『カルドンとヘビウリとヒソップ達の花・・・』

今日も蒸し暑く午後からは激しい雨も降り台風の影響と梅雨の末期が感じられるような一日でした・・・・・
今週末は天気が荒れるようですね~゚(゚´Д`゚)゚

今日も昨日に続いて各務原市のエーザイ薬草園で見た花を載せました


1.『カルドン』  キク科チョウセンアザミ属の多年草
学名はCynara cardunculusと言います~
d0054276_20275972.jpg

以前載せたものまだ蕾でしたが花を咲かせていました~
総包片は棘状になりますが近縁種のアーティーチョークの場合には棘状にはならず鱗状に見られます~




2.
d0054276_20281242.jpg


3.
d0054276_20282298.jpg

可愛い花姿ですね・・・・・(*´∀`*)
蜂達も気に入っているのかよく来ていました~




4.
d0054276_20283277.jpg

この葉も独特の姿ですね
アザミに似ていて刺状になる葉です~(*´∀`*)




5.
d0054276_20284241.jpg


6.
d0054276_20285211.jpg


7.
d0054276_2029235.jpg






8.『ヘビウリ(蛇瓜)』  ウリ科カラスウリ属の一年草
学名はTrichosanthes anguinaと言います~
d0054276_20291216.jpg

烏瓜(カラスウリ)とよく似た白い花を咲かせます~
花冠は4つに裂けて裂片の縁が長く細く裂けますがカラスウリの花は夜に咲きますがこのヘビウリは昼に咲きます~
ですから観察し易い花になりますね~(*´∀`*)




9.
d0054276_20292266.jpg

和名の由来は果実が細長く蛇のように長くなることからきています・・・・・
熱帯地域では食用にもするようですが日本では主に観賞用として栽培されています~
別名を『毛烏瓜(ケカラスウリ)』とも言うようです~♪





10.『トウガン(冬瓜)』  ウリ科トウガン属の蔓性一年草
学名はBenincasa hispidaと言います~
d0054276_20293366.jpg






11.『アキカラマツ(秋唐松、秋落葉松)』  キンポウゲ科カラマツソウ属の多年草
学名はThalictrum minus var. hypoleucumと言います~
d0054276_20294215.jpg

茎先に円錐花序を出し淡い黄色の小さな花をつけます~
花弁のように見える萼は3~4枚ありますが早くに落ちてしまって後はオシベとメシベだけの花になります~
オシベが長く飛び出し黄色く見えるのはオシベの葯です・・・・・(*´∀`*)




12.
d0054276_20295365.jpg

和名の由来は花の姿をカラマツに見立て咲く時期が遅いことからきたもののようです~
近縁種のカラマツソウに似ていますが花の色で区別ができます・・・・・
生薬名を『高遠草(たかとうぐさ)』と言って健胃や整腸薬とされます~~♪




13.
d0054276_203038.jpg


14.
d0054276_20301553.jpg


15.
d0054276_20302650.jpg


16.
d0054276_20303829.jpg






17.『ヒソップ(柳薄荷・ヤナギハッカ)』  シソ科ヤナギハッカ属の多年草
学名はHysopus officinalisと言います~  
d0054276_20305041.jpg

茎先に総状花序を出し青紫色をした唇形花をたくさんつけます~
花の色はライトブルー、白、ピンクなどがあるようです・・・・・(*´∀`*)




18.
d0054276_2031110.jpg

和名の由来は柳のような葉の形をしていてハッカのような香りがするというところからきています・・・・・
英名ではヒソップ(hyssop)と呼ばれ葉はハーブティーや料理の香りつけとして利用されます
花はポプリにも用いますが観賞用に植栽もされる事が多いですね~♪




19.
d0054276_20311150.jpg

何度も書くので『判ってるよ~!』なんて言われるでしょうが・・・・・
シソ科の唇形花って本当に可愛いですね~(*´∀`*)




20.
d0054276_20312477.jpg


21.
d0054276_20313460.jpg


22.
d0054276_2031444.jpg






23.『ハブソウ(波布草)』  マメ科ジャケツイバラ亜科センナ属の一年草
学名はSenna occidentalisと言います~
d0054276_20315673.jpg

茎先に総状花序を出し数輪の黄色い五弁花をつけます・・・・・
花はマメ科特有の蝶形ではないので蝶形花好きな私には少し寂しく感じます~♪




24.
d0054276_2032758.jpg

花の後にできる実は豆果で『夷草(エビスグサ)』とともに『ハブ茶』という健康茶の材料になります~
煎じたものは健胃、緩下、解毒薬として利用されています・・・・・・(#^.^#)





