『葉痕(ようこん)と鳥と河川敷風景~』

今日も昼の休憩時間に長良川の河川敷を歩いてきました~
葉痕を探しましたがナンキンハゼとイタチハギの細い枝に見られたものがあっただけでした
その葉痕を撮りながら木の枝に止まっていた鳥も写しましたがいつもの散策用コンデジなので綺麗には写せませんでした・・・・・

以前の大雨で根元から倒れていたヤマグワの木にたくさんの蘖(ひこばえ)や上に伸びる枝も見ました
自然の逞しさを感じられるようでした・・・・・・・



1.『南京櫨(ナンキンハゼ)』  トウダイグサ科ナンキンハゼ属の落葉高木
学名はTriadica sebiferaと言います~
d0054276_2020863.jpg

細い枝に見られた葉痕でしたのでこれが限度でした・・・・・




2.
d0054276_20201889.jpg


3.
d0054276_20202947.jpg

顔に見えない事もないですがナンキンハゼは葉痕より紅葉と白くなる実が綺麗ですね~♪




4.
d0054276_20203944.jpg


5.『オニグルミの枝にいた河原鳩(カワラバト)・・・・・♪』  ハト目ハト科カワラバト属
学名はColumba liviaと言います~  
d0054276_20205281.jpg

普通に見られる『ドバト』です・・・・・
逆光で最初に見たので何か猛禽類っぽく見えたのでそっと近づいた『ハト』でした~
ハッとしただけガッカリでしたよ~゚(゚´Д`゚)゚




6.『同じ木にいた椋鳥(ムクドリ)』  スズメ目ムクドリ科ムクドリ属
学名はSturnus cineraceusと言います~
d0054276_2021528.jpg

ブレブレの写真になってしまいました~
ムクドリは騒々しい鳥ですね・・・・・・
集団でいましたので賑やかでした~♪




7.『鼬萩(イタチハギ)』  マメ科イタチハギ属の落葉低木
学名はAmorpha fruitcosaと言います~
d0054276_20211668.jpg

毎年のように花を写していますが葉痕は今回初めてです~
別名は『クロバナエンジュ』とも言います・・・・・




8.
d0054276_20212788.jpg


9.
d0054276_20213874.jpg

この枝も1cmない程の太さでしたのでこの大きさで写すのが限度でした・・・・・
少々複雑な姿ですね~♪




10.『鶫(ツグミ)』  スズメ目ツグミ科ツグミ属
学名はTurdus eunomusと言います~
d0054276_20215037.jpg

まだ近くでは写せないですが少しずつ逢えるようになりました~
河川敷には多いです・・・・・(o ̄∇ ̄o)♪




11.
d0054276_2022365.jpg


12.『忠節橋をバックに伸び始めた山桑(ヤマグワ)』
d0054276_20221799.jpg

以前の大雨で増水した長良川の流れのために根元から倒れたヤマグワですが倒れた元木の根が地面に残っているので枝や蘖(ひこばえ)が元木から伸びて空に向かっていました~
先日載せた板取の株杉のようにはならないでしょうが自然の生命力は凄いものだと思いました




13.『まだ生っていたピラカンサ(常盤山査子・トキワサンザシ)』  バラ科トキワサンザシ属の常緑低木
学名はPyracantha coccinea Roem.と言います~
d0054276_20223682.jpg

河川敷にはこの種のピラカンサがよく見られます
すぐ近くにノイバラもありますがノイバラの実はすっかり無くなっていました・・・・・




14.
d0054276_2022502.jpg

鳥達にとってはノイバラの実より不味いのかたくさん残っていました~(´;ω;`)




15.『長良川を背景に野茨(ノイバラ)』  バラ科バラ属の蔓性落葉低木
学名はRosa multifloraと言います~
d0054276_2023664.jpg

実はすっかり落ちて新しい葉が見られるようになりました・・・・・
今日は触れていて指に棘が少し刺さりました~゚(゚´Д`゚)゚




16.『無断建築・・・』
d0054276_20232040.jpg

どこの建築会社が建てた家なんでしょうね~(*´∀`*)
地盤の杭打ちは必要無いので違法建築では無さそうです~♪
カラス建設かヒヨドリ住宅かムクドリホームの何処かでしょうか?




