『ツナソとカイトウメンとコロシントウリとサネカズラの実等・・・・・』

毎日少しずつ気温が下がるように気がします・・・・・
秋も深まって色々な植物達に実が生っています~(*´∀`*)

今日はエーザイの薬草園で見た実を中心に載せたいと思います・・・・・


1.『綱麻(ツナソ)』 アオイ科ツナソ属の多年草
学名はCorchorus capsularisと言います~
d0054276_20121216.jpg

この果実は毒性があるので食用には適しません・・・・・
種子には強心作用のあるステロイド類のストロファンチジンという強心配糖体を含んでいるので摂取すると鬱血性心不全を起こし死亡することもあるそうです~゚(゚´Д`゚)゚




2.
d0054276_20122124.jpg

近縁のコウマ(黄麻)とともに『ジュート』と通称されて繊維原料として利用されています
バングラデシュではジュート生産の4分の1はシマツナソの作付けのようで春に播種して2~3mに生長したところを刈り採って茎を水で醗酵させて繊維を採取しています・・・・・




3.
d0054276_20123258.jpg

若葉を食用として利用します~
刻んだり茹でたりするとムチンによる特有の粘りが出ます・・・・・
カルシウム、カロテン、ビタミンB、ビタミンC、カルシウム、食物繊維などに富む緑黄色野菜の代表格で抗酸化作用のあるクエルセチンも多く含まれています
全体的に栄養価が極めて高く『野菜の王様』の異名を持つモロヘイヤの仲間になります~




4.
d0054276_20124217.jpg


5.
d0054276_20125445.jpg






6.『海島綿(カイトウメン)』  アオイ科ワタ属の一年草
学名はGossypium barbadenseと言います~
d0054276_2013576.jpg

以前は花を載せましたが花が終わって実が出来ていました・・・・・
この実が割ると中から綿が見られます~(*´∀`*)




7.
d0054276_20131692.jpg


8.
d0054276_20132773.jpg

まだ堅そうなので割れるのは暫らく先のようですね・・・・・




9.
d0054276_20133792.jpg






10.『(コロシントウリ)』  ウリ科スイカ属の蔓性一年草
学名はCitrullus colocyntbisと言います~
d0054276_20141641.jpg

ダナキル砂漠に自生する『コロシントウリ』は見た目はスイカにソックリですが食べると体に害を及ぼす危険生物で『悪魔の実』とも呼ばれています・・・・・
別名を『苦味スイカ』とも言われるようで食べてしまうと激しい下痢と脱水症状を引き起こすようです




11.
d0054276_20143254.jpg


12.
d0054276_20144546.jpg






13.『河原決明(カワラケツメイ)』   マメ科ジャケツイバラ亜科カワラケツメイ属の多年草
学名はChamaecrista nomameと言います~
d0054276_20145739.jpg

名前のように川原などの開けた野原に群生する一年生で夏ごろに黄色い花が咲いて晩夏から秋にマメに似た果実をつけます~
河原の植物群落は帰化植物が多くなり在来種が減少している地域が多くなっていてカワラケツメイも稀少になっているようです・・・・・
果実は煎じてマメ茶として利用されています~♪




14.
d0054276_2015760.jpg


15.
d0054276_20151967.jpg






16.『実葛(サネカズラ)』  マツブサ科サネカズラ属の常緑蔓性低木
学名はKadsura japonicaと言います~
d0054276_20153223.jpg

別名を『ビナンカズラ(美男葛)』とも言いますがこれは古い時代に蔓から粘液をとって整髪料に使ったためです・・・・・・♪




17.
d0054276_20154235.jpg


18.
d0054276_20155344.jpg


19.
d0054276_2016487.jpg


20.
d0054276_20161428.jpg


21.
d0054276_20162681.jpg






22.『ステビア』  キク科ステビア属の多年草
学名はStevia rebaudianaと言います~
d0054276_20163746.jpg

南米パラグアイ原産で日本には昭和40年代に初めて導入されました・・・・・
砂糖の300倍の甘さがある成分『ステビオサイド》が葉に含まれ砂糖の代用として低カロリー食品や甘味料などに利用されています・・・・・




23.
d0054276_20165176.jpg

最近はその濃縮液や粉末から得られるエキスに癌や肝臓病(C型肝炎)や糖尿病などに効くエキスもあるとして調査研究が行われています・・・・・
日本では2006年に千葉大学の研究報告で初めて糖尿病を改善させるためのインスリン抵抗性を改善する働きを持つ事が報告されました~
そしてその成分に含まれるヒスタミンに強力な解毒作用があることも報告されています~♪




24.
d0054276_2017111.jpg


25.
d0054276_20171117.jpg






26.『唐綿(トウワタ)』  キョウチクトウ科ガガイモ亜科トウワタ属の多年草
学名はAsclepias curassavicaと言います~
d0054276_20172063.jpg

耐寒性がないので園芸的には一年草として扱われることが多いようです~
和名の由来は実の中の種子に白い綿毛があって外国から来たというところからきているようです~
『アスクレピアス』の名で流通している事が多いようです~

