『凌霄花(ノウゼンカズラ)と鉤葛(カギカズラ)と西洋人参木(セイヨウニンジンボク)の樹木達・・・・・♪』

今日は樹木に見られた花や実等を載せてみました・・・・・
写した所は岐阜県各務原市川島のエーザイ薬樹園と愛知県江南市のフラワーパーク江南です~
鉤葛(カギカズラ)は初めて載せましたが花や実は見られず茎にできる鉤状の突起物が見られただけでしたが変わった姿なので面白く感じました~

他のものは特別珍しいものはなかったですが季節季節に出逢うものたちを写しました~


1.『凌霄花(ノウゼンカズラ)』  ノウゼンカズラ科ノウゼンカズラ属の蔓性落葉樹
学名はCampsis grandifloraと言います~
d0054276_2022404.jpg

街中でもお寺の境内などでも綺麗に咲いています・・・・・・
夏の初めの花としては鮮やかで素敵に咲きますね~
ノウゼンカズラ科の花は可愛いものが多いですね・・・・・(o ̄∇ ̄o)♪



2.
d0054276_20225299.jpg

3.
d0054276_2023289.jpg

4.
d0054276_20231226.jpg




5.『鉤葛(カギカズラ)』  アカネ科カギカズラ属の蔓性常緑樹
学名はUncaria rhynchophylla (Miq.) Jacks.と言います~
d0054276_20232427.jpg

南方系の植物で茎に鉤が見られます・・・・・
鉤を乾かしたものを漢方で釣藤鉤(ちょうとうこう)と言って小児のひきつけや頭痛・高血圧などに用いられます



6.
d0054276_20233564.jpg

鉤は1つのものと対のものが交互に見られます
不思議な姿ですが元々はこの鉤は葉だったとも言われています・・・・・



7.
d0054276_20234767.jpg

8.
d0054276_20235842.jpg



9.『西洋人参木(セイヨウニンジンボク』  シソ科ハマゴウ属の落葉低木
学名はVitex agnus-castusと言います~
d0054276_2024844.jpg

ヨーロッパ南部、西アジア原産です
掌状の細い葉がチョウセンニンジンに似ていることから『ニンジンボク』と呼ばれますがヨーロッパ原産であることから『セイヨウ』が付けられています~

世界各地で古くから栽培されていて生理痛などの婦人病に効果のある薬として用いられてきました・・・・・
近年ではホルモンに似た成分を有することが分かり治療薬としての研究が進められています(*´∀`*)
花後の果実にはコショウに似た風味があることから香辛料としても利用されていました・・・・・♪



10.
d0054276_2024191.jpg

11.
d0054276_20243166.jpg

12.
d0054276_20244433.jpg

13.
d0054276_20245641.jpg




14.『大葛藤(オオツヅラフジ)』  ツヅラフジ科ツヅラフジ属の蔓性落葉樹
学名はSinomenium acutumと言います~
d0054276_2025924.jpg

有毒種ですが薬効もあります~
オオツヅラフジの蔓性の茎と根茎は生薬『防已(ぼうい)(日本薬局方での定義)』で鎮痛や利尿作用などがあります・・・・・
木防已湯(もくぼういとう)防已茯苓湯(ぼういぶくりょうとう)などの漢方方剤に配合されていて主な有効成分はアルカロイドのシノメニン(sinomenine)などですが作用が強くて用法を間違えると中枢神経麻痺などの中毒を起こす事になるので注意が必要になります・・・・・



15.
d0054276_20251977.jpg

16.
d0054276_20253057.jpg

17.
d0054276_20254150.jpg




18.『白熊の木(ハグマノキ)』  ウルシ科ハグマノキ属の落葉樹
学名はCotinus coggygriaと言います~
d0054276_20255761.jpg

ハグマノキよりスモークツリーの方が知名度が高いですね~
花は円錐状に咲きあまり目立ちません・・・・・
雌雄異株なので煙状にならない株もあります
葉は緑葉もありますが赤紫になる品種が特に多いです~♪
寒冷地では紅葉も綺麗です・・・・・



19.
d0054276_20261161.jpg

20.
d0054276_2026259.jpg




21.『山桃(ヤマモモ)』  ヤマモモ科ヤマモモ属の常緑樹
学名はMorella rubraと言います~
d0054276_20263757.jpg

日本や中国南部~インドに自生しています~
雌雄別株で雌木は梅雨時期にルビー色の美しい果実を付けます・・・・・
この果実は平安時代から食用として親しまれていたようです~

