『お茶屋屋敷の牡丹と踊子草』

先日出かけた大垣市ではこの『お茶屋屋敷』の牡丹がメインでした~
去年は花の終りに出かけたので少しの花しか見られませんでしたので今年は少し早めに出かけてみました

お茶屋屋敷(おちゃや やしき)は江戸時代に五街道に整備された将軍家の宿泊施設になります・・・・・
大名の宿泊・休憩施設でもあり御茶屋御殿(おちゃや ごてん)とか単に御茶屋(おちゃや)とも言われることがあります~

岐阜県大垣市のお茶屋屋敷が規模としては最も大規模だと言われています・・・・・
このお茶屋屋敷が宿場に見られる本陣の原型となったものだと言われています~
中山道赤坂宿の西にあります・・・・・(*´∀`*)



1.『お茶屋屋敷の牡丹』
d0054276_2020256.jpg

慶長九年(1604)徳川家康が織田信長の造営した岐阜城御殿を移築させた将軍専用の休泊所跡で『お茶屋屋敷』は中山道の道中四里毎に造営され周囲には土塁・空濠をめぐらしその内廊を本丸といい厳然とした城郭の構えがあってそうです・・・・・
現在ここが唯一の遺構でその一部を偲ぶことができる交通史上重要な遺跡になっていますが現在は個人の所有となっていて数多くのボタンが植えられ東海有数のボタン園として一般開放されています~




2.
d0054276_20203631.jpg


3.
d0054276_20205314.jpg


4.
d0054276_2021416.jpg


5.
d0054276_20211466.jpg


6.
d0054276_2116472.jpg

お茶屋屋敷の説明板です~(o ̄∇ ̄o)♪




7.
d0054276_20213512.jpg


8.
d0054276_20214887.jpg


9.
d0054276_20215969.jpg


10.
d0054276_20221078.jpg


11.
d0054276_20222298.jpg


12.
d0054276_20223627.jpg


13.
d0054276_20224858.jpg

家康は勝山(関ヶ原合戦の本拠)から歩いて5分くらいのこの場所に屋敷を造営し合戦当時を偲んだのかも知れませんね・・・・・
家康が歩いた所を私も歩いたようです~(o ̄∇ ̄o)♪




14.
d0054276_20225997.jpg


15.
d0054276_20231088.jpg


16.
d0054276_2023243.jpg


17.
d0054276_20233564.jpg


18.
d0054276_20234620.jpg


19.
d0054276_2024226.jpg

4月下旬から5月上旬には多くの花見客が訪れます
地域の人達も協力して交通整理などが行われ無料駐車場への案内もされます~
この日はまだ数人が来ていただけでとても静かでした・・・・・♪




20.
d0054276_20241439.jpg


21.
d0054276_20242519.jpg


22.
d0054276_20244091.jpg

道の左が牡丹園で右に屋敷(立ち入りは出来ません)と竹林が見られます




23.
d0054276_20245535.jpg


24.
d0054276_2025585.jpg





25.『竹林の群生している踊子草~』
d0054276_20251850.jpg

お茶屋屋敷の敷地内にある竹林の地面には無数の踊子草が花を咲かせていました
葉を見ると『斑入り』のように見えるのですが斑入りの踊子草なのかどうかはハッキリしません
植えたものではなく自然に生えて群生したように思われます~♪




26.
d0054276_20253162.jpg


27.
d0054276_20254454.jpg


28.
d0054276_20255663.jpg


29.
d0054276_2026778.jpg


30.
d0054276_20262113.jpg

先日写した山県市の踊子草をローアングルで写すのを忘れていたので今回は下から見上げるようにして写しました~
踊子草の特徴が判るので楽しいです・・・・・(*´∀`*)




31.
d0054276_20263275.jpg


32.
d0054276_2026448.jpg

踊子草の名の由来になっている『踊り子』の姿です~♪




『今日(20日)の堤防で見たもの~』
33.『久内草(ヒサウチソウ)』  ハマウツボ科ヒサウチソウ属の越年性の半寄生植物
学名はBellardia trixagoと言います~
d0054276_20265946.jpg

今年も長良川の堤防や河川敷で花を咲かせ始めました・・・・・
ざっと見ただけで堤防一面に細い芽生えも見られるので去年と同じように群生しそうです




34.
d0054276_20271268.jpg

地中海沿岸を原産とし北アメリカやオーストラリアや日本(東海、近畿、四国)に外来種として定着するようになりました・・・・・
日本では1982年に愛知県名古屋市で初めて発見され岐阜市のこの堤防には羽島市を経由して入って来ました・・・・・
和名は日本の植物学者『久内清孝氏』を記念して命名されたものです




