『牛蒡(ゴボウ)と海島綿(カイトウメン)と山芋(ヤマノイモ)と粟(アワ)と蔓茘枝(ツルレイシ)の実~』

余りにも暑くてカメラ散策に出掛ける気力が無くなってしまい今日は一日家の中にいました・・・・・
本当にこれだけ気温が高いと公園や薬草園などを歩くのは危険な状態になりますね~

今日は昨日写したエーザイの薬草園の植物の『実』をメインにして載せてみました・・・・・



1.『牛蒡(ゴボウ)』  キク科ゴボウ属の多年草
学名はArctium lappa L.と言います~
d0054276_2016420.jpg

毎年ここで写した花も載せていますが今の季節には褐色になった実の姿が見られます
去年は見て頂いている人からの疑問があったので薬草園で下に落ちていた実の中を見ましたが細かな種子が入っていました~♪



2.
d0054276_20161931.jpg

微かに緑色をしている実もありましたが殆どは乾燥した感じになっていました~



3.
d0054276_20162845.jpg

食用にされている根は日本の他では朝鮮半島、台湾、中国東北部の一部以外では食材としていませんが最近になって健康食ブームで他の国でもゴボウを食べるようになったと言われています~



4.
d0054276_20164084.jpg

5.
d0054276_20165058.jpg

6.
d0054276_201712.jpg

7.
d0054276_20171142.jpg

8.
d0054276_20172217.jpg




9.『海島綿(カイトウメン)』  アオイ科ワタ属の一年草
学名はGossypium barbadenseと言います~
d0054276_20173327.jpg

原産地は南アメリカのペルーで別名をシーアイランドワタとも言います~
高温多湿の地域に適していて西インド諸島やブラジルなどの熱帯地域で栽培されています・・・・・
綿毛が長く使用している製品は高級品として扱われています~(*´∀`*)



10.
d0054276_20174224.jpg

開きかけの花です~



11.
d0054276_20175592.jpg

割る前のまだ少し硬い実です~♪



12.
d0054276_2018682.jpg

13.
d0054276_20181784.jpg

14.
d0054276_2018283.jpg

15.
d0054276_20183984.jpg

16.
d0054276_20185038.jpg

17.
d0054276_2019012.jpg




18.『山芋(ヤマノイモ)』  ヤマノイモ科ヤマノイモ属の蔓性多年草
学名はDioscorea japonicaと言います~
d0054276_20191046.jpg

これはムカゴなので正確には『実』ではありません~
ヤマノイモの実は大きな3つの陵があってそれぞれの陵が中に種子を含んでいます
その種子とムカゴで繁殖します・・・・・

ムカゴも食べられますが普通は地下にある『芋』を食べますね~
短冊に切ったものやトロロは好きです~(o ̄∇ ̄o)♪



19.
d0054276_20192226.jpg

終花の姿が黒く残っていました・・・・



20.
d0054276_20193292.jpg

21.
d0054276_20194333.jpg




22.『粟(アワ)』  イネ科エノコログサ属の多年草
学名はSetaria italicaと言います~
d0054276_20195332.jpg

『五穀』の一つに数えられている穀類になります~
五穀は全部言えますか?



23.
d0054276_202041.jpg

東アジア原産でエノコログサを原種とすると言われていて野生のエノコログサとの交雑もよく起こるようです



24.
d0054276_20201756.jpg

糖質70%や蛋白質10%を含んでいてビタミンB群も含んでいます・・・・・
鉄やその他のミネラルと食物繊維が豊富なので五穀米などにして食べられるようになりました~

私はアワを餅に付き込んだ『粟餅』が好きでした・・・・・・



25.
d0054276_20202887.jpg

大きなネコジャラシ(エノコログサ)にも見えますが毛(芒・ノギ)が短いので雰囲気は違いますね~
ドライフラワーのようにして飾ると楽しそうですね~(o ̄∇ ̄o)♪



