『亜米利加塊芋(アメリカホド)や波布草(ハブソウ)や黄金花(コガネバナ)等の花達・・・・・』

今日は朝から雨でした・・・・・
カメラを持っての散策は出来ませんでしたので昨日出掛けた所で写した花達を紹介することにしました

エーザイの薬草園は今の季節が見られる花は多いようです
栽培されているものは勿論写しますが勝手にやって来て一人生えしたような花も時々見かけるので見つけると楽しくなりますね~
今日載せたアメリカホドも一人生えの植物のようでした



1.『亜米利加塊芋(アメリカホド)』  マメ科アピオス属の多年草
学名はApios americanaと言います~
d0054276_20103066.jpg

この植物は薬草園で植えられたものではないようです・・・・・
ここに植えてあるのは『アキカラマツ』と言うキンポウゲ科カラマツソウ属の多年草です
アキカラマツの中に混じって花が見られたので不思議に思いながら載せたことが有りプロ友さんに教えていただきました~



2.
d0054276_20104164.jpg

原産は北アメリカ大陸東部で日本には明治時代中期に導入されたと言われています・・・・・
英名はポテトビーン、インディアンポテト、グラウンドナッツと呼ばれていますが日本では属名のアピオスやホド(ホドイモ)と呼ばれています~♪



3.
d0054276_20105875.jpg

地下塊茎を食用にします・・・・・
くびれた塊茎は20個ほどになることもあるようです~
大きさは直径2cmから8cm位でイモをそのまま加熱して煮たり焼き芋やてんぷら等に利用されますマメ科の日本での主産地は青森県東部でその中でも七戸町が最も生産量が多いようです・・・・・



4.
d0054276_2011966.jpg

5.
d0054276_20112091.jpg

6.
d0054276_20113083.jpg

7.
d0054276_2011422.jpg




8.『波布草(ハブソウ)』  マメ科センナ属の一年草
学名はSenna occidentalisと言います~
d0054276_20115599.jpg

原産地はアメリカ合衆国南部から熱帯アメリカにかけてです・・・・・
日本には江戸時代に毒虫や毒蛇(特にハブ)に咬まれたときの民間薬として導入されたのでこの名前が付けられました・・・・・
南西諸島や小笠原諸島では帰化植物となってよく見られるようです~



9.
d0054276_201271.jpg

10.
d0054276_20121956.jpg

マメ科の花でも私の好きな蝶形花ではありません
歪な五弁花なのでマメ科と思わず見ている人も多そうです~(o ̄∇ ̄o)♪



11.
d0054276_20123010.jpg




12.『カルドン』  キク科チョウセンアザミ属の多年草
学名はCynara cardunculusと言います~
d0054276_20124148.jpg

少し前にも載せましたがその時はまだ蕾でした
昨日見たら花が咲いていたので再度写しました・・・・・
アーティーチョークの原種だけあってよく似ていますね~(*´∀`*)



13.
d0054276_20125219.jpg

14.
d0054276_2013326.jpg

15.
d0054276_20131681.jpg

16.
d0054276_20132778.jpg




17.『角罌粟(ツノゲシ)』  ケシ科ツノゲシ属の越年草
学名はGlaucium flavumと言います~
d0054276_20133969.jpg

漢字では『角芥子』と書く場合もあります・・・・・
原産地はヨーロッパで南ヨーロッパの沿岸地域などに分布する植物で日本では観賞用として稀に栽培されることがある程度です・・・・・



18.
d0054276_20135084.jpg

19.
d0054276_2014063.jpg

20.
d0054276_20141121.jpg

21.
d0054276_20142276.jpg




22.『チャボトケイソウ』   トケイソウ科トケイソウ属の多年草
学名はPassiflorae incarnata L.と言います~
d0054276_20143414.jpg

随分前から咲いていて先日見たときには花が終わっていましたがまた新しく咲いたようです
不思議に思いながらまた撮ってしまいました~(o ̄∇ ̄o)♪



23.
d0054276_20144668.jpg

24.
d0054276_20145717.jpg

25.
d0054276_2015983.jpg




26.『西洋人参木(セイヨウニンジンボク)』  シソ科ハマゴウ属の落葉樹
学名はVitex agnus castusと言います~ 
d0054276_20152382.jpg

原産地は南ヨーロッパから中央アジアです・・・・・
ハーブとして用いられるほか見た目が似ていることからコショウの代わりとしても使用されていたようです~



27.
d0054276_20153446.jpg

ドイツなどで科学的な研究が進められセイヨウニンジンボクはホルモンと似た作用を持つことが明らかになってきました・・・・・
ドイツではセイヨウニンジンボクが月経前症候群の症状の治療薬として認可されているようで19世紀にはアメリカの医師が通経薬や催乳薬にセイヨウニンジンボクを用いたとされています・・・・・



