『八丁蜻蛉(ハッチョウトンボ)のいる山室湿原を歩いて・・・・・』

山室湿原は滋賀県米原市山室にある湿原です・・・・・
東西約90mで南北約170mそして周囲約500m(面積約1,5ha)の小規模な中間湿原で今から約2,5万年前に成立したと考えられています・・・・・・

62科169種の植物と昆虫類はハッチョウトンボなど59科127種が湿原内と周辺の山麓で確認されています・・・・・
鳥類は23科44種が見られ湿地性の植物や昆虫などがよく保存されている湿原になっています~

金曜に出掛けた梅花藻の醒ヶ井から寄ることにしました
ここには今回を入れて3度目の散策になりました~(o ̄∇ ̄o)♪


1.『山室湿原への扉・・・・・』
d0054276_20274397.jpg

山室湿原は長浜市と米原市(旧山東町地区)との境界を南北に走る横山の東側ほぼ中ほどにあります
付近の谷は水田や人工林などによって開発されていますがこの山室湿原の『みつくり谷』だけは自然のままに残っています・・・・・
東海道新幹線も近くを通っていますがこの湿原域を通る事がなかったことが幸いになっています~

猪などの野生の獣が荒らさないように入口に門が付けられ周囲には金網が張られています・・・・・
この扉を開けて散策路を歩いていきます



2.
d0054276_2027599.jpg

金曜日だったのでこの場にいたのは私と連れ合いの二人だけでした・・・・



3.『湿原はここから入ります~』
d0054276_20281581.jpg

山室湿原の散策木道を歩くにはこの扉を開けて中に入ります
ここも野生動物が入れないように厳重になっています~



4.
d0054276_20283245.jpg

散策木道は相変わらず彼方此方に傷みも見られましたが通るには支障はなかったです・・・・・
この日は湿原の水が少し少ないように思いました
まだ時期的にサギソウやサワギキョウは見られませんでた・・・・・



5.
d0054276_20284822.jpg

ここばはよく見られる『ホザキミミカキグサ』もまだ見られませんでした 
8月に来た時にはたくさん咲いていました~♪



6.『八丁蜻蛉(ハッチョウトンボ)』 トンボ科ハッチョウトンボ属
学名はNannophya pygmaea
d0054276_2029270.jpg

日本一小さなトンボとして知られ世界的にも最小の部類に属するトンボです~
一円玉(直径20mm)の中に頭から腹端までが納まるほどの大きさのトンボです・・・・・
オスの体は羽化直後は橙褐色ですが成熟すると体全体が赤みを帯びて来て羽化後20日ほどで鮮やかな赤色になります・・・・・
メスは茶褐色で腹部に黄色や黒色の横縞がみられます~



7.
d0054276_20291491.jpg

8.
d0054276_20292553.jpg

9.
d0054276_2029378.jpg

薄暗い場所でサイズが小さなトンボなのでピントが合わず暈けたものばかりになってしまいました



10.『大塩辛蜻蛉(オオシオカラトンボ) ♂』 トンボ科シオカラトンボ属
学名はOrthetrum triangulare melania
d0054276_20294889.jpg




11.『麦藁蜻蛉(ムギワラトンボ) シオカラトンボ♀』 トンボ科シオカラトンボ属
学名はOrthetrum albistylum speciosum
d0054276_2030096.jpg

シオカラトンボのメスをムギワラトンボと言いますね
雌雄で別の呼び名のあるものって少ないですね・・・・・(*´∀`*)



12.
d0054276_20301461.jpg




13.『柿蘭(カキラン)』 ラン科カキラン属の多年草
学名はEpipactis thunbergii A. Gray
d0054276_20302570.jpg

まだ花が全開していませんでした~
連れ合いが『黄色い花が咲いているよ』と教えてくれましたので見るとカキランでした~
綺麗に咲いている姿を撮ったことがないので再び出かけたくなりました・・・・・



14.『母子草(ハハコグサ)』 キク科ハハコグサ属の越年草
学名はGnaphalium affine
d0054276_20303727.jpg




15.『日本雨蛙(ニホンアマガエル)』 アマガエル科 アマガエル属
学名はHyla japonica
d0054276_20305079.jpg

山室湿原の入口辺りから散策している間にたくさんのアマガエルに出逢いました・・・・・
その数は100匹以上いました~
久しぶりに見たアマガエルでしたが少しばかり多過ぎでした~(o ̄∇ ̄o)♪



16.
d0054276_2031336.jpg

17.
d0054276_20311832.jpg

18.
d0054276_20313372.jpg

19.
d0054276_20315061.jpg

山室湿原の散策路から戻り外に通じる道を歩きました・・・・・



20.『山室湿原前の風景~』
d0054276_2032214.jpg

山室湿原の手前には水田が広がり稲が育っていました~
遠くに新幹線の高架が見えました・・・・・・



21.
d0054276_20321519.jpg

車に戻る途中に新幹線が来たのでこの1枚だけ写しました・・・・・
右から左へ行ったので上りの新幹線のようです~
次止まるのは岐阜羽島か新名古屋ですね・・・・・・(o ̄∇ ̄o)♪

