『今年も白樺(シラカバ)に逢いたくて・・・・・』

毎年白樺に逢いたくなります・・・・・
今年は春に水芭蕉を見に行った時に逢いましたが夏の緑多い季節の白樺も見たくて夫婦滝から足を伸ばしました

ひるがの高原を過ぎて高山市の牧戸にある『であいの森』が私と白樺のコンタクトの場所になっています~
あまり人が来ないのでのんびり散策ができます~
この日も私が来た時には車が1台停められていただけで暫くして帰られたので私と連れ合いの二人だけになりました・・・・・

近くに『クマ注意』の立札があったので腰にクマ避け鈴を付けて散策を始めました~



1.
d0054276_20215056.jpg

『であいの森』の駐車場の近くを流れている『御手洗(みたらい)川』です・・・・・
紅葉の頃に写して今までには何度も載せた流れです~



2.
d0054276_2022893.jpg

3.
d0054276_20222476.jpg

私の大好きな白樺(シラカバ)が青い空の下で綺麗な緑の葉を風に揺らしていました~
正式和名は『シラカンバ』ですがシラカバと表記します・・・・・



4.
d0054276_20223944.jpg

他の木々の幹より白く輝いていますね~(o ̄∇ ̄o)♪



5.
d0054276_20225232.jpg

『栃木(トチノキ)』も大きな葉が光に透けていてとても綺麗でした~♪



6.
d0054276_2023864.jpg

これは『桂(カツラ)』の木です・・・・・
ハート型の葉が綺麗です~♪



7.
d0054276_20232456.jpg

であいの森にはカツラ並木があります・・・・・
岐阜市のテニテオの並木もカツラですがまだ木が小さいのでここのような姿になるのは随分後でしょうね
ここのようになれば楽しく散策できるのにって思うのですがその頃は私は居ないでしょうね・・・・・(´;ω;`)



8.
d0054276_20234748.jpg

9.
d0054276_2024334.jpg

この辺はまだシラカバは少ないです・・・・・
もう少し先へ歩いて行きます~



10.
d0054276_20241883.jpg

であいの森の奥にある『であい橋』の上から下を流れる御手洗川を毎回撮ってしまいます~
やはり紅葉のシーズンが一番綺麗ですね・・・・・



11.
d0054276_2024338.jpg

12.
d0054276_20244882.jpg

13.
d0054276_2025225.jpg

まだまだ夏の空ですが日陰では風が涼しく感じられました~♪



14.
d0054276_2025163.jpg

15.
d0054276_2025322.jpg

『であい橋』を渡ると整備された散策路が続いています・・・・・
ここは落葉松(カラマツ)が多く落とした葉が地面に積もっています
散策路には雨水捌け用の凹みがありますがその上にカラマツの葉が積もっていて気を付けないとズッコケます~゚(゚´Д`゚)゚



16.
d0054276_20254729.jpg

白樺林の奥には休憩用の東屋が設けられています~
ここには10回くらい来ていて連れ合いと来たのは今回で2年目ですが一人で来ていた時にはここで白樺を見ながらパンとカンコーヒーの昼食タイムをとっていたことも多かったです~



17.
d0054276_2026396.jpg

この日も心の中で『また逢いに来たよ~』なんてシラカバ達に声をかけました~♪



18.
d0054276_20261976.jpg

19.
d0054276_2026355.jpg

『♪白樺~~青空~~自然風~~♪』なんて歌いたくなる風景です・・・・・・



20.
d0054276_20265281.jpg

岐阜県より西でも白樺は見られますが自然林としての白樺林は岐阜県が南限といいます・・・・・
いつも行くエーザイの薬樹園に1本ありますが白樺とは呼べないほど哀れな姿で立っています
私の家から一番近い白樺林は『ひるがの高原』ですがそれより手前ではダイナランドのスキー場など標高が高ければ見られます・・・・・



21.
d0054276_2027713.jpg

東屋の近くから見られる御手洗川と吊り橋・・・・・
御手洗川は庄川の支流になります~



22.
d0054276_20272271.jpg

23.
d0054276_20273722.jpg

この姿を見ているととても嬉しくなります・・・・・
そしてまた秋にも逢いたくなりました~♪



24.
d0054276_20275389.jpg

25.
d0054276_20281328.jpg

ここには他にも色々な木々や植物が見られます
夏椿や木槿から羊歯類や苔達がこの森で暮らしています~(*´∀`*)



