『アジサイ科なのに紫陽花と呼ばれない花~♪』

今日はアジサイ科の植物を2種類載せますが厳密に言うと紫陽花とは呼ぶ事はないようです
でも植物学上は本当は紫陽花と同じなんですね~
仲間にしたり仲間外れのようにしたり何となく可哀想に思えますがこの花たちにはそんな事はどうでも良いようで綺麗に花を咲かせていました~(*´∀`*)


1.『甘茶(アマチャ)』  アジサイ科アジサイ属の落葉低木
学名はHydrangea serratavar. thunbergiiと言います~
d0054276_20112337.jpg

日本特産種です~
本州の関東~中部地方に分布しています
山地の谷沿いにまれに生え高さは70~100cmになります・・・・・
『ヤマアジサイ』の変種で外形的にはよく似ていますが葉に甘味の成分(フィロズルチン)が含まれているのでこの葉を乾燥して発酵させると『甘茶』ができます~
4月8日の灌仏会にはお釈迦様に『甘茶』をかける儀式が行われますね・・・・・(*´∀`*)




2.
d0054276_20113328.jpg


3.
d0054276_20114459.jpg


4.
d0054276_20115315.jpg


5.
d0054276_2012423.jpg


6.
d0054276_20121431.jpg


7.
d0054276_2012233.jpg


8.
d0054276_20123430.jpg


9.
d0054276_20125259.jpg

葉を少し齧って噛んでみましたが甘さは感じられませんでした~
やっぱり乾燥させて発酵させないと甘味成分が強くならないみたいですね・・・・・♪




10.
d0054276_2013323.jpg


11.
d0054276_20131381.jpg






12.『糊空木(ノリウツギ)』  アジサイ科アジサイ属の落葉低木
学名はHydrangea paniculataと言います~
d0054276_20132367.jpg

北方領土を含む北海道から九州にかけて分布していて海外では中国やサハリンにも分布しています~
大きな円錐花序を出して白い両性花をたくさんつけ周囲に数個の装飾花をつけます~
両性花の花弁は5枚でオシベは10本です~♪
装飾花の萼片は花弁状となっています・・・・・




13.
d0054276_20133492.jpg


14.
d0054276_20134386.jpg

和名の由来は樹液が和紙をすく際の糊に利用された事と枝の髄を抜くと空洞ができることからきています・・・北海道では『サビタ』と呼ばれます・・・・・




15.
d0054276_20135375.jpg


16.
d0054276_2014414.jpg

山地の林縁などに自生して良く目立つ花でハナカミキリやハナムグリなどの訪花性の昆虫が多く集まります~
この花にもたくさんのハナムグリたちが来ていました~(*´∀`*)




17.
d0054276_201414100.jpg

これだけ多いと花の中にムグリ(潜れ)無いですね~
特にこの場所に多かったです・・・・・(#^.^#)




18.
d0054276_20142491.jpg


明日は天気が悪そうです
雨が強く降るようなので写真は無理なようです・・・・・
少し骨休めに立ち寄り温泉にでも行ってみようかな~(*´∀`*)






(OLYMPUS E-30)
(OLYMPUS E-620)
(ZUIKO DIGITAL 35mm 3.5Macro)
(ZUIKO DIGITAL 14-42 1:3.5-5.6)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)

(OptioRZ10)
by shizenkaze | 2015-06-25 20:36 | 身近な自然の話 | Comments(20)
Commented by soyokaze-1020 at 2015-06-25 21:36
こんばんは♪
甘茶、植物園で見たことがあります。
ほぼガクアジサイと変わらない佇まいでした。
4月8日に催される花祭りは幼い頃の楽しみでした。なつかしい~!
8、11、きれいですねぇ。
山歩きでノリウツギもよく見ました。
17、すごいです~( ゚д゚ ) レストランは大繁盛ですね。
12、15、美しいです。

