『アオイ科の花3種とゴボウの実とトウゴマの実・・・』

今日はエーザイの薬草園で見たアオイ科植物の花を3種類載せてみました~
今回初めて紹介する植物もあります・・・・・

以前載せた『ゴボウの実』に多くの反響がありましたので今回は実の内部を写したものを載せました
そして同じようなトゲトゲの丸い実が見られるトウゴマも一緒に載せました~



1.『黄蜀葵(トロロアオイ)』  アオイ科オクラ属の一年草
学名はAbelmoschus manihot と言います~
d0054276_20245314.jpg

別名をハナオクラとも言います~
大形の花穂を立て黄色くて中心が暗い紫色をした5弁花を開きますが花は一日花で夕方の早い時間に閉じてしまいます~♪




2.
d0054276_2025674.jpg

日本へは古い時代に渡来したと言われています
根を擦り潰したた粘液が手漉和紙の糊として利用されてきました・・・・・
全体に粗い毛で覆われています
根を黄蜀葵根(おうしょっきこん)と言って鎮咳薬などに用いられる他に食品添加物としても使用されています




3.
d0054276_2025175.jpg


4.
d0054276_20252720.jpg






5.『海島綿(カイトウメン)』  アオイ科ワタ属の一年草
学名はGossypium barbadenseと言います~
d0054276_20253963.jpg

私のブログでは初めての紹介になります~
原産地は南アメリカのペルーや西インド諸島やブラジルなどの熱帯地域で栽培されています
花は黄色い5弁花であ花冠の真ん中は暗い赤色をしています・・・・・(*´∀`*)




6.
d0054276_20255032.jpg

葉は掌状に裂けて互生です・・・
実は卵形のさく果で熟すと裂けて開き長い綿毛のある種子を出します~




7.
d0054276_2026054.jpg

『ウミシマワタ』と読ませる事もあるようですが普通は『カイトウメン』と言っています
別名をシーアイランドワタとも言うようです~♪
属名のGossypiumはラテン語の『腫れ物(gossum)』からきていて膨らんだ果実の形を腫れ物にたとえたもののようです~
種小名のbarbadenseは『バルバドスの』という意味から来ています・・・・・




8.
d0054276_2026116.jpg

ワタ属の中では一番遅く咲くようです・・・・・♪





9.『ローゼル』  アオイ科フヨウ属の一年生または多年生の亜灌木(亜低木)
学名はHibiscus sabdariffaと言います~
d0054276_20262293.jpg

西アフリカ原産で旧世界の熱帯地方に分布しています
ロゼリ草、ローゼリ草、レモネードブッシュなどとも呼ばれています~

以前にも蕾の姿は載せましたが今回は花が咲いていましたので花を写せました
可愛いピンクの花は他のアオイ科の花達とは少し感じが違いますね・・・・・




10.
d0054276_20263467.jpg

花の色は淡いピンクとクリーム色のものが見られました~




11.
d0054276_20264668.jpg

萼と苞の肥大した部分は酸味があって生食ができます・・・
ジャムやゼリー、酒、ハーブティーや清涼飲料など様々なことに利用されています~
葉は野菜として食べられ茎は繊維としても利用されています
ミャンマーでは『チンバウン』と言って葉を炒め物やスープにするようです~(*´∀`*)




12.
d0054276_20265633.jpg


13.
d0054276_202772.jpg

ローゼルは花や果実(正確には肥大した萼と苞)をハーブティー『ハイビスカス・ティー』に利用されます~
ハイビスカス・ティーは赤い色でクエン酸などの植物酸が豊富で酸味がありビタミンCの補給源でもあります
他のハーブとブレンドされることも多く特にローズヒップとのブレンドは互いの成分による相乗効果が期待される飲み物になります~♪^^




14.
d0054276_20271891.jpg

こんな感じで咲いています~
とても可愛い花です・・・・・(o ̄∇ ̄o)♪




15.
d0054276_20272879.jpg


16.
d0054276_2027389.jpg






17.『牛旁(ゴボウ)』  キク科ゴボウ属の多年草
学名はArctium lappa L.と言います~
d0054276_20275357.jpg

ゴボウは食卓にも出ることの多い野菜ですが普段は花が咲く前に収穫されるので花を見る機会がありません
ですから花が終わったあとの『実』もなかなか見る事がありません・・・・・・