日本へは江戸時代に観賞用として渡来したと記録されています
茎を傷つけると白い乳液を分泌しますが強い毒性があるので注意が必要です・・・・・




27.
d0054276_20173078.jpg


28.
d0054276_2017403.jpg


29.
d0054276_20174977.jpg


30.
d0054276_2018055.jpg


最近は薬草園や自然公園(木曽三川公園等)に出掛けて写真を撮ることが多くなっています
風景をメインにするときには山や川の近くを散策していますが花が多く見られる公園や薬草園に足が向いてしまうのは簡単に見られるからだと思うので少々ルーズになりかけています・・・・・

堤防や河川敷には毎日出ていますが写真を写す事が減っていますので初心に戻って身近な自然にカメラを向けようと思います~
堤防ではセイタカアワダチソウが咲き始めと虫達も見られました





(OLYMPUS E-30)
(OLYMPUS E-620)
(ZUIKO DIGITAL 14-42 1:3.5-5.6)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)

(OptioRZ10)
by shizenkaze | 2015-10-13 21:15 | 身近な自然の話 | Comments(18)
Commented by odamaki719 at 2015-10-13 21:46
こんばんは??
 エーザイの薬草園にはまた変わった実がなっていますね。
ツナソは初めて見た気がします。
毒があるのですね。そのようには見えないですね。
コロシントウリはスイカのような感じですね。
サネカズラの赤い実は可愛いです。
トウワタは好きな可愛い花ですね。
Commented by to-y_niya at 2015-10-13 22:17
こんばんは☆
コロシントウリ・・・オキナワスズメウリを大きくしたような感じですね^^
これは 赤くなったりしないのかな^^?
アスクレピアス♪ 見てて楽しい花ですよね~
で、いつもアリがいっぱい居るんですよね( ^)o(^ )
Commented by koneko3y at 2015-10-13 22:41
ツナソは初めてです。
若葉は食用になっても実は毒性があるのですね。
自宅近くにはさっと出かけられるような場所は少ないので
どうしても、公園や薬草園で写しています。
一カ所で多くの植物が見られるのでありがたいです。
Commented by nori_natural at 2015-10-13 22:51
こんばんは、自然風さん。
コロシントウリ、完全に色や形はスイカですね。
この時期は色んな果実がなっていますが
色々毒になる果実も多いんですね。
Commented by timata-sn at 2015-10-14 07:14
shizenkazeさん お早う御座います。
今朝も良いお天気の様です、肌寒く感じますよ。

ツナソ と言うんですね、可愛い実ですが毒が有るんですね。
葉っぱは食べられるんですね。
カイトウメン は見た事が有るなぁって思いました、棉の仲間なんですね。
コロシントウリ にも毒が有るんですね、スイカにそっくりで
付い食べたく成りますよね。
サネカズラ 可愛い実が生るんですね。
ステビア 可愛い花が咲くんですね。
トウワタ はここで見せて戴いて居ますが、私の歩く所では見つからないんですよ。
Commented by あけみ蝶 at 2015-10-14 09:27 x
おはようござます。
今日は、温度が下がり寒いです。
『綱麻(ツナソ)』果実は毒性があるんですか
恐ろしいですね。
海島綿(カイトウメン)実みられません。
『(コロシントウリ)』
スイカみたいですね。ダナキル砂漠に自生しているんですか。
『河原決明(カワラケツメイ)』
『実葛(サネカズラ)』
ここまでは知らない花と実です。
『ステビア』砂糖の300倍の甘さがある成分とは、すごいですね。
『唐綿(トウワタ)』アゲハチョウが止まって花の名前解らないの
教えてもらいありがとうございました。(*^^)v

↓フラワーパーク江南のコスモスとダリア達~』
知らないコスモスがありました。
楽しく拝見させていただきました。
Commented by li_se at 2015-10-14 13:50
こんにちは
食用になるもの、毒のあるもの、繊維になるもの・・
長い年月をかけて得た人間の知恵は改めて凄いなぁと思います。
コロシントウリ、中はどうなってるんでしょうね?スイカのように赤いのかしら。
Commented by soyokaze-1020 at 2015-10-14 16:45
こんばんは♪
稔りの秋、いろんなものに実がつきはじめましたね。
見るのは楽しいですが、名前が判らないことが多いです・・^^;
サネカズラ、最近は喫茶「エーデルワイス」? には行かれないのですか?
shizenkazeさんに教えて頂いたサネカズラはそのお店の前のものでした。
お花も楽しいですが、実も魅力がありますよね。
16、20、いいですね。
トウワタ、まだ出会いがありません。
28、鮮やかな色の蕾みと花、出会ってみたいです。
薬草園は未知の植物の宝庫、よい処ですねぇ~(´∀`)