35.
d0054276_20272532.jpg

以前はリナリアやマツバウンランやセイヨウヒキヨモギと同じゴマノハグサ科でしたが平成の植物分類変更によってハマウツボ科になりました・・・・・

半寄生植物は寄生植物でも葉緑素を持っていて光合成を行いますが宿主からも栄養を吸収する生活形態の植物です・・・・・
他にはヤドリギやツクバネ等があります~
全寄生植物だと宿主が枯れたりしてなくなれば一緒に消えてしまいますが半寄生だと自分だけでも生きられるのでドンドン増えて厄介な生き物です・・・・・




36.
d0054276_20273696.jpg


37.
d0054276_20274648.jpg


38.
d0054276_2027578.jpg

私がこの植物に出会ったのは2005年~2006年でした
初めて見た時に綺麗な花だなと思い調べてみて名前も判りましたが当時はこれ程まで増えるとは思いませんでした
外来種が繁殖を始めるには約5年くらいかかるらしいです
そして初めて見た時から5~6年後には堤防一面この白い花で覆われるようになりました

確かに可愛い花です
でもこの花によって在来種の弱い花達が困っているのも事実です・・・・・




39.
d0054276_2028843.jpg


休みの日に出かけた写真を写すので最近は河川敷の植物たちを載せる機会が少なくなってしまいました
そこで今回のようにメインの記事を始めに載せて終わりに少し堤防や河川敷などの身近な植物達のことを載せようと思いました~

今日は河川敷でオニグルミの花やセンダンの花の蕾も見つけました~
野鳥はヒバリとツバメとムクドリとトビがいただけでした・・・・・(o ̄∇ ̄o)♪






(OLYMPUS E-30)
(OLYMPUS E-620)
(ZUIKO DIGITAL 14-42 1:3.5-5.6)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)

(OLYMPUS STYLUS SP-100EE)

(PENTAX OptioRZ10)
by shizenkaze | 2016-04-20 21:13 | 身近な自然の話 | Comments(16)
Commented by odamaki719 at 2016-04-20 21:28
こんばんは!
 お茶屋屋敷の牡丹が綺麗ですね。
1・5・10・13・17・20枚目が好きです。
踊子草も可愛いですね。
26・29・30枚目が好きです。
ヒサウチソウは爽やかですね。
33・35・39毎目が好きです。
Commented by to-y_niya at 2016-04-20 22:20
こんばんは☆
ボタンとシャクヤクの区別が覚えられない私です^^;
牡丹の花って~大きいですよね~~~綺麗ですね♪
真っ白なオドリコソウ。。。白い液体がかかっちゃってるのかな?
一個一個アップで見ると やっぱり可愛い~ですね~♪
Commented by yukko-5 at 2016-04-20 22:44
こんばんは♪ もうずいぶん咲いていますね
今年は牡丹も早いんですね(*^_^*)
踊子草は可愛いですね~♪ 咲いた花も可愛いけれど
丸いつぼみも可愛いです
去年まで、葉っぱに斑は入ってなかったような気がするんですが
今年の葉っぱはすごいですね、、、(^^ゞ
Commented by hibikorekouji2 at 2016-04-20 22:50
ゴージャスな牡丹の競演ですね~♪
華やかな花の中に、突如現れたグリーンの世界。
22.の新緑の世界に惹かれました^^
Commented by nori_natural at 2016-04-20 23:55
30枚目、下からのアングルが新鮮ですね♪
Commented by timata-sn at 2016-04-21 06:45
shizenkazeさん お早う御座います。
今朝は曇り空です、雨に成りそうですね。

