『飯桐(イイギリ)の実にやっと出逢えました~』

今まで彼方此方を探し歩いていたイイギリの赤い実にやっと出逢うことができました~
岐阜市内にある岩戸森林公園の近くで見る事ができました・・・・・

割れて赤い種子が見られるトベラも公園内で写してきました
マユミとナンテンの実も一緒に写したので載せてみました~~(*´∀`*)


1.『飯桐(イイギリ)』  ヤナギ科(従来の分類ではイイギリ科)イイギリ属の落葉高木
学名はIdesia polycarpaと言います~
d0054276_2015249.jpg

日本(本州以南)、朝鮮、中国、台湾に分布しています・・・・・
和名『飯桐』の由来は昔はこの葉で飯を包んだためと言われています~
果実がナンテンに似るためナンテンギリ(南天桐)とも言われます
この樹木はイイギリ属では唯一の種類になっています・・・・・♪




2.
d0054276_20153529.jpg

長年この木を探していました・・・・・
今年やっと見つけた『学びの森』では雌雄異株の雄木で実が見られませんでした
でも雄木であっても出逢えたことに喜びを感じていましたがやっと実の生る雌木にも出逢えました~




3.
d0054276_20154799.jpg

属名のIdesiaはオランダの植物収集家E.Idesの名に因んでいるそうで種小名のpolycarpaは『果実の多い』と言う意味のようです~
本当にたくさんの赤い実がブドウのように下がって生っていました・・・・・(o ̄∇ ̄o)♪




4.
d0054276_20155835.jpg


5.
d0054276_20161115.jpg


6.
d0054276_20162254.jpg


7.
d0054276_20163512.jpg


8.
d0054276_20164682.jpg


9.
d0054276_201658100.jpg

果実は生食可ですが加工して食べられることもあるようです~
どんな味なんでしょうね~?




10.
d0054276_2017991.jpg


11.
d0054276_20172156.jpg


12.
d0054276_20173448.jpg


13.
d0054276_20174675.jpg


14.
d0054276_2017593.jpg

イイギリの実はセンダンのように葉が全部散っても残るようなので今度は葉が無くなっている時にも出掛けて写したいです~♪




15.
d0054276_20181220.jpg


16.
d0054276_20182542.jpg


17.
d0054276_20183625.jpg


18.
d0054276_20184981.jpg






19.『扉(トベラ)』  トベラ科トベラ属の常緑低木
学名はPittosporum tobiraと言います~
d0054276_20185949.jpg

東北地方南部以南、韓国、台湾、中国南部までの海岸に自生する樹木です・・・
雌雄異株です~♪




20.
d0054276_2019939.jpg

果実は熟すと3裂して赤い粘液が付着した種子を多数露出させます・・・・・
これが鳥の嘴などに粘着して他の場所に運ばれると言われています~♪




21.
d0054276_20192096.jpg


22.
d0054276_20193390.jpg


23.
d0054276_20194592.jpg

あまり綺麗とか可愛いと言えるものではないですがトベラの実が割れてこんな具合に見られるのも季節だからなので毎年一度は自分の目で確認したくなります~
でもちょっと不気味かな?(´;ω;`)




24.
d0054276_20195520.jpg


25.
d0054276_202067.jpg






26.『真弓(マユミ)』  ニシキギ科ニシキギ属の落葉低木(または小高木)
学名はEuonymus hamiltonianusと言います~
d0054276_20201731.jpg

雌雄異株で日本と中国の林に自生しています~
秋に果実と種子や紅葉を楽しむ庭木として親しまれて盆栽にも仕立てられることもあります・・・・・




27.
d0054276_2020288.jpg

雌雄異株ですがマユミは雌木1本で果実がなります・・・・・




28.
d0054276_20203933.jpg


29.
d0054276_20205298.jpg


30.
d0054276_202147.jpg






31.『南天(ナンテン)』  メギ科ナンテン属の常緑低木
学名はNandina domesticaと言います~
d0054276_20211724.jpg


32.
d0054276_20212929.jpg


33.
d0054276_20213922.jpg

全国有数のナンテンの産地になってる岐阜県郡上市八幡町では真っ赤なナンテンの実を使った『南天玉』作りが最盛期を迎えているようです~
同町のナンテンは郡上八幡南天生産組合に加盟する95の農家が計約15ヘクタールで栽培していて正月飾り用などに出荷されます~♪
南天玉は杉玉をヒントに15年ほど前から製作されています
商品規格に合わないナンテンを使って作られるのですが縁起物として各地から引き合いがあると言います~