28.
d0054276_20154543.jpg

29.
d0054276_2015565.jpg

30.
d0054276_2016836.jpg




31.『匙沢瀉(サジオモダカ)』  オモダカ科サジオモダカ属の多年草
学名はAlisma plantago-aquatica var. orientaleと言います~
d0054276_20161872.jpg

塊茎を乾燥させたものには抗腎炎作用があって『沢瀉(オモダカ)』の名で漢方薬として用いられています
また塊茎にはアレルギー反応を抑制する機能を持つ可能性も示唆されています・・・・・♪



32.
d0054276_20162965.jpg

33.
d0054276_20164189.jpg




34.『塩辛蜻蛉(シオカラトンボ)』  トンボ科シオカラトンボ属
学名はOrthetrum albistylum speciosumと言います~
d0054276_20165198.jpg

薬草園の水辺でサジオモダカを撮っていると近くを飛び交っていました~



35.
d0054276_2017337.jpg




36.『黄金花(コガネバナ)』  シソ科タツナミソウ属の多年草
学名はScutellaria baicalensisと言います~
d0054276_20171463.jpg

和名の由来は根の断面が鮮やかな黄色をしているためと言われていますが実際には個体によって樺色や褐色のものもあるようです・・・・・・

徳川吉宗の頃に朝鮮から種子が導入されて『小石川養生所(現・東京大学小石川植物園)』で栽培されたのが日本での栽培の始まりとされています~(*´∀`*)



37.
d0054276_20172447.jpg

38.
d0054276_20173573.jpg

39.
d0054276_20174617.jpg

40.
d0054276_20175614.jpg


今日は我家の愛猫『ビアンカ』の年に一度のサマーカットをしてきました
毎年1度隣の市まで連れて行くのですが車の中で落ち着きなくしていましたが帰りにはさっぱりしたようでウトウトしていました~
超毛種は猫なのに暑がりですから本当に大変です・・・・・
尻尾の先と顔周りだけそのままなので毎年笑えます~~(=ΦエΦ=)






(OLYMPUS E-30)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)

(OLYMPUS STYLUS SP-100EE)
by shizenkaze | 2016-07-09 21:14 | 身近な自然の話 | Comments(14)
Commented by odamaki719 at 2016-07-09 21:31
こんばんは!
 アメリカホドは可愛いですね。
自然に生えて咲いてくれると嬉しいですね。
1・3・6枚目が可愛くて好きです。
ハブソウは9枚目が好きです。
カルドンのブルーが綺麗ですね。
セイヨウニンジンボクは26・28・29枚目が好きです。
コガネバナの36枚目が好きです。
Commented by hibikorekouji2-2 at 2016-07-09 22:07
トケイソウは超が付くほどの個性的な花ですよね。
24.のトケイソウが素敵~♪
西洋人参木の花も爽やかで涼しげでいいですね。
まだ出会った事がない花です^^;
Commented by 大阪のおっちゃん at 2016-07-09 22:17 x
『波布草(ハブソウ)』、その効能を誰が見つけたのでしょう、
よほどの痛い目にあって、手当たりしだい、その辺の草花を擦りつけた、
それがこの花、以来特効薬草の地位を確保した、先人はすごいです。
これは仮説です。
Commented by koneko3y at 2016-07-09 22:31
いつもの散歩コースにある市民農園にいつも同じ場所に
ホドイモがあり、今年も花がありました。
このトケイソウは、綺麗な色ですね。
散歩コースのトケイソウは黄色の実をつけていました。
Commented by timata-sn at 2016-07-10 07:14
shizenkazeさん お早う御座います。
今朝は良いお天気の様です、また暑く成りそうですよ。

アメリカホドと言うんですね、初見の花だと思います。
屑の花に似た感じがしますよ。
ハブソウ名前に似合わず可愛い花ですね。
南西諸島や小笠原諸島には帰化植物として見られるんですね。
カルドンの名前は聞いた事が有りますが、アーティーチョークの原種なんですね。
チャボトケイソウ可愛い花ですよね。
セイヨウニンジンボク・サジオモダカも可愛いですね。
コガネバナの姿はタツナミソウと、私には区別が付かないほど良く似ていますね!!
Commented by tanuki_oyaji at 2016-07-10 17:19
shizenkazeさん、こんにちは〜♪
今回は初めて聞く名前の花が多いですね。
知ってるのはトケイソウぐらいにものですがチャボが付くのかどうかは分かりません。
アメリカホドというのは食べられるんですね、
いまでも農産物として店頭に出ているんでしょうか。
Commented by ten-zaru at 2016-07-10 19:09
shizenkazeさん、今晩は。
1週間のご無沙汰でした。
エーザイ薬草園にはどれ位の種類の植物があるんでしょうかね。
毎回新しい名前を聞くことが多いです。
一度カルドンを見たことがありますが、その時は名前も分かりませんでしたよ。
Commented by shizenkaze at 2016-07-10 20:46
odamaki719さん  薬草園の人に聞いてみましたがアメリカホドは植えた事がないようなので自然生えのようでした~
他にもネジバナやタヌキマメが一人生えしています~