御茶屋屋敷と言うんですね。
これが本陣・脇本陣の元に成ったものなんですね。
中が見れないのは残念ですよ。
ボタンが綺麗に咲いて居ますね!!
踊子草も沢山咲いているんですね、可愛いですね。
ローアングルの写真が素敵ですね!!
ヒサウチソウも可愛いですね!!
Commented by ten-zaru at 2016-04-21 19:54
shizenkazeさん、今晩は。
おお〜っ、色とりどりの牡丹が満開ですね。
牡丹はいつも5月の連休に撮影に行きますが、
今季は少し早めに行こうと思っています。
淡いピンクの牡丹が素敵ですね。
Commented by tanuki_oyaji at 2016-04-21 20:00
shizenkazeさん、こんばんは〜♪
あれまっ、もうそちらでは牡丹の花も満開ですか。
もしかしたらこちらの牡丹園も咲き始めているんだろうか。
今年は花の咲くのが早そうだからちょっと気になりますね。
Commented by shizenkaze at 2016-04-21 21:09
odamaki719さん  去年は行くのが遅くて花が少ししか見られませんでしたので今年は予定より10日間は早く行きました
蕾も見られましたが少し早いかなって思うくらいでしたがたくさん咲いていました~
シーズンには人が多く来ます
ここでもオドリコソウが見られるので牡丹を見てから撮っていますがオドリコソウに興味があるのは他にはいないようですね~(*´∀`*)
ヒサウチソウは今年も大発生するようです
毎日白い花が増えていますよ・・・・・

1・5・10・13・17・20・26・29・30・33・35・39の写真を気に入って頂いて有難うございました~
Commented by shizenkaze at 2016-04-21 21:14
to-y_niyaさん  牡丹と芍薬の一番の違いは牡丹は木で芍薬は草です~(*´∀`*)
ですから樹木図鑑には芍薬は載っていないし山野草図鑑には牡丹は出ていません・・・・・

踊子草の葉についた点々は斑入りと言うより殺虫剤などの薬品がかかって変色しているようにも見えますね・・・・・
詳しいことは分からないのでいつか聞いてみたいです~♪
Commented by shizenkaze at 2016-04-21 21:17
yukko-5さん  薬草園の牡丹が咲いていたので赤坂に行ってみました~
まだ少し早いようでしたが結構綺麗に咲いていましたよ・・・・・

ここの踊子草は去年も少し葉に白いものが見られましたよ~
薬品焼けなのかな~?
調べてみたいです・・・・・
オドリコソウは山県市から関市の川淵に咲いているものが可愛くて綺麗ですよ~(o ̄∇ ̄o)♪

Commented by shizenkaze at 2016-04-21 21:20
hibikorekouji2さん  牡丹や芍薬のような花もいいですが私は牡丹園の周辺に見られる竹林や苔生した風景が好きですね~(*´∀`*)

これからは新緑風景も彼方此方で写したいと思っています~♪
22の写真を気に入って頂いて有難うございました・・・・・(*´∀`*)
Commented by shizenkaze at 2016-04-21 21:22
nori_naturalさん  以前写したオドリコソウではローアングルで撮るのを忘れていたので今回はちゃんと写しました~(o ̄∇ ̄o)♪
こう写さないと私じゃないですね~(*´∀`*)

30の写真を気に入って頂いて有難うございました~♪
Commented by shizenkaze at 2016-04-21 21:27
timata-snさん  この牡丹園は個人のものなので多くの人に見てもらおうと開放されています
花の時期には地域の人やボランティアが来る人たちを案内したり清掃などもしています
ですから住まれている人は普通に暮らしているので文化財とは言えども中を見せてもらうのは無理なようですよ・・・・・
もしこれが自分だとしたら見ていただくのも良いとは思いますがプライバシーが守られなくなる恐れがあるので躊躇うでしょうね・・・・・
この牡丹を見られるだけでも有り難く感じていますよ~(o ̄∇ ̄o)♪

踊子草が一面に生えていて私はこちらの方が気になっていました~
写真を気に入って頂いて有難うございました・・・・・(*´∀`*)
Commented by shizenkaze at 2016-04-21 21:30
ten-zaruさん  牡丹がとても綺麗に咲いていました
今年は少し早いですね・・・・・
いつものペースで行くと花が終わっていたり傷んだものが多くなりそうです~

若い頃は牡丹なんて全く興味がなかったのですが今では落ち着いて眺める事のできる歳になったようです~(o ̄∇ ̄o)♪
Commented by shizenkaze at 2016-04-21 21:33
tanuki_oyajiさん  この日はまだ蕾もありましたが今なら満開状態だと思います~
今年は他の花も同じですが例年より1週間から10日は早いですね・・・・・
見に行くのが遅れるとガッカリしますよ~

是非見に行ってください~(*´∀`*)
名前
URL
削除用パスワード


<< 『 アクアワールド水郷パークセ... 『梨の花と紫雲英(ゲンゲ)の花... >>