これで今回の滋賀県での写真は終わります~

今日は昼過ぎからエーザイの薬草園と江南市のフラワーパーク江南へ行って来ました
暑かったです・・・・・
明日の気温は35度近くなるようです
暑くて昨日の夜から今日の朝まで寝られず起きていたので眠いです・・・・・・・(´;ω;`)





(OLYMPUS E-30)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)

(OLYMPUS STYLUS SP-100EE)
by shizenkaze | 2017-07-09 21:19 | 身近な自然の話 | Comments(10)
Commented by odamaki719 at 2017-07-09 21:35
こんばんは♪
 山室湿原の2枚目が涼し気ですね。
6枚目のハッチョウトンボが好きです。
10枚目はオオシオカラトンボですね。
13枚目のカキランが可愛いです。
新幹線が走っているのが見えるのですね。
Commented by timata-sn at 2017-07-09 23:09
shizenkazeさん こんばんは
今日は曇り空から、午後にはかなりの雨が降りましたよ。

山室湿原へ行かれたのですね。
オオシオカラトンボやムギワラトンボが居たのですね。
雌雄で名前が違って居るんですね、珍しいですね!!
カキランが咲いて居るんですね、可愛いですね!!
ハハコグサも咲いて居るんですね。
ニホンアマガエルと言うんですね、沢山居たのですね。
遠くを新幹線が走って居るんですね。
Commented by tanuki_oyaji at 2017-07-10 16:37
shizenkazeさん、こんにちは〜♪
山室湿原ですか、たくさんの植物や昆虫、野鳥が見られるのですね。
小さなハッチョウトンボ、夢中になって撮られたのでしょうね。
Commented by ten-zaru at 2017-07-10 20:46
shizenkazeさん、今晩は。
比較的規模が大きくない湿原なんですね。
猪などが入らないように管理されて、
昆虫や植物そして鳥などにとっては良い環境のようですね。
足繁く通うと野鳥が間近で観察できるんじゃないかな〜。
Commented by shizenkaze at 2017-07-10 21:43
odamaki719さん  山室湿原は小さな湿原です
ですから人の手で保護をしなければ消えてしまうような湿原です~
周囲500mらしいですがマムシに注意と書かれているのでゲートから200m程度しか行きませんでした
花も少なかったので夏から秋が良さそうです~(*´∀`*)

2.6.10.13の写真を気に入って頂いて有難うございました~
山室湿原から少し離れた所を新幹線が通っています
自然と人工物が共存しています~(o ̄∇ ̄o)♪
Commented by shizenkaze at 2017-07-10 21:48
timata-snさん  こちらも今日は昼過ぎから雨になりましたが早く止みました
山室湿原は今回で3度ですがいつも私一人で散策していましたが今回は連れ合いも一緒でした
こんな場所は初めてのようなので多少はビビっていました~(*´∀`*)

カキランをもう少し良く撮りたかったです~
ここにはサギソウやサワギキョウもミミカキグサなども咲くので楽しく散策できますが湿原帯は何となく歩くのが早足になってしまいます~
マムシには出逢いたくないですからね・・・・・・
Commented by shizenkaze at 2017-07-10 21:53
tanuki_oyajiさん  ハッチョウトンボは木曽川水園近くの笠松とんぼ天国にもいますが離れているので全く写せません・・・・・
ここは近くでも撮れるので良いのですが少し薄暗いのでカメラ設定をしていなくてブレたものが多くなってしまいました~(´;ω;`)
たくさん見ましたが撮れたのは僅かでした・・・・・

野鳥は湿原のゲート内より周辺の方が良さそうです~
鳴き声はいろいろ聞かれました・・・・・(o ̄∇ ̄o)♪
Commented by shizenkaze at 2017-07-10 21:57
ten-zaruさん  小さな湿原帯なので環境が少し変わると消えそうな規模です
散策ゲート内には木道がありますが今の季節はマムシも出そうなので奥までは行きませんでした~
野鳥はゲートの周辺の木々の多いところに居そうです~
鳴き声は良く聞こえましたが何の鳥なのか判りませんでした・・・・・・(´;ω;`)

足繁く通うには少し距離があります~
Commented by koneko3y at 2017-07-10 22:16
ハッチョウトンボって一円玉に隠れるほどの小ささなのですね。
赤いトンボといえば、ショウジョウトンボしか見たことがないので
小さいこのトンボもみたいです。
この自然を長く守ってほしいものです。
Commented by shizenkaze at 2017-07-10 22:53
koneko3yさん  ハッチョウトンボは本当に小さいです
留まっている姿を見るとナツアカネ等の半分にも満たないので距離感が判らなくなってしまいます
5mくらい先かなと思っていると実際には2m程の近くにいるのでこちらが慌ててしまいます~

湿原は岐阜市近郊には殆ど無くて遠くに行かないと見られなくなっています
水源があればまた良いのですがそれが枯れるようなことになると小さな湿原は無くなってしまいますね・・・・・
あまり人工的に保護されるのも考えものですが消えてしまうくらいならギリギリまで守りたいものですね
名前
URL
削除用パスワード


<< 『美濃市笠神の正林寺の蓮とキウイ』 『清水湧く地蔵川の梅花藻風景~』 >>