ハブソウの黄色も目立ちますね
カルドンやセイヨウニンジンボクの花の色も綺麗でした
コガネバナはタツナミソウによく似た花で可愛かったです

1・3・6・9・26・28・29・36の写真を気に入って頂いて有難うございました~♪
Commented by shizenkaze at 2016-07-10 20:49
hibikorekouji2-2さん  トケイソウは白花が多く見られますがこのチャボトケイソウの色も珍しくてつい写してしまいます・・・・・
不思議な姿なのでどうしてこんな形になるのか花に聞きたいですね~(o ̄∇ ̄o)♪
西洋人参木も綺麗でしたが別の場所で写したものはもっと花が綺麗でした~
薬草園やハーブ園の花達って本当に見て楽しいです・・・・・♪^^
24の写真を気に入って頂いて有難うございました~
Commented by shizenkaze at 2016-07-10 20:53
大阪のおっちゃんさん  薬の発見は歴史的にも色々な話が残されていますね
自分自ら実験台になったり子供やパートナーを実験台にしたり試行錯誤の繰り返しだったようですね
大切な人を犠牲にした人たちも多かったようです
薬に限らず食べ物もナマコやウニそしてドリアンなどでも最初に食べた人は超冒険者だと思いますね
私には真似できないですよ・・・・・
Commented by shizenkaze at 2016-07-10 21:00
koneko3yさん  在来種のホドイモは少なくなって今はアメリカホドが多いようですね
食べたことはないですが栄養は凄いらしいですね
健康に良ければ食べたいですよ・・・・・

チャボトケイソウと普通よく見られる白花のトケイソウしか見たことがないです
一度パッションフルーツの実を見たことがありますが果物時計草と言われるだけあってよく似ていました・・・・・
トケイソウも品種が多そうです・・・・・
Commented by shizenkaze at 2016-07-10 21:06
timata-snさん  毎日暑いですね~
流れがあって日陰で風が吹いていると少し涼しく感じますが街中では無理ですね・・・・・

アメリカホドの芋は体に良い成分が豊富のようです
本当なら薬草園で植えても良い植物なのですが勝手に生えてきたようです
花はクズより色的には地味ですが可愛い花です・・・・・

コガネバナは本当に花の感じはタツナミソウによく似ていました
でも大きさが違ってこちらは大きめなので区別は何とか付けられそうです~

薬草園の植物達は見ているだけで勉強になります・・・・・
Commented by shizenkaze at 2016-07-10 21:10
tanuki_oyajiさん  薬草園は普段見かけないものが多くて楽しいです
時計草にも種類が多いようでこのチャボトケイソウもその一つです
色が綺麗ですね~♪

アメリカホドの芋は成分が凄く良いものが含まれていて奇跡の芋とも言われるようです
今までスーパーやデパ地下などで見かけた事はないですが国内でも栽培されているようで通販などで手に入るようです
健康ブームとしてまたテレビなどで特集でもあればスーパーに並ぶかも知れないですよ~♪^^
Commented by shizenkaze at 2016-07-10 21:18
ten-zaruさん  お帰りなさい~
ご旅行は楽しめましたか・・・・・(o ̄∇ ̄o)♪

エーザイの薬草園では約700種類の薬草と薬木が見られるようです
岐阜薬科大学の薬草園でも現在117科約700種を栽培しているようですがそれぞれに特徴があるので同じものも見られますが片方だけに見られる植物もあります~

私はこの二つの薬草園でいろいろ学びましたよ~(o ̄∇ ̄o)♪

カルドンはアーティーチョークの原種のようですね
よく似ていますが少し小ぶりに思えますね・・・・・
デッカイ薊のようで見て楽しい花です~(o ̄∇ ̄o)♪
名前
URL
削除用パスワード


<< 『醒ヶ井地蔵川の梅花藻』 『煙草(タバコ)や胡麻(ゴマ)... >>