『釣舟草(ツリフネソウ)と黄釣舟(キツリフネ)と蝮草(マムシグサ)等・・・・・』

昨日出かけた下呂市金山の横谷峡を散策していた時に出逢ったツリフネソウやキツリフネを載せます
ツリフネソウには良く出会いますがキツリフネは今まで自然の中に咲いているものに出逢いがありませんでした
四つの滝を見ながら歩いている時にツリフネソウを見ました・・・・・
キツリフネは連れ合いが見つけて教えてくれました~(*´∀`*)

今日載せたマムシグサの実もアケビの実やヤマフジの実は全部連れ合いが見つけてくれたものでした~
こういうものを見つけるのは私より素早いです・・・・・(o ̄∇ ̄o)♪
ツリフネソウ達は滝の近くに咲いていたので薄暗くてシャッタースピード等の変更をしないで写したのでブレて写っているものが多くなりました・・・・・(´;ω;`)



1.『黄釣舟(キツリフネ)』  ツリフネソウ科ツリフネソウ属の一年草
学名はImpatiens noli-tangereと言います~
d0054276_20193129.jpg

自然の中に咲いているのを初めて見ました・・・・・
ツリフネソウは何度も出逢えましたがこのキツリフネには逢えずいつか出逢いたいと思っていました
やっと念願叶って出逢うことができました~(*´∀`*)




2.
d0054276_20195119.jpg


3.
d0054276_2020178.jpg

薄暗い所なのでブレてしまいましたが初めて写した花なので載せました・・・・・
図鑑などで見るとキツリフネはツリフネソウのように尻尾のような部分が丸くならないと書かれているものが多いのですがこのキツリフネは丸くなっていました・・・・・
別種なのでしょうか?




4.
d0054276_20201315.jpg


5.
d0054276_20202554.jpg


6.
d0054276_20203773.jpg

こんな感じでたくさんの花が見られました~(o ̄∇ ̄o)♪




7.
d0054276_20204787.jpg


8.
d0054276_202113.jpg






9.『釣舟草(ツリフネソウ)』  ツリフネソウ科ツリフネソウ属の一年草
学名はImpatiens textoriと言います~
d0054276_20211317.jpg

ムラサキツリフネ(紫釣船)とも呼ばれるようです~
近くでは見られない花なのでいつも遠くまで出かけて見ています
先日は神崎川の近くで出会いました
私の知っている所では阿弥陀ケ滝の近くとひるがの高原の川の畔と長良川の源流部の夫婦滝へ行く道の近くだけです・・・・・




10.
d0054276_20215845.jpg


11.
d0054276_20221491.jpg


12.
d0054276_20222564.jpg


13.
d0054276_20223885.jpg


14.
d0054276_20225011.jpg


15.
d0054276_2023262.jpg


16.
d0054276_20231449.jpg


17.
d0054276_20232571.jpg


18.
d0054276_2023352.jpg


19.
d0054276_20234576.jpg


20.
d0054276_20235569.jpg

このツリフネソウは白っぽく見えました
普通の花が時間を経て色が淡くなったのかと思っていましたが調べているうちに近種の白花釣舟草のように思えました・・・・・




21.
d0054276_2024528.jpg

このツリフネソウは川沿いの道脇に咲いていましたが滝の近くで見たものより小さな花が咲いていました
個体差なのか近種で違う小型のツリフネソウなのか判らないです・・・・・




22.
d0054276_20241787.jpg


23.
d0054276_20242872.jpg


24.
d0054276_20243875.jpg






25.『蝮草(マムシグサ)の実』  サトイモ科テンナンショウ属の多年草
学名はArisaema serratumと言います~
d0054276_20244846.jpg

この実を見つけたのは連れ合いでした・・・・・
『あの気持ちの悪いのは何?』と指を指してくれたので気がつきました
この個体の他に数本のマムシグサを見つけてくれました~





