『目弾(メハジキ)と川緑(カワミドリ)と紫(ムラサキ)の花達・・・・・』

今日は朝から曇りでしたが雨は降りませんでした
明日は用があるので今日は出掛けたいと思っていましたが出掛けられませんでした・・・・・
車にカメラを積んで出掛けようとしましたが買い物だけで終わってしまいました~゚(゚´Д`゚)゚

今日載せた写真は昨日写した各務原市のエーザイ薬草園の花達です~


1.『目弾(メハジキ)』  シソ科メハジキ属の越年草
学名はLeonurus japonicusと言います~  
d0054276_19343293.jpg

和名の由来は子供が茎を短く切って瞼にはめて目を開かせて遊んだところから来ていると言われています
別名は益母草(ヤクモソウ)と言いますがこれは中国では古くから婦人薬として利用されて来たと言うことから付けられています~♪



2.
d0054276_19344470.jpg

3.
d0054276_19345574.jpg

茎の上部の葉の脇に淡い紅紫色の唇形花を輪生状につけます・・・・・
花冠は10~13ミリくらいで外側には白い毛が密生して下唇は3つに裂けて濃い紅紫色の筋が入っています



4.
d0054276_193562.jpg

5.
d0054276_19351765.jpg

花一つを見ると私の好きな唇形花でカキドオシやオドリコソウに少し似た姿ですね~



6.
d0054276_19352844.jpg

7.
d0054276_1935397.jpg

8.
d0054276_19355224.jpg

9.
d0054276_1936420.jpg




10.『川緑(カワミドリ)』  シソ科カワミドリ属の多年草
学名はAgastache rugosaと言います~
d0054276_1936165.jpg

生薬名を藿香(かっこう)と言い北海道、本州、四国、九州の山地や沢沿いなどの草原に自生しています・・・・・♪


     
11.
d0054276_19362718.jpg

感冒による下痢や消化不良そして風邪や頭痛と言う症状に対してその改善目的で利用されています
利用する場合には水でよく洗ってから一日三回に分けて飲用すると良いようです~♪



12.
d0054276_19363821.jpg

13.
d0054276_19364923.jpg

14.
d0054276_1937011.jpg

シソ科の花はどれも魅力があります~
このタイプの花も好きな花です・・・・・(o ̄∇ ̄o)♪



15.
d0054276_19371114.jpg

16.
d0054276_19372170.jpg




17.『禊萩(ミソハギ)』  ミソハギ科ミソハギ属の多年草
学名はLythrum ancepsと言います~
d0054276_1937322.jpg

和名の由来は身を清める神事に使われたことから『禊ぎ(みそぎ)+萩(ハギ)』の禊萩(みそぎはぎ)が略されて禊萩(ミソハギ)と呼ばれるようになったと言われています~



18.
d0054276_19374278.jpg

湿地や田の畔などに生え栽培もされます・・・・・
日本や朝鮮半島に分布していて茎の断面は四角です・・・・・
葉は長さ数センチで細長く対生で交互に直角の方向に出ます~
お盆のころ紅紫色6弁の小さい花を先端部の葉腋に多数つけるるので盆花としてもよく使われ盆花(ボンバナ)や精霊花(ショウリョウバナ)の名もあります~♪



19.
d0054276_19375417.jpg

河川環境楽園の木曽川水園では木舟遊覧の所に多く咲くのが見られます・・・・・♪



20.
d0054276_1938690.jpg

21.
d0054276_1938173.jpg




22.『紫(ムラサキ)』  ムラサキ科ムラサキ属の多年草
学名はLithospermum erythrorhizonと言います~
d0054276_19382812.jpg

根は暗紫色で生薬『シコン(紫根)』と言われ日本薬局方に収録されていて抗炎症作用、創傷治癒の促進作用、殺菌作用などがあって紫雲膏などの漢方方剤に外用薬として配合されています・・・・・
最近は日本でも抗炎症薬として口内炎や舌炎の治療に使用されることもあります~



23.
d0054276_19383983.jpg

古い時代から紫色の染料として用いられていました・・・・・
染色法は乾燥した紫根を粉にして微温湯で抽出して灰汁で媒染して染色します
江戸時代には染められた絹を鉢巻にして病気平癒の為に頭に巻く風習が生まれましたので時代劇などで殿様などが頭に巻いている姿を見たことがあると思います~(o ̄∇ ̄o)♪



24.
d0054276_1938494.jpg

25.
d0054276_1939287.jpg

26.
d0054276_19391398.jpg




27.『アカンサスモリス』  キツネノマゴ科ハアザミ属の常緑多年草  
学名はAcanthus mollisと言います~
d0054276_19392546.jpg

