『寒葵(カンアオイ)と木曽川水園と古民家・・・』

金曜日に出掛けた河川環境楽園・木曽川水園は来ている人も少なくとても静かでした・・・・・
先日の清掃活動で水が無くなっていた所も水が増えていました
流れている水もより綺麗に見えるようでした~

カンアオイの花やキヌヤナギの花穂を見ながら少し散策をしました・・・・・


1.『寒葵(カンアオイ)』  ウマノスズクサ科カンアオイ属の多年草
学名はAsarum nipponicumと言います~
d0054276_1941533.jpg

これがカンアオイの花です・・・・・
日本固有種で本州の関東地方から近畿地方と四国の山地や森林の林床に生育します・・・・・



2.
d0054276_19421028.jpg

別名をカントウカンアオイと言われることもありますが普通はカンアオイと言っています・・・・・
ギフチョウの幼虫の食草としても知られています~(o ̄∇ ̄o)♪



3.
d0054276_19422418.jpg

4.
d0054276_19423568.jpg

5.
d0054276_19424939.jpg




6.『蕗(フキ)』  キク科フキ属の多年草
学名はPetasites japonicusと言います~
d0054276_194315.jpg

雌雄異株の植物です~
フキノトウを探しながら歩きましたがなかなか見られず見つけたものはこんなに大きくなったものだけでした



7.『富貴草(フッキソウ)』  ツゲ科フッキソウ属の常緑小低木
学名はPachysandra terminalisと言います~
d0054276_19431317.jpg

春になると可愛い姿の花が見られますが今はまだこんな状態でした・・・・・

フキもフッキソウもこれからのようですね~(*´∀`*)



8.『木曽川水園の流れ・・・・・』
d0054276_19432822.jpg

清掃が終わってこれだけ水が増えていました・・・・・
綺麗に見えます~



9.
d0054276_19434388.jpg

10.
d0054276_19435673.jpg

ここに見える岩などは全て人工岩ですが何年も経っているので本当の岩のように見えます
平成11年7月17日に出来たのでそれ以来何度も補修をしています・・・・・



11.
d0054276_1944132.jpg

吊り橋の前後には赤松が多くて沢山のマツボックリが見られます~♪



12.
d0054276_19443056.jpg

13.
d0054276_19444638.jpg

この木は以前紹介した『栂(ツガ)』ですが河川環境楽園の若いスタッフに尋ねるとヒマラヤスギだと言いました
丁寧に説明しても地面の砕けた松毬を拾い見せて『これはヒマラヤスギの特徴です』と何度も言いました
そこでヒマラヤスギとツガの葉の違いの説明をすると少し納得したようでした・・・・・
『もし疑問があったら図鑑などで調べてくださいね』と言って先日知り合っていろいろ話をしたスタッフの名前も伝えておきました~



14.
d0054276_1945110.jpg

ツガもヒマラヤスギのように落ちてから砕けるのではなく木の上から松毬は砕け散ります~(*´∀`*)



15.
d0054276_19472041.jpg

この奥に『大滝』が見られるのですがこの日は流れが見られませんでした~



16.
d0054276_19473632.jpg

先日子供達が魚を捕まえて保護していた所もこれだけ水が流れていました
周囲にフキノトウが多く見られる所ですがまだ見られませんでした・・・・・



17.
d0054276_19475147.jpg

18.
d0054276_1948797.jpg

青い空に三日月が見られました~☾



19.
d0054276_19482317.jpg

20.
d0054276_19483634.jpg

茶畑の所から猫がこちらを見ていました・・・・

先日オアシスパークのケバブ屋の前にいた猫はこの日もいて観光客に食べ物をねだっていました~(=‘x‘=)



21.『茅葺古民家』
d0054276_19484940.jpg

今回は裏口から入ってみました・・・・・
囲炉裏で使う薪がたくさん積んでありました~



22.
d0054276_1949083.jpg

平日なのでここで囲炉裏番をされている人もいなく火が入っていませんでした・・・・・



23.
d0054276_1949118.jpg

24.
d0054276_19492214.jpg

25.
d0054276_19493292.jpg

26.
d0054276_19494490.jpg

27.
d0054276_19495678.jpg

正面の広場にも誰もいなくて剣玉等の昔遊びの道具が寂しそうに置かれていました
土日にはたくさんの子供たちがこれら手にして遊びます・・・・・・・♪



28.『水園風景』
d0054276_19501015.jpg

少し前まで水が無かったのでカモ達はまだ多くは戻っていなかったです・・・・・
春になれば綺麗に見られる菜の花にはまた覆いがかけられていました



29.
d0054276_19502629.jpg

30.
d0054276_19504275.jpg

31.
d0054276_19505789.jpg

ここに花が見られるにはまだ暫くは掛かりそうです・・・・・



32.
d0054276_19511222.jpg

33.
d0054276_19512821.jpg




34.『絹柳(キヌヤナギ)』  ヤナギ科ヤナギ属の落葉小高木
学名はSalix kinuyanagi Kimuraと言います~
d0054276_19513930.jpg

