『数珠玉(ジュズダマ)と蛇瓜(ヘビウリ)と唐綿(トウワタ)の花~』

相変わらず太陽が熱く輝いています・・・・・
今日も一日暑い日になりました~゚(゚´Д`゚)゚

今日から暫くはエーザイの薬草園で出逢った花達を載せたいと思います
その間に色々な所で風景や花達を写そうと思っています~


1.『数珠玉(ジュズダマ)』  イネ科ジュズダマ属の多年草
学名はCoix lacryma-jobiと言います~
d0054276_20315171.jpg

雌雄同株で上部の葉の脇からたくさんの花穂を立てます・・・・・
硬くて艶のある苞鞘の中に雌花穂があってその先に雄花穂が垂れ下がります~♪




2.
d0054276_2032199.jpg

葉は玉蜀黍(トウモロコシ)に似た線状の披針形で互生で長さは30~60cm幅は2~4cmで先が尖って縁はざらつきます・・・・・
果期になると苞鞘は白、灰色、灰褐色、黒などに色付きます~
これに糸を通して数珠のように繋げて遊んだのが名の由来になります・・・・・♪




3.
d0054276_20321212.jpg

根は生薬で『川穀根(せんこくこん)』と言って煎じて飲むとリューマチ、神経痛、肩こりなどに効くようです~
種子は『川穀(せんこく)』と言って煎じて飲むと美肌保全、健胃、解熱、利尿などの薬効があります・・・・・




4.
d0054276_20322293.jpg


5.
d0054276_20323133.jpg


6.
d0054276_20324133.jpg


7.
d0054276_20325075.jpg


8.
d0054276_2033114.jpg

このジュズダマを改良して栽培したものが『ハトムギ』です~(*´∀`*)




9.
d0054276_20331350.jpg

ジュズダマは今までは私のホームグランドにしている達目洞(だちぼくぼら)で良く写していましたが最近はこの薬草園で写す事が多くなりました・・・・・
色々な角度から写せるので便利なんです~(#^.^#)




10.
d0054276_20332351.jpg






11.『蛇瓜(ヘビウリ)』  ウリ科カラスウリ属の一年草
学名はTrichosanthes anguinaと言います~
d0054276_20333598.jpg

インドが原産地で別名を『毛烏瓜(ケカラスウリ)』と言います~
烏瓜(カラスウリ)とよく似た白い花を咲かせます・・・・・
花冠は4つに裂けて裂片の縁が長く細く裂けます~
烏瓜(カラスウリ)の花は夜に咲くので見たり写したりするのは大変ですがこのヘビウリは昼に咲くので写真を撮るのは楽です~(*´∀`*)




12.
d0054276_20334592.jpg


13.
d0054276_20335769.jpg


14.
d0054276_2034665.jpg


15.
d0054276_2034152.jpg


16.
d0054276_2034265.jpg

和名の由来は果実が細長く蛇のようにくねっていることからきています・・・・・
熱帯地域では食用にしていますが日本では多くは観賞用として栽培されています~




17.
d0054276_2034368.jpg


18.
d0054276_20345016.jpg


19.
d0054276_2035179.jpg

葉は卵円形で手のひら状に裂け互生です・・・・・
葉には艶はありません
花の後にできる実は長さが30~100cmくらいあって実の色は淡い緑色で濃い緑色の縞模様が入ります
地面に落ちたものを見ると蛇と間違えそうになりますね・・・・・




20.
d0054276_20351012.jpg


21.
d0054276_20352077.jpg






22.『唐綿(トウワタ)』  キョウチクトウ科ガガイモ亜科トウワタ属の多年草
学名はAsclepias curassavicaと言います~
d0054276_20353267.jpg

熱帯アメリカが原産地です




23.
d0054276_20354380.jpg

色も姿も可愛いですね
茎などを切ると白い乳液を出すため『milkweed』と呼ばれますが有毒です・・・・・




24.
d0054276_20355367.jpg


25.
d0054276_2036568.jpg


26.
d0054276_20361540.jpg

蜜が甘くて美味しいのかいつ見てもアリがたくさん集まっています




27.
d0054276_20362565.jpg

写真の色が変わって見られるものもありますがコンデジとデジイチで写していたので色の出方に違いがあります・・・・・・・♪

13日から16日まで会社は盆休みなんですが6月から毎週3日間の休みになっているので以前のように『わ~夏休み~』なんて気分ではないです・・・・・
近場から少し遠くに出かけていろいろ写したり眺めたりしたいですが13日と14日は天気が良くないみたいです・・・・・゚(゚´Д`゚)゚
天気次第で臨機応変に過ごそうと思っています~~(#^.^#)