26.『アケビの実』  アケビ科アケビ属の蔓性落葉低木
学名はAkebia quinataと言います~
d0054276_20245830.jpg

これも連れ合いが見つけたものですがアケビの実は中身が落ちて皮だけが残っていました
自然に落ちたものなのか鳥達が突っついて食べたものなのかは判らなかったです~




27.
d0054276_2025817.jpg

これも皮だけでした・・・・・





28.『山藤(ヤマフジ)の実』  マメ科フジ属の蔓性落葉樹
学名はWisteria brachybotrysと言います~
d0054276_20252034.jpg

アケビの実と一緒にヤマフジの実(豆莢)が見られました~
藤棚などで見かけるノダフジの実とそんなに変わりがないようですね・・・・・
この鞘の中の豆は炒って食べることができますね~~(*´∀`*)




29.
d0054276_2025335.jpg


30.
d0054276_20254326.jpg


自然の中の散策は一人より二人・・・二人より三人と多い方が多くのものを見つけられますね
でも一人の方が時間を気にせずのんびり値散策することはできますね・・・・・

今回は私の目では出逢えなかったものも写すことができて良かったです~(o ̄∇ ̄o)♪





(OLYMPUS E-30)
(OLYMPUS E-620)
(ZUIKO DIGITAL 14-42 1:3.5-5.6)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)
by shizenkaze | 2015-10-05 21:06 | 身近な自然の話 | Comments(24)
Commented by odamaki719 at 2015-10-05 21:39
こんばんは??
 キツリフネって綺麗ですね。
2・3・4・5枚目が好きです。
ツリフネソウは可愛いですね。
10・11・12・13・21枚目が好きです。
マムシグサの実はこんな感じなのですね。
Commented by koneko3y at 2015-10-05 22:02
私もキツリフネは写しましたが、なんとなく違います。
距は丸まっていなくて垂れ下っていました。
ツリフネソウは色違いも何種類かありますが、上の写真のツリフネは
初めて見ました。
Commented by li_se at 2015-10-05 22:54
こんばんは
キツリフネがとてもきれいですね。
こちらも見ることはありますが
これだけまとまって、美しい状態はあまり見ません。

マムシグサ、粒粒がちょっと気持ち悪いのかな?とは思いますが
ツヤツヤの緑がきれいですね。
自然散策、たしかにひとりだと見逃しも多いですね。
近くの里山ではよく、すれ違う散歩の人が色々教えてくれて役立ちます^^
Commented by nori_natural at 2015-10-05 23:54
黄釣舟、なんとも不思議な格好の花ですね〜
アケビですか、子供の時は穫ってよく食べた物です。
もう何十年も食べてないですし見る事も無いです。
Commented by timata-sn at 2015-10-06 07:26
shizenkazeさん お早う御座います。
今朝は良いお天気の様です、肌寒く感じますよ。

キツリフネが沢山咲いて居るんですね。
自然の中に咲いて居るのは良いですね。
花に距がくるっと回って居て可愛いですよね!!
ツリフネソウも綺麗な色ですね、こちらも可愛いですね。
マムシグサの実を見つけられたのですね、
緑色の艶々として居て綺麗ですね。
アケビの実は昔子供の頃によく食べて居ましたよ、懐かしいですね。
フジの実も一緒に生って居たのですね。
Commented by cynchia at 2015-10-06 08:14
おはようございます、藤の実は食べれるのですね、
どんな味でしょうか。
Commented by kabu360 at 2015-10-06 13:50
金山に来られたのですね
たまに私も行きますがなかなかこうした野草を
目当てで出掛けることはないので新鮮な感じで
観させていただきました。ツリフネ草と言えば紫の
葉先が船に似た
部分が印象有りますが 黄色は初めて見ました!
またマムシ草はやはり容姿が独特ですね
最後の大藤の実?最近私もあるお寺で見かけました。
Commented by soyokaze-1020 at 2015-10-06 18:45
こんばんは♪
6、たくさん咲いていますねぇ。
こちらではこの時期は紫色のツリフネソウが多く、キツリフネは既に終わっています。
ほんとだ!距がクルリンと巻いていますね?
このような花は見たことがありません。
キツリフネの仲間で検索してみましたが、判りませんでした。
5、6、いいですね。
先日紫色のツリフネソウの群生に出会いました。
葉の上に花を咲かせ果実も沢山つけていました。
触りますと弾けて、遊んでしまいました~^^
面白かったです・・・(´∀`)
12、13、21、いいですね。
これからの時期、色々な実が見られますね。
山歩き、なかなか出かけられません。

