み合わせた花序を1個出して花径5~6mmの白い小さな花をたくさんつけます複散形花序はセリ科の花に多く見られる特徴ですね~♪




7.
d0054276_19582611.jpg

長い根を砂の中に伸ばして葉を広げます・・・・・
茎の上部や花の柄や葉の柄には白い毛が密生しています
栽培もされて若葉は刺身のツマや若芽は酢の物などにされます~
根を乾燥させたものを生薬で浜防風(はまぼうふう)と言って風邪の発汗や発熱や頭痛と関節痛などに薬効があります~(*´∀`*)




8.
d0054276_19583746.jpg


9.
d0054276_19584777.jpg

アップして見ると面白い姿をしている事が判りますね~(#^.^#)




10.
d0054276_19585841.jpg


11.
d0054276_195994.jpg






12.『庭漆(ニワウルシ)』  ニガキ科ニワウルシ属の落葉高木
学名はAilanthus altissimaと言います~
d0054276_19591944.jpg

別名を『神樹(シンジュ)』と言います~
中国北中部原産で1875年ころ渡来したとされています・・・・・
和名に『ウルシ』と付けられていますがウルシ(ウルシ科)とは全くの別種なのでウルシのようにかぶれる事はありません・・・・・♪




13.
d0054276_19592918.jpg

生長が早く庭木や街路樹として植えられ製材したものは器具材などに用いられますが近年では道端などに広く野生化するようになって日本同様に導入されたアメリカなどでは問題化しているようです・・・・・




14.
d0054276_19593956.jpg

これだけの実が生ると中に入っている種子も多いですからこれが落ちて根付いたら凄いことになりますね
自然界はそういう事は淘汰されるので有り得ませんが別の場所などで少しずつ増えることはあります
外来種として異常に増えなければ自然の仲間として歓迎されるのですが・・・・・♪




15.
d0054276_19594980.jpg


16.
d0054276_200521.jpg






17.『赤芽柏(アカメガシワ)』  トウダイグサ科アカメガシワ属の落葉高木
学名はMallotus japonicusと言います~
d0054276_2001978.jpg

漢字表記では『赤芽槲』と書く事もありますが文字が難しいので今は『赤芽柏』を多用されています~
ヒサギ(久木)、ゴサイバ(五菜葉)、サイモリバ(菜盛葉)と言う別名もあります・・・・・




18.
d0054276_2003290.jpg


19.
d0054276_2004387.jpg


20.
d0054276_200543.jpg


21.
d0054276_2012519.jpg


22.
d0054276_2013720.jpg


23.
d0054276_2014638.jpg


24.
d0054276_2015757.jpg

アカメガシワは古くから生薬として用いられています~
樹皮に含まれるベルゲニンには胃潰瘍や胃酸過多や胃炎などに効果的であると言われています~
また最近では過敏性腸症候群に対する研究もされているようで注目されている成分も多いようです成分です




25.
d0054276_202719.jpg

今日載せた植物たちの花や実は色が地味です・・・・・
先日載せたボダイジュやシナノキの花のような色合いです~

こうした植物達は私達のような人間達より虫達にいろいろな方法でアピールしているのですね
主に香りですがそんな香りに反応出来る感性を持っていたいです~~






(OLYMPUS E-30)
(OLYMPUS E-620)
(ZUIKO DIGITAL 35mm 3.5Macro)
(ZUIKO DIGITAL 14-42 1:3.5-5.6)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)

(OptioRZ10)
by shizenkaze | 2015-06-22 20:50 | 身近な自然の話 | Comments(12)
Commented by soyokaze-1020 at 2015-06-22 23:05
こんばんは♪
どれも馴染みのない植物かもしれません。
山を歩いていましたら、同じような白いお花をつけた樹木を見ますが
名前が判らないまま通り過ぎています。
9、の花姿は糸手毬のようで愛らしいですね。
散歩道で庭漆のような実をつけたものを目にしますが
これなのかどうか?
アカメガシワは春の新芽が真っ赤に色づく木であれば近所にあります。
花は気がつきませんでしたが、見てみます。
3、9、12、17、いいですね。

Commented by マングース at 2015-06-23 02:43 x
こんばんは。
今年も早いものでもう夏至ですね。
これからどんどん暑くなるのに、日照時間は
短くなるというのもなんかへんな感じです。
ハマボウフウの花、いかにもセリ科の花という
感じですね!
海の近くの過酷な環境に育つだけあって
美しさの中にも強さを感じますね!
Commented by timata-sn at 2015-06-23 06:58
shizenkazeさん お早う御座います。
今朝は薄曇りの様です、今日も不安定なお天気と言って居ますよ。