Commented by tanuki_oyaji at 2015-10-14 19:20
shizenkazeさん、こんばんは〜♪
ツナソという植物は実には毒があるのに若葉は食用になるんですか。
何とも不思議な植物があるものですね。
Commented by shizenkaze at 2015-10-14 20:50
odamaki719さん  ツナソはジュートとも呼ばれますがモロヘイヤと同じ仲間です
モロヘイヤも実は有毒のようです・・・・・
コロシントウリはスイカにソックリですが有毒のようです
でもスイカとは中が違うので多分間違って食べることはないと思います・・・・・

トウワタは色が鮮やかで綺麗で可愛いですね~
いつ見てもアリが来ています・・・・・(*´∀`*)
Commented by shizenkaze at 2015-10-14 20:54
to-y_niyaさん コロシントウリは赤くならないです~
見た感じはスイカっぽいですが調べたら中身が違うようでした~♪
トウワタは色も姿も可愛いですね
でもこれも有毒種なんですね~~
何だか今の季節って有毒な実ばかりみたいですね・・・・・・(´;ω;`)

いつ見てもトウワタの花にはアリがいますね~(o ̄∇ ̄o)♪ 
Commented by shizenkaze at 2015-10-14 20:58
koneko3yさん  ツナソの仲間でシマツナソはモロヘイヤです
ですからこのツナソも葉は食べられます・・・・・
モロヘイヤも実は有毒のようですよ~(´;ω;`)

秋が深まると薬草園でも花達が見られなくなります
見られる内は見に行こうと思ってます~♪
Commented by shizenkaze at 2015-10-14 21:00
nori_naturalさん  自然の中にあるものは有毒なものも多いですね
ハッキリ知っているもの以外は口にしない方が無難でしょうね・・・・・
コロシントウリはソフトボール位から小さなスイカ位のものまで見られました
Commented by shizenkaze at 2015-10-14 21:05
timata-snさん  朝夕は冷えますね・・・・・

ツナソの仲間でシマツナソはモロヘイヤです
ですから葉が食べられるんですがモロヘイヤも実は有毒らしいです・・・・・
カイトウメンのような棉は花が可愛いですね
これから実が割れて中から棉が見られますね~(*´∀`*)

フウセントウワタは見られてもトウワタは見かけないですね
2ヶ所の薬草園以外では自然公園の中に咲いていたのを見ただけでそれ以外では見かける事がないです・・・・・
Commented by shizenkaze at 2015-10-14 21:10
あけみ蝶さん  ツナソって言うと判り難いですが普段食べているモロヘイヤと同じ仲間です
モロヘイヤも実は有毒のようです・・・・・
ステビアはペットボトル飲料にも使われていますね
当分を気にする人には有難い植物になりますね~(*´∀`*)

トウワタが近くに咲いているのですね?
あまり見かける事がなくて薬草園で見ていますがもっと彼方此方で見られるといいですね~

コスモスも種類が多くなってコスモスじゃないみたいな花もありますね・・・・・
Commented by shizenkaze at 2015-10-14 21:15
li_seさん  自然の中に咲いていたものや生っていたものが食べられるのか有毒なのかを昔の人は身を持って体験したのですね・・・・・
食料を求めて見つけた実などを食べて亡くなった家族をみて有毒だと他の人に教えたこともあったのですね・・・・・

コロシントウリはスイカみたいですが調べてみますと中身はスイカのように美味しそうじゃなさそうです・・・・・(ネットで見たものは中が赤くなかったです)
スイカみたいな実が野山に生っていても採ってきて食べない方がいいでしょうね~(o ̄∇ ̄o)♪
Commented by shizenkaze at 2015-10-14 21:24
soyokaze-1020さん  今の季節には野山でも色々な実が見られますね~
最近は喫茶店に行くことがなくなりました・・・・・
出先でも喉が渇けば自販機で買うので余程の事がなければ喫茶店でのんびりコーヒーブレイクする事が無いです・・・・・
エーデルワイスの前の金公園にサネカズラやアケビが見られます
サネカズラの花は雌雄別で雄花が赤くて雌花が緑なのが面白いですね~
トウワタは私も薬草園と一部の自然公園でしか出逢いがありません
でも園芸店で販売されているようなので庭や公園等で見られても良いですがなかなか見かけないです・・・・・
綺麗で可愛い花なので出逢いがあるといいですね~♪

16.20.28の写真を気に入って頂いて有難うございました~
Commented by shizenkaze at 2015-10-14 21:28
tanuki_oyajiさん  ツナソって言うと馴染みがないですが植物繊維で作られたロープや紐や袋の原料になっているジュートの事です・・・・・
それも馴染みがないとしてもモロヘイヤなら皆さんも知っていますね~
あのモロヘイヤの一種です
ですから葉は食べられます~~
モロヘイヤも実は有毒のようです・・・・・

私は昔は山菜採りが趣味でした・・・・・
ガガイモも葉は食用になりますが芋の部分は有毒です
こんな植物って多いですよ~♪^^
名前
URL
削除用パスワード


<< 『長良川とコスモスの咲く風景~』 『フラワーパーク江南のコスモス... >>