日本に自生している樹木で果樹としても古くから知られていますが葉も光沢があって美しく樹形もきれいに整い病害虫にも強いので近年では街路樹などにも利用されていますが落ちた実が地面を汚しベタベタしたようになるので取り除かれてしまったところも多いようです・・・・・



22.
d0054276_20264838.jpg

23.
d0054276_20265937.jpg

もっと赤くなると食べられますがただ甘いだけなので酸味があれば尚美味しく感じられますね~
キンキンに冷やせば美味しく食べられます~♪



24.
d0054276_20271062.jpg

25.
d0054276_20272178.jpg

26.
d0054276_20273453.jpg

27.
d0054276_20274754.jpg




28.『中国切葉人参木(チュウゴクキリハニンジンボク)』  シソ科ハマゴウ属の落葉低木
学名はVitex cannabifoliaと言います~
d0054276_20275916.jpg

セイヨウニンジンボクの元になる木です・・・・・



29.
d0054276_20281188.jpg

30.
d0054276_20282337.jpg

淡い紫色の唇形花が見られます~
下唇の中央裂片には黄色と濃紫色の蜜標が目立ち白い長毛があります・・・・・
下唇の中央列片はセイヨウニンジンボクに比べて大きいです~
オシベとメシベは花冠から飛び出しています・・・・・(o ̄∇ ̄o)♪



31.
d0054276_20283860.jpg




32.『山法師(ヤマボウシ)』  ミズキ科ミズキ属の落葉高木
学名はCornus kousaと言います~
d0054276_20285176.jpg

花が終わり今はこんなに多くの実が生っていました
この木は実付きが良くて毎年凄くたくさんの実が生ります・・・・・(o ̄∇ ̄o)♪



33.
d0054276_2029595.jpg

近くに『常緑山法師』と言う木がありましたがそれにはまだ綺麗な花がビッシリと咲いていました
ヤマボウシにも種類が多くあるのですね~(*´∀`*)



34.
d0054276_20291762.jpg

35.
d0054276_20292847.jpg

この実が赤くなるととても綺麗です
公園のものなので摘んで口にする人は少ないですが子供たちに自然からの恵みの味を体験させるのも良いでしょうね~



36.
d0054276_20294048.jpg

37.
d0054276_20295238.jpg




38.『木通柿(アケビガキ)・ポポー』  バンレイシ科ポポー属の落葉高木
学名はAsimina trilobaと言います~
d0054276_2030360.jpg

薬科大学の薬草園で何度も写して載せていますがこのポポーはフラワーパークのものです~
ポポーの呼び方の他にポーポーやポポーノキ、ポポ、アケビガキとも呼ばれます・・・・・♪



39.
d0054276_20301332.jpg

まだスーパーなどで売られているのを見たことはないですがこれからたくさん収穫されるようになれば店頭にも並ぶでしょうね~(o ̄∇ ̄o)♪



40.
d0054276_2030258.jpg


毎日少しは雨が降ります
九州方面では豪雨の被害も出ていて関東では水不足になっていて制限もされているくらいなので小さな島国の日本の中でも全く別の気象になっているようです
地震も熊本であってから函館でもあり長野や東北でも起きているようです

自然は優しくて大切なものですが反面とても恐ろしいものにもなります・・・・・
できるなら優しい姿のままでいて欲しいです~~






(OLYMPUS E-510)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)

(OLYMPUS STYLUS SP-100EE)

