『大千成(オオセンナリ)と唐胡麻(トウゴマ)と天鵞絨毛蕊花(ビロードモウズイカ)の花達・・・』

今日は薬科大学の薬草園で写してきた花等を載せることにします~
エーザイの薬草園では以前私も指摘したトウゴマは切られて触れられる所には見られなくなりこの薬草園でもフェンス内で育てられていましたが今年はフェンス外で誰もが触れられる所に植えられていて少し驚きました
悪意を持っていない人ばかりだとどんな方法でも良いと思いますが何かあってからだと困りますので一応ボランティアの案内係の人には伝えておきました~

オオセンナリも実は去年はフェンスの中で栽培されていましたが今年はフェンス外で見られました
薬科大学の担当教授が変わったのでしょうか?
不思議に思いました・・・・・


1.『大千成(オオセンナリ)』  ナス科オオセンナリ属の一年草
学名はNicandra physalodesと言います~
d0054276_2013053.jpg

別名を『千成鬼灯(センナリホオズキ)』とも言います~
原産地は南アメリカで日本へは江戸時代の末期に渡来して逸出したものが日本全国で野生化しているようです・・・・・



2.
d0054276_20131293.jpg

葉の脇から細長い花柄を出しその先に1つずつ花をつけます・・・・・
合弁花で花径は3~4cmで先が浅く5つに裂けます
裂片は淡い青色で筒部は白くなっています~♪



3.
d0054276_20132318.jpg

4.
d0054276_20133428.jpg

実は鬼灯(ホオズキ)と同じように球形の液果で袋のような大きな萼に包まれています・・・・・
以前にブログで紹介したことがあります~♪
有毒なので食べられないですが切り花やドライフラワーなどに用いられる事もあるようです~



5.
d0054276_20134525.jpg

6.
d0054276_20135596.jpg

7.
d0054276_201463.jpg

8.
d0054276_20141638.jpg

9.
d0054276_20142873.jpg

10.
d0054276_20143845.jpg




11.『唐胡麻(トウゴマ)』  トウダイグサ科トウゴマ属の多年草
学名はRicinus communisと言います~
d0054276_20145159.jpg

植物園や薬草園などで見掛けることがありますが対応はマチマチで劇毒植物にしている所から一般の人が触れられる所に植えられるところもあります・・・・・

別居中だった妻が夫のアパートに入りいつも飲んでいる焼酎に毒を混ぜたという事件が起きて話題になってからトウゴマを無くしたり隔離して見せるようになった所が多くなりました
エーザイの薬草園の場合は切り捨てて無くしてしまいました・・・・・



12.
d0054276_201513.jpg

専門家によるとトウゴマの種を搾ったカスには猛毒が含まれていると言います・・・
トウゴマの種子には『リシン』という猛毒が含まれていて搾ったカスから1%くらい採れて」毒性はフグ毒のテトロドトキシンよりも強い毒のようです・・・・・

リシンは猛毒物質であり致死量以上であれば当然死に至ります
ある状態でリシンを摂取すると呼吸困難、発熱、咳、吐き気などと共に身体全体が硬くなり発汗やチアノーゼ、血圧降下などが続いて発生して摂取した量にもよりますが36時間から72時間で死に至ると言われます



13.
d0054276_20151297.jpg

14.
d0054276_20152461.jpg

15.
d0054276_20153463.jpg

見た目にも不気味な姿なので誤って口にするなんて事は無さそうですが万に一つのこともありますのでこんな姿の植物には触れないようにして頂きたいですね・・・・・・・



16.
d0054276_20154610.jpg

17.
d0054276_20155782.jpg

18.
d0054276_2016794.jpg

19.
d0054276_20161854.jpg

20.
d0054276_20163013.jpg

葉はこんなヤツデのような形をしています~



21.
d0054276_20164269.jpg

22.
d0054276_20165372.jpg

23.
d0054276_2017466.jpg




24.『フレンチラベンダーとモンキチョウ』
d0054276_20171466.jpg

ラベンダーはここには何種も見られ今までにも撮っていたので写そうとしませんでしたが目の前を飛んでいたモンキチョウがフレンチラベンダーにとまったり移動したりする姿を見て撮ってしまいました~♪



25.
d0054276_20172318.jpg

26.
d0054276_20173346.jpg

27.
d0054276_20174364.jpg

28.
d0054276_20175417.jpg




29.『天鵞絨毛蕊花(ビロードモウズイカ)』  ゴマノハグサ科モウズイカ属の二年草
学名はVerbascum thapsus Lと言います~
d0054276_2018586.jpg