絹毛の密生した銀白色の花穂や葉裏などから絹柳(キヌヤナギ)とつけられました・・・・・
関東地方以西の本州、四国、九州などで栽植され野生化していることもあります~
各地で雄木だけが見られます・・・・・

朝鮮などから渡来したものと推察されている樹木で中部地方以北の本州、北海道に自生する近似種エゾノキヌヤナギはこれより枝が細くて花穂はやや疎らで枝と葉共に毛が少ないようです~



35.
d0054276_19515153.jpg

最下流部の風景です・・・・・
ここもこれから水位が上昇しますので今は数羽しか見られなかった鴨達も戻ってくると思います~

今日は朝から一日中雨でした
冷たい雨は気持ちも暗くしますね・・・・・
明日からは暫く天気が良さそうなので太陽の光をいっぱい浴びたいです・・・・・(o ̄∇ ̄o)♪




(OLYMPUS E-30)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)

(OLYMPUS STYLUS SP-100EE)
by shizenkaze | 2017-02-05 20:39 | 風景 | Comments(18)
Commented by odamaki719 at 2017-02-05 21:11
こんばんは♪
 木曽川水園と古民家のある風景いいですね。
カンアオイは珍しいですね。
21・22・26・30枚目はとても風情がありますね。
Commented by 大阪のおっちゃん at 2017-02-05 21:31 x
こんばんは
>これがカンアオイの花です・・・・・
全く花とは思えません、でも花なんですね、
実物をみたいものです。
Commented by aitainya at 2017-02-05 21:44
こんばんは☆
カンアオイ。。。そういえば去年 カタクリを見に行ったときに教えてもらって見たなぁ~って思いました^^
でも、この花を見つけるのは・・・難しい・・・って思います~
もうフキノトウ!! これも食べごろな時期のを見つけられなくて、こんな風に大きくなってから気づく私なんです^^;;;
Commented by koneko3y at 2017-02-05 21:57
散歩コースにもカンアオイがあるので
葉をかき分けてみるのですが、花が見られません。
手の届かない奥の方に咲いているのかもしれませんが。
Commented by tukinobo at 2017-02-06 00:56
フレッシュできれいなカンアオイの花ですね、
もう、咲いてるんだ(^-^)
ギフチョウの舞う季節が楽しみです。
各務原は自然豊かですてきな街ですね。
Commented by timata-sn at 2017-02-06 06:51
shizenkazeさん お早う御座います。
昨夜の雨も今朝は雨も上がって、良いお天気の様です。

木曽川水園にお出かけされたのですね。
カンアオイが咲いて居たのですね、変わった形・色の花ですよね。
ギフチョウの食草に成るんですね。
清掃活動されて居た川に水が入って来たのですね。
綺麗に見えますね。
キヌヤナギはもう少しかかりそうな感じですね。

Commented by hibikorekouji2-2 at 2017-02-06 19:18
超個性的なカンアオイの花に興味津々~♪
こちらでは出会えない花のようなので残念!
ヤマユリも見られないし・・・。
見られないとなると余計に見たくなります。
カンアオイにヤマユリ、いつの日か見てみたいです!!
Commented by tanuki_oyaji at 2017-02-06 19:59
shizenkazeさん、こんばんは〜♪
カンアオイですか、もちろん初めて見る花です。
けっこう地味な感じで咲いているのですね。
Commented by ten-zaru at 2017-02-06 20:43
shizenkazeさん、今晩は。
カンアオイの花は初めて見ます、関東にもあるんですね。
あのギフチョウの餌となる植物なんですか。
こちらでもギフチョウが見られると良いんですが。
Commented by shizenkaze at 2017-02-06 21:14
odamaki719さん  いつもの風景ですが冬の平日だと人も少なくて散策にはいいです~
でも古民家前で子供達の笑い声が聞こえるのもいいですね~(*´∀`*)