以前この実を載せましたら面白いとか珍しいと言う反響がありましたがその中で『実の中ってどんなふうになっているの?』と言うコメントをいただきました~
私も興味がありましたので出かけて落ちていた実を割ったり枝に付いているもので割れているものの中を写しました・・・・・




18.
d0054276_2028657.jpg

実が熟して乾燥すると先の方から割れ始めます・・・・・♪




19.
d0054276_20282118.jpg

私は実の中にはアメリカフウやキリのような細かい種子が詰まっているものだと思っていましたが実の中の種子は結構な大きさでした~♪




20.
d0054276_20283345.jpg

こんなカプセル状の種子だとは思いも寄りませんでした~(o ̄∇ ̄o)♪




21.
d0054276_2028495.jpg

気になったものって調べなきゃ損ですね~
これで私もひとつ物知りになりました・・・・・・(*´∀`*)




22.
d0054276_2029151.jpg

まだこんなにたくさん付いていました・・・・・♪^^





23.『唐胡麻(トウゴマ)』   トウダイグサ科トウゴマ属の多年草
学名はRicinus communisと言います~
d0054276_20291244.jpg

別名をヒマ(蓖麻)と言い種子から得られる油はひまし油(蓖麻子油)として広く使われています・・・・・
原産地は東アフリカのようですが現在では世界中に分布している植物で公園などの観葉植物として利用されることも多くなっています~




24.
d0054276_20292437.jpg

いかにもトウダイグサ科の花って感じがしますね・・・・・(o ̄∇ ̄o)♪




25.
d0054276_20293572.jpg

この植物も何度となく載せていますがこの実の姿が何となく『ゴボウの実』に少し似ているので載せてみました




26.
d0054276_20294715.jpg


27.
d0054276_20295874.jpg


28.
d0054276_20301162.jpg

この実の中はゴボウとは全く違っていますね・・・・・
何となく不気味な姿に思えます~




29.
d0054276_20302540.jpg


30.
d0054276_20303512.jpg


31.
d0054276_20304890.jpg

まだ蕾もたくさん見られました・・・・・
毒性もありますが食べなければ大丈夫なので公園などでもよく出会いました
フラワーパーク江南のカラーガーデンにも植えられていました~(*´∀`*)

日曜日に粕森公園で猫と遊んでいました
今までにここで見たことの無い猫でまだ若い猫でした
以前仲良くなったカッシーやシーやナリャンを最近は見かけません
この若い猫2匹にムック(木槿)とアオイ(葵)と名付けたのでこれから親しくなります~(*´∀`*)





(OLYMPUS E-30)
(OLYMPUS E-620)
(ZUIKO DIGITAL 14-42 1:3.5-5.6)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)

(OptioRZ10)
by shizenkaze | 2015-09-14 21:31 | 身近な自然の話 | Comments(12)
Commented by odamaki719 at 2015-09-14 21:55
こんばんは??
 トロロアオイの花はやはり綺麗ですね。
1枚目が好きです。
カイトウメンは初めて見ましたが一目惚れの感じです。
5・6枚目が好きです。
ローゼルは少し変わっていますね。
ゴボウってこんなになるのですね。

Commented by to-y_niya at 2015-09-14 22:14
こんばんは☆
ゴボウの実!!! 最初の写真見て
タンポポとかコスモスみたいな感じかなぁ・・・って・・・
そしたら ヒマワリの実みたいなのですね(@_@)
想像と違っててビックリでした~ひとつ賢くなりました^^  感謝♪
Commented by timata-sn at 2015-09-15 07:05
shizenkazeさん お早う御座います。
今朝も良いお天気です、爽やかな朝ですよ。

トロロアオイと言うんですね、綺麗で大きな花ですよね。
別名のハナオクラで覚えて居ましたよ。
カイトウメン と言うんですね、初めて見た様に思います。
ローゼル は色が淡いピンクで綺麗ですね!!
こちらも初めての様に思います。
ゴボウ の実の弾けた所を見るのも初めてですよ。
この様に成って居るんですね。
トウゴマ 花は小さくて可愛いですね。
Commented by asitano_kaze at 2015-09-15 14:21
ハナオクラは花が見栄えするのか自宅マンションの庭にも植えられています。
カイトウメン、6の佇まい、いいですねぇ。
そして8、神秘的な気配が感じられます。
ゴボウの実、面白いです。探求心旺盛生なshizenkaze さん、種子もしらべられたのですね。
ヒマワリのように大きいですね。
1,5,12,14,17,22,25,30,いいですねぇ。
Commented by yukity at 2015-09-15 19:56 x
カイトウメン、初めて拝見します
花びらは薄いのか透けて見える感じも色も素敵ですね