ビロード状の綿毛で覆われた柔らかい灰緑色の葉は大きく30cmにもなります・・・・・
葉の大きさは上葉と下葉で大きさが極端に異なり葉に綿毛があるため葉は柔らかく灰緑色に見えます~
花は優しい薄黄色をしていて花は閉じた感じで咲きます・・・・・(*´∀`*)



30.
d0054276_2018162.jpg

観賞用とされる他に花茎はドライフラワーとしても用いられます・・・・・
薬効のあるハーブとしても知られ鎮静・鎮痛・去痰剤として、また腎臓病・高血圧等の治療薬として用いられています・・・・・
別名をマレイン(mullein)とも呼ばれますがラテン語で柔らかいという意味のようです~(o ̄∇ ̄o)♪



31.
d0054276_20182611.jpg

32.
d0054276_20183713.jpg

花が咲いているのか閉じているのか判らないように姿で咲いています~



33.
d0054276_20184860.jpg

34.
d0054276_20185988.jpg

今日は薬科大学の薬草園に入るとすぐにボランティアの案内係の人に『よく見かける人ですね』と言われました~
暫く話をしていました・・・・・

ここから河川環境楽園に行きましたがそこでも同じくらいの年の人から話し掛けられて暫く話をしていました
いろいろ話していると出かける場所が似ていて何度も私を見かけていたようで声をかけたと話していました~

同じような所に住んでいると出かける所は似ますね・・・・・・・(o ̄∇ ̄o)♪






(OLYMPUS E-30)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)

(OLYMPUS STYLUS SP-100EE)

(PENTAX OptioRZ10)
by shizenkaze | 2016-06-17 20:59 | 身近な自然の話 | Comments(18)
Commented by hibikorekouji2-2 at 2016-06-17 21:35
トウゴマで命を奪おうとしていたとは@@
初めて見る植物ですが、トリカブト以来の衝撃話題に驚きました。
19.の赤い種?はまるで生き物のように見えます。
誤って口にしないよう覚えておきます^^
Commented by odamaki719 at 2016-06-17 21:48
こんばんは!
 オオセンナリは綺麗なブルーですね。
1・4・8枚目が好きです。
トウゴマは毒があるのですね。
フェンスに囲まれていないと怖いですね。
フレンチラベンダーとモンキチョウは24・25枚目が好きです。
Commented by nori_natural at 2016-06-17 22:04
フレンチラベンダーにモンキチョウ
この前こんな写真を撮りたかったなぁ〜(>_<)
Commented by koneko3y at 2016-06-17 22:16
唐胡麻(トウゴマ)は、何カ所かで普通に見られていますが、
怖い植物ですね。トウゴマは綺麗だとは思いませんが、
オオセンナリは色も綺麗だと思います。
Commented by to-y_niya at 2016-06-17 23:00
こんばんは☆
オオセンナリ。。。すっごく可愛い~ですね~♪
フレンチラベンダーとモンキチョウ(*^^*)いい感じ♪
Commented by timata-sn at 2016-06-18 06:45
shizenkazeさん お早う御座います。
今朝は良いお天気の様です、また暑く成りそうですよ。

薬科大学の薬草園へ行かれたのですね。
オオセンナリ は可愛い花を咲かせるのですね、これで有毒なんですね。
トウゴマ はちょっと変わった形をして居ますね。
劇毒植物なんですね、恐ろしいですね!!
フレンチラベンダー が可愛いですね、モンキチョウが来て居たのですね。
可愛いですね。
ビロードモウズイカ は変わった咲き方をしているんですね。
見かける事のない花の様です。
Commented by 大阪のおっちゃん at 2016-06-18 11:29 x
お早うございます
トウゴマの生き残り作戦、
これはかなり強烈です、赤いヒトデのような髭、
「俺を食うな!」のアピールでしょう、
考えてますね、凄い知恵だと思います。

Commented by tanuki_oyaji at 2016-06-18 18:11
shizenkazeさん、こんばんは〜♪
トウゴマってこんな花だったのです。
見た感じ小さな花のようですが知らないと見過ごしてしまいそうですね。
Commented by shizenkaze at 2016-06-18 20:09
hibikorekouji2-2さん  世の中には判らないことが多いですね
危険なものも難しいです
私が良く例えて言うのは『刃渡り9cmのナイフを繁華街で持ち歩くと銃刀法違反で逮捕されますがコンクリートブロックを両手で持って歩いていても何も言われませんがどちらが殺傷力があると思いますか?』という事と『ケシの花ゆ大麻を鉢植えで持っていたらこれね逮捕されまいすがトリカブトやトウゴマやジギタリス等の毒草を栽培しても違反にはなりませんが本当はどちらが危険だと思いますか?』の二つです
危険なものと持っていけないものは違うようですね・・・・・怖いですが・・・・・