34.
d0054276_20215294.jpg


35.
d0054276_20221294.jpg

何度も出掛けていた公園でしたがイイギリには気が付きませんでした
何度も探してやっと見られたのでとても嬉しかったです・・・・・

まだ出逢いのないものは多くあります
残り少ない人生でどれだけのものと出逢いがあるだろうかと思いますが少なくても人より多くの出逢いをしてやろうと思って暮らしています~(o ̄∇ ̄o)♪

今日から『せせらぎの並木 テニテオ』にイルミネーションが輝きます
今日は夕方から点灯イベントがあったようですが夜景が苦手なので写したいのですが躊躇っています
いつか撮りたいです~(*´∀`*)






(OLYMPUS E-30)
(OLYMPUS E-620)
(ZUIKO DIGITAL 14-42 1:3.5-5.6)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)
by shizenkaze | 2015-12-12 21:01 | 身近な自然の話 | Comments(18)
Commented by odamaki719 at 2015-12-12 21:27
こんばんは??
 イイギリが見つかってよかったですね。
前の住まいの近くにイイギリがあって野鳥がいましたよ。
5・16枚目が好きです。
トベラが割れて赤い実が出ていますね。
24枚目のアングルが好きです。
マユミも可愛いですね。
26枚目が好きです。
ナンテンも真っ赤になっていますね。
31枚目が好きです。
Commented by koneko3y at 2015-12-12 22:07
長年探していたイイギリの真っ赤に実に出会って
良かったですね。葉っぱを残らず落として
実だけになったイイギリもまた違った眺めです。
私の散歩コースのイイギリの実はほかの実が食べつくされた後になって
やっとヒヨドリなどがやってきます。
Commented by hibikorekouji2 at 2015-12-12 22:12
赤い実の物って沢山あるけど、種類が分かるのはほんの一部です^^;
名前が分かると楽しさ倍増なんですけどねー。
トベラの艶のある赤も結構奇麗かなと思いますよ~♪
Commented by to-y_niya at 2015-12-12 23:03
こんばんは☆
イイギリ・・・ブドウみたい♪って思いました^^
マユミ・・・可愛くってとっても好きなんだけど、なんでかなかなか会えない実なんですよね・・・気づいてないだけかなぁ^^;
ナンテンはとにかくとにかく可愛い~です♪
Commented by timata-sn at 2015-12-13 06:58
shizenkazeさん お早う御座います。
今朝も曇り空の様です、暖かな朝ですよ。

イイギリを見つけられたのですね、良かったですね。
ブドウの様に垂れ下がって生る赤い実が可愛いですね。
トベラ の実が割れて中から赤い種が出ているんですね。
実や種は初めて見た様に思います、この葉っぱは観た様に思います。
マユミも割れて種が出て居ますね、可愛いですよね。
ナンテンの赤い実が可愛いですね。
Commented by yaso-bana at 2015-12-13 12:20
探し続けていてやっと出会えた時は本当にうれしいものですよね~
イイギリの雌木の場所が解ってよかったですね~^^)/
トベラの実が割れ赤いべたつきある種子・・・確かに可愛くはないが撮ってしまいますね
マユミ・ナンテン それぞれの実も今が見ごろできれいですね
紅葉と実・・・そんな秋も間もなく終わって春待つ時期になるんですね~
季節の移り変わりを見せるこちらの四季の写真楽しみにしています
Commented by tanuki_oyaji at 2015-12-13 18:50
shizenkazeさん、こんばんは〜♪
ほぉ〜 これがイイギリの実ですか。
念願かなって見ることができ良かったですね。
トベラの実も面白い形をしていますね。
Commented by ten-zaru at 2015-12-13 19:23
shizenkazeさん、今晩は。
なかなか見つけられなかったイイギリの実、ここには沢山あったんですね。
次回は是非この実の食レポをお願いします(アハ)
マユミのピンクは綺麗ですね。
Commented by shizenkaze at 2015-12-13 21:09
odamaki719さん  やっとイイギリの実に出逢えました~
今年は雄木に出逢えて嬉しく思っていましたがこんなに続いて雌木にも出逢えたのはラッキーでした
想い続けることって叶いますね~(*´∀`*)
トベラやマユミも近くに見られたので一緒に写せたのでこれからもこの岩戸公園に来るのが楽しみになりました・・・・・