25.『フジマメ(藤豆)』  マメ科フジマメ属の一年草
学名はLablab purpureusと言います~
d0054276_20321610.jpg

インドや東南アジアやアフリカが原産地で日本へは江戸時代に中国から渡来したと言われています~
葉の脇に淡い紅紫色か白の蝶形花をたくさんつけます~♪




26.
d0054276_2032294.jpg

インドでは3000年前から栽培されていたと言われています~
日本へは1654年に中国の高僧『隠元』によってもたらされたとされているので関西では藤豆(フジマメ)を隠元豆(インゲンマメ)と呼ぶことが多いようですね・・・・・

未熟果の莢(さや)を食用とする他に種子を乾燥したものを生薬では『白扁豆(はくへんず)』と言って解毒剤や疲労回復薬として利用されます~(*´∀`*)




27.
d0054276_20324286.jpg


28.
d0054276_2032525.jpg


29.
d0054276_2033389.jpg


30.
d0054276_20331737.jpg






31.『ツノゴマ(角胡麻)』  ツノゴマ科ツノゴマ属の一年草
学名はProboscidea louisianaと言います~
d0054276_20335566.jpg

北アメリカの南部からメキシコにかけてが原産地のようです~
観賞用に栽培されることが多いようです・・・・・
全草に粘毛があって触れるとベタつきます~(´;ω;`)
茎は横に広がり葉は厚く『桐の葉』に似ています・・・・・
夏に淡紫紅色の先の5裂した筒状の花を咲かせます
果実は長いカギ状の角を持っていますがこれはメシベの花柱が宿存したものです
このカギ状のものが『ツノゴマ』の名の由来になっています~




32.
d0054276_2034877.jpg


33.
d0054276_20341714.jpg


34.
d0054276_20342748.jpg


35.
d0054276_20343832.jpg


明日も雨になりそうで激しく降ることもあるようです
地盤の緩んでいる所には近づかない方がいいですね・・・・・
台風が過ぎるまで大人しくしているのが無難ですね





(OLYMPUS E-30)
(OLYMPUS E-620)
(ZUIKO DIGITAL 35mm 3.5Macro)
(ZUIKO DIGITAL 14-42 1:3.5-5.6)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)

(OptioRZ10)
by shizenkaze | 2015-07-15 21:27 | 身近な自然の話 | Comments(18)
Commented by hibikorekouji2 at 2015-07-15 21:42
ヘビウリと聞くとギョッとしそうだけど、名前に似合わず繊細で奇麗な花ですね。
ホッとしました^^
ヒソップの青い花がとっても涼しげでいいですね~♪
夏に見るブルー系の花は爽やかさ満点で好きです^^
Commented by koneko3y at 2015-07-15 22:24
ヘビウリの花は昼でも見られるので、カラスウリを見る機会のない私は
ちょっと嬉しい花ですが、その実は本当にとぐろを巻いて
まるで蛇です。優しい花なのに初めて見た時は衝撃を受けました。
Commented by to-y_niya at 2015-07-15 22:49
こんばんは☆
ヘビウリ・・・今日のNHKの季節の映像っていうコーナーでやってて初めて(たぶん)知ったのでした^^
花♪不思議な姿ですよね~~~レースみたいで美しいの^^
実・・・気持ち悪かったです~~~(^_^メ)
Commented by マングース at 2015-07-16 02:00 x
こんばんは。
カルドンの刺、痛そうですね(>_<)
吸蜜している虫の大きさを考えるとこれは
植物が産み出した動物対策なんでしょうね。
素手では触りたくない^^;
Commented by timata-sn at 2015-07-16 07:03
shizenkazeさん お早う御座います。
今朝は先程から雨に成りました、台風の進路が気に成りますよ。