カンアオイが自然の中で咲いているのを見る機会もありますがここで見るのが一番楽なので時期になれば見に行きます~
今年は固まって咲いていたので花の数は多いです・・・・・
21・22・26・30の写真を気に入って頂いて有難うございました~♪
Commented by shizenkaze at 2017-02-06 21:18
大阪のおっちゃんさん  これがカンアオイの花です~
決して花の燃えかすではありません・・・・・(o ̄∇ ̄o)♪
地味な花なので知っていて探そうとしなければ見えないでしょうね~

山県市の香りの森や岐阜市の長良川ふれあいの森にも見られるようですが余程目を凝らして探さないと見つからないです~
Commented by shizenkaze at 2017-02-06 21:22
aitainyaさん  カンアオイはギフチョウの食草なので名和昆虫館の館長達が彼方此方にカンアオイを植えているようで他よりは見られる確率が高いです・・・・・
地味な花なので知らない人は気にしないか枯れたもののように見るだけでしょうね~

フキノトウはこの1個だけでしたので探せば他にあるように思います
清掃活動の時に採られたのかも知れないですが採取禁止なので参加者は採っていないと思うのですが少ないです・・・・・
長良川水系には少ないですが根尾川の周辺にはフキノトウはよくでています~(*´∀`*)
Commented by shizenkaze at 2017-02-06 21:27
koneko3yさん  カンアオイの花の群生って滅多に見られないのでしょうね
ここでも少しが固まっているだけで葉がたくさんある所を探しても他には見られませんでした
自然の中に咲いていたものも1~2個あれば多く感じる花なのでカンアオイの群生は見るのは無理なんでしょうね・・・・・
Commented by shizenkaze at 2017-02-06 21:33
tukinoboさん  今回は早く見ました~
いつもはもう少し花が開いたようになって一回り大きいようでしたが今回見た花は色も濃くてまだ咲いて日が経っていないような気がしました~

ギフチョウも見掛けると多く出会いますがタイミングが良くないと全く見られません
長良ふれあいの森ゆ香りの森やカタクリの群生地では見られる確率が高いです~

各務原市は岐阜市より大きな公園が多くてよく出かけています
住み易い所に思います・・・・・・
岐阜市はこんなに公園施設は多くないです
Commented by shizenkaze at 2017-02-06 21:39
timata-snさん  今日は一時的な雨がありましたが朝の出勤や帰りは晴れていました
少し冷えていますよ・・・・・

カンアオイは本当に地味な花ですね
この花を観賞用にする人はまず居ないでしょうね・・・・・・
こちらでは郊外にギフチョウのためにカンアオイを植えている所も多いようですが地味なので余程場所がわからないと探せないです~

木曽川水園の流れもまた綺麗になりました
暫くは綺麗なので魚も鳥も楽しいでしょうね~
キヌヤナギの近くにネコヤナギもあったのですが見たら切られていました
そんなに年数の多い木ではなかったので病気になったのかも知れません
ヤナギ科の花穂はどれも可愛いので好きです~
Commented by shizenkaze at 2017-02-06 21:54
hibikorekouji2-2さん  カンアオイは地味な花です
あまり多くは見られない花ですがそちらでも調べてみると見られる所はありそうです・・・・・
カンアオイには種類が多いのでこの写真のものとは別の花が見られると思います~

ヤマユリはそちらには自生していないようですね
植物園のようなところなら見られるかも知れないですね・・・・・
花の咲く季節になったらこちらの山歩きをされて見る事ができればいいですね~(*´∀`*)



Commented by shizenkaze at 2017-02-06 21:58
tanuki_oyajiさん  カンアオイの花は地味ですよ・・・・・
足元に咲いていても知らないと枯れた花か何かの汚れたものにしか見えないでしょうね
でもこの葉は綺麗です
ウマノスズクサ科カンアオイ属は水戸黄門の紋所の葵の元になっているフタバアオイもあるので昔から常緑の葉は好まれているようですね~
Commented by shizenkaze at 2017-02-06 22:03
ten-zaruさん  カンアオイには種類が多くて関東から山陽の地域まで見られる植物のようですが葉は目立って判り易いですが花は知っていないと気がつきませんね・・・・・
ギフチョウの食草なのでこの葉が無いと幼虫が生きられないと言われています
ギフチョウは綺麗ですからこちらでは郊外にカンアオイを植える活動を名和昆虫館の館長が呼びかけてやっているようです~
名前
URL
削除用パスワード


<< 『鳥達と自然発見館の雛人形達・... 『素心蝋梅(ソシンロウバイ)と... >>