17.『河川敷風景~』
d0054276_20233492.jpg

長良川の手前に広がる河川敷にはいろいろな植物が見られますが今は全て枯れているように見えます
でも実際には枯れたもの達の隙間から新しい芽を覗かせている植物も見られます~




18.
d0054276_20234647.jpg


19.
d0054276_20235871.jpg

忠節橋までの河川敷道路の近くには私の好きな鬼胡桃(オニグルミ)や栴檀(センダン)が多く見られます
この2種の木は自分で落とした実を発芽させて少しずつ増えています~
私が初めて見た頃と比べると3倍になっているように思えます・・・・・




20.『冬枯れ風景の中にも新しい芽生えが・・・・・』
d0054276_20241094.jpg

詳しい説明はいりませんね~♥
こんな頃もありました・・・・・

明日は天気が悪くなりそうです
土曜も雨のようなので今週末はカメラ散策は難しくなりそうです
時間があれば何処かに出かけたいです~




(OptioRZ10)
by shizenkaze | 2016-01-28 21:14 | 身近な自然の話 | Comments(16)
Commented by odamaki719 at 2016-01-28 21:32
こんばんは??
 長良川の河川敷は久しぶりですね。
ナンキンハゼの葉痕は少し小さくてユーモラスですね。
ムクドリって嫌われ者ですが意外に可愛いのですね。
イタチハギの葉痕は少し人相が悪いです(笑)
17・19枚目の風景好きです。
Commented by koneko3y at 2016-01-28 21:49
枯れたように見える木もしっかりと春の準備を
しているのですね。
今、マッチ棒の軸のように先端の赤い新芽がつんつんと
伸びているのがドウダンツツジです。
Commented by hibikorekouji2 at 2016-01-28 21:55
『無断建築・・・』はどなたのお宿なのかなーと興味津々♪
家主の姿が見たいなーと思ってしまいました。
それにしても剝き出しではちょっと無防備すぎですよね。

最後の1枚を見ていると、自然に物語が広がっていきます。
「若いってそれだけで素晴らしいことなのよと」と言われた言葉が、
しみじみと分かる年齢になりました^^;
Commented by asitano_kaze at 2016-01-28 22:52
昼休みにこれだけ撮影されるとはすごいです。
葉痕、面白いですね。いろんなものに見えてきます。
ナンキンハゼ、shizenkaze さんに何をお話ししているのでしょう。
イタチハギもやっぱり何かを話していますね。
ツグミ、よく見られるようになってきましたね。
ピラカンサの実、まだたくさんみられますね。
あはは、無断建築ですか。可愛いもんですね。
河川敷は自然そのものですね。
一見枯れたようにみえても、芽を出していたり、地中では着々と春の芽生えの準備をしていることでしょうね。
生存競争も厳しく激しいものでしょうね。
Commented by 犬小屋の教祖 at 2016-01-29 09:50 x
暫く振りです。いつもは、観てるだけ読者の犬小屋です。
「無断建築」の画を拝見したら「宿り木」を思い起こしました。
確か??谷汲山大橋を西へ渡った先の長瀬の河原だったか?
岡部ヤナの辺りで見かけたと記憶してます。
果実は冬季に鳥に食われ、
鳥の腸を容易く通り抜け、
長く粘液質の糸を引いて樹上に落ち、
その状態でぶら下がっているのが見られることも。
粘液によって樹皮上に張り付くと、
そこで発芽して樹皮に向けて根を下ろし、
寄生がはじまる。
ちょうどこの季節は種を食べに来る鳥たちを見かけるのではないですか?
もし、宜しければリクエストさせて下さい。
(^_^)b
Commented by timata-sn at 2016-01-29 16:00
shizenkazeさん こんにちは
今日は昨日からの雨が降り続いて居ますよ。

ナンキンハゼの葉痕は何か小さくてくしゃみでしている感じですね。
でも綺麗に撮られて居ますね!!
ムクドリは大食漢で嫌われる事の多い鳥ですが、意外と可愛いですね!!
イタチハギの葉痕は覆面でもしているかのように見えますね。
ツグミは精悍な感じですね。
留守のお家は誰のお家なんでしょうね、偉く粗雑な感じですが・・・・・
若いカップルを見ると微笑ましく感じますね。
Commented by tanuki_oyaji at 2016-01-29 20:19
shizenkazeさん、こんばんは〜♪
お昼休みに長良川の河川敷もお散歩出来るところなんですね。
夢中になって葉痕を探しているとあっという間にお昼休みも過ぎてしまうでしょうね。
Commented by shizenkaze at 2016-01-29 20:39
odamaki719さん  河川敷や堤防はよく歩くのですが風景として写すことは今は少なくなっています
もう少し花などが咲くと写したくなるんですが~(*´∀`*)
ナンキンハゼの葉痕は小さいので今まで写しませんでした
撮るものがなくなったのでいろいろ見ては撮っています~
イタチハギは人相が悪そうですか?^^
そう言えば覆面した悪者にも見えますね~(o ̄∇ ̄o)♪