カルドン 綺麗に咲いて居ますね、アーティーチョークに似て居ますね。
ヘビウリ 繊細な感じが素敵ですね!!
アキカラマツ・ヒソップ どちらも可愛いですね。
ハブソウ がひっそりと咲いて居る姿が可愛いですね。
フジマメ 可愛い花っが咲くんですね。
ツノゴマ 淡いピンクの可愛い花ですね!!
Commented by e-ku-bo3 at 2015-07-16 19:30
ヘビウリの花、面白いですね。
果実が細長く蛇のように長くなる?インゲンみたいな実でしょうか?
むしろこの花のヒゲみたいなニョロニョロが、蛇みたいだと思います。
Commented by ten-zaru at 2015-07-16 20:23
shizenkazeさん、今晩は。
カルドンは普通のアザミよりも大きいですね。
アザミにはたくさんの昆虫がやってきますから
昆虫撮影の時には必ずアザミを目標にしています。
真っ白なマメの花も綺麗ですね。
Commented by マーガレット at 2015-07-16 20:27 x
ヘビウリ、昨日の夕方のニュースで知りました。
カラスウリは夜、ヘビウリは昼咲くのですね。
Commented by tanuki_oyaji at 2015-07-16 20:43
shizenkazeさん、こんばんは〜♪
今回も素敵な花が色々と咲いていましたね。
カルドンという花の色が素敵です。
昼に咲いてくれるヘビウリは嬉しいですね。
Commented by shizenkaze at 2015-07-16 21:27
hibikorekouji2さん  実が蛇のように長くてクネクネしているのでヘビウリと言われます
蛇が食べるからじゃないですよ~(#^.^#)
ヒソップ等の花の色は暑い日には涼し気でいいですね~
シソ科にはブルー系の花も多いので好きです・・・・・(*´∀`*)
Commented by shizenkaze at 2015-07-16 21:30
koneko3yさん  初めてヘビウリの実を見ると『ドキッ』としますね
まだ生っているものなのでいいですがこれが山道などに落ちていたら怖いですね・・・・・><
花はとても可愛いので見られるときには出かけています~
Commented by shizenkaze at 2015-07-16 21:33
to-y_niyaさん  NHKのニュースで映されていたようですね?^^
最初に出会ったのも薬草園でしたが先に実を見ていたので花を先に見て後で『キャー』なんてにはならなかったです~
逆に実を見てからだと花がより可愛く思えました~
今度は実の生る頃に写したいです~(#^.^#)
Commented by shizenkaze at 2015-07-16 21:36
マングースさん  カルドンのトゲトゲは触れたくないって思えるからいいですがワルナスビのトゲなどは知らないのに触って『痛い!』なんて事になります・・・・・
そう思うとカルドンは優しくてフェアな植物に感じます~(*´∀`*)
Commented by shizenkaze at 2015-07-16 21:39
timata-snさん  台風は今頃は四国に上陸しているようです
今日は雨はそれ程酷くなかったですが土曜が激しく降るようなので心配しています

薬草園で見かける花たちは普段は見ることがないものが多いので楽しいですがやっぱり有り触れたものでも自然を散策していて出会う花の方がいいですね~
天気が良くなったら少し遠くまで出かけたいです・・・・・(*´∀`*)
Commented by shizenkaze at 2015-07-16 21:42
e-ku-bo3さん  ヘビウリの花はカラスウリのようで可愛いですが実の姿が長いので蛇のように見えるんです~
ウリの仲間なので一言で言えばキュウリ位の太さで1m以上長くなる実です~
また見たら載せますね・・・・・(*´∀`*)
Commented by shizenkaze at 2015-07-16 21:45
ten-zaruさん  カルドンはアーティーチョークと同じような仲間なのでチヨウセンアザミ属になります~
野薊などと比べると10倍くらいはありますね・・・・・(*´∀`*)
アザミの仲間には虫も多く来ますね
でも鳥は無理でしょう?^^

シソ科の唇形花が大好きですがマメ科の蝶形花も好きです~
Commented by shizenkaze at 2015-07-16 21:48
マーガレットさん  ヘビウリの事をNHKで放映していたようですね?^^
季節のものをちゃんと撮ってくるので流石に有料放送(笑)ですね~♪

カラスウリやキカラスウリの花は夜から早朝に見られるので私には難しいですがヘビウリは優しくて昼に咲いてくれます~(*´∀`*)
Commented by shizenkaze at 2015-07-16 21:51
tanuki_oyajiさん  アーティーチョークも綺麗ですがカルドンの方が可愛いように思えました
触れると痛そうな刺が見られますが写真を撮るだけなので安心して撮れますね~♪
夜間撮影や早朝の散策は苦手なので昼に咲いてくれるヘビウリは嬉しい存在になっています~
名前
URL
削除用パスワード


<< 『正林寺の蓮と板取川の鮎釣り風... 『小鬼百合(コオニユリ)と伊吹... >>