Commented by to-y_niya at 2015-06-25 21:56
こんばんは☆
ノリウツギって・・・美味しいんでしょうかね~(●^o^●)
最近 ハナムグリをよく見かけるけど ひとつの花に一匹。。。
これすごいですね~~~(^ム^)
Commented by koneko3y at 2015-06-25 22:07
アマチャと言われても、他のあじさいとひけをとらず
綺麗に咲いて色も変化しますよね。
ハナムグリがあまりにもたくさんいると
花がかわいそうに思います。
Commented by nori_natural at 2015-06-25 22:15
こんばんは、
↓ではご心配御かけしましたね、すいませんでした。
おかげさまで解決致しました、でもトンボの方はまだスッキリしないんですよね
分かり易い様大きな画像を貼っときました。

甘茶、糊空木 両方初めて名前を知りました。
いままではとちらも紫陽花で通してました。
流石自然風さんですね。
Commented by guri-iki at 2015-06-25 23:14
こんばんは。
ここは本当にお勉強になりますわ〜。
花祭りの甘茶がこのヤマアジサイから来ているものだとは知りませんでした。
噛んでみたい気もしますが、似たようなヤマアジサイがいっぱいでとても区別がつけられそうにありません。
ノリウツギ、虫ちゃんが集まるので楽しみなんですが、こうもハナムグリばかりだと笑うしかないですね。

Commented by マーガレット at 2015-06-26 09:38 x
甘茶、ノリウツギはアジサイと呼ばないのですね。
甘茶は、あの灌仏会の甘茶のことだったんですね。学習させていただきました。
Commented by マーガレット at 2015-06-26 09:39 x
近くに立ち寄り温泉があるとはいいですね。
北のほうですか?
Commented by yaso-bana at 2015-06-26 16:21
「ノリウツギ」は 以前「ヤマボウシ」に似てるな~と思いながら撮り
調べた事が有って知っていましたが・・・
「甘茶」は初めて知りました 
もしかしたら「ヤマアジサイ」や「ガクアジサイ」だと思って見逃していたかも。。。
Commented by asitano_kaze at 2015-06-26 17:20
アジサイの仲間なのにアジサイとは呼ばれない。
アマチャ、ノリウツギ、それぞれ個性があり風情があり、こころ惹かれる面々です。
アマチャ、こぶりでお茶目感じが面白いです。
1,7,11、いいですねぇ。
ノリウツギ、こちらはやんちゃな甘えん坊という感じがします。
白の装飾花が美しさをきわだてていますね。
13,15は絶品ですねぇ。
Commented by tanuki_oyaji at 2015-06-26 19:59
shizenkazeさん、こんばんは〜♪
日本特産種というのは嬉しいですね。
私にはヤマアジサイと見分けがつきません。
さすがにノリウツギは馴染が深いです。
Commented by shizenkaze at 2015-06-26 20:30
soyokaze-1020さん  アマチャはガクアジサイやヤマアジサイとソックリなので区別が難しいですが良く見ると葉に染みのような斑紋が多く見られるような気がしました
糖分の影響なのかも知れませんがこれは私の思い過ごしかも知れないのてもっと調べたいです~(#^.^#)
ノリウツギもよく見かけますね~
ガクウツギやコンテリギやイワガラミも紫陽花の仲間なのに紫陽花とは呼びませんね・・・・・

8.11.12.15.17の写真を気に入って頂いて有難うございました~
本当にハナムグリだらけの『ノリウツギレストラン』でした・・・・・・(*´∀`*)
Commented by shizenkaze at 2015-06-26 20:33
to-y_niyaさん  蜜が匂うのか花の色に誘われるのかハナムグリ達が集団出来ていますね
まるで団体旅行の昼食タイムって感じですね~(*´∀`*)

これだけ集まるのは凄いですね・・・・・
見た瞬間『ウワッ~』と声が出ました~(#^.^#)
Commented by shizenkaze at 2015-06-26 20:37
koneko3yさん  アマチャは元々は山紫陽花の変種のようなので本当は紫陽花なんですね
乾燥させて手揉みなどで発酵させると甘くなるようなので一度葉を貰って来てやってみたいですが時間がかかりそうですね~

ハナムグリは吸蜜に来るだけなんでしょうか?
シベを齧ったり葉を食べたりしなければいいのですが・・・・・
Commented by shizenkaze at 2015-06-26 20:42
nori_naturalさん  トンボの羽の雰囲気が不思議に感じました
色は同じようなトンボもいますが普通はもっと透明っぽいですからね・・・・・
記憶に残しておいてこれからも気がついたら調べたいです~

