『梅花藻の地蔵川と中山道醒井宿・・・・・』

今日も昨日の続きで地蔵川の梅花藻と今日は周辺の建物などを紹介します
醒井(醒ヶ井・さめがい)は『中山道六十九次』で61番目の宿場になっています・・・・・
古くから交通の要衝であって『日本書紀』の日本武尊伝説に登場する『居醒泉(いさめがい)』が醒井の地名の由来だと言われています・・・・・
豊富な地蔵川等の清らかな流れや多くの湧き水があったことが旅人の休憩場所として最適の条件であったことは間違いないでしょうね~



1.『地蔵川に架かる小さな石橋・・・・・』
d0054276_2010236.jpg

醒ヶ井駅から梅花藻見物に行くと最初に見られます~
小さな橋ですがここのシンボルになっているようなので若い女性達がよく写メを撮っています~(*´∀`*)




2.『梅花藻(バイカモ)』
d0054276_20101581.jpg


3.『小さな流れ』
d0054276_20103040.jpg

地蔵川だけでなく民家のすぐ横を細い流れが多く見られます・・・・・
ここで野菜を洗ったりヤカンを沈めて麦茶などを冷やしているような光景を見ます~
生活の一部になっているのですね・・・・・♪




4.『地蔵川に降りる階段も・・・・』
d0054276_20104450.jpg

住んでいる人達が地蔵川の水を利用するために各家の前に小さな石の階段が見られます
ここを降りて川の中に冷やしていたものを取りに行くのでしょうね・・・・・
長閑な光景です~




5.『岸辺のマツバギク~』
d0054276_20105888.jpg


6.『梅花藻と散り流れた百日紅・・・・・』
d0054276_20111411.jpg


7.
d0054276_20112648.jpg


8.
d0054276_20113954.jpg


9.
d0054276_20115435.jpg


10.
d0054276_2012866.jpg


11.
d0054276_20121993.jpg


12.『川の冷たさに燥ぐ観光客達・・・・・』
d0054276_20123713.jpg

道路から石段などで川の流れを触れることができます
流れに手を入れて『冷た~い』と声を上げる親子やカップルも多くいました~♪




13.『番西瓜~^^』
d0054276_20125442.jpg

地蔵川の流れの中に繋がれたスイカがありました
近くの水中には梅花藻が見られます・・・・・
何となく家の前にいる番犬みたいに見えたので『番西瓜』って呼びたくなりました~(*´∀`*)




14.『匂蕃茉莉(ニオイバンマツリ)も川面の上で・・・・・』
d0054276_2013999.jpg


15.『百合と地蔵川・・・・・』
d0054276_20132230.jpg

テッポウユリでしょうか?
タカサゴユリの筋が見られないのでテッポウユリかシンテッポウユリなのかも知れません・・・・・
何となく川の中の梅花藻達を見ているように思えました~




16.
d0054276_20133429.jpg

観光客が渡っている橋は個人宅の家に入るための橋です・・・・・
何処か見る所がないかと渡って行ったみたいで慌てて戻って来ました~
こんな光景をよく見かけます・・・・・




17.
d0054276_20134777.jpg


18.
d0054276_20135794.jpg


19.
d0054276_20141169.jpg


20.
d0054276_20142774.jpg


21.『冷やしラムネ~』
d0054276_20144240.jpg

地蔵川の中にケースに入れたままのラムネが冷やしてありました
すぐ近くに『よく冷えたラムネ100円です、料金は道路の向こうのお店で払ってください』と書かれたものがありました~
のんびりしていて本当に長閑ですね~(#^.^#)