5.16.24.26.31の写真を気に入って頂いて有難うございました~♪
Commented by shizenkaze at 2015-12-13 21:11
koneko3yさん  やっと出逢えました~
今年は雄木に出逢えて今度は実の生っている雌木にも出逢えたので嬉しいです
今一番出逢いたいレンゲショウマにもいつか出逢えると信じていたいです~
こんどは葉が落ちた頃にイイギリの実を写したいです・・・・・(o ̄∇ ̄o)♪
Commented by shizenkaze at 2015-12-13 21:15
hibikorekouji2さん  名前の判るものでも見られないと悲しいですね~
知らないものだったら見れば調べられますからね~♪
まだまだ見ていないものが多いので少しでも多く出逢いたいです・・・・・
トベラの実は何となくお化け提灯みたいですが色は綺麗です~(o ̄∇ ̄o)♪
Commented by shizenkaze at 2015-12-13 21:18
to-y_niyaさん  イイギリの実をやっと写せました~
これで岩戸公園の散策も今まで以上に楽しくなりました・・・・・
今度は日曜に行って古民家を改造したお茶処に入って中を写したいです~♪

マユミの実の中の赤い部分が落ちているのであまり綺麗じゃないです
ナンテンはいつも可愛いですね~♪
Commented by shizenkaze at 2015-12-13 21:22
timata-snさん  暖かいですね~
本当に異常な気候ですね・・・・・

イイギリの赤い実をやっと写せました
何年も探していましたが今年は最初に雄木を見たので何となく出逢えそうな予感はありましたが思ったより早く逢えたので良かったです
今度は葉が落ちてから写したいです~

いろいろな実にも出逢えたので岩戸公園には来年は多く行きそうです~(o ̄∇ ̄o)♪
Commented by shizenkaze at 2015-12-13 21:26
yaso-banaさん  イイギリの赤い実を皆さんのブログで見て私も実際に見たくなり彼方此方を探していましたが岐阜市内には少ない木なので今まで見られませんでした・・・・・
やっと出逢えて良かったです~♪

トベラも派手な木ではないですが花も実も見ると写したくなります
これからは花も少なくなりますが来年の準備をしている春待芽などの楽しみ方もありますね~
Commented by shizenkaze at 2015-12-13 21:29
tanuki_oyajiさん  やっと写せました~
イイギリの実は人が食べても美味しそうなので鳥にもご馳走なんだと思います・・・・・
今度は鳥も探したいです~♪
トベラもきっと鳥たちは食べにやって来るでしょうね・・・・・
自然の中で輝くような赤い実は鳥には堪らないでしょうね~~(o ̄∇ ̄o)♪
Commented by shizenkaze at 2015-12-13 21:33
ten-zaruさん  イイギリの実にやっと出逢えました~
人も食べられるようですが高い所になっているので味見するのは難しそうですね・・・・・
赤くなる実で有毒種のものは殆ど覚えましたが食べられるものでも手が届かず採取不可能のものは食レポ出来ないですよ・・・・・(*´∀`*)

マユミの実の色は優しい色ですね~♪
Commented by INAKKO♪ at 2015-12-13 23:51 x
逢いたい逢いたいと思い続けていると出逢えるものなんですね
自然風さんは優しいから自然が全て友達のようになってくれるのですね^^
Commented by shizenkaze at 2015-12-14 21:32
INAKKO♪さん  思い続けていても出逢えないものが多いですがそれでも気持ちの持ちようで出逢えることをいつまでも待っていたいですね~

私がいつも自然達から優しくされています・・・・・
私だって悩みもありますし辛いことだって人並みにありますが自然に癒されて耐える気持ちも生まれてきます・・・・・

信州に来年は出掛けたいです~(o ̄∇ ̄o)♪
名前
URL
削除用パスワード


<< 『松尾池と岩舟渓谷と鳥達・・・』 『虹と爆弾低気圧と木曽川水園と... >>