ムクドリは大群で来るので食べ物は『あっ』と言う間に食べ尽くされますね
17.19の写真を気に入って頂いて有難うございました~♪
Commented by shizenkaze at 2016-01-29 20:42
koneko3yさん  今の季節には葉痕の上には新しい芽が膨らんでいますね
多くの木々には春待芽も見られて春を待ち望んでいることがよく判ります・・・・・
ドウダンツツジの春待芽は小さいので綺麗に撮るのは難しいですが見られると近くに寄って眺めますね~♪
Commented by shizenkaze at 2016-01-29 20:46
hibikorekouji2さん  河川敷に見られた『巣』は小さな鳥じゃないことは判りますがカラスはもっと高い所で作るので何でしょうね?
作りも雑なので不器用な鳥みたいですね~(o ̄∇ ̄o)♪

ラストの写真は写した後に載せようかやめようかと思いましたが顔が判らないので載せてみました
私もこんな時代があったんだな~と思いながらチョッピリ人生を振り返ってみました~♪
Commented by shizenkaze at 2016-01-29 20:53
asitano_kazeさん  平日で天気が良ければ堤防から河川敷を30分くらい歩いています
今の季節は見るものが少なくて葉痕や春待芽などを写していますが春から初夏が一番楽しいですね
今は褐色の色合いが強くなっています~

ナンキンハゼもイタチハギも花や実の季節には写しますが葉痕は初めて撮りました
あまり可愛くはないですね~(*´∀`*)
鳥も見掛けますが河川敷は隠れる場所がないので鳥からも私が丸見えなのですぐ逃げられてしまいます・・・・・
巣がありましたがこんな場所につくるものは何でしょうね?
カラスっぽく思えますがカラスはもっと上手く作るような気がします・・・・・

堤防や河川敷は一番身近な『自然』なので時間があればその中にいる事が多いです~
Commented by shizenkaze at 2016-01-29 20:58
犬小屋の教祖さん  本当に久しぶりのコメントですね~
長瀬の河原にヤドリギがありますか?^^
ヤドリギの実を好んで食べる鳥にはレンジャク(ヒレンジャクとキレンジャク)がいます
少しずんぐりして淡い綺麗な色の鳥です~
以前は粕森公園や水道山や長良川の河川敷近くでも見かけましたがここ何年も見ていません
レンジャクなどがいるのなら見に行きたいですね~(o ̄∇ ̄o)♪

またコメントをしてくださいね~♪
Commented by shizenkaze at 2016-01-29 21:05
timata-snさん  雨が降り続いています
明日も雨は降るような感じです~(´;ω;`)

ナンキンハゼやイタチハギの葉痕は初めて見ましたがあまり可愛くないですね~
可愛くて顔に見える葉痕をもっと探したいです~
ムクドリは1羽だと可愛げもありますがいつも集団行動が多いので農家には敵視されますね・・・・・
河川敷は広くて隠れられないので鳥の撮影は難しいです
それに散歩用のコンデジなので綺麗に撮れないです・・・・・・

若いカップルを見ていると50年くらい昔に戻りたくなりますよ・・・・・
若い時にも苦労や悩みがありましたが若さで何とかクリアしていたような気がします~
Commented by shizenkaze at 2016-01-29 21:09
tanuki_oyajiさん  仕事の昼休みが12時から1時なので昼食を食べてから30分程度の時間があるので堤防や河川敷を散策しています~
職場から堤防までは1分なのでいつでも出かけられます・・・・・(o ̄∇ ̄o)♪
そんなに木の種類は多くないので葉痕探しは出来ないですが植物全体では年間に250種程度は見られます
地味な植物が多いですが結構楽しめます~(*´∀`*)
Commented by マーガレット at 2016-01-30 11:04 x
岐阜市内には代表的な橋が3つありますね。
記憶が定かではないのですが、上流から金華橋、長良橋、忠節橋の順でしたか?
昔、長良川の花火をたびたび見に行ったことがありますが帰りはひどい渋滞でした。懐かしい思い出です。
Commented by shizenkaze at 2016-01-30 16:32
マーガレットさん  岐阜市内の橋は川上から千鳥橋、鵜飼大橋、長良橋、金華橋、忠節橋、大縄場大橋、河渡橋の順になります
毎年7月最後の土曜と8月最初の土曜に開催される花火大会は今も渋滞がひどいです・・・・・
車を使わず名鉄で来て市内バスに乗り換える方が楽ですよ
名前
URL
削除用パスワード


<< 『粕森猫のカエデとカッシー』 『河川敷で見た4種類の葉痕(よ... >>