26.
d0054276_20282961.jpg

27.
d0054276_20284227.jpg

東屋の柱に貼られていた『危険クマ出没注意』の案内~~
この周囲でクマの居そうな雰囲気を感じたことは一度もありませんがこんな貼り紙を見ると何となく出そうですね・・・・・
木々にもクマの爪砥跡が見られなく周囲にも糞などを今まで見ていないのでたぶんここには来ないのではと思いますが何かあってからだと市町村の管理不足と言われるので貼られているのだと思います~



28.
d0054276_20285927.jpg

29.
d0054276_20291599.jpg

30.
d0054276_20293038.jpg

31.
d0054276_20294671.jpg

32.
d0054276_2030412.jpg

ひと回りして『であい橋』を渡り元の場所に戻りました・・・・・
カツラの向こうでシラカバが手を振っているように思えました~♪

この『であいの森』から『ひるがの高原』に戻り『湿原植物園』を散策しました・・・・・
そして帰りに『分水嶺公園』にも立ち寄って僅かでしたが散策をしました~


盆休みの続きみたいな事で金曜から火曜まで5日間休みになっています
今日は写真撮りは休みにしていつもの定期検診の内科と少しメガネが合わなくなっていたのでメガネ屋に行っただけでした・・・・・
明日は近くで何か撮りたいです~
暑さと多く発生する台風が心配ですので無理せず過ごす事に心掛けたいと思っています






(OLYMPUS E-30)
(OLYMPUS E-620)
(ZUIKO DIGITAL 14-42 1:3.5-5.6)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)
by shizenkaze | 2016-08-22 21:23 | 小旅行 | Comments(16)
Commented by hibikorekouji2-2 at 2016-08-22 21:37
白樺は美しいですよね。
私も好きな木です♪
こちらでも県北に行けば見られますが、
植えられたもので自然に生えたものではないようです。
それもそのはず、岐阜県が南限だったのですね。
勉強になりました^^
Commented by 植野卓郎 at 2016-08-22 21:39 x
こんばんは
>正式和名は『シラカンバ』ですがシラカバと表記します
白樺の正式和名があるとは、、、物知りですね~、驚きました。

白樺と霧、昔の写真の師匠が得意とする風景、
白樺林を拝見してるとそんな昔を思い出しました。
Commented by odamaki719 at 2016-08-22 21:52
こんばんは!
 白樺林は涼し気で美しいですよね。
でも熊に注意は少し怖いですね。
2・5・11・17・20・25枚目が素敵です。
Commented by koneko3y at 2016-08-22 22:23
1,2本の白樺なら散歩コースでも見られますが、
白樺の林、素敵ですね。熊は怖いですが。
ハートの形をした葉を持つカツラの木も
好きです。森林浴は良いですね。
Commented by to-y_niya at 2016-08-22 22:24
こんばんは☆
一枚目。。。「わぁ~」って心の中で叫んじゃいました(^^)
キラキラ川面景色 いいですね~
桂の葉っぱ♪ ん~~~可愛いです~~~(*^^*)
Commented by timata-sn at 2016-08-23 07:05
shizenkazeさん お早う御座います。
今朝は良いお天気の様です、また暑く成りそうですよ。

シラカバの林を散策されたのですね。
緑の綺麗な時期も良いですね!!
正式名はシラカンバと言うんですね、知りませんでした。
岡山も県北の森林公園へ行くと有る様ですが、この辺りでは
見かける事もないです。
御手洗川の水が綺麗ですね、顔など洗ったら気持ち良さそうですね!!
Commented by tanuki_oyaji at 2016-08-23 19:35
shizenkazeさん、こんばんは〜♪
白樺林の散策を楽しまれたのですね。
白い幹が纏まっている林はとても美しいです。
今年は熊の出没が多いようですから人が少ないとちょっと恐いです。
Commented by ten-zaru at 2016-08-23 20:40
shizenkazeさん、今晩は。
高原の白樺を見たくなりました。
22枚目のような白樺と青空そして白い雲
自分の記憶の中にはこの景色なんです。
Commented by shizenkaze at 2016-08-23 20:58
hibikorekouji2-2さん  時々この白樺に逢いたくなります・・・・・
私は冗談で『白樺見たい見たい病』だと言っています~(o ̄∇ ̄o)♪