(OLYMPUS E-30)
(OLYMPUS E-620)
(ZUIKO DIGITAL 14-42 1:3.5-5.6)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)

(OptioRZ10)
by shizenkaze | 2015-08-11 21:19 | 身近な自然の話 | Comments(16)
Commented by to-y_niya at 2015-08-11 21:23
こんばんは☆
ジュズダマ。。。なぜかなかなか出会えないのです(..)
トウワタ。。。やっぱり私は アスクレピアスと呼んでしまいます^^
とってもとっても面白い姿で~何度見ても見入っちゃいます♪ 可愛い(*^^)♪
私も パワーもらって・・・ちょっと花散歩したい^^;;;
Commented by odamaki719 at 2015-08-11 21:31
こんばんは??
 ジュズダマが実り始めは可愛い色ですね。
ヘビウリってカラスウリとよく似ていますが違うのですね。
綺麗なのですね。
トウワタも可愛いですね。
今年はまだ出会っていません。
Commented by nori_natural at 2015-08-11 21:57
こんばんは、
数珠玉、子供の時糸を通して数珠玉を作った事があります。
アップで見るとイメージが変わって見えますね。
そういえば大阪に来てからは数珠玉、見た事が無いような気がします。
Commented by soyokaze-1020 at 2015-08-11 22:39
こんばんは♪
ジュズダマ、お手玉の中に入れていました。
ころあいの重さで音も良く、お気に入りでした。
けれど、お花は最近知りました。
垂れ下がった姿が可愛いですねぇ。
5、6、7、8、淡い色の絵がいいですね。
ヘビウリの花、見たことはありませんが、レースのようで見方によっては美しい~!
けれど、生き物のようにも見え、今にも動き出しそうです。
15、19、きれいです。
トウワタ、鮮やかな色のお花ですね。実物を見たことがありません。
25、好みです。

Commented by hibikorekouji2 at 2015-08-11 22:58
小学生の頃、数珠玉で作ったブレスレットをしている子がいて羨望の眼差しで見ていました。
ピカピカの数珠玉は私の目には宝石のように映っていました。

ヘビウリは見たことがないけど、純白で繊細な奇麗な花ですね。
14.が凄く素敵ですね~^^
Commented by guri-iki at 2015-08-12 00:08
こんばんは。
懐かしい〜!ジュズダマで遊んだみなさんはきっと同世代ですね。
やっぱりハトムギの親だったのですね!効能に美肌保全とあったのでもしや?と思いました。
飲んでますよ、ハトムギ。炎天下で撮っているとお肌がえらいことになるんです(爆)
気休めですけどね。
Commented by timata-sn at 2015-08-12 06:50
shizenkazeさん お早う御座います。
今朝は曇り空の様です、雨に成ると言って居ますが。

ジュズダマ 可愛いですよね。
昔田舎では何処の畑の辺にも育てて居られた様に思いますが、
最近は見かけませんね。
姉が首飾りや腕に付けたり、お手玉の中へ入れて遊んで居ましたよ。
ヘビウリ と言うんですね、カラスウリに似て居る様ですね。
といってもブログでしか見た事がないんですが。
トウワタ 色鮮やかで綺麗ですね。
Commented by マーガレット at 2015-08-12 09:09 x
ジュズダマ、懐かしいですね。
お手玉を作ってよく遊びました。
小豆を入れたものより、やはりよかったですね。
Commented by shizenkaze at 2015-08-12 21:47
to-y_niyaさん  ジュズダマはこちらでは野生のものが時々見られますがたくさん写そうと思うと薬草園が楽ですね~
トウワタをアスクレピアスって呼ぶ人もいますね
園芸種や栽培種をいつも見ている人はアスクレピアスを使うようですね~
『明日くれピアス』って書いてしまうと何となくピアスを明日プレゼントしなくちゃって気になってしまいますね~(*´∀`*)