トウゴマに自然の中で出会うことはまず無いので安心ですが山菜採りなどではセリとドクゼリ等を間違えるかも知れないので注意がいりますね・・・・・
Commented by ten-zaru at 2016-06-18 20:10
shizenkazeさん、今晩は。
オオセンナリ、優しい色をしていますね。
それに反して、トウゴマの不気味な色と形は人を遠ざけますよ。
フグより毒性が強いとは恐ろしや(汗)
Commented by shizenkaze at 2016-06-18 21:40
odamaki719さん  オオセンナリも有毒のようですがこんな花を口にすることはないのでまだ安心ですね・・・・・
薬草園や自然公園によって有毒種の植物の扱いが違うのは本当に不思議です
若い頃には山菜採りをしていたので普通の毒草には詳しいですが外来種などが多くなると判断できなくなりますね・・・・・(´;ω;`)

1.4.8.24.25の写真を気に入って頂いて有難うございました~♪
Commented by shizenkaze at 2016-06-18 21:42
nori_naturalさん  シソ科のハーブなどには蝶がよく来ます~♪
薬草園でも時々蝶が見られるので止まれば写しますが飛翔中は私には無理ですね・・・・・(´;ω;`)
Commented by shizenkaze at 2016-06-18 21:46
koneko3yさん  薬草園ではトウゴマは管理されている所が多いようですがフラワーパークでは花壇の横に咲いていたのを見ました
成分に気をつけて植えるか花を見せるのが目的かで考えが違うみたいです

トウゴマは姿は面白いですが綺麗とか可愛いと言える花ではないですね
オオセンナリは小さな朝顔みたいで綺麗で可愛いです~
Commented by shizenkaze at 2016-06-18 21:49
to-y_niyaさん  オオセンナリの花は色も姿も可愛いですね
でも実は少々可愛くないです~(o ̄∇ ̄o)♪

フレンチラベンダーに来ていたモンキチョウは飛んで行ってもすぐに戻ってきて花を飛び交っていました・・・・・
よほど気に入っていたのでしょうね~(*´∀`*)
Commented by shizenkaze at 2016-06-18 21:56
timata-snさん  今日は猛暑でした・・・・・
涼しい山間部にいても道路は暑かったです

薬草園(薬大の)は土曜は休園ですが金曜と日曜は行けるので時間の少ない時でも少しだけ行くことも多いです・・・・・
オオセンナリもトウゴマも去年はフェンスの中で見られましたが今年は触れられる所に咲いていました
指導されている教授が変わったのか普通ではありえない事なので不思議に思いました
毒性が強いものでも口にしないと大丈夫と言われますが毒性によっては触れた手で目を擦ったら痛みが出たという場合もあるので気をつけて欲しいですね

ビロードモウズイカは時々荒地や空き地などに咲いていることがあります
以前一度だけ近くのスーパー横の隙間から咲いていたのを見たことがありました
Commented by shizenkaze at 2016-06-18 21:58
大阪のおっちゃんさん  トウゴマのように不気味な姿にしているのはそんな訳かも知れませんね
でも生き物にはそんなものでも平気で食べるものがいるので子孫を残すのは大変でしょうね
Commented by shizenkaze at 2016-06-18 22:02
tanuki_oyajiさん  トウゴマは雌雄別花のようなので赤いものがあるのは雌花で下に見られるモジャモジャのものが雄花だと思います
トウダイグサ科の植物は殆どが有毒ですね・・・・・

私は若い頃は山菜採りをしていましたがこんな植物は食べられたとしても絶対に採らないでしょうね・・・・・(o ̄∇ ̄o)♪
Commented by shizenkaze at 2016-06-18 22:08
ten-zaruさん  同じ毒草でもオオセンナリは可愛い花ですがトウゴマは不気味ですね
植物は『科』によって有毒種の多いものがありますね・・・・・
ナス科やサトイモ科は食べられる野菜のもの以外は有毒と言っても過言ではないですね
植物にはフグの毒(テトロドトキシン・サキシトキシン)より毒性の強いものがあるようです
フグ毒が青酸カリの約1000倍と言われるようなのでそれ以上って言うと怖すぎますね
名前
URL
削除用パスワード


<< 『暑さを逃れて山の渓流へ・・・... 『実栗(ミクリ)と半夏生(ハン... >>