(PENTAX OptioRZ10)
by shizenkaze | 2016-06-28 21:37 | 身近な自然の話 | Comments(20)
Commented by odamaki719 at 2016-06-28 21:52
こんばんは!
 ノウゼンカズラがもう咲いているのですね。
3・4枚目が好きです。
12枚目のセイヨウニンジンボクが好きです。
ハグマノキは最近ニュース番組の後ろの生け花に
生けられていて意外に綺麗なのですよね。
21枚目のヤマモモが好きです。
Commented by koneko3y at 2016-06-28 22:01
こちらのセイヨウニンジンボクは青い花ではないのですね。
ノウゼンカズラは根元にびっしりと花が落ちていましたが、
それでもまだたくさんの花が咲いています。
二度、三度と咲く花ですね。
ヤマモモも真っ赤に熟して、樹の根元にもゴロゴロ実が落ちています。
Commented by asitano_kaze at 2016-06-28 22:08
へぇ、カギカズラというのですか。名前の通りですね。
セイヨウニンジンボク、薬草にも香辛料にも利用されてきたんですね。
9,12,花もすてきです。
オオツヅラフジ、ブドウのような実が好きです。
スモークツリーよりもハグマノキの名の方が好きです。
ヤマモモ、色づいてきましたね。
22,27,これくらいの色合いがいい感じです。
ヤマボウシ、いがぐり坊主君たち、たくさん伸びていますね。
36,37,好きです。
アケビガキ、食べられるのですか。アケビのように割れることはないんですね。
こちらでは水不足が懸念されています。
梅雨空ですが、雨の量がすくないです。
これではダムの水もたいして増えないでしょうね。
節水にこころがけています。
Commented by nori_natural at 2016-06-28 22:37
ノウゼンカズラ、こちらでも咲き出しました。
大きくて集団で咲いてるので目立ちますよね。
カギカズラ、なるほど
花の咲いてないカズラを真剣に見た事が無かったので
有る意味感動しました。
Commented by to-y_niya at 2016-06-28 23:12
こんばんは☆
ノウゼンカズラ。。。満開ですね~~~
なんだか優しい色合いですね^^
ヤマボウシ。。。綺麗で、めっちゃ可愛い~ですね(*^^*)♪
ヤマモモ、近所で今年 桜から植え替えられた街路樹です~
来年あたり・・・実が生るのかな・・・^^
Commented by timata-sn at 2016-06-29 07:01
shizenkazeさん お早う御座います。
今朝は小雨が降って居ます、一日中降るようですよ。

ノウゼンカズラが綺麗に咲いて居ますね。
カギカズラと言うんですね、初見ですよ。
セイヨウニンジンボク可愛い花が咲くんですね。
ハグマノキと言うんですね、この名前は知りませんでした。
ヤマモモがびっしり生って居ますね、たまに食べると
美味しく感じますよ。
ヤマボウシの実も初めて見ましたよ、上を向いてなるんですね。
アケビガキも初めて見ましたよ、大きなものなんでしょうか。
Commented by sidu-haha at 2016-06-29 09:04
おはようございます。
ノウゼンカヅラ~~きれいに咲いていますね。
いよいよ夏到来~でしょうか?
素敵に咲かせて~嬉しいですね。

カギカズラ~~
初めて知りました。
こちらにもあるのかな~~?
散歩していると、木々の名前をもっと知りたいと思うのですが~~
なかなか見つけられなくて、いろんな所をクリックしては探したりしています。
こちらへお邪魔すると詳しく掲載されていて、とても勉強になります。

そうそう、昨日仙台の奥の秋保の植物園で、毒草と薬草になる植物の展示を見て来ました。
怖いような、役に立つんだなあ~など、気持ちを入り乱れさせながら見てきました。(๑'ᴗ'๑)
Commented by hibikorekouji2-2 at 2016-06-29 18:41
山桃が美味しそうに熟れてますね~♪
私がこの前見たものは、
手を伸ばそうという気には全くなれない色をしていました。
こんなに美しい色のヤマモモはまだ見たことがないです。
もし、もし見たら、一粒摘まんでしまいそうです^^
Commented by tanuki_oyaji at 2016-06-29 19:23
shizenkazeさん、こんばんは〜♪
ノウゼンカズラがもう満開ですね。
落ちても落ちてもどんどん湧いてくるように咲く花を見ると元気が出てきます。
Commented by ten-zaru at 2016-06-29 20:12
shizenkazeさん、今晩は。
ノウゼンカズラが綺麗に咲きましたね。
背景が暗い中でのオレンジ色が素晴らしいですよ。
ヤマモモのの実、思わず口の中に入れたくなります。
Commented by shizenkaze at 2016-06-29 21:45
odamaki719さん  今年はノウゼンカズラも早く咲いていたようでした
家の近くの喫茶店の花も満開状態でした~♪

ニンジンボクの花も綺麗に思えました
ハグマノキがよく使われているのは私も気がつきました
知らない人だと何か人工物のように見えるでしょうね~♪^^

ヤマモモも彼方此方で実を見かけます
公園などのものは採取できませんが採っても良いものなら少し味わってみたいです~

3.4.12.21の写真を気に入って頂いて有難うございました
Commented by shizenkaze at 2016-06-29 21:49
koneko3yさん  ここのセイヨウニンジンボクの花は白花でした
青い花もあるみたいですね~(o ̄∇ ̄o)♪
ノウゼンカズラって花が散ってからまた咲くこともあるみたいですね
綺麗な花なので見て楽しいです~