22.
d0054276_20145649.jpg


23.『明治時代の醒井小学校の玄関』
d0054276_20151169.jpg

建物を見ると大きな旅館や庄屋さんの家のようにも見えますが小学校の玄関のようです・・・・・




24.『旧醒井郵便局局舎』
d0054276_20152516.jpg

今は醒井宿の資料館になっています・・・・・
勿論入館は無料です~♪




25.
d0054276_20154036.jpg


26.『ヤマキ醤油本店』
d0054276_20155521.jpg


27.『醒井宿問屋場』
d0054276_20161066.jpg

現在はここも『米原市醒ヶ井宿資料館』になっています・・・・・
建物の中では陶器製の灯の展示をしていました~




28.
d0054276_20162468.jpg


29.
d0054276_20163695.jpg


30.
d0054276_2016493.jpg


31.
d0054276_2017179.jpg


32.『居醒の清水』
d0054276_20171914.jpg

水温が年間を通じて12.3~15.0度で1日の湧水量が約1・5万トンと言われています
『古事記』や『日本書紀』にも記載されている日本武尊が伊吹山の荒ぶる神の毒気にあたった時にその高熱を源流の水で癒したという『居醒清水(いさめのしみず)』『居醒の泉』と記載されています・・・・・

神社の境内脇の石垣の下から湧き出て旧中山道の畔を地蔵川となって流れるこの水は近在の西行水や十王水と共に醒井の人々にとって欠かせない生活の水になっています・・・・・
2008年6月には『平成の名水百選(環境省)』に選ばれました~(*´∀`*)




33.『加茂神社』
d0054276_20183286.jpg

この左側に『居醒の清水』が湧き出ています・・・・・




34.『延命地蔵尊』
d0054276_20185240.jpg

このお地蔵様が『地蔵川』の名の由来なのかも知れませんね・・・・・
詳しいことを聞き逃したので本当の訳は判りません~(´;ω;`)

毎年出かけているこの地蔵川の梅花藻と醒井宿の散策ですが同じような写真ばかりになってしまいます
また来年も出かけると思いますが今度は今までと全く違う風景を撮りたいです・・・・・







(OLYMPUS E-30)
(OLYMPUS E-620)
(ZUIKO DIGITAL 14-42 1:3.5-5.6)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)

(OptioRZ10)
by shizenkaze | 2015-08-09 21:19 | 小旅行 | Comments(12)
Commented by cynchia at 2015-08-09 22:00
こんばんは、清流が冷たくて気持ちよさそうですね。
涼しくなります。
Commented by yukity at 2015-08-09 22:29 x
海花藻にひっかかってる百日紅がよいアクセントになって
きれいですね、着物か帯の模様になりそう

個人の家に入るのにこんな橋を渡るんですね
生活のために橋は必要なのだと思いますが なんか風流でいいですね
明治時代の小学校の玄関は寺子屋の名残って感じですね

冷やし西瓜や冷やしラムネが昔ながらな風景ですね
“料金は道路の向こうのお店で払ってください”、
いいですね~(*^-^*)
Commented by nori_natural at 2015-08-09 22:51
こんばんは、
清らかな流れに、梅花藻に、百合に、ラムネ
楽園ですね〜
こんな場所で一日過ごしたいです(>_<)
Commented by odamaki719 at 2015-08-09 23:04
こんばんは??
 地蔵川は本当に涼し気で楽しいですね。
バイカモも綺麗ですが色々と咲いているのですね。
ニオイバンマツリやユリも綺麗ですね。
それにスイカがいいですね。
Commented by マーガレット at 2015-08-10 10:11 x
ゆっくり時間が流れていますね。
冷蔵庫で冷やしたものより水で冷やしたものは美味しいですね。
果物にしてもビールにしても。
本当の意味の豊かな生活をされておられるのではないでしょうか。
Commented by asitano_kaze at 2015-08-10 21:21
宿場としての条件として豊富な清水が得られること。納得です。
今もバイカモが生息できる清流を保っているというのがすばらしいですね。
民家のそばを流れる水、暮らしと結びついているのですね。
だからこそ、長い間きれいな水が保たれているのでしょうね。
川で冷やしたスイカを食べる。いいですねぇ。
それにしても、バイカモよく繁茂していますね。
心地よさそうに葉を揺らしていますね。
冷やしラムネですか。羨ましいですね。冷蔵庫のものより何倍もおいしそうです。
陶器製の灯、漏れる灯りは風情があるでしょうね。
1,3,5,14,15,18,20,いいですねぇ。
Commented by shizenkaze at 2015-08-10 21:47
cynchiaさん  ここの雰囲気はいつ行ってもいいです~
流れも梅花藻も見ていて飽きません・・・・・
伊吹山ドライブと醒ヶ井の養鱒場とここの梅花藻をバスツアーで大阪から来ている団体さんもいましたよ~(*´∀`*)
懐かしい大阪の言葉が飛び交っていました~(#^.^#)
Commented by shizenkaze at 2015-08-10 21:56
yukityさん  時期的に今から今月いっぱいが梅花藻と百日紅の共演が見られます~
地蔵川は川幅2.5m程度なので家の前にはそれぞれの家の橋があります
石橋が多いですがコンクリートのものや鉄製のものもあって橋を見ているだけでも楽しくなります
川の流れでものを冷やすことって最近は少なくなりましたがここや郡上ではまだ見かけます
冷蔵庫より自然の冷たさがいいでしょうね~
ラムネが飲みたかったのですがここに来る前にペットボトルを買って腰にぶら下げていたので買いませんでした~
醒ヶ井あたりだとカキ氷だって美味しいでしょうね~(*´∀`*)