和名を『葉薊(ハアザミ)』と言います~
ハアザミ属の葉には棘がある種類が多いのですがアカンサス・モリスの葉には棘がありません・・・・・



28.
d0054276_19393759.jpg

前にも写して載せましたがアップで写すのを忘れていたので今回はアップで撮りました~
キツネノマゴ科の花も唇形花なので私のお気に入りです~(o ̄∇ ̄o)♪



29.
d0054276_19394952.jpg

30.
d0054276_1940087.jpg

色の違う花もありました~♪



31.
d0054276_19401196.jpg




32.『吾亦紅(ワレモコウ)』  バラ科ワレモコウ属の多年草
学名はSanguisorba officinalisと言います~
d0054276_19402246.jpg

薬草園の駐車場道路側のスペースに植えられていました・・・・・



33.
d0054276_19403299.jpg

アナベルの前に咲いていました~(o ̄∇ ̄o)♪



34.
d0054276_19404286.jpg

街中に咲いている紫陽花たちも少しずつ傷みが出ていました・・・・・
オトギリソウ科の黄色い花も次第に見られなくなり今目に付くのは街路樹下に咲いているホットリップスとマツバギクとサルビアが殆どになっています・・・・・

他にはアガパンサスも見られますので綺麗なうちに写しておきたいと思っています~
明日少しの時間でもあれば花を写したいのですがどうかな~~(´;ω;`)?






(OLYMPUS E-30)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)

(OLYMPUS STYLUS SP-100EE)

(PENTAX OptioRZ10)
by shizenkaze | 2016-06-25 20:33 | 身近な自然の話 | Comments(18)
Commented by ten-zaru at 2016-06-25 20:47
shizenkazeさん、今晩は。
もうミスハギやワレモコウが見られましたか。
こちらでは夏の終わり頃に見られると思います。
禊萩の優しい感じが好きです。
Commented by odamaki719 at 2016-06-25 21:07
こんばんは!
 メハジキは1・5枚目が可愛いですね。
カワミドリは14枚目が好きです。
ミソハギも可愛いですね。
17・20枚目が好きです。
もうワレモコウが咲いているのですね。
32枚目が好きです。
Commented by 大阪のおっちゃん at 2016-06-25 21:31 x
こんばんは
小さなお花も、大きなお花も、一生懸命咲いてます、
全く手を抜かないのが人と違うところでしょうか。
Commented by hibikorekouji2-2 at 2016-06-25 22:34
花弁から蘂が飛び出したカワミドリの花は、
個性的で可愛いですね♪
侘び錆びの世界を感じさせてくれる吾亦紅はとても魅力的です。
そこだけ違う時間が流れているような錯覚に陥りそうです^^
Commented by koneko3y at 2016-06-25 22:52
ミソハギは盆花としてお墓参りの際に利用しました。
アジサイも見ごろも終盤となり関心はハスなどに
関心が移ってきました。
昨年はもうハスの花を写していたころですが、
今年はまだ全然です。
Commented by timata-sn at 2016-06-26 06:38 x
shizenkazeさん お早う御座います。
今朝は良いお天気の様です、梅雨の中休みでしょうか。

エーザイ薬草園へお出かけされたのですね。
メハジキ 唇形花の形をして居て綺麗で可愛いですね!!
カワミドリ 蕊がすっと伸びて居てこちらも可愛いですね。
ミソハギ も可愛いですね。
ムラサキ と言うんですね、初めて見た様に思います。
染料に成るんですね。
アカンサスモリス きっちっと整列して咲いて居て可愛いですね。
ワレモコウ は見逃して居るのか見つける事が出来ませんよ。
可愛いですよね。
Commented by asitano_kaze at 2016-06-26 19:16
メハジキ、独特の面白さがありますよね。
3,9,好きな画です。
カワミドリ、まだ見たことがないです。
いかにもシソ科の愛らしい花ですね。
14、迫力ありますね。
ミソハギ、もう花をつけているのですね。
ムラサキのちいさくて可愛い白花、いいですねぇ。
紫色の染料がとれるのは根からですか。
ワレモコウ、この臙脂の花、惹かれます。
咲き始めは瑞々しくていいですよね。
33,いいですねぇ。
Commented by tanuki_oyaji at 2016-06-26 19:27
shizenkazeさん、こんばんは〜♪
メハジキですか、この花も面白い形をしてますね。
ミソハギが咲くともう真夏になったような気がしますね。
Commented by to-y_niya at 2016-06-26 19:48
こんばんは☆
メハジキ。。。おもしろい姿ですね~
このての花は どうも覚えられません^^;
でも、可愛い~んですよね~♪
アカンサス。。。不思議な色だなぁ(^・^)って思ってたら 白もあるんですね~
Commented by shizenkaze at 2016-06-26 21:44
ten-zaruさん  ミソハギは木曽川水園のものはまだ咲いていませんでしたが薬草園の花は僅かでしたが咲いていました~
ワレモコウもよく咲いていましたが達目洞のナガボノアカワレモコウが咲いているかどうかは最近出かけていなくて判りませんでした・・・・・
今年は花達の咲くのがやっぱり少し早いですね~