26.
d0054276_20203956.jpg

27.
d0054276_20205072.jpg

28.
d0054276_2021015.jpg




29.『蔓茘枝(ツルレイシ)』  ウリ科ツルレイシ属の蔓性一年草
学名はMomordica charantia var. pavelと言います~
d0054276_20211142.jpg

『ツルレイシ』は正式和名ですが別名として『ニガウリ』とも呼ばれていました・・・・・
今では『ゴーヤ』と呼ばれる事が殆どですね~
若い実は苦味がありますが完全に熟すと甘くなるようです~



30.
d0054276_20212245.jpg

実が色付いているのに花もまだ見られました~



31.
d0054276_20213481.jpg

32.
d0054276_20214424.jpg

完熟している姿は何となく不気味ですね~
この甘くなった実を食べに来る鳥達によって野生種は子孫を増やすようです・・・・・



33.
d0054276_2021548.jpg


今日は出かけず体力を温存したので明日は少し遠くまで出かけようかと思っています~
滝見か渓流散策かまだ決めていませんが花を写すより風景を写すことになると思います・・・・・
行先は郡上方面かな~~(o ̄∇ ̄o)♪

台風の影響は直接はなさそうですが大気が不安定でゲリラ豪雨や雷雨が心配ですね・・・・・
近くには台風が3つも来ていますからね~゚(゚´Д`゚)゚





(OLYMPUS E-30)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)

(OLYMPUS STYLUS SP-100EE)
by shizenkaze | 2016-08-20 21:10 | 身近な自然の話 | Comments(14)
Commented by odamaki719 at 2016-08-20 21:23
こんばんは!
 ゴボウの種が沢山出来ていますね。
5枚枚目が好きです。
カイトウメンの黄色の花が綺麗ですね。
12・17枚目が可愛くて好きです。
ヤマノイモのムカゴが沢山生っていますね。
ツルレイシの黄色の花が可愛いですが
実は赤くなりすぎて種が見えていて少しグロテスクですね。
Commented by hibikorekouji2-2 at 2016-08-20 22:08
海島綿の優しい黄色い花が実を結び、
見ているだけで心が温まるような綿が出来るのですね。
海島綿の一生を見られたような気がしました。
11.の俯いた姿が可愛くて好きです^^
Commented by koneko3y at 2016-08-20 22:29
ゴボウはアザミの花と少し似ていますが、
花が終わった後は綿毛になるようなことはなく
小さい種が入っているのですね。
ドライフラワーにもできそうです。
ワタは以前は育てていましたが、今は
植えるところも無くなってしまいました。
Commented by 大阪のおっちゃん at 2016-08-21 00:11 x
こんばんは
ゴボウの実、見たことありません、まさか実をつけるなんて
考えてもみませんでした。

カイトウメン、綿の花、触ってみたいです。

ゴーヤ、大衆化しましたね、こんなに熟した姿は見たことありません、
湯通しして炒めると苦味が消えて美味しく頂いてます。
Commented by timata-sn at 2016-08-21 06:44
shizenkazeさん お早う御座います。
今朝は良いお天気の様です、また暑く成る様ですよ。