植樹されたものは九州でも見られるようですが自生地は岐阜県が南限とされています
岐阜県でも郡上市になります・・・・・
近種のダケカンバも見られますが綺麗なのはやっぱり白樺ですね~(*´∀`*)
Commented by shizenkaze at 2016-08-23 21:04
植野卓郎(大阪のおっちゃん)さん  普通はシラカバと言っていますが本当はシラカンバが和名なんですね~♪
ダケカンバとかウダイカンバと呼ばれるものもあるのでシラカンバの名もよく使われていたようです~

ここで見られる風景は美しいので何も考えずにシャッターを切るだけでいいです
新緑の季節も紅葉の季節も好きなので来ることが多いですが紅葉の季節にはシラカバは落葉しているのでシラカバの紅葉を撮るのはタイミングが難しいです・・・・・

HNが植野卓郎さんでしたので最初は判りませんでした~(*´∀`*)
Commented by shizenkaze at 2016-08-23 21:09
odamaki719さん  この風景に逢いたくなってしまいます・・・・・
秋の季節にもまた逢いに来たいです~
釣りをしていた頃にはクマのいる領域にも入っていたことがあってクマの居る気配のようなものを感じることがありますがここでは一度もそんな気配になりません・・・・・
クマの生活圏には爪を研いだ跡のある木が見られますがここには見られないです
でも最近はいろいろなところに出没するので注意は必要になりますね~

2・5・11・17・20・25の写真を気に入って頂いて有難うございました~♪
Commented by shizenkaze at 2016-08-23 21:14
koneko3yさん  年に一度は白樺に逢いたくなります
青い空の下で見る白樺の白い樹肌と緑の葉は何ものにも代え難いです・・・・・
クマはこの周辺では見掛けないですが庄川で釣りをしていた頃には姿も木々に残る爪砥跡も何度も見ました・・・・・

カツラの葉も綺麗なのでここのカツラ並木も好きです
白樺と落葉松と桂に逢える場所としてとても気に入っています~♪
Commented by shizenkaze at 2016-08-23 21:17
to-y_niyaさん  この場所は私のお気に入りの所です~
ひるがの高原の湿原植物園や分水嶺公園の散策のついでに少し先に行くと見られるのでto-y_niyaさんの長距離ドライブ好きなら楽に行けますよ~
岐阜市内から約100kmですからね~(o ̄∇ ̄o)♪

カツラもここはたくさん見られるので楽しいです~
紅葉シーズンの超穴場だと思います~(*´∀`*)
Commented by shizenkaze at 2016-08-23 21:24
timata-snさん  シラカバの南限が岐阜県と言っても郡上市の北部なので私の住んでいる岐阜市内や近くの市町村では見られません~
せめて美濃市や山県市に白樺林があったら毎月でも行きたいですよ・・・・・(o ̄∇ ̄o)♪

御手洗川は小さな川で庄川の支流になりますが渓流のような所もあれば民家の横を流れる里川のような姿の所もあります・・・・・
季節によっては本流から大きなイワナやニジマスが遡上して来るんですよ~
私には釣れませんでしたが・・・・・゚(゚´Д`゚)゚
Commented by shizenkaze at 2016-08-23 21:30
tanuki_oyajiさん  以前は白樺を追いかけて御母衣ダム湖近くのドライブインのキャンプ場などで撮っていましたがひるがの高原の分水嶺などでも見られる事が分かりよく写していましたが人が多くてウンザリしていてこの『であいの森』で白樺林を見てからは毎年のように行くようになりました
釣りをしていた頃にもここに来ていましたが白樺には気がつかなかったのでたぶん木々より川ばかり見ていたのですね~♪

荘川町から白川郷のある白川村までにはクマが見られた所も多いのでここに高山市が注意書きをたくさん貼ったのだと思いますがクマの気配は全く感じなかったです~(*´∀`*)
Commented by shizenkaze at 2016-08-23 21:36
ten-zaruさん  青い空と白樺の木は良く似合います
この光景が毎年見たくなります・・・・・
最短で家から100kmなのでいつでも行けるってことはないのでシラカバが一番綺麗な季節に見たいです
夏と紅葉の季節でしょうね・・・・・

ten-zaruさんは長野のお産まれでしたからこんな風景は良くご存知なのでしょうね?
せめて家から1時間くらいの所に白樺林があれば毎月逢いに行くのにな~と思いますよ・・・・・
22の写真を気に入って頂いて有難うございました・・・・・
名前
URL
削除用パスワード


<< 『高山市荘川町牧戸の蕎麦畑・・・』 『釣舟草(ツリフネソウ)と山陽... >>