セイヨウナツユキソウ 真っ白の花なんですね。
一杯の蕊が見えますが、小さなものなんでしょうね。
上手く撮られて居ますね。
ハマボウフウ も9枚目の写真を見ると変わった形に見えますね。
中に見えるものは何なんでしょうね。
ニワウルシの実が沢山生って居ますね。
この実も鳥たちが食べるのでしょうか。
アカメガシワの21枚目の花が可愛いですね。
上手く撮られて居ますね!!
Commented by asitano_kaze at 2015-06-23 11:08
草刈り後からスギナがたちまち出てくるのですね。
セイヨウナツユキソウですか。シモツケ草の縁者ですね。
ハナムグリ類、こうした花によく顔をもぐらせていますね。
ハマボウフウ、すごいですよね。砂の中に根を這わせるなんて。
色んな生き方がありますね。
9、きれいですねぇ。
アカメガシワ、いまこちらでも満開です。胃腸に効くのですか。まったく知りませんでした。
花の風情はなかなかいいものですよね。
Commented by tanuki_oyaji at 2015-06-23 19:41
shizenkazeさん、こんばんは〜♪
今回も今迄見たことのない花ですね。
あっ、アカメガシワは知っている花でした。
コサメビタキ等の小鳥が実を食べに来ることが多いです。
Commented by tukinobo at 2015-06-23 21:05
こんばんは、庭漆の木は似たようなのを見たことあります。
今度、近くで良く見て確認してみます。

街路樹の種類って、なかなか覚えられません。
Commented by shizenkaze at 2015-06-23 21:27
soyokaze-1020さん  木々の名前はなかなか覚えられないです
会社の昼休みに雨が降っている時などには図鑑を見ながら名前を隠して名前当てをしているのですが野山の植物は判るものが多いですが樹木は少ないです~(´;ω;`)

ハマボウフウはツマなどで見かけても花は咲いていないので海辺でたくさん見たいです~
木々は近くでも見られますので名前が判ると楽しいだろうな~って思います
3.9.12.17の写真を気に入って頂いて有難うございました~(*´∀`*)
Commented by shizenkaze at 2015-06-23 21:30
マングースさん ハマボウフウは八百屋ボウフウと言うくらい流通していますが浜辺で実際に咲いている姿が見たいです~
セリ科の植物には有用なものが多いですね・・・・・
いつもセリ科と書いている時にトヨタの車を思い浮かべていますます~(*´∀`*)
Commented by shizenkaze at 2015-06-23 21:34
timata-snさん  今日は雨は降りませんでしたがいつ降っても良いくらいのどんよりした天気でした・・・・・

小さい花で地味な色のものばかり並べましたが地味でもよく見れば可愛いですね~
ハマボウフウの中に見えるものはメシベではないでしようか?
他の写真と比べるとそんな感じがします・・・・・♪
9.21の写真を気に入って頂いて有難うございました~
Commented by shizenkaze at 2015-06-23 21:44
asitano_kazeさん  堤防の草刈跡にはスギナとカタバミとオシロイバナ達が顔を出していました・・・・・まるで地中から外が判るかのように見計らって出てきますね~(*´∀`*)

セイヨウナツユキソウのようなモジャモジャした花にハナムグリやミツバチはよく来ますね~
花粉だらけになって生活のためなのか遊んでいるのか判らないように見えます~♪^^
ハマボウフウを買ってまで食べることはないですが何かについていたツマとしてのものを食べるとセリ科特有の香りが鼻を擽りますね~(*´∀`*)

アカメガシワは川岸などでもよく見かけますが近くで眺めることはしないのでこうした薬樹園にあるとよく見てしまいますね~(#^.^#)
いつも薬草園などに出かけるので調べていてもつい薬効が気になります・・・・・
でも素人療法は危険なので知識としてだけでいいですね~♪^^
9の写真を気に入って頂いて有難うございました・・・・・(*´∀`*)
Commented by shizenkaze at 2015-06-23 21:48
tanuki_oyajiさん  木を知っていても花を見たことがなかったり花の咲いているのは見ても実は見ていなかったりするので近くにあるものでも判らない事が多いですね~
でもtanuki_oyajiのように好きな鳥に関わっている木々はよく見ているので詳しいですね~
アカメガシワとコサメビタキが頭の中でペアになっているのですね~(*´∀`*)
Commented by shizenkaze at 2015-06-23 21:52
tukinoboさん  街路樹でも並木じゃなくて単植えのものは判り難いですね~
岐阜市内の並木や街路樹ならほぼ知っていますが公園などで見ている木を時々ド忘れします
樹形と樹皮と枝振りに葉と葉の付き方や蕾に花と実それに春待芽等全て知っていないと構えを調べるのも難しくなりますね・・・・・
でも推理小説より楽しく思える時があります~(*´∀`*)
名前
URL
削除用パスワード


<< 『ロシアンセージやガウラやハニ... 『登録有形文化財の発電所と長良... >>