Commented by tanuki_oyaji at 2015-10-06 19:30
shizenkazeさん、こんばんは〜♪
ツリフネソウはよく見ますがキツリフネの天然ものは珍しいですね。
ちょっと標高の高いところの方で見かけることが多いです。
マムシグサの実ももう少しすれば真っ赤になりますね。
Commented by to-y_niya at 2015-10-06 19:37
こんばんは☆
ツリフネソウのクルンってなったしっぽ(^.^)可愛い〜〜ですね〜(*^^*)
藤の実を 初めて見た時は かなり衝撃的でした(^◇^;)ちょっと不気味ですよね〜(笑)
そうなんですよね〜誰かと一緒も楽しい♪
一人気ままも楽しい♪
Commented by ten-zaru at 2015-10-06 20:32
shizenkazeさん、今晩は。
キツリフネは貴重な花ですよね。
薄暗いところでの撮影がかえってよかったと思えるぐらいの色合いですよ。
Commented by yukity at 2015-10-06 20:51 x
念願のツリフネソウに会えてよかったですね~
自然に中で出会いたいと思える花に出会えると本当に嬉しいですよね
自然の中のキツリフネ きれいですね、何か特別感があるように感じます
私も個人宅のお庭などでしか見たことがなく
こんなふうに咲いてたら、可愛らしい姿をまじまじと観察すると思います
やっぱり “くるん” がなんとも可愛いですね (*^.^*)
Commented by shizenkaze at 2015-10-06 21:26
odamaki719さん  ツリフネソウにも大小2種類のように見えました
キツリフネに初めて出会えたので嬉しかったのですが距が伸びていなくてクルリとなっていたので不思議でした・・・・・
調べてみてもハッキリ判らないのでキツリフネとして載せました
マムシグサの実はこれから赤くなります~

2・3・4・5・10・11・12・13・21の写真を気に入って頂いて有難うございました~♪
Commented by shizenkaze at 2015-10-06 21:29
koneko3yさん  本当に変な姿の花です
調べてもキツリフネは距が下に伸びていて変種としても無さそうなのでハッキリした事は判りませんがツリフネソウの黄変色種みたいなものかも知れないですね~
でも黄色い色のツリフネソウを自然の中では見た事がないので嬉しかったです・・・・・(*´∀`*)
Commented by shizenkaze at 2015-10-06 21:35
li_seさん  ツリフネソウの自然群生は今までにも見ていますがキツリフネを自然の中で見るのは初めてでした・・・・・
図鑑などで見ているキツリフネとは距の姿が違うので正式なキツリフネではないのかも知れませんが私は満足しています~♪

ウラシマソウはよく見ますがマムシグサはあまり出会えないのでここで実を見て存在が判ったので花の季節に見る事ができそうです~
人が多いとそれだけ情報が多く入りますね・・・・・
でも雑談ばかりして歩いていると見逃すかも・・・・・(´;ω;`)
2~3人くらいがベストでしようね~♪^^
Commented by shizenkaze at 2015-10-06 21:37
nori_naturalさん  ツリフネソウ達は姿が面白いので毎年出会いたい花です~
アケビは薬草園で見られますが近くに有る水道山等でも見掛けるので見たら写します私も最近はアケビを口にしていないです~
子供の頃に食べた記憶とは全く別物になっていると思います・・・・・
Commented by shizenkaze at 2015-10-06 21:42
timata-snさん  良い天気が続きますね
朝夕は涼しいと言うより少し寒く感じるようになりました・・・・・