ローゼルの実は知ってましたが花は初めてです
淡いピンクもクリーム色もかわいいですね
中心部の日の丸のような丸い赤もいいなぁと思います
枝までこんなふうに赤いんですね
オクラの花と少し似てるように思いますが
もっと小さいんでしょうね
Commented by koneko3y at 2015-09-15 20:18
リクチメンというワタの種類を写したことがあります。

今日はゴボウの種子を見せていただき
意外さに驚きました。
花がアザミに似ているので、種子も似ているのかと
思っていました。
Commented by shizenkaze at 2015-09-15 21:12
odamaki719さん  トロロアオイの花はオクラに似ていてとても綺麗で可愛いですね
カイトウメンは綿花ですが一般に栽培されているリクチメン(メキシコ綿)より少ないようです
どちらも可愛い花なので綿花には魅力がありますね~
ローゼルも花が咲き始めました
ゴボウの種子は想像とは真逆でした~
大きな種に驚きました・・・・・

1.5.6の写真を気に入って頂いて有難うございました~(*´∀`*)
Commented by shizenkaze at 2015-09-15 21:15
to-y_niyaさん  ゴボウの種子は意外でした・・・・・(*´∀`*)
ケシの実みたいな細かなものを想像していたので『えっ?』って声が出てしまいました~
niyaさんが『見たい~』ってコメントしてくれたので私も興味が出てこの結果が判りました・・・・・
私もひとつ知識が増えました~(o ̄∇ ̄o)♪
Commented by shizenkaze at 2015-09-15 21:20
timata-snさん  昼間はまだ少し暑さも感じられますが朝夕は涼しくなりましたね~
暑がりの私も掛け布団を寝るときには使うようになりました

トロロアオイは和名ですがハナオクラと言う人も多いですね
カイトウメンは綿花の一種ですが普通のものより少ないようです・・・・・
ローゼルも花を咲かせ始めました
他のアオイ科の花の色と少し違うので珍しく感じますね~
ゴボウの種子ってこんなに大きいんですね
細かなものだと思っていたので驚きました・・・・・♪
Commented by shizenkaze at 2015-09-15 21:26
asitano_kazeさん  トロロアオイは美濃和紙にも使われているようですね~
綺麗な花が咲いて利用価値もあるといいですね・・・・・

綿花もいろいろ見ましたがカイトウメンは初めてでした
この薬草園でも初めて見たような気がします
他の綿花も綺麗な花が咲くので見ていて楽しいです
これからは花壇などでも多く見られるようになりそうですね・・・・・(*´∀`*)

ゴボウの実の中に興味が出て今回は落ちていた実を踏んで中を見ようとしましたが粉々になってしまいましたので枝に付いているもので中が見られるものを選んで写しました
見るまでは細かなケシの実のような趣旨だと思っていましたが楽しく裏切られました~(*´∀`*)

1,5,12,14,17,22,25,30の写真を気に入って頂いて有難うございました~♪^^
Commented by shizenkaze at 2015-09-15 21:31
yukityさん  カイトウメンも可愛い花でした~
アオイ科の花達ってどれも可愛いし綺麗ですね・・・・・
フヨウやムクゲも綺麗ですがこんな背の低い木や草に咲く花達もいいですね~(o ̄∇ ̄o)♪
ハイビスカスティーに使われるローゼルも花は可愛いですね
他のアオイ科の花とは少し色が違っているのでそれも可愛いと思いました
花の大きさはオクラよりずっと小さいです
Commented by shizenkaze at 2015-09-15 21:36
koneko3yさん  綿花の種類も多いようですが一番多く栽培されているのがリクチメンと言われているメキシコ綿です・・・・・
綿花はどれも可愛い花が咲きますね
オクラもトロロアオイもアオイ科の花はみんな好きです~(*´∀`*)

ゴボウの種子が大きかったのには驚きました
細かなものを想像していたので中が見られる実を見てビックリしながら笑ってしまいました(*´∀`*)
興味を持つことで楽しいことが少しずつ増えますね~(o ̄∇ ̄o)♪
名前
URL
削除用パスワード


<< 『蝦夷譲葉(エゾユズリハ)と莢... 『彼岸花の咲く風景』 >>