市役所南庁舎にあったヤマモモは実が落ちて歩道を汚すからといって切られてしまいました
『緑と清流の岐阜』をモットーにしているのに困ったものです・・・・・
Commented by shizenkaze at 2016-06-29 21:56
asitano_kazeさん  カギカズラは初見でしたがこの姿に立ち止まって眺めてしまいました
今度は花が写したいです~
オオツヅラフジの実は1度だけ写しましたがタイミングが合わないのかなかなか写せません
ヤマモモもヤマボウシも赤くなる実はたまに食べたくなります
自然からの恵みは特別美味しくなくても味わって自然を楽しみたいものです~♪

いつもはポーポーとかポポーで載せていましたが今回はアケビガキて載せました
形がアケビの実っぽいので和名として付けられたんだと思います
ですからアケビのようには割れないです~

9.12.22.27.36.37の写真を気に入って頂いて有難うございました・・・・・♪
Commented by shizenkaze at 2016-06-29 21:58
nori_naturalさん  カギカズラは見た事があるのですね?^^
私は初見だったのでこの姿を見て暫く立ち止まって眺めていました・・・・・
今度はこの花を撮ってみたいです~(o ̄∇ ̄o)♪
Commented by shizenkaze at 2016-06-29 22:04
to-y_niyaさん  ノウゼンカズラは綺麗なので咲いているのを見ると『ほっ』とします~
ヤマボウシもこれだけ実がついていると楽しくなります・・・・・
今年は山法師街道へ実を採りに行ってみたいです・・・・・(o ̄∇ ̄o)♪

ヤマモモの街路樹ですか?
楽しいですね・・・・・
ヤマモモは雌雄別株なので雌の木にしか実は生らないですがきっと一緒に植えられていることと思います~
大きさが判りませんが街路樹に植えられたものならきっと実ができると思います~
道路際なので実を採ってから塩水で洗ってから水で濯いでキンキンに冷やして食べるといいですよ
Commented by shizenkaze at 2016-06-29 22:09
timata-snさん  今日はこちらも雨でした
時々激しく降りましたよ・・・・・

カギカズラは不思議な姿でした
ハグマノキは普通はスモークツリーと呼んでいるので使うことは少ないですがハグマノキの呼び名って素敵に思えました~
ヤマボウシは実もよく見ますがここのヤマボウシには実が多くつくので見ていて楽しいです~
アケビガキは普通はポポーとかポーポーと呼んでいるもので私のブログでも何度も載せています
アケビのような姿なので和名として付けられたようです
大きさはアケビより少し小さかったです~
Commented by shizenkaze at 2016-06-29 22:14
sidu-hahaさん  ノウゼンカズラの花を見ると全く違うのにハイビスカスのようなハワイっぽい花に感じますね~
カギカズラは私も初見でした
こんな姿なら気がつくはずなのに今まで見落としていたようです~
今度は花を写したいです・・・・・

有毒のものも量の調整で薬にもなります
薬草園の植物もよく調べれば毒草も多いです・・・・・
私は毒草の図鑑を持っていますが成分を見ればパパイヤやアスパラも分ければ毒草に入るようです
触れて被れるのも毒草なんだと言われます~
何でも調べると楽しいですね・・・・・
Commented by shizenkaze at 2016-06-29 22:16
hibikorekouji2-2さん  ヤマモモの実は熟す途中の色がきれいですね
完熟すると何となく綺麗に思えませんが食べるのは完熟がいいですよ~
写真に写すのは今頃のものが可愛いですね・・・・・(*´∀`*)
Commented by shizenkaze at 2016-06-29 22:18
tanuki_oyajiさん  ノウゼンカズラは真夏に似合う花ですね
何となくハイビスカスのように花の横でフラダンスが似合いそうな気がします・・・・・(o ̄∇ ̄o)♪
Commented by shizenkaze at 2016-06-29 22:20
ten-zaruさん  ノウゼンカズラは今の季節には彼方此方で見かけますね
夏にピッタリの花ですね・・・・・

ヤマモモもこれから色づくヤマボウシの実も冷たく冷やして食べたいですね~
美味しいものは他にも多くありますが自然からの恵みを僅かでも味わいたいです・・・・・♪^^
名前
URL
削除用パスワード


<< 『サルビア・ウルギノーサやアス... 『銀梅花(ギンバイカ)と柳薄荷... >>