梅雨時ですが花の姿を見て少しはサッパリした気持ちになりたいですね~(o ̄∇ ̄o)♪
Commented by shizenkaze at 2016-06-26 21:47
odamaki719さん  メハジキやカワミドリのシソ科の花を見ていると楽しいです~
まだミソハギは咲き始めたばかりなのでこれから少しずつ咲きそろうのでしょうね
ワレモコウも見かけましたが今年は少し早いですね~(o ̄∇ ̄o)♪

1.5.14.17.20.32の写真を気に入って頂いて有難うございました~
Commented by shizenkaze at 2016-06-26 21:51
大阪のおっちゃんさん  植物達に限らず自然の中にいる野生達は妥協や誤魔化しはないですね・・・・・
今の瞬間を生きている姿を見習って暮らしたいです・・・・・
大木には負けますが多年草達よりは長く生きられるはずなので悔いのない日々を過ごしたいです~
Commented by shizenkaze at 2016-06-26 21:57
hibikorekouji2-2さん  カワミドリも可愛い花です~
シソ科の花はどれも可愛いので贔屓しています・・・・・
カワミドリと同じ仲間のアンソニーヒソップも今日写しました
同じような花なので可愛いです~♪

ワレモコウを見てこの花がバラ科とは想像がつかないくらいですが見ていて味のある花に思えたのはそんなに昔の事じゃなかったです・・・・・
小さな花を見ていると愛らしく思えてきます~♪^^
Commented by shizenkaze at 2016-06-26 22:02
koneko3yさん  こちらでは盆花の中にミソハギが入っているようなものは売られていません
地域性が出るもののようですね・・・・・
でもこれからお盆の頃に咲くミソハギは夏の花ですね~

こちらも紫陽花はそろそろ見納めにして他の花達にも目を向けたくなりました
睡蓮や半夏生から蓮や向日葵へと移り変ります・・・・・
先日のFMで羽島市の大賀ハスの話題を話しているのを聞きました
そろそろ大賀ハスの季節なんですね~
Commented by shizenkaze at 2016-06-26 22:09
timata-snさん  今日は良い天気でした
暑かったですが日陰に入ると風が気持ちよかったです~

金曜に出かけて途中で雨になった薬草園でしたが今日も朝から出かけました
今の季節では1週間から10日過ぎると園内の風景が変化しているのが判ります
植物たちの成長スピードの速さには驚きますね・・・・・

ムラサキはムラサキ科の名前になっているくらいですが花は白くてムラサキとは思えないですね
こう言う名前の植物も多いので調べていないと全く判らないです・・・・・
ワレモコウの花姿は味わいがあって良いものですね
近くで見る花ひとつも可愛いです・・・・・・
あまり彼方此方には咲いていませんがこちらでは時々野生種も見られます~♪
Commented by shizenkaze at 2016-06-26 22:18
asitano_kazeさん  メハジキはシソ科特有の輪生が見られますが特に葉が楽しいですね
これだけ葉を見せるシソ科の植物は少ないですね~♪
カワミドリと同じ仲間のアンソニーヒソップって言うハーブの花も咲いていました
シソ科の花は贔屓しているので見られるだけで嬉しくなってしまいます~

ムラサキのように花や植物全体の色から思えない名前の花も多いですね
大体染料に使う植物って見た目と染まる色が別物のような感じだそうですね~
藍もあの植物から綺麗な藍色は想像できないです・・・・・
ワレモコウの花は離れて見ていても味がありますが近くで花穂を見ていても花一つが愛らしいです
河川敷には見られないですがこんな花が咲いていたら散策がもっと楽しくなりそうですよ~♪^^

3.9.14.33の写真を気に入って頂いて有難うございました~♪
Commented by shizenkaze at 2016-06-26 22:21
tanuki_oyajiさん  シソ科の植物って葉は少し遠慮しているものが多いような気がしますがメハジキは『見て見て~』ってアピールしているように思えますね~
花の輪生も可愛いので気に入っています・・・・・

ミソハギはまだこれからですがこの花が水辺に咲くと真夏って気がします・・・・・
Commented by shizenkaze at 2016-06-26 22:25
to-y_niyaさん  メハジキは葉に特徴がありますがシソ科のハーブ類は似たものが多くて覚えられません~
大体の種類として覚えたいのですがそれも難しいものがありますね~(´;ω;`)

アカンサスモリスは不思議なことに一度で名前が覚えられた花です~
花の姿も気に入っているので見ては喜んでいます~(o ̄∇ ̄o)♪
名前
URL
削除用パスワード


<< 『牛蒡(ゴボウ)と朝鮮薊(チョ... 『雨の降る前に河跡湖公園を歩い... >>