アマチャも紫陽花園や薬草園でよく見かけます
葉に他の紫陽花とは違うような斑紋が見られるような気がするのですが・・・・・♪^^
ノリウツギは美濃和紙の産地が近くにあるので昔から目にしています
ちょうど咲くのが渓流釣の季節なので川に入りながら風景として眺めていた事が多かったです~
Commented by shizenkaze at 2015-06-26 20:48
guri-ikiさん  そう言っていただけると嬉しいです~(*´∀`*)
花祭りの甘茶はこのアジサイ科のアマチャが作られますが他にも植物から出来る甘味は多いですね・・・・・
アマチャヅルやカンゾウやステビアにサトウキビやテンサイ等から甘味が作られますね~
アマチャの葉を噛んでも甘味を感じることはとても少ないです
やっぱり乾して発酵させないとね~~(*´∀`*)
Commented by shizenkaze at 2015-06-26 20:55
マーガレットさん  この2種類の植物は植物学的に言えばアジサイ科なので紫陽花の仲間なんですが個々の種類が有名になってしまっているようなので別々の名前で呼ばれることが多くなっているようです~
でもどちらも紫陽花園等で見かけますので仲間外れにはされていないですね~(*´∀`*)
ノリウツギはアジサイ科の植物の中にある『ウツギ』で和紙などを作るときの糊剤に使われるから付けられたものですが他に似た名前の『ガクウツギ』になると『額紫陽花』に似たウツギって意味で付けられたようです・・・・・
花の名前って難しいものから簡単に付けられたものまで色々ですね~
Commented by shizenkaze at 2015-06-26 21:02
マーガレットさん  一度にコメント返事を書く方がいいのですがコメントの返事忘れがないか等をコメント数で見ていますので別に分けて書きます~(*´∀`*)

私の住んでいる所は岐阜市内なので市内には温泉はないですが関市に3箇所(板取温泉、武儀川温泉、上之保温泉)があり本巣市と揖斐方面にはうすずみ温泉と谷汲温泉と根尾川谷汲温泉があり少し先には池田温泉や海津温泉や安八温泉があります
国道156号で郡上方面だと子宝温泉や白鳥温泉など多いです
Commented by shizenkaze at 2015-06-26 21:06
yaso-banaさん  ノリウツギやガクウツギゆイワガラミ等は紫陽花に似ていますが普通は紫陽花とは呼びませんね・・・・・
アマチャは紫陽花園や紫陽花の名所などでは一緒に植えられています~
何となく葉に斑紋が見られるような気がするのですが本当の区別になるかどうかは判りません
他の山紫陽花とよく似た花なので気が付きにくいですね・・・・・
品種の『天城アマチャ』が全国的に多いようです~♪
Commented by shizenkaze at 2015-06-26 21:16
asitano_kazeさん  アジサイ科でも普段には紫陽花と呼ばれることの少ない花たちは他にも多いですが気がつかなければ皆纏めて『紫陽花』って言われるので当人(当花)たちは気にしていないでしようね・・・・・
ガクウツギやイワガラミも何も考えずに散策していたら紫陽花ですね~(*´∀`*)
山紫陽花達と比べるとアマチャは質素で優しく控えめに咲いていたように感じました・・・・・
紫陽花達がプロなら甘茶はアマチュアですね~(*´∀`*)

ノリウツギも元気いっぱいに感じますね
散策路の途中まで枝を伸ばしたいような雰囲気で咲いていました~

1.7.11.13.15の写真を気に入って頂いて有難うございました・・・・・(*´∀`*)
Commented by shizenkaze at 2015-06-26 21:19
tanuki_oyajiさん  学名にジャポニカとかジャポニクスやニッポニクスなんて書かれているのを見ると嬉しいですね~♪
アマチャの葉を見ているとヤマアジサイより染みが見られるものが多いような気がします
私の思い過ごしなのか葉に多少は糖分が出ていて染みになるのかなと思うのですが本当のことは判りません~

ノリウツギは彼方此方で目にしますね~
この頃特に増えたような気がします・・・・・(*´∀`*)
名前
URL
削除用パスワード


<< 『火垂袋(ホタルブクロ)と楮(... 『サルビア・ウリギノーサやサボ... >>