まだまだ暑いので自然の中へ出かけるなら水筒などは必需品ですね
お盆の休みを楽しんでください~(*´∀`*)
Commented by shizenkaze at 2015-08-12 21:52
odamaki719さん  褐色になったジュズダマも好きですが今の頃の初々しい色姿は可愛いですね~
花も可愛いと思いますがイネ科花粉症の人達には厄介者なんでしょうね・・・・・
ヘビウリはカラスウリの仲間ですが花が昼に咲くので私のようなものにとっては有難い花です
でもあの長い実は可愛気がないですね・・・・・(´;ω;`)

トウワタは薬草園では毎年見ていますが最近はフウセントウワタに逢えません
昔は人気があって彼方此方に植えられていましたが最近はサッパリ見なくなりました
花などにもその年の流行があるようですね~♪^^
Commented by shizenkaze at 2015-08-12 21:56
nori_naturalさん  私が子供の頃にはお墓参りに出かけるときに歩いた田畑の畦道にジュズダマがたくさん生えていました
よく採って遊びましたが今は見かけなくなりました
それでも河川敷や湿地のある場所に時々見かけます
若くて緑色の時も褐色に熟したものも綺麗だと思います~♪
Commented by shizenkaze at 2015-08-12 22:03
soyokaze-1020さん  ジュズダマ入りのお手玉は男の私でも子供の頃には持っていました
母が作ってくれたものでみんなで遊んだ記憶が残っています
ジュズダマは達目洞でよく見かけていたので毎年写していましたが最近は薬草園で写すようになりました・・・・・
達目洞のものが一度刈り取られてしまったのでガッカリしたことがありました

ヘビウリの花はカラスウリと似ていて昼に咲くので私には嬉しい植物です~
花は可愛いですが長くなる実は本当に蛇のようですね・・・・・゚(゚´Д`゚)゚
トウワタは色も綺麗で花が蕾から開く姿も不思議な形なので楽しいです
同じ仲間のフウセントウワタとは全く花も実も違いますね

5.6.7.8.15.19.25の写真を気に入って頂いて有難うございました~(*´∀`*)
Commented by shizenkaze at 2015-08-12 22:08
hibikorekouji2さん  ジュズダマの褐色になったものは艶があって綺麗ですね
ハデさはないですが渋くて美しく感じます
子供の頃にはお手玉の中に入れて遊んでいました

ヘビウリはカラスウリと同じでレースのような白い花が綺麗で可愛く咲いていました
でもこの実は本当にヘビに見えますね・・・・・
叢に落ちていたら大半の人はヘビと思うでしょうね~
14の写真を気に入って頂いて有難うございました~♪
Commented by shizenkaze at 2015-08-12 22:13
guri-ikiさん  ジュズダマ世代が私のブロ友さんには多いかな~^^
ハトムギはジュズダマの栽培種なので苞鞘は少し柔らかいですがジュズダマはカチカチです~(*´∀`*)
漢方でもムクミ予防などに使うので健康にはいいですね
私はハト麦の入っているお茶をよく飲んでいます
気休めでも多少は効能を信じてますよね~(#^.^#)
Commented by shizenkaze at 2015-08-12 22:18
timata-snさん  こちらは明日から雨のようです
ジュズダマは長良川の河川敷でもポツンと1本生えていたことがありますし私のホームグランドの達目洞でも道端に咲いていましたが最近は楽なので薬草園で写しています~
ヘビウリはカラスウリにとても花は似ていますがカラスウリは夜中から早朝に咲くので私には写せません・・・・
ですから昼に咲く花はとても有難いです~

薬草園などで写していると自然の中で写すより楽なのですぐに頼ってしまうので初心に帰って自然の中の散策も楽しむようにしたいですね~♪
Commented by shizenkaze at 2015-08-12 22:21
マーガレットさん  子供の頃には小豆入りのお手玉は勿体ないからと言って殆どがジュズダマを入れて使っていたようです~
今だときっとジュズダマで作ったお手玉の方が高価でしょうね・・・・・

たくさんのジュズダマを入れた枕なんて健康的でしょうね~(*´∀`*)
名前
URL
削除用パスワード


<< 『粟(アワ)と禊萩(ミソハギ)... 『山室湿原の鷺草(サギソウ)達... >>