ツリフネソウはよく見ますがキツリフネは初めてでした
図鑑などで見るキツリフネとは少し違うみたいですが初めて群生を見たのでこれで大満足しています~
マムシグサも実が見られたので来年は花の季節に出かけたくなりました・・・・・

アケビなどは子供の頃に食べていても今食べると記憶とのギャップが大きいですね
今はいろいろな食べ物が豊富なので自然のものの味が弱く感じてしまいます
Commented by shizenkaze at 2015-10-06 21:49
cynchiaさん  フジの実の味は言葉では判りにくいですが香ばしくて不味くないです
但し生はダメなので必ず炒るか茹でるかしてください
塩を振りかけるとビールのおつまみ位にはなりそうです~(*´∀`*)
多食は良くないようなので10個くらいまでが良いと思います・・・・・
Commented by shizenkaze at 2015-10-06 21:53
kabu360さん  金山方面は立ち寄り温泉によく行きました
釣りをしていた頃は焼石辺りが多かったので何度も出かけました
去年は横谷峡と巨石群で行っています
ここで見たキツリフネは本当のキツリフネじゃないようでツリフネソウの黄変種じゃないかと思います・・・・・
Commented by shizenkaze at 2015-10-06 22:00
soyokaze-1020さん  キツリフネのような花ですが写しながら距が違うと思い家に戻ってからも調べましたがキツリフネの変種にもなくツリフネソウの品種や交配種にもこの色が見当たりませんでした・・・・・
自然の中に咲いていて場所も人が植えるような所ではないので園芸種や外来種とは違うと思うのですが全く判らないです

ツリフネソウは鳳仙花と同じ仲間なので実から種子を弾き飛ばしますね・・・・・
平地なら何キロでも歩けそうですが山や坂道は辛いです・・・・・
運動不足が祟りますね・・・・・(´;ω;`)

5.6.12.13.21の写真を気に入って頂いて有難うございました~(*´∀`*)
Commented by shizenkaze at 2015-10-06 22:03
tanuki_oyajiさん  ツリフネソウは今年も何度か出会えましたが今まで出会えなかったキツリフネにやっと会えたと喜びました・・・・・
でも良く見ると距の形がキツリフネとは違うようなので調べていますが全くわかりません
プリントして薬草園などの人に訪ねてみようかと思っています~
マムシグサはこれから赤くなりますね・・・・・(*´∀`*)
Commented by shizenkaze at 2015-10-06 22:07
to-y_niyaさん  ツリフネソウと白花ツリフネソウは何とか判りますがキツリフネが普通のものとは違うので今調べています・・・・・
でも黄色いツリフネソウを自然群生で見たのが初めてなので種類が何であれ嬉しいです~

公園などで藤棚にぶら下がっているフジの豆莢は見ようによっては面白いですね・・・・・
散策は一人が詳しく出来るのでいいですが目の数が多いほど情報が多く入るのでいいですね~
Commented by shizenkaze at 2015-10-06 22:11
ten-zaruさん  キツリフネと少し尻尾(距)が違うので別種のようですが自然群生を初めて見たので満足しています~
薄暗かったので手ブレもあったと思います
ISO等の設定をしっかりすれば良かったと後悔してます・・・・・
場所が判ったので来年は綺麗に写したいですね~(o ̄∇ ̄o)♪
Commented by shizenkaze at 2015-10-06 22:14
yukityさん  ツリフネソウには今年2度出会いましたがキツリフネは自然群生の姿は初めてだったので興奮しました・・・・・
良く見ると距が巻いているので本当のキツリフネでは無いようですが調べても判りませんでした
図書館等や薬草園の植物に詳しい人に聞いて結論を出したいです~
でも本当のキツリフネは距がクルンとしていないのでしているこの花の方が可愛いようにも思えます~(o ̄∇ ̄o)♪
名前
URL
削除用パスワード


<< 『蕎麦(ソバ)の花2色と杜鵑草... 『横谷峡の四つの滝に出かけまし... >>