ゴボウの実が枯れた状態に生って居ますね。
余り実の生って居る状態を見る事はないんですよ。
カイトウメンは高級品とされているんですね。
まだ花が咲いて居る様ですね。
粟の実は昔は持ちにして食べて居ました、香ばしくて
美味しかったですよ。
最近は作物として作っているのを見かけなくなりましたよ。
ツルレイシ 別名:ゴーヤの方が行き渡っている感じですよね。
これも美味しいですよね。
真っ赤な種が綺麗ですね!!
Commented by tanuki_oyaji at 2016-08-21 19:32
shizenkazeさん、こんばんは〜♪
牛蒡の実って意外にも今迄見た記憶がありませんね。
こんな実だとは予想外でした。
ゴーヤは我が家でも植えていたことがあるので、
その時のことを思い出しました。
Commented by ten-zaru at 2016-08-21 20:16
shizenkazeさん、今晩は。
確かに牛蒡の実は初めて見ました。
根は食材として身近な存在ですが。
粟はエノコログサがが原種なんですね。
野鳥はこの粟や稗を良く食べますが、栄養価が高いんですね。
Commented by shizenkaze at 2016-08-21 21:39
odamaki719さん  ゴボウは花も可愛いですが実も見ていて楽しい姿ですね~
カイトウメンもアオイ科の花なのでオクラなどに似ていて可愛いですね
実が割れてワタが現れていると楽しくなります~
ゴーヤも普段食べるものは緑色なのでこれだけ赤く熟しているのを見ると不気味です・・・・・・
甘いそうですが食べるのに躊躇いますね

2.12.17の写真を気に入って頂いて有難うございました~
Commented by shizenkaze at 2016-08-21 21:43
hibikorekouji2-2さん  カイトウメンの花が咲き実が出来てその実が割ると中から白い綿が現れるので本当にこの植物の一生のようですね~
アオイ科の花達は一日花なのでこのカイトウメンも同じだと思います
ですから花が咲き受粉させるのを一日の間にするのですね~(o ̄∇ ̄o)♪
11の写真を気に入って頂いて有難うございました~♪
Commented by shizenkaze at 2016-08-21 21:47
koneko3yさん  ゴボウはアザミと同じキク科ですが実の中には細かな種子が入っていて綿毛は付いていなかったようでした~
花の姿はアーティーチョークのマクロサイズって感じでした~(*´∀`*)
野菜の花たちってあまり見る機会がないのですが可愛いものや綺麗なものも多いですね~
ゴボウもワタもドライフラワーとして飾ることができますね~♪
Commented by shizenkaze at 2016-08-21 21:50
大阪のおっちゃんさん  ゴボウの花は最近は花壇にも植えられることがあるようです
畑のゴボウは花が咲く前にたぶん収穫されるので花や実を見ることが少ないんだと思います~
野菜の花は可愛いものや綺麗なものが多いですね~

綿の実が割れて中からワタが見られるものは可愛いです
触ると気持ちいいですよ~
Commented by shizenkaze at 2016-08-21 21:55
timata-snさん  今日も暑かったですね~
ゴボウや根菜って花の咲く前に収穫されるものが多いようなので花や実を見る機会は少ないのでしょうね~
ナスやキュウリや豆等は花が咲いたあとに実がなるので花が見られますが大根などは花が咲いたら実にスが入るといいますね・・・・・

アワやヒエを餅に付き込んだものは素朴な味がして好きですよ
栃餅も好きですがなかなか食べられません~(´;ω;`)
Commented by shizenkaze at 2016-08-21 21:58
tanuki_oyajiさん  野菜の花は綺麗なものや可愛いものが多いですね
ゴボウの花を初めて見た時には可愛すぎて立ち止まって眺めました~
乾燥した実はこのまま飾っても楽しそうですね~
ゴーヤは最近は緑のカーテンとしてよく利用されています
朝顔は綺麗だけですがゴーヤは食べられるのが人気らしいですね~(*´∀`*)
Commented by shizenkaze at 2016-08-21 22:01
ten-zaruさん  薬草園で初めてゴボウの花を見てあまりの可愛さに驚きました
実も面白くて毎年写していますが畑では見かけないですね
きっと花の前に収穫されるからなんだと思います~

粟や稗は粒が多いので鳥たちにはご馳走なんでしょうね~
私も粟餅や稗餅が好きなので鳥の気持ちが判るような気がします・・・・・(*´∀`*)
名前
URL
削除用パスワード


<< 『釣舟草(ツリフネソウ)と山陽... 『猫の髭(ネコノヒゲ)と藤豆(... >>