観光地ですがまだ人情を感じられる街だと思います・・・・・・♪^^
Commented by shizenkaze at 2015-08-10 22:00
nori_naturalさん  大阪からですと日帰りでも何とか楽しめますよ~
早朝出発なら伊吹山のドライブから醒ヶ井の養鱒場の見物をしてからこの梅花藻を見て琵琶湖を眺めながら帰ることができますね~(*´∀`*)
ぜひいつか出かけてみてください~♪^^
Commented by shizenkaze at 2015-08-10 22:05
odamaki719さん  地蔵川のすぐ横に住んでいる人たちが庭の一部のようにして花等を植えたりしているのでいろいろな花も見られます~
百日紅や楓は街で植えたもののようですが本当に好き勝手に花が植えられていますよ
紫陽花の季節もきっと綺麗でしょうね~
梅花藻の花期は長そうなので調べて来年は他の花たちとのコラボも撮りたいですね~♪
スイカやラムネもいいですが今年は見られませんでしたがヤカンのままお茶を冷やしている光景も多くて見ていて微笑ましいです~♪^^
Commented by shizenkaze at 2015-08-10 22:09
マーガレットさん  地蔵川の流れは水温が一定なのでゆっくり冷やされますね
スイカもラムネもきっと適温なのでしょうね~
去年は川の中にヤカンが橋から吊り下げられている光景もよく見かけました
麦茶かな・・・・・なんて思いながら見ていましたが冷蔵庫より美味しいだろうな~と思いました
昔は我が家でも井戸水でいろいろなものを冷やしていましので懐かしいですね・・・・・♪
Commented by shizenkaze at 2015-08-10 22:15
asitano_kazeさん  こちらには東海道と中山道の宿場町が多いです
醒井宿の前後にも宿場はありますが観光用に残っているところはだんだん少なくなっています

梅花藻の見られる所まで家から1時間なので岐阜県で見られるところより近いです
梅花藻が地蔵川の流れに揺れている光景を動画で載せられれば良かったのですがやり方が判らないので写しませんでした
いつかそういう事もしてみたいです・・・・・

井戸水で冷やすことも少なくなっていますが川の流れでスイカや飲み物を冷やすなんて風流で贅沢なことですね~
きっと人に優しい温度になっているのでしょうね~(#^.^#)
1,3,5,14,15,18,20の写真を気に入って頂いて有難うございました~♪
名前
URL
削除用パスワード


<< 『山室湿原の鷺草(サギソウ)達... 『地蔵川へ梅